FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

NHKミステリースペシャル 満願 第二夜「夜警」

NHKミステリースペシャル 満願 第二夜「夜警」

《あらすじ》
若い巡査の殉職の謎

柳岡の若い部下・川藤が刃傷沙汰になった夫婦ゲンカに巻き込まれ殉職する。夫から身を呈して妻を守った川藤の行動は、世間から賞賛されたが、柳岡は違和感を覚えていた。川藤に自己犠牲の精神など無かった、と。そういえば……あの日は朝からおかしな事が続いていた、事件当日交番近くの工事現場で不審な事故があったことを思い出す。

公式ホームページ


《感想》
同名の原作小説を既読していたので視聴。

一夜に比べるとだいぶミステリー色が強い感じに仕上がってて、そこは個人的に好感が持てる。

世間からは殉職した川藤は賞賛される。しかし、語り部である柳岡や実の兄からは「そんな人間ではなかった」という実感が多かれ少なかれある。そうした中での真相――。

少しずつ真相に辿り着く過程というのが、刑事ものというかミステリーっぽい感じを出してくれていただろう。「実の兄が、故人となった弟をあんなふうに言うものなのか」という疑問もあるかもしれないが、むしろ逆かなと。実の兄だからこそ、弟のらしくない死に方が信じられず、せめて自分だけは真相を知りたいといったところかな、と。

視聴者にそう感じさせただけの熱演っぷりだったのが兄役だった吉沢悠さんだったということか。吉沢さんに限らず、多くを語らずともその姿や視線で物語っていた安田顕さんなど、一夜のキャストの方々がダメだったとかそういうことではなく、こちらの想像以上に夜警のキャストの方々の熱演っぷり、監督などスタッフの方々の演出っぷりがガッツリ効いているな、という印象。

満願という作品自体そのものでもあるのだけど、エピローグは結構曖昧な感じか。普通のエンターテインメントならここで柳岡が決起して兄ともども再捜査を申し出たり、告発したりして真相を世間へ――というところなのだろうが、そうしないところがこの作品の良くも悪くも「味」なのだろう。

衛宮さんちの今日のごはん 第25話「ちぎってのせる、お手軽サラダ丼」

衛宮さんちの今日のごはん 第25話「ちぎってのせる、お手軽サラダ丼」

衛宮さんちの今日のごはん

月一アニメ放映中の原作の最新話。

今回はセイバー・ライダーという、珍し過ぎる組み合わせ。料理らしい料理なんて出来ない二人だが(今作中でセイバーはホットケーキだけなら行ける)、なかなかに良かった感じ。猫の登場というのも面白いアイディアでアクセントになっていたかも。特にライダーのノースリーブや桜の夏服も珍しいのでそういった部分でもグッド。

肝心の料理も、セイバー・ライダー組でも出来そうな非常に簡単なもの。ぜひ試してみたい。


次回更新は9月3日。3巻、9月26日発売決定。

ルパン三世 PART5 第19話

ルパン三世 PART5 第19話
『7.62mmのミラージュ』


≪あらすじ≫
北アフリカで起きた、謎の無差別狙撃事件。それは、大富豪ジルベルスタインから、ルパンへの挑戦状だった。ルパンは、ジルベルスタインの待つ谷へ出向き、谷底でチェスに興じる。しかしそれを見下ろすように、谷の両側に陣取る、二人のスナイパー……。ルパン側には次元大介。対するは、次元がその過去を知る、凄腕の狙撃手・ミラージュ。狙撃手同士の決闘が幕を開ける。
公式HP あらすじ 19話より抜粋)


≪感想≫
内容的にはツッコみたいところもあるにはあったけれど、それでも全体的にはとても見ごたえがあった。それがガンアクションというか銃撃戦の派手さという、目に見えたというかあからさまな部分なので何年もアニメを見てきた人間の感想としてはいささか安直かもしれないが。

ルパンシリーズ、案外盗みだけでなくてこの手の決闘的なものも少なくない。かつてのTVSPではそのごとに過去の因縁が追加されていたくらいだし、TVシリーズでもそうだった。

なので、このお話自体は決して珍しいわけではなく、「ルパンらしくない」わけでもない。そして、正直過去が出た時点であの「ミラージュ」の正体っていうのはなんとなく察することが出来たし、そういう意味ではアレコレ考えることなくただ次元vsミラージュという銃撃戦を楽しめた。銃撃戦っていっても、狙撃合戦みたいなところあって「その銃、そういう使い方じゃなくね?(爆」と良い意味で異色なところだけどね。

単発回ならこれくらい「特化」していてくれた方がやっぱり面白い。観やすいというのもあるけど、30分という限られた尺の中で魅せるべき部分が限定される分しっかりと描かれている印象。

NHKミステリースペシャル 満願 第一夜「万灯」

NHKミステリースペシャル 満願 第一夜「万灯」

《あらすじ》
業の闇に飲み込まれていくやり手商社マン

東南アジアでガス油田開発に携わる商社マン・伊丹は窮地に追い込まれていた。土地の買収が地元民の反対で頓挫していたのだ。そんな伊丹のもとに地元民から手紙が来る。地元民の中でも意見が分かれていて、長老達は金が欲しかったのだ。長老達は伊丹とそのライバル会社の森下の二人に反対派のリーダーを殺すことを要求する。

公式ホームページ


《感想》
同名の原作小説を既読していたので視聴。既読といっても、もうかなり昔の話なのでスタートするまでどういった話だったか忘れていたが、いざ始まると思い出せた辺りは作品のインパクトのおかげか。

原作小説の感想でも書いたが、『満願』という作品はやや狭義の意味でのミステリー(探偵などによる謎解き)という部分が弱い部分が多い。本作もその一つで、謎解きという要素ではない。なのでそういった部分では、観た人の評価や感想を左右してしまいそうな部分ではある。

長老vs村長(?)の対立に巻き込まれた伊丹と森下。そこで要求されたのは村長を殺すこと。殺せばその対価として土地を提供するという。伊丹としても、多くの部下を喪ってきた中で自己のアイデンティティのためにももう絶対に引けない状況。そうした中で――といったところ。

なので見どころというと、ミステリー的な部分というよりも人の心の闇、負の部分、あるいはブレーキが効かない状況というものではないかな、と思う。
その会社におけるエネルギー開発のパイオニアとまで言われ、賞賛され、尊敬された人間が新しい赴任地でのちょっとしたズレ・ミス・焦りから少しずつ取り返しのつかない状況に自ら追い込まれていく…。

どこかで引き返せたのではないか、と客観的には見えてしまう。けれど、「じゃあどこで?」と言われると難しい。そこを「難しい」と感じてしまうことこそが、実は人の心の闇なのかな、と。

一夜目からやや変則的な内容だったが、二夜目はもっとミステリー色が強かった気がするので楽しみにしたいかな。

ガンダムビルドダイバーズ 第19話

ガンダムビルドダイバーズ 第19話
『ナデシコアスロン』


≪あらすじ≫
レイドバトルのプレイベント、女性限定ナデシコアスロンの開催が近づく。優勝すればガールズダイバー募集キャンペーンのイメージガールに採用されるということもあり、色めき立つ女性ダイバー陣。それはGBNの外にいるナナミの耳にも届いていた。
公式HP あらすじ 19話より抜粋)


≪感想≫
原点回帰――優しい世界はどこまで貫けるか
今回はやはり「原点回帰」がテーマかな、と思う。

トップを目指す者、自分を表現する者、楽しむ者などGBNの楽しみ方や活用方法は十人十色。その広がりや多様性を許容しているのがGBNの良さだろう(GPDにはこの手の多様性がなく戦うだけの一辺倒だから廃れたのかも?)。
そして勝負はするけれど相手をリスペクトする姿勢、正々堂々戦う姿勢もある。ナナミたちが乗るガンプラがないと分かると(道具があったこともあって)、全員で一致団結してバイク作り。勝つだけなら誰か一人が飛び出してもおかしくなかっただろう。けれどそんなことは誰もしなかった。

本作が始まってすぐに思ったのは、「優しい世界」だな、ということだったことを思い出す。

リクは主人公としては80年代・90年代の頃の主人公すら彷彿とさせるポジティブさ、前向きさ、そして純真さを併せ持っている。そんな彼は強さを追い求めるだけじゃない姿勢が優しい世界の具現の一つだ。他にもユッキーやモモのサポート、コーイチの復帰、アヤメの過去、ツカサとの対峙、チャンピオンら先達らの姿勢。これまで描かれてきたものの多くが「優しい世界」をそれぞれのキャラクターなりに描いていたはずだし、今もそうだ。

今回のナデシコアスロンもまさにそんな感じだった。前述のバイクの件(くだり)はもちろんだが、ガンプラ製作でもトップを走っていた二人が初心者に親切丁寧に教えている。それも彼女たちの優しさだ。
ナナミがザクレロを救ったことも優しさだし、サラが巨大な岩からみんなを護ったバリアもまた優しさの象徴だし、サザメスの社長や大会運営側がみんなを優勝にしたことも優しさなのだろう。

こういった優しい世界こそがGBNの、そしてビルドダイバーズの作品という本質なんじゃないかな、と思っている。

あとは残り6~7話くらいか。あとはこの世界をどのくらい貫けるのか。そこが最終的にこの作品の評価を左右しそうだ。もちろん、個人的には最後まで優しい世界を貫いてほしいと思っている。


余談。
セカンドV出てきた。これを期にHGUC1/144でぜひキット化を(笑

エミリア、すっかりヒロインだな(納得

っていうか、またバグかよ…。さすがにもう少し工夫しろ、と言いたい(汗
*CommentList

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

現在、文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行中。さすがに増え過ぎました(笑


今期の週間感想予定
日曜日:ペルソナ5A
月曜日:アニメ短評
火曜日:ガンダムBD
水曜日:ルパン三世PART5
木曜日:書評
金曜日:ドラマ、その他
土曜日:書評
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……