FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

クレイモア 第21話

アニメ感想
クレイモア 第21話「ピエタ侵攻 Ⅰ」


<あらすじ>
深淵の者・白銀のイースレイの名において、ピエタ殲滅が言い渡された。ピエタの街に侵攻するリガルド率いる覚醒者たち。それをピエタの街の住民を避難させ迎え撃つミリア以下24人の戦士たち。

しかし、その質・量ともに前回の三人の比ではなかった。成すすべなく倒されていく戦士たちの中で隊長格と一部の戦士たちは奮闘する。

その奮闘は、遥か後方から指揮を執っていたリガルドも感知出来た。戦力差から考えれば信じられないほど善戦していると判断するリカルド。しかし、リガルドが慕うイースレイの目的はピエタ殲滅ではない。これはあくまで南下のための布石であり、通過点に過ぎない。

これ以上、自軍の戦力を失うわけにはいかないと判断したリガルドは、ついに銀眼の獅子王として動きだす...。

続きは、OPENからどうぞ。



<あらすじ(続き)>
覚醒体になるリガルド。その姿に、ミリアは目の前にいるのが銀眼の獅子王だと知り驚愕する。

その瞬間、ベロニカを瞬殺。一度はリガルドの攻撃を防いだウンディーネも、比にならないパワーで粉砕した。

その頃、ラキは一人行方の知れないプリシラを探していた。洞窟の中で灯りを見つけたラキはその中に恐る恐る入って行く。洞窟の外では化け物と叫んで逃げて行った女性を見かけていたこともあって、剣を抜く。

洞窟の中にいたのは裸のプリシラだった。途中で拾ったコートをかけようとするラキだったが、プリシラの前に横たわる死体とプリシラが口にする人の内臓を見て恐怖する。剣を振り下ろしプリシラの首を取ろうとするラキだったが、プリシラが内蔵を喰らいながらも兄や両親のことを泣きながら口にする彼女の姿に戦意は喪失していた。

「妖魔」と口にしながら後退しようとするラキの背後にはイースレイがいた。イースレイは「覚醒者だ」とラキの言葉を訂正すると何事もなかったようにプリシラにコートをかける。
まるで彼らのことなど気づいていないように貪り続ける。ラキはプリシラを抱きしめてそれを止めようとするが、泣きながらもプリシラはそれを止めようとはしなかった。

一方、ピエタではリガルドの登場で戦況が逆転していた。リガルドの命か、リガルドを除く全覚醒者が撤退しながらもクレイモアたちは圧倒的不利に立たされていた。
ジーンに、リガルドの狙いが隊長たちであると告げられ、守るよう指示されるクレア。しかし、そのジーンも腹部を貫かれ倒れた。

ジーンが倒れたことに激昂するクレア。しかし、妖力解放してもリガルドには遠く及ばず、片手で吹き飛ばされる。その一瞬の隙。それを突かれて、間合いを侵略されたフローラはその剣を抜くことなく殺された......。


<感想>
ジーンとフローラとウンディーネがぁ

・゚・(ノд`)・゚・


あとベロニカも(マテ
しかしなんですか、アレ(銀眼の獅子王・リガルドだっけ)。隊長格四人を瞬殺って(しかもフローラ・ジーンは一桁ナンバー)。

まぁ、でもフローラからすると相手が悪かったって感じですかね。それは強いとか弱いとかじゃなくて相性的に。

フローラの風斬りは、背中の鞘(?)に納めた状態からの高速の抜刀術でしょうから、基本的に緊急防御には向かないし。使い手の意識として常に相手に攻撃することだけを念頭においた技でしょうし、何より使用において(アニメを観る限り)「使う」と決めてから相手に狙いを定めたりするのに“タメ”を必要としているように見える。

そう言った意味でイレーネが高速剣でオフィーリアからの攻撃を弾いた時のような使い方が出来ないのが風斬りなのかも。ジーンがクレアに「フローラを守れ」と言ったのは、フローラが隊長であると同時にそう言った技の特性を見抜いていたからかもしれません(一応一桁ナンバーだし)。

そして、そのジーンまでorz おいおい、この間仲間になったばっかじゃん。忠義の戦士って感じでカッコよかったのに、腹ぶち抜かれて終わりなんて…。

ミリアには頑張って生き残って欲しい。あ、もちろんクレアも。

しかし思い返せば、だいぶグロッキーな1話でしたね。とにかく戦士たちのやられ方が凄い。原作通りなのかもしれませんけど…。

そしてラキ。
プリシラが覚醒者だと知ったかと思いきや、剣を振り下ろすのを止め(プリシラに当てると言う意味で)、さらに抱きしめて「ダメだ」を連呼…。あぁ、なんかプリシラを人間として見ていた部分が顕著に表れて、ある意味想像通りって感じ。

でも、ラキってそもそも覚醒者が何たるかを知らないですよね、確か( ̄∇ ̄;)あれ、知ってたっけ? 覚醒者=元戦士だと知ってればもっと別の反応があるような気もしましたが。
と言うか、自分たちの正体を知られてなお生かすことを選んだイースレイの真意が読めない。


プリシラの方も情緒不安定は相変わらずのようで。むしろ、覚醒者になったことで妖魔になって自分の家族を喰らった存在とほぼ同義になって内臓などを好んでしまう本能と、それを嫌う嫌悪の記憶のはざまで揺れ動いているって感じ。でも、肉を食うとことか音リアル過ぎで怖い(汗

一つ苦言を呈するなら、クレアの右腕の作画が最悪。イレーネの右腕のはずだからベルトのような服のままのはずなのに、白いクレイモアのものに戻ってるしさ。まるで某ガンダムで主人公機がバンク使い回しで前作主人公機に入れ替わった時を思い出した( ̄∇ ̄;) 現在購入中のDVD版では修正されることを望みます。

<MVC>
リガルド
カッコいいね。さっきはさんざん言ったけどさ、若干結城さんの演技がどうかとも思ったけど。
リカルドって盲目なんですかね? 目の描き方がそんな感じなんだけど。しかし、獅子王か。確かにありゃ獅子だよね( ̄∇ ̄;)

次回「ピエタ侵攻 Ⅱ」


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-797.html
・http://blog.goo.ne.jp/ka-bu-ki-chi/e/999e1c8232c9526ffd6d1e4e2b3a2191
・http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51177926.html
・http://blog.livedoor.jp/shibachi1/archives/51050914.html
・http://fwp5sxrt.blog101.fc2.com/blog-entry-206.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/52256317.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/avene/diary/200708220001/
・http://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/diary/200708220000/
・http://raitoningu.at.webry.info/200708/article_12.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1527.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-930.html
・http://tilmitt.blog67.fc2.com/blog-entry-571.html


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

フローラとジーンと。 

どーもこんばんわ。
来週はミリアが危ないって感じですね。

抜刀術っていうのは本来は、
不意に襲われたときに如何に対応するか
という命題で生まれてきたもので、
攻防一体の護身、危機回避の性格のはず
だから得意のシチュエーション
だったのではないかと思う。

ちなみにリガルドがフローラに近づいた瞬間
フローラの剣は抜かれた状態でいるカット
一瞬挟まれているように見えます。
技の相性以前にリガルド゙が速かったのでは。

しかしジーンはアレで終わったのかな?
限界点を超えて戻って来そうな期待も。

リガルドを退けさせる展開が分からない
イースレイかプリシラしかいないよ。

ミリアがリガルドを見て
ピンと来てたのはなぜだろう。
何かあるのかな。ただ知っていたのかな

ps
イースレイとイレーネの誤植が
前回のエントリからチラチラ。
それから多分ビエタとピエタも。
あしからず
  • posted by くれいや 
  • URL 
  • 2007.08/23 21:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

高速剣と風斬りは漣の剣を上回るか 

ちょっと自己エクスキューズ。
抜刀術に関して語りましたけど、
体系的な知識があるわけでなく
ネットを介したつぎはぎのものなので
あやしんでください。自信ありません。

ところで、
漣の剣にとって高速剣は相性が悪く、
オフィーリアはイレーネに惨敗した
という我々の理解でしたが・・・

>>高速剣と“風斬り”が
同系の質を持つ技と考えられる
ので、
「漣の剣<風斬り」 
という図式が見えてくるのではないか?

NO4のオフィーリアよりも
NO8のフローラの方が
強かったのではないかと疑問が湧くところ。
  • posted by くれいや 
  • URL 
  • 2007.08/24 18:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、くれいやさん。

>抜刀術っていうのは本来は、~
これは私の勉強不足でした。確かに抜刀術と言うのは、本来槍が主武装だったころに相手に接近された際、いかに早く副兵装である刀で対応するかで生まれた緊急対応の技術なようです。故に緊急回避向けなのですね。

>フローラの剣は抜かれた状態でいるカットが
これまた私の視聴ミス。確かにリガルドに接近されるカットでは、フローラは抜刀していました。

>技の相性以前にリガルド゙が速かったのでは。
結果的にそう言うことになると思います。リガルドの方が速かった。個人的にはウンディーネに反応出来てフローラに反応出来ないと言うのは、得意とする技の特性上あり得ないと思えなかったので(これは、よくよく考えればリガルドが敵に応じて速さを変えていたとも取れますけど)。

>限界点を超えて戻って来そうな期待も。
ジーンが、忠義を取るか、人として人のまま死にたいと言う願望を取るかで変わるでしょうね。彼女はその強い精神と人としての終えたいと言う想いで覚醒体になっても精神だけとどまっていたようにさえ思えましたし。

>リガルドを退けさせる展開が分からない
いっそのこと全員覚醒しちゃうとか(マテ まぁ、でもそれを抜きにしても半覚醒者は覚醒してくれるかも(ジーンに対して微妙発言をして置いてアレですが)。ミリアとかクレアとかヘレンとかデネヴとか半覚醒者なら戻って来れそうだし。

>ただ知っていたのかな
組織と、それに対抗出来そうな深淵の者。ミリアってちょうど中間だと思うですよ。戦力としては半人半妖だから組織だけど、精神(反組織の想い)は深淵の者側(尤も、深淵の者に反組織の想いがあるかどうかはかなり微妙だが)。
そう言った意味で、ミリアはどちらの戦力も調査していたとか。いざと言う時の為に、どちらの状況も把握しておくために…ミリアなら、われわれの世界並に情報戦とか重視しそうな性格だし。
加えて組織なら、誰が覚醒したか、リストくらい作っていそうだし(元戦士なのだから、覚醒者のリスト表作成は決して難しくないと思う)。

>「漣の剣<風斬り」 
>という図式が見えてくるのではないか?
確かにその図式は、我々の考察では成り立つと思います。現に漣の剣vs風斬りなら、風斬りが勝つと思いますし。

>NO4のオフィーリアよりも
>NO8のフローラの方が
>強かったのではないかと疑問が湧くところ。

ただ、それがオフィーリアvsフローラになると、勝つのはフローラではなくオフィーリアなような気がする。つまるところ、ナンバーの上下は技で判断されるものではない、と言うことでしょう(当然ながら)。オフィーリアの戦闘描写はもちろんフローラの戦闘描写も少ないので、断定は出来ませんが、おそらくオフィーリアには技同士の相性をカバーし凌駕出来る身体能力があったかと思います。

でも、高速剣はその身体能力を上回った。それはイレーネの持つ右腕の身体能力性能がオフィーリアと同等かそれ以上だから、と考えるのが妥当でしょう(仮にもイレーネはテレサ時代のNo.2)。
図式としては

漣の剣<風斬り<オフィーリアの身体能力<高速剣
と言った具合でしょうか? 尤も、私は風斬りより高速剣の方が同系統の技ながら、強力だ、と言う持論の下に図式を展開しているので、くれいやさんの考えとはズレがあるかもしれませんが。

オフィーリアに「○○のオフィーリア」と言う異名がつけられなかったのは、必殺の技を持たない以上にテレサ同様、総合的に彼女の戦闘能力が高かったからではないかと思われます(テレサの異名は結局、そのずば抜けた総合能力と妖力感知能力から来たものですし)。

結果的にオフィーリアの方がフローラよりも強かった、と言うことに。
加えて言うなら、オフィーリアの漣の剣は組織間で浸透しなかったと記憶しています。それは、単に技としての性能が、技名が異名になる戦士(それこそ“風斬りのフローラ”や“幻影のミリア”のように)の技に比べて、成熟度や完成度が劣っていたから、とも考えられますし、技としてはやはり未完のものだったとも考えられます。
また、同一の例としてミリアは「技の特性(幻影能力)と状況(集団戦)が揃えば、その働きはNo.1以上とも言われる」と言うのを確か聞いたことがありますし。


やはり、当然ながらナンバーは限定された状況ではなく、総合力で決められていると考えるのが妥当ではないかと思います。

>ps~
ご指摘ありがとうございます。一応、修正したつもりですが、まだ残ってるかも(汗
ビエタとピエタは本気で勘違いしてました(苦笑
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.08/24 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>>ミリアには頑張って生き残って欲しい。
幻影の能力を不連続な回数t
  • posted by  
  • URL 
  • 2007.08/24 22:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

スタープラチナ ミリア 

丁寧なレスどーもです。

>>ミリアには頑張って生き残って欲しい。
幻影の能力を不連続な回数で考えるより
連続させた持続時間で考えられるならば、
ジョジョの奇妙な冒険でいう所の
「ザワールド」とか「スタープラチナ」のように
“時間を止める”なんて事になりやしないかと
ミリア最強説に考えを巡らせてみたり・・・。
ないだろうけどw


ps名無しコメントはミスです。
  • posted by くれいや 
  • URL 
  • 2007.08/24 22:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>“時間を止める”なんて事になりやしないかと~
さすがに、そうなったらミリア最強説になりますね。さすがに時を止められたら…ねぇ( ̄∇ ̄;)
まぁ、クレイモアの世界観として自然現象にさえ干渉しない、ある種純粋な剣技のみのバトルモノなので可能性は薄いんでしょうけどね(それこそDBのようなエネルギー弾と言うものさえ出てこないくらい)。
それがむしろ、今では新鮮なのですが。

ただ、「もしミリアが覚醒したら?」と妄想を膨らませると、くれいやさんが推察したようにその幻影の使用時間が連続になる超高速機動型になるんだろうなぁ、と思います。動物で言えばチーターみたいなσ(^◇^;)

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.08/25 23:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ感想『CLAYMORE』編 SCENE:21 ピエタ侵攻?

アニメ感想『CLAYMORE』編 SCENE:21 『ピエタ侵攻?』 ピエタに鳴り響く、獅子王の雄叫び…。 (あらすじと感想・ネタバレあり)

クレイモア CLAYMORE 第21話「ピエタ侵攻?」

24人のか弱い女子に対し、いかれる男子が27人でしたっけっ???そもそも人数的にも差があって、体格、パワー自体に圧倒的な開きがある中での戦闘開始は辛いですね。しかも、初めから敗北覚悟で生き残ることが最大の目標というのは痛すぎます。それでも、普通の覚醒者との戦

CLAYMORE 第21話「ピエタ侵攻?」

CLAYMORE 10沢山のクレイモアが待ち受ける姿・・・う~~ん、何かいいねぇ。勝平覚醒者の台詞じゃないけど、沢山の美人のお嬢さんに迎えられているってのが実に良い感じですよ。女子校の中に入るのと似てるかな(微妙な)そしていきなりやられる脇役のクレイモア...

CLAYMORE クレイモア 第21話

「ピエタ侵攻 I」勝てる気がしねぇーっっ!!前回、心を通わせ人間らしい一面を見せたクレイモア達が、あっけなく命を散らしていく姿に呆然。先の戦いでクレア達が倒した覚醒者3人はイースレイにとっては捨て駒

クレイモア SCENE.21『ピエタ侵攻 I』

予感はしてた、でも今回はテレサ編と同等・・・ いや、もしかしたらそれ以上に衝撃的な回でございました。 「一人でも多くのクレイモアが生き残らん事を」との願いは イースレイ&プリシラ最凶コンビですらない No.2(と思われる)銀眼の獅子王・リガルドによって玉砕寸前・

CLAYMORE 21話「ピエタ侵攻 ?」

『ピエタの町に、銀眼の獅子王・リガルド率いる多数の覚醒者の侵攻が始まり、いよいよ決戦の火蓋が切られた。ミリア、クレアたちは、前哨戦と同じように5つの隊に分かれて反撃し、死闘の末、3匹の覚醒者を倒す。だが、

クレイモア21話「ピエタ侵攻?」

ま、まさかあのフローラがあっさりやられるとは…!

CLAYMORE SCENE21「ピエタ侵攻?」

 遂に始まった24人のクレイモアとそれを上回る27人の覚醒者の戦い。  CLAYMORE Limited Edition Sequence.1小林靖子; 梅原隆弘; 桑島法子; 高城元気; 平田広明; 朴路美 (2007/07/25)AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D) こ

CLAYMORE -クレイモア- 第21話 「ピエタ侵攻 I」

[あらすじ]ピエタの町に、銀眼の獅子王・リガルド率いる多数の覚醒者の侵攻が始まり、いよいよ決戦の火蓋が切られた。ミリア、クレアたちは、前哨戦と同じように5つの隊に分かれて反撃し、死闘の末、3匹の覚醒者を倒

レビュー・評価:クレイモア/Story21 ピエタ侵攻I

品質評価 16 / 萌え評価 14 / 燃え評価 87 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 43 / お色気評価 29 / 総合評価 38レビュー数 48 件 ピエタの町に、銀眼の獅子王・リガルド率いる多数の覚醒者の侵攻が始まり、いよいよ決戦の火蓋が切られた。ミリア、クレアたちは、前哨戦と

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……