FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

アニメ感想
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」


<あらすじ>
遂に公開意見陳述会の日を迎えようとしていた。前日から、夜間警戒に当たるなのはとヴィータ、それにギンガを加えたフォワードたち。

早朝入りをしたはやてやフェイト、シグナムも加わって機動六課は前線メンバー+はやてによる総動員体制による警備がなされていた。

そして、公開意見陳述会が始まる。施設内警護は以前より許可されていた隊長クラスとはやての護衛のシグナムのみで、彼女たちはそれぞれ自分のデバイスをヴィータやスバルに預けて警護に臨んでいた。

外部では、ヴィータを筆頭にしてフォワード陣が警護をしている。六課本部でもロングアーチは常に会場をモニタリングし、状況の確認を図っている。それは六課に限らず、他の部課も同じこと。

厳重過ぎるほどの警戒態勢。スカリエッティ一味がここを狙う理由が解らないとするヴィータ。

もうすぐ陳述会も終わろうかと言う夕刻。ギンガが部隊から離れたころになって、陳述会会場は何者かによってクラッキングを受けていた......。


続きは、OPからどうぞ。



<あらすじ(続き)>
遂に動き出したナンバーズとルーテシアたち。用意周到に組まれた相手の作戦で次々と無力化していく管理局員。

そして、障壁の出力が落ちると同時にルーテシアによって遠隔召喚されたガジェットが会場周辺を一気に包む。個々では狭い範囲しかカバー出来ないAMFが、膨大な数で補いあうことで会場全体をAMFに包み込み、内部人間の魔力結合をほとんど無力化していく。

突然の襲撃と同時上空から飛来するゼストとアギト。ゼストのオーバーSランクの力を観測したヴィータはリィンとユニゾンすると、はやてたちのデバイスをティアナに託し、彼らの迎撃へと向かう。

デバイスを持たないなのはたちを一刻も早く救いだし、デバイスを届けなければならない。
その使命を帯びたフォワード陣。しかし、彼女たちの前にも現れたナンバーズ。どうやらこの四人の中で三人を生捕りにすることを命令されているらしく、特にスバルのことを「旧型のタイプ・ゼロ」と呼ぶ。

荒業を使い、非常時の合流ポイントである地下に急ぐなのはとフェイト。閉じ込められたはやてにシグナム。それぞれが融合し対峙するヴィータとゼスト。そしてナンバーズと対峙するフォワード陣。

しかし、それとは別に機動六課本部にも敵の手は迫っていた......。


<感想>
と言うわけでようやく事件です、姉さん(姉さんって誰さ?

まぁ、そんなセリフが出てしまうくらいようやくな展開かと思います。いやー、長かったですね。さすがに1話でこれは出来ないでしょうけど、もう16話ですよ( ̄∇ ̄;)

ヴァイスは何気にティアナとフラグ立てに成功?(マテ 以前はティアナの半分程度の魔力保有量で狙撃の名手と呼ばれたエースだったらしい。よほど、ヴァイスは命中率が良いのか、魔力の燃費が良いんでしょうね(おそらく、両方でしょう、たぶん)。ヘリのストームレイダーは何か知っているようですが、たぶんヴァイスの前のデバイスがストームレイダーでデータをヘリの方に移植したとかそう言うことじゃないかなぁ、と(デバイスの人格・データ移植が出来るかどうか不明ですが)。

と、最後に...。
リンディキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

はい、そう言うわけでリンディさんです。私は前回まで観てない新規なのでさっぱりですが、どうやらクロノの実母でフェイトの養母らしいですね。あれ、めちゃくちゃ若い気が( ̄∇ ̄;) と言うかね、どう考えてもフェイトより若く聞こえる、声とか性格とか(ノ∀`*)アイター

以下、いつも通り戦闘機人・ナンバーズを中心に考察。

<スバル=ナカジマ>
タイプ・ゼロと呼ばれたスバル。そんなこと言われちゃ、どう見たってスバルだって戦闘機人!?と言う考察しか出てこないのですが( ̄∇ ̄;)

ただ、私はあんまりそう思いたくはない。もし、自分が戦闘機人であるならさすがのスバルだって気づくだろうし、何より管理局入りが出来るとは思えない(仮に管理局入りしても、配属先は彼女の実験を合法的に行えそうな部隊のような気もするし)。

そのことからも、「タイプ・ゼロ」と言うのはスバルではなく、スバルが身に付けたリボルバーナックルのデバイスの方ではないか、と。もともと、このデバイスはスバルとギンガの母が使っていたもの。もし、母親(ないし母親の使っていたデバイス)が、スカリエッティないしそれに関係する人間が生み出した実験体だとしたら、それを継承しているスバルに対して「タイプ・ゼロ」と呼称することも一応つじつまが合う。

余談ですが、ナンバーズに確保が命じられたのは、スバル・エリオ・キャロの三人ですかね? そうだとしたらティアナ、また(?)除け者だ(汗
スバルは言うまでもなく、旧型のタイプ・ゼロ(これが先の考察のようにスバル本人なのか、それともデバイスを指しているのかは不明だが、個人的には後者と予想)。
エリオはこちらも言うまでもなく、プロジェクトFの残滓(フェイトと同じような存在?)。以前から狙っていた感もあるし。
キャロはルーテシアと関わりがあるような気がします。あるいは、召喚と言うレアスキルが、スカリエッティには恰好の研究材料に見えたのかも。

ただ、三人と言う場合、必ずしも新人フォワードのみとは限らない。スバルが捕獲対象であることは確実なので、もう一人はギンガだとも考えられる。
また、視聴者視点ではヴィヴィオと言うことも十分考えられる(現に狙っている)が、ただし彼らがヴィヴィオを「人」として扱っているかどうか不明なので、捕獲対象ではあるかもしれませんが、「三人」の中に入っているかは微妙。彼らにとってヴィヴィオは「人」ではなく「器(モノ)」だと思うので。


<ナンバーズ>
前書きはもう良いでしょう、さんざんやったし。ナンバーズについてもだいたい分かってますしね。
そんなわけで以下、以前掲載したものを更新したものです。赤字が更新部分。

ウーノ(1)…長女。スカリエッティの助手的な立ち位置。ボディの開発・調整が遅れていたらしく、15話で完成・その姿を披露している。ISは不明だが、ボディが他のナンバーズと違い戦闘服を纏わない執務服のようなものだったことから、ISないし彼女にあてられた役割が直接戦闘用ではなく間接戦闘及び支援用と言う可能性が考えられる。現在、スカリエッティのアジトで他のナンバーズ及びルーテシアへの司令塔役を担っている(この辺りで何かしらのISを使用か?)

ドゥーエ(2)…現在、別任務遂行中。ただ、公開意見陳述会強襲作戦はスカリエッティ一味の重要部分でもあるため、描写されていないだけで参加している可能性もある。ISも不明。

トーレ(3)虫の羽状のものを展開し超高速移動出来るライドインパルスと言うISを持つ。その身なりや風貌、ISの特性上からスバルやギンガのような肉弾戦を得意とすると推定される。ウーノから妹たちのお目付けを命じられるなど、冷静沈着なリーダー肌。

クアットロ(4)手の甲に供えられた逆三角形の部品で発動する、電子操作を可能とするシルバーガーデンのISを持つ。機能としては電子操作を利用したクラッキング、通信・レーダー系統の操作、幻影が現在確認されており、ISの汎用性は現在確認されている中では最も高い。幻影自体は使い方次第で応用の幅があるが、彼女の風貌から察するに他の物体(ガジェット等)を再現した幻影による間接戦闘を得意とすると思われる。また、妹たちの中で単体飛行が可能。ヴィータに対して過去のなのはを守れなかった出来事について言及していることから、何らかの形で彼女もしくはナンバーズがなのはが重傷を負った事件に関わっているものと推察される。性格や性能、ISなどの特徴によりウーノとは別に、前線リーダー的な役割を任されていると思われる。

チンク(5)別任務遂行中だったが、終えたか呼び出されたかで、今は公開意見陳述会強襲作戦に参加。ISを使い、障壁を張っている装置(もしくはそこに動力を送る動力源)を破壊している。ISはランブルデトネイター。詳細は不明だが、クナイ型の固定武装を遠隔爆破することが可能。複数の能力パターンが推察出来るが、同調したもの(主に固定武装)を炸裂させるか、あるいは同調したものに遠隔でエネルギーを注ぎ込み刺さったモノを内部から炸裂させるようなものとも考えられる。

セイン(6)物質透過能力であるディープダイバーのISを持つ。特にISの使用に条件は見られないが、おそらく透過条件は無機物限定ではないかと推察される(さすがに描写的に人体を透過するとは考えにくい)。また、他者がディープダイバーに干渉することは現時点では不可能だと考えられるが、例外として魔法が発動していない無防備な者であればセインが許可するorセインに触れることで透過可能だと思われる(ルーテシア救出描写より)。その特性上、強奪等の任務に向くと思われ、戦闘においても周囲が全てISを使いこなせる空間であれば有利に戦えると思われる。公開意見陳述会強襲作戦では、その能力を遺憾なく発揮し、麻痺性の高いガスを詰めた爆弾で地上本部の警備本部と思しき場所を無力化している。

セッテ(7)直前まで生体ポッド内にいたが、公開意見陳述会強襲作戦時には完成され出撃している。IS「スローターアームズ」を保有するらしいが詳細は不明。固定武装として二振りのブーメラン型の武器を保有しており、ディエチ同様固定武装の使用にISが関わっているものと思われる。単体飛行が可能なものと思われる。

オットー(8)不明。ただし、セッテが実戦投入されていることから、オットーも完成され実戦投入されているものと思われる。

ノーヴェ(9)調整を終え、公開意見陳述会強襲作戦に参加。スバルら三人の生捕り任務を帯びる。ISは不明だが、脚部にスバル・ギンガのリボルバーナックルを足ver.みたいな固定武装を持つ。IS調整中に自らの出撃を直訴していたことから、好戦的な性格をしているか、もしくはレリックらに対して他の姉妹より執念を抱いている可能性がある。また、自分たちの王の存在に対して、他の姉妹よりも疑っているに見える。スバルを「旧型とは言えタイプ・ゼロ」と呼称した本人。

ディエチ(10)Sランククラスの物理破壊型魔法を放てるヘビーバレルの使用及び使用に伴う肉体そのものがISではないかと推察される(瞳の照準スコープのようなものなどから)。フルパワーではなかったが、それでもSランククラスの破壊力を持つらしく、ヘビーバレルフルパワーはそれ以上の力があるのは明白。その特性上、長距離からの支援砲撃を得意とすると思われる。単体飛行は不可。公開意見陳述会強襲作戦では地上本部を狙撃する任を帯びていた。

ウェンディ(11)…固定武装が完成している。固定武装を要することから、ディエチと同じように固定武装ならびにその使用がISだと思われる。固定武装と思われるシールドのようなものを保持し、スバルを除くフォワード陣を魔力球と思われる無数の球体で取り囲んでおり、何らかの形でこれらがISに関わっているものと思われる。

ディード(12)不明。ただし、完成し調整も終了してウーノの言葉から公開意見陳述会強襲作戦に参加していると思われる。


<アインヘリアル>
極秘裏かと思いきや、意外と一般市民にも知れ渡っているようで( ̄∇ ̄;) 防衛用となると、やはり迎撃システムとして…ミサイル発射装置とか?


次回「その日、機動六課(後編)」。


<MVC>
ゼスト
カッコいいですね、渋い。デバイスもなんかカッコいいですから、ヴィータと熱い戦いを期待したいですね。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://abaton14.blog79.fc2.com/blog-entry-338.html
・http://amir-tmerun.cocolog-nifty.com/crub2omydk1/2007/07/post_cb5e_1.html
・http://angelnotes.blog46.fc2.com/blog-entry-1062.html
・http://aniotalife.blog99.fc2.com/blog-entry-189.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/beni_koji/22750869.html
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/b6a5d9ef19ed1115cf8656b14bc5bb0d
・http://blog.kansai.com/aimugi/676
・http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50904175.html
・http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/51007893.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50808348.html
・http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51139843.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/50999843.html
・http://blog.livedoor.jp/x2oa1/archives/51182390.html
・http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-550.html
・http://gennsouryouiki2nd.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/strikers_c7f0.html
・http://honwoyominagara.seesaa.net/article/48455931.html
・http://hutsbatbilauzortzi13.blog44.fc2.com/blog-entry-243.html
・http://ivory.ap.teacup.com/nagaharuhenyo2/715.html
・http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-127.html
・http://kawasyachi.blog90.fc2.com/blog-entry-209.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-282.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=193
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-1344.html
・http://mys.blog2.fc2.com/blog-entry-1241.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-701.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200707180000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/200707160000/
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1481.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-1014.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=351
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/07/post_a481.html
・http://zdryeo.blog43.fc2.com/blog-entry-380.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 。。。。 第16話 その日、機動六課(前編)

これが 融合型 ですか。後につけてるのは 剣ですか?やけに 幅広の剣みたいだけど?面白いです、次回も 面白そう。まぁ、なのは たちが 閉じ込められるのは 少々 単純な気はしましたが、敵の目標は 地上局だけにあらず。空になった機動六課までも 所定の標的だっ...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課 (前編)」

リンディお婆ちゃん登場^^まだ若いんだろうけどもう孫がいますからねw声も久川さんのままで一安心。ヴィヴィオに会いたいがために陳述会にでようとするあたり、変わってませんねw今でも、お茶にミルクなんでし

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

「その日、機動六課(前編)」キャラを増やすのも程ほどに!!今回からいよいよ本格的な戦いの始まりのようで、新たなナンバーズが次々と活躍していたのですが、私のお馬鹿な頭では、誰が誰だかパニック状態。登場

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 感想

 『その日、機動六課(前編)』と例のごとく2編に分けるつもりらしいですが、これも例のごとく全然関係ありません!!雑誌を見る限りでは3話ほどの構成!しかも題名前編ほとんど関係ないし・・・。 さらにまだ確定では

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」

とうとう公開意見陳述会の警備へと出発のとき。でも、なのはままにすっかりなついてしまったヴィヴィオは不安げです。もうすっかりなのはままになついちゃってますね(*´∀`)それに負けず劣らずなのはままのママっ

戦う者に道が2つある。勝利と、死と!

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15・16話 ギン姉の笑顔を見たのはこれが最後でした…。 最近、タイトルが真に

魔法少女リリカルなのはStrikerS感想第16話「その日、機動六課(前編)」

第16話「その日、機動六課(前編)」 今回は、なのはさんが「ヴィヴィオの母親」としての意識を健在化していない事の提示と、その「母子関係」の補強の為に、「プレシア-フェイト&リンディ-フェイト」の親子のアナロジーで、

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

 今回は注目の公開意見陳述会・・・ってことでそろそろ盛り 上がってきそうですな~。 ヴィヴィオを残して、陳述会に向かうなのはさん。 何だか急いでヴィヴィオの引き取り先を探してるような気が しますが・・・自分で引き取ろうって気はないんでせうか~?...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

前回の戦闘機人戦以降緊急出動は、何故だか全然無くなっちゃいました六課に出向してきたギン姉と一緒に私達は訓練訓練また訓練の日々ヴィヴィオも元気に笑うようになってなのはさんも、なんだか嬉しそうでフォワードチームも副隊長達も皆凄く元気な....

魔法少女リリカルなのはStrikerS #16「その日、機動六課(前編)」感想

ヴィヴィオ相変わらずかわいいなぁなのははお母さん役には合っていないイメージなんだよなぁフェイト、前の母さんも大事に想ってるんだなヴァイスの過去が少し明らかに。カッコいいついに物語が大きく動いてきました敵方も総動員ですよロリインとヴィータの合体キタ━━━(

魔法少女リリカルなのは StrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

リンディさん、めっちゃ久しぶり。第3期で登場したのは今回が初めて?かなりの年月が経ったのに全く年を感じさせませんね。って、この若さでお婆ちゃんか!リンディさんのお目当てもヴィヴィオなのね(笑)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 「その日、機動六課(前編)」です。お話のキリで行くと今週が良さそうなので、てっきりオープニングが「MASSIVE WONDERS」に変わるのかと思ったら、まだでした。DVDの切れ目としても16話といいので、製作が間に合っていないので...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」

珍しい組み合わせのアイキャッチ~今回ナンバーズがほとんど出てきたわけなんだけど、2人しか名前当てれないぐらい覚えてません(爆)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ前回、勝手に想像していたナカジマ姉妹、寝返り発動は流石にありませんでしたが、デバイスを預けていますので少々やっかいではあります。何といっても、本部襲撃以外の情報というか、予想がはやて側には無いわけですから、.

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

萌えキャラ認定中:キャロ・ル・ルシエ『その日、機動六課(前編)』今週から、後半戦が本格的にスタートです。ここから、最後まで一気の展開になるんでしょうか。だとすると、けっこうな長丁場になりそうですが。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS  現時点での評価:2.0~3.0  [SFアクション]  テレビ和歌山 : 04/01 25:10~  三重テレビ : 04/02 26:00~  KBS京都 : 04/03 26:00~  チバテレビ : 04/03 26:30~  テレビ埼玉 : 04/05 25:00~  東...

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1いよいよ、公開陳述会の日を迎えた。14時からの開会に備えて、現場の警備へと出動する六課。何事もなく時が過ぎていく・・・だが、意見陳述会もそろそろ閉会か、と言うその時!それは、突然にやってきた・・・。

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1いよいよ、公開陳述会の日を迎えた。14時からの開会に備えて、現場の警備へと出動する六課。何事もなく時が過ぎていく・・・だが、意見陳述会もそろそろ閉会か、と言うその時!それは、突然にやってきた・・・。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 

第16話 「その日、機動六課(前編)」  うむむむ・・・「ユニゾン」ならぬ「百合ゾン」ってなんやねん!ニコニコ動画のコメント見てたら、そんな事がカキコしてありましたが、それにしてもよく思いつきますなっ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

「その日、機動六課(前編)」 魔法少女リリカルなのは StrikerS 高町なのは (1/8スケールPVC塗装済み完成品)ムービック 2007-07-20売り上げランキング : 9910Amazonで詳しく見る by G-Tools えーと、戦闘機人ってネーミング何とかなりませんか?すげえ耳に障るんです

魔法少女リリカルなのは StrikerS 第16話 『その日、機動六課(前編)』

公開意見陳述会前夜。なのはとヴィータ、リインフォース?、フォワード陣4名が会場警備のためにヘリで現場に向かいます。『明日にはちゃんと帰ってくるから』見送りに来ていたヴィヴィオにそう言い聞かせて約束をしてい

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……