fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ひぐらしのなく頃に解 2話

アニメ感想
ひぐらしのなく頃に解 
第2話「厄醒し編 其の壱『鬼ごっこ』」


<あらすじ>
※あらすじ・考察は「月の静寂、星の歌」様の記事を活用させていただいております。

古手梨花は、沙都子が寝静まった自室で紫色の液体が入ったコップを傾けて何かと語り合っていた。大事な人たちを守りたいと願いつつも、疲れてしまったと呟く梨花に、何かは語りかける。

「またその話?」

レナがあの状態から立ち直れたこと、何より圭一が別世界で起きたことを覚えていたと言うこと。しかし、それは奇跡の産物であり、そう何度も起きないだろうと呟いた......。




1983年6月10日
朝起きた沙都子は、下着姿のまま自分の腕に注射器を当てていた。沙都子の体質に適合していると言う栄養剤の研究に協力しているとはいえ、慣れるものではないと言う沙都子。

梨花に励まされたが、沙都子はそれでも「不公平ですわ」とつぶやく。

その日、早朝から準備をした悪戯で今日も今日とて圭一をからかう沙都子。それを見守るのは、魅音とレナ、梨花…そして詩音。「悟史から沙都子を頼まれた」と言う詩音は、梨花の面倒をみるためだけにわざわざ分校から転校してきていた。

当面の目標は、沙都子のカボチャ嫌いを治すため毎日のようにカボチャ入りのお弁当を作ってきていた。沙都子も、その手間と詩音の熱意を理解しているためか、梨花に促されたこともあって不詳不詳ながらそのお弁当を口にして、カボチャ嫌いの克服を目指していた......。


続きは、OPENからどうぞ。



※管理人は、原作未プレイ・PS2未プレイ・第一期閲覧済みの状態で本記事(主に考察)を書いています。

<あらすじ(続き)>
午後の授業は体育。早めに終わったため、残りは自由時間になった。いつもの部活メンバー(+詩音)は、鬼ごっこをすることに。ゾンビ鬼と言う、鬼が増える方式の鬼ごっこで楽しむメンバー。

計略を巡らせる圭一、魅音の計略に耐える圭一、レナの思春期特有石化魔法にかけられる圭一…とまぁ、主に圭一が苦労していたが、勝負はレナと、ゾンビになったと嘘を付き続けていた魅音と詩音の勝ちとなった。

その帰り道、圭一たちは入江京介と富竹ジロウ、そして鷹野三四と出逢う。三四の雛見沢連続怪死事件の話が出て、梨花と沙都子は口をつぐむ。

それぞれの家に解散となった後、魅音と詩音とレナは圭一に今まで隠してきた雛見沢連続怪死事件について話し始めた。「今まで黙っていてごめん」と謝る魅音だが、「誰にだって言えないことの一つや二つある」と言って笑い飛ばす圭一。それでこそ新雛見沢名物男と褒める詩音。

一方、自宅に帰った梨花と沙都子。何か思い悩んでいるような梨花に沙都子は「仲間に相談することが大事」とかつての圭一と同じセリフを口にする。一抹の期待を込めて沙都子に「誰からその言葉を聞いたのか」と問い返す梨花だったが、沙都子に今思いついたと言われ肩を落とす。

奇跡はそう何度も起きない。
それを痛感しながらも、梨花は「大丈夫」と笑顔を傾けようとしたが…そのごまかしも限界にきていた......。


<感想>
なんか、ほのぼの平和となってる(ラストはともかくとして)。まぁ、事実上の1話だろうから、これくらいの方が導入としては良いのかもしれませんね。この世界での独自設定(詩音の転校など)もあるようですし、その辺りを本格的に事件が起きる前に視聴者に見せておく、と言ったところでしょうか。

もしかしたら、物語半分近くを消費した「鬼ごっこ(ゾンビ鬼)」と言うものが、実はどこかの伏線や布石になっているのかもしれませんね……私にはどの辺りが布石なのかさっぱりですが(せいぜい、魅音と詩音が実は捕まっていなかった→味方だと思っていた相手が実は敵(何かしらの対象)だった、と言う展開くらいでしょうか?

デフォルメキャラは、某聖杯戦争なゲームのバッドエンドで出て来るキャラたちを感じさせるようなタッチで描かれてましたね。こう言ったところはアニメならではと言ったところでしょうか。

入江京介、変態度400%を突破しそうな勢いです( ̄∇ ̄;)と言うか、普通にロリコンなんですけど、この変態医師(w

<MVC>
前原圭一
出た、スーパーコーディネイターの超回避力(マテ まぁ、ギャグがメインだったからこそ言える感想ですが(原作をプレイしている方からするといろいろ伏線があったみたいですが)。
それは別にしても、まるでこれまでの雛見沢での事件でのことを記憶はしていないけど記録しているかのような圭一の発言は、第一期を観ただけにジーンとくるものがあります(「人間は成長するんだぜ」「誰にだって言えないことくらいある」など)。


<私的推理>
1.園崎詩音
この世界の大きな違いは園崎詩音が分校にいる、と言うこと。これまで詩音は興宮の別の学校に通っていた設定になっている。そこで幾つかの違いを検証。ただし、この検証が直接ないし間接的に物語解決の糸口になるかどうかは不明(w とりあえず世界観としての違いを捉え、考え得る限りのものを挙げておいて、後で少しでも役に立てば良いと思ってるレベルのことですが。

・詩音は悟史から頼まれたことを覚えている
目明し編のことを考えれば、この世界ではそれを明確に認識していると言うことになる。まぁ、他世界とは似て非なる世界なのでこう言うこともあるだろう。目明し編は、たぶん詩音が取る行動の中で最悪な部類に入る気もするし。

・詩音は園崎本家に戻っている?
興宮で暮らしていた頃は当然本家ではなくアパートだった(日本人がマンションと呼ぶような、おそらくこの年代としては良いクラスのアパート)。ただ、さすがに分校に通うことを考えれば魅音とお魎のいる本家に戻ったと考えられる(お弁当をわざわざ作る手間と時間を考えれば余計に)。当然魅音とお魎と暮らしているはず。魅音はともかく、よくお魎が許したもんだ…。

これが何を意味するかは不明。でも、近場にいると言うことは何らかの意味を持ってくるのではないか、と。あと、バイトとかもしてない可能性があるような(沙都子を頼まれた、と言うことは部活メンバーの一員として遅くまで沙都子と一緒に遊んでいる可能性もあるし)。その辺りの差異が、きっと他の世界とは違った結果を生み出す…はず。


2.沙都子の注射
沙都子の体質に合うらしい栄養剤の研究。明らかに怪し過ぎな展開ですσ(^◇^;)

普通に考えれば、入江京介が関わっている(入江が多くの世界で沙都子に固執あるいは保護者的な考えを持つ理由も、沙都子が貴重な体質の持ち主だと考えれば何となくわかる)。そして、おそらくは1話で出て来た細菌あるいは、その細菌に対する免疫を高めるワクチンのようなものの研究に直接ないし間接的に関連していると考えられるでしょうね。

なぜ沙都子なのか、と言うのは本当に体質なのだと思いますが。もしかしたら、悟史も同様の体質だったのかもしれません。仮に沙都子による栄養剤研究がワクチン研究だとしたら、連続怪死事件に見立てられて行方をくらました悟史が、もしかしたらその体質を活かして妹や友人の住む雛見沢で細菌テロが起こった場合、それを避けられるor打開出来るワクチン製造に協力するため、入江を仲介して雛見沢を出て現在も協力中…と言う生存説を唱えることもできるかもしれません。

まぁ、それはそれで入江の立場をどうとらえて良いのか微妙なのですが。


3.梨花の摩耗?
これまで傍観者としていたと思われていた(と言うか私が勝手に思っていた)梨花ですが…どうやら、普通に幸せを求めているのかもしれません。

沙都子が「不公平」と言った言葉には梨花も頷いたでしょう。記憶を何らかの形で継承ないし共有しているがために、何度も何度も悲劇の雛見沢を観て、体験させられ、そして自分が殺されていく様を共有することに等しいのですから。

でも、もう限界って感じですね・゚・(ノд`)・゚・ こうなったらもう一度圭一に奇跡を起こしてもらうしかない!と安易な考えに至ってしまいそうになる私の気持ちも、きっと察していただけるはず。


次回は厄醒し編 其の弐『無力』。観ないとおしおきらしいですよ(次回予告より


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://08syounen.blog.shinobi.jp/Entry/281/
・http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-767.html
・http://angelnotes.blog46.fc2.com/blog-entry-1055.html
・http://aniotalife.blog99.fc2.com/blog-entry-187.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/beni_koji/22569796.html
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/091e6dd4b128c0a1aef01aec6c4ba7c6
・http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50902450.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50805488.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50593803.html
・http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51136162.html
・http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/50997332.html
・http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50976957.html
・http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-546.html
・http://fwp5sxrt.blog101.fc2.com/blog-entry-128.html
・http://gennsouryouiki2nd.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_f331.html
・http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-856.html
・http://happyuki-blog.at.webry.info/200707/article_28.html
・http://hqtargz.blog106.fc2.com/blog-entry-74.html
・http://kagamipani.blog95.fc2.com/blog-entry-154.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-277.html
・http://lessiy.jugem.jp/?eid=761
・http://loliluna.blog53.fc2.com/blog-entry-350.html
・http://maguni.com/diary.cgi?no=190
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-1336.html
・http://mekatama.blog21.fc2.com/blog-entry-809.html
・http://nounaisekai.blog105.fc2.com/blog-entry-93.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-700.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/200707170003/
・http://plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/200707130000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/200707130000/
・http://plaza.rakuten.co.jp/syofactory/diary/200707140000/
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-1000.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=338
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/07/post_ab3d.html
・http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-710.html
・http://www.mypress.jp/v2_writers/kasumidoki/story/?story_id=1632655
・http://www.todasoft.net/blog/archives/2007/07/_2_21.html
・http://zdryeo.blog43.fc2.com/blog-entry-377.html


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ

Comment

 

 月詠さん、こんばんは!
 月の静寂、星の歌の なっきーです。

 まずごめんなさいという話ですが、沙都子の注射、おなかにしています。うちの記事の修正、遅れまして申し訳ないです(汗)。

 考察は、第1期同様に楽しみに読ませていただきました。
 ただ、原作既読の私が何を言ってもヒントになりそうなので、考察にコメントするのは避けておきますね。

>入江
 余所様(しかも複数)でロリ江とか命名されていて噴きました(笑)。

>圭一
 綿流し編までの失敗の数々を思えば、今回の台詞は感動的でした。
>「人間は成長するんだぜ」
>「誰にだって言えないことくらいある」
 特に鬼隠し編では、 「仲間なら隠し事は無しだろ!? お前は仲間じゃない!」 でしたから…(汗)。
  • posted by なっきー 
  • URL 
  • 2007.07/19 17:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

リンク 

はじめまして☆いつもTBありがとうございます。
リンク先に当方の弐号館を見つけましたので本館・弐号館ともリンクに加えさせていただきますね。
後ほどご確認ください(^^
  • posted by 紅 
  • URL 
  • 2007.07/19 21:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、なっきーさん。

〉〉沙都子の注射、おなかにしています。
了解です。そんなに気にしないで下さい。私は唯一視聴できるテレビの画質が悪すぎて、最初は注射器かどうかさえ曖昧だったくらいですから(爆

〉〉考察は、第1期同様に楽しみに読ませていただきました。
原作をプレイした方にそう言ってもらえると嬉しいです。まぁ、原作をプレイしていない上、穴だらけ・的外れな考察かもしれませんが、「こう言った見方をする人もいる」くらいで楽しんでいただければと思います。

〉〉余所様(しかも複数)でロリ江とか命名されていて噴きました(笑)。
あー、納得(するんかい! そうですね、正しくロリ江と呼ぶにふさわしいですね。まともなところだと、イリーと呼ばれているようですが、ロリ江の方が(少なくとも今回は)適切かも。

〉〉特に鬼隠し編では、 「仲間なら隠し事は無しだろ!? お前は仲間じゃない!」 でしたから…(汗)。
確かに( ̄∇ ̄;) レナにはその言葉をまんま返されて絶句ですから、自分から「言いたくないことの~」と言えて、且つすでに隠されていたと言う事実を受け入れる圭一は確かに成長してるのですよね。

ではノシ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.07/20 00:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、紅さん!

初めまして。こちらこそ、本館・弐号館の両方でいつもTBでお世話になっていますヽ(≧▽≦)ノ

〉〉リンク先に当方の弐号館を見つけましたので~
ありがとうございます!! こんなBlogですが、これからも末長く仲良くしていただければと思います!!

ではノシ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.07/20 00:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひぐらしのなく頃に解 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」

重大なネタばれを含むので注意してください原作、PS2版のいづれも未プレイの方はこの先読み進めないほうがいいともいます。<アニメ 感想 レビュー キャプ 画像 ネタばれ おにごっこ ゾンビ鬼 石化魔法>

ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 其の壱  「鬼ごっこ」

ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 其の壱  「鬼ごっこ」

ひぐらしのなく頃に解第1話 厄醒し編 其の壱「鬼ごっこ」+第1話サイカイ感想

前作終盤のチープな演出にならない事を願う↑クリックで画質良・オリジナルサイズがご覧になれますこの絵が笑顔になる日を願う→ひぐらしのなく頃に解公式

ひぐらしのなく頃に解 第2話

厄醒し編其の壱の今回は、圭一達が学校で鬼ごっこをする話でした。惨劇が起こる前の日常シーンは楽しいですよねぇ。今回は過去と違って学校で詩音も一緒、これにはどういう意味があるというのやら。沙都子は毎日栄養剤の研究のため注射をしているとのこと。一体ど....

ひぐらしのなく頃に解 #02 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」

 繰り返される惨劇、それは悲劇にして喜劇、 迷宮に差した光条、それは希望にして絶望。 終わることを知らない舞台で、 降りることのできない道化は、 独り、 ひび割れた仮面の裏で、 乾いた涙を落とした――。♯記事内リンク:★ストー....

ひぐらしのなく頃に解 第2話「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」

雛見沢は6月を永遠にループしてたんだよ!なんだってー!?まあアニメ版罪滅し編のラストでも梨花が「永遠に終わらない6月」って言っていたので、そんな驚くようなことではないか。下着姿で注射をする沙都子がやけに

忘れないで、仲間の存在を

ひぐらしのなく頃に解■厄醒し編 其の壱「鬼ごっこ」前回の話はオリジナルじゃなかったらしい。祭のTIPSの話だとか何とか、まぁ今更どうでもいいですね。そんな訳で今回はちゃんとオリジナルストーリーです。と

ひぐらしのなく頃に・解 第02話 『厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ』

 やはり『ひぐらしのなく頃に』は こうでなくては!! やはりひぐらしといえば部活の遊びが章の最初に来るのは必須!! 今回は文字通り『鬼ごっこ』!!あの遊びとは思えないすごい展開が見れますよ!この章

ひぐらしのなく頃に解 第二話『厄醒し編 鬼ごっこ』

圭一「KOOLになれ落ち着くんだ前原圭一!!」なんという素晴らしい鬼ごっこ(笑)ひぐらしでまさかこんなに大笑いさせてもらうとは思いもしませんでした。まずは鬼ごっこ、その後は超かわいいメイドさんの沙都子ちゃん

ひぐらしのなく頃に解 第二話『厄醒し編 鬼ごっこ』

圭一「KOOLになれ落ち着くんだ前原圭一!!」なんという素晴らしい鬼ごっこ(笑)ひぐらしでまさかこんなに大笑いさせてもらうとは思いもしませんでした。まずは鬼ごっこ、その後は超かわいいメイドさんの沙都子ちゃん

ひぐらしのなく頃に解 第02話 厄醒し編 鬼ごっこ

また綿流しの前に戻っているのか。しかし一期無印のころの話全てを経た後で、ということになるようだけれども。それにともなってかなり状況が変化しているよう。詩音が普通に学校に通っているんだものさ。体操服の集団が走っているとこんにゃくを思い出すデスよ。...

ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」

オヤシロさまドットコム─「ひぐらしのなく頃に」「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト前回が現代からのアプローチで、しばらくそのパターンで展開するものと思っていたのですが、時代はやはり昭和58年ということでよいのですよね。前期の編代わりにあったほのぼのム....

アニメ感想 ~ひぐらしのなく頃に解 第2話~

鬼ごっこ今回の世界。梨花の話からすると皆殺し編のようで。タイトルの鬼ごっこは部活の内容[[attached(1,center)]]あの圭一の問題はとっさに言われると厳しいですねぇ(笑)入江先生にいつかメイオウ攻撃を放ってもらいたいものですwしかし、こう結末を知っていると安心して

ひぐらしのなく頃に解

第2話 「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」  おんやぁぁぁ~?再び「梨花ちゃん」と「サトコ」登場・・・、相変わらず時系列がさっぱりの展開ではありますが、どうやら一期の「圭一」が別の時系列での出来事を覚えていた

ひぐらしのなく頃に解

第2話 「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」  おんやぁぁぁ~?再び「梨花ちゃん」と「サトコ」登場・・・、相変わらず時系列がさっぱりの展開ではありますが、どうやら一期の「圭一」が別の時系列での出来事を覚えていた

ひぐらしのなく頃に解 厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ

お持ちかえりー~(*´艸`)

ひぐらしのなく頃に解 第02話 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」

ひぐらしのなく頃に解  予測評価:3.5~  []  東海テレビ : 07/05 27:50  KBS京都 : 07/06 26:30  テレビ埼玉 : 07/09 25:30~  チバテレビ : 07/09 26:10~  サンテレビ : 07/09 26:10~  AT-X : 07/11 09:30~  テレビ神奈川 : 0...

ひぐらしのなく頃に解 第02話 「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」

最初から梨花の独り言。ちゃんと意味がある独り言です。電波になったんじゃありません。で、いつも通り序盤は比較的平和。個人的にここら辺は怠かったりする。原作でもこの序盤に伏線があるわけだが、ほとんど

ひぐらしのなく頃に解 第2話「鬼ごっこ」

PCの調子が久々に悪く少々遅れました;結果的に動作は多少よくなったからまぁよしとしつつ、ひぐらしのなく頃に解 厄醒し編 其の壱「鬼ごっこ」簡易感想参ります。

ひぐらしのなく頃に解 #02 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」 感想

『ついに、ついに・・・』 シャッターチャンスいただきさ!と言える日が来た・・・・・・これぞまさしく、タイトルどおり1期の厄から醒してくれる厄醒し!!『これは、素晴らしいシャッタ

(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 「鬼ごっこ」

TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に」ファンディスク雛見沢での楽しい日々。学校では圭一、レナ、魅音、いつもの部活メンバーに加えて、詩音も参戦して、部活が熱く盛り上がる。今日の部活は鬼ごった。果たして誰が生き残るのか?そして、ついにそれが開始された・・....

ひぐらしのなく頃に 第2話「厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ」

再びの6月――月明かりに語る梨花と『梨花』。新しい『雛見沢』には、変化が現れはじめ…しかし惨劇の幕開けは確実に迫っていた。繰り返される惨劇の連鎖を解く鍵を見つけることができるか――。いつものメンツも登

ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 其の壱  「鬼ごっこ」

 雛見沢といえば鬼。そしてゾンビ鬼。 今回の冒頭はどことなく皆殺し編の前半の日常を思わせる。もしかすると皆殺し編じゃなかったかもしれないけれど。 厄醒し編は、皆殺し編の日常パートなどを繋いでいくの

ひぐらしのなく頃に解02厄醒し編其の壱鬼ごっこ

発言者:どちらもゲーム未プレイ、アニメ「ひぐらしのなく頃に」26話まで視聴済み。→宵里、→春女。

ひぐらしのなく頃に解 第2話 厄醒し編 其の壱 『鬼ごっこ』

アニメオリジナルの厄醒し編スタート。舞台はまた現代から昭和50年代の当時まで遡るようですね。この雛見沢だと詩音も最初から登場していて分校に転校していました。それも沙都子の面倒を見るためで悟史との約束をきち

ひぐらしのなく頃に解

ひぐらしのなく頃に解ひぐらしのなく頃に解( - ころに かい)* 07th Expansion製作の同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」及び、同ゲームを原作とする漫画・ドラマCDのうち「解答編」と称される4編(未発表で執筆・製作が予定されているものも含む)。詳細

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……