FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

コードギアス 自論10

コードギアス 自論10
ロイド/セシル/ラクシャータ編


自論も10回目となりました。正直、考察もネタが尽きてきそうσ(^◇^;) いや、それは語弊がありますが、キャラクター的にメインキャラクターと言えるところはほとんどおさえてしまったので、これまで通り「1期」「1.5期」「2期」と言う形で考察が遣りづらいのが本音です(分けるほど大量の文章がかけるわけでもない……いや、書こうと思えば書けるのですが、それは要領の得ない文章になってしまう)。

と言うわけで、今回からシーズンもキャラクターも纏めて考察しようと思います(もともとルルーシュやスザク以外は関係性の高いキャラ同士を組ませて考察してますし)。


では、続きはOPENからどうぞ。



「戦闘を裏で支える技術者たち」
ロイド=アスプルンド

シュナイゼルが後ろ盾になっているブリタニア軍特別派遣嚮導技術部でランスロット(発言などからガウェインの開発にも少なからず関与しているものと思われる)を開発した開発者。劇中の様子から軍事技術全般に通じる他、ランスロットに用いられた特殊な動力部や光学シールド、フロートシステムの権威と思われる(光学シールドとフロートシステムは大本が同一の技術と言う可能性もある)。伯爵位を持っており、そのことからナイトメアフレームの分野で再興を目指しているものと思われるアシュフォード家から打診を受け、ミレイとお見合いをしている(結婚に関しては「しよう」と即断しており、関心がないかアシュフォード家がロイドが興味を持ちそうなものを相応の見返りとして用意していたものと推察出来る)

セシル=クルーミー
シュナイゼルが後ろ盾になっているブリタニア軍特別派遣嚮導技術部所属のロイドの部下。ロイドの助手的な立場なのか、ロイドに一番近い位置で仕事をしており、ランスロット開発に携わっている可能性が高い(少なくとも運用及び試験データ採取には現在のところランスロット及びロイドに同行し携わっている)。ジャムおにぎりと言った奇抜な料理を作ったり、優しい反面だからこそ怒らせると怖かったりするが、特派の中では常識人で何かと問題を抱えるスザクのお姉さん的立場。しかし、ロイドにはセシルがスザクを通して別の人間を観ていたように見えたようである

ラクシャータ=チャウラー
元ブリタニア軍技術者で、現在は反ブリタニア勢力に加担しているらしく、インド軍区なるところから黒の騎士団へ派遣されている(ただし黒の騎士団で「技術開発担当責任者」と役職を与えられているため、事実上派遣と言うより移籍に近いのではないかと推察している)。ロイド・セシルの同僚だった節があり、その技術力はあのロイドが一目置くほどである。ロイド同様軍事技術全般に通じていると思われるが、中でも輻射波動やサクラダイト関連技術(ゲフィオンディスターバー、ハドロン砲の収束調整への応用など)の権威と思われる。

考察 「技術者」
まず、それぞれの得意分野について考察してみます。キャラクター紹介でも軽く触れましたが、以下の通りかな、と考えています。

ロイド:光学シールド・フロートシステム
セシル:ロイドかラクシャータと同じか、特になし
ラクシャータ:輻射波動・サクラダイト関連技術


根拠は劇中での関与具合と両軍の機体に搭載されているシステムから。もう少し詳しく説明すると、ロイドの場合「光学シールド」と「フロートシステム」は同一技術だと思われます。フロートシステム作動の際、ガウェインの発した翼は光学シールドと同一のように見えたので、どちらかの技術を応用して、どちらかを使用しているものだと。

セシルに関しては劇中で特に描写がなかったので完全に推察になりますが、ロイドの直近と言うことでロイドのサポート役として同一の技術を専攻している可能性がある。が、反面、ロイドではなくラクシャータと同一の可能性もある。理由は後述。

ラクシャータは言うまでもなく紅蓮弐式に搭載された輻射波動と、ゲフィオンディスターバーのようなサクラダイト関連技術。
ここで注目すべくはサクラダイト関連技術で高い技術力を持っていると言うこと。ナイトメアフレームの動力源はサクラダイトなわけだから、間接的にナイトメアフレームの動力に関する技術を保有している可能性もある。結論から言えば、他の機体とは明らかに違う動力システムを積むと思われるランスロットの動力の原型を作ったのはラクシャータじゃないか、と。ここで出て来るのが、セシル。先ほど後述すると言った理由はこれで、セシルが仮にラクシャータと同じようにサクラダイト関連技術を専攻している場合、そこから派生してランスロットの動力の開発を行ったのが彼女と言うことも考えられる。その場合、彼女が常にランスロットとロイドとともにいるのも理由がつく(単なるロイドの助手ではなく、ランスロットの動力部の調整やデータ採取のために同行していると言うことになるから)。また、ロイドがラクシャータの技術を受け入れるとは思えないが、もともとセシルが部下だったのならセシルがランスロットの動力を作っていれば比較的素直にそれを受け入れるとも思えるし。

さて、専攻分野はこの辺にしといて、そろそろ本題。この三人、明らかに過去同僚で、何かあったと思われる。
ロイドとラクシャータは、単純にライバルって感じ。互いに高い技術を持っているからこそ、相手より上の技術を早く完成させようとするような感じで切磋琢磨と言えば良いのかも。
セシルとラクシャータは、セシルの技術力にもよりますが、女同士と言うことで普通に仲の良い研究者同士って感じかも。スザクを通してみていた誰かが、ラクシャータではないか、と言うのは良くやった推察です(未だに本編では根拠のかけらも出てきませんが)。

この三人の関係が崩れたのは当然ラクシャータがブリタニアを離反してからでしょう。離反した理由は……不明。ただ、ロイドとラクシャータが同じ技術者気質を持つとすれば、単にブリタニアではなく反ブリタニア勢力の方が自分の技術を買ってくれて研究がよりよい環境で出来るから、と言う理由が濃厚かも。これは私の推測ですが、ロイドもより研究の出来る環境が提供されることを前提にアシュフォード家のお見合いを受けたような感じがするんですよ。それと同じ。自らのことや自らがどこに所属するかは重要ではなく、彼らにとって重要なのは自分の研究が思う存分出来るかどうか、と言うこと。その点でブリタニア上層部がロイドの研究を買い、ラクシャータの研究を買わなかったと言うことかもしれません。

・おまけ
セシルはスザクを通して誰かを観ていたと言う。では、それは誰なのか?
1.未登場の元パイロットキャラ説
スザクがパイロットであると言う接点から、元パイロットの未登場キャラクターを観ていた可能性。その場合、そのパイロットはセシルの身内か、想い人か、親友かどっちにしろ親しい人ではないかと思われる。
2.ラクシャータ説
今はいないラクシャータを観ていた可能性。スザクとラクシャータでは接点が皆無だが、一途に一つのことを貫こうとするところがもしかしたら似ていると感じたのかもしれない。
3.マリアンヌ説
ありえねー、とか思うのですが、マリアンヌを観ていたのではないかと言う可能性。もともとセシルとマリアンヌに接点があるかどうかは不明だが、一般人からパイロットとして大成していく部分でスザクとマリアンヌは酷似している(スザクはもともと一般人とは言い難いが、ブリタニア国内では名誉ブリタニア人と言うだけでほとんど扱いは一般人だろう)。マリアンヌが死と言う結果になってしまったので、それがスザクでも起きることを危惧していたのではないか、と考えられる。

まぁ、無難は2、妥当は1、意外性は3と言ったところですかね。個人的には3だと、セシルが一気に物語の核心で絡むと思うので面白くなると思うのですが。

簡単ではありますが、私が1期を観て来た中で感じたことと今後の展望について纏めてみました。賛否両論、いろいろなご意見があると思いますが、こう言った考え方を持つ人もいると言うことで1つお願いします。もちろん、何かご意見があれば遠慮なく忌憚ないご意見をコメントに残してもらえれば、私としても嬉しいです。

Comment

 

こんばんは、お久しぶりです月詠さん。
ゴーストハントのレビューではお世話に(?)なりました<(_ _)>
密かにギアスのほうも視聴していたので、少しだけ失礼いたします。

>戦闘を裏で支える技術者たち
この3人のレビューを心待ちにしておりました(笑)。ほんとに良いキャラ達です。
ここまで引っ張っているのを見ると、3人の過去は2期の鍵となってくるかも知れませんね。

自分も月詠さんの考察にほぼ同意です。
ですが、

>ロイドにはセシルがスザクを通して別の人間を観ていたように見えたようである
個人的には1の元パイロットだと思っています。そして居るとすればセシルの弟かと。
セシルは同じような年頃のスザクと重ねていたのかも、と妄想の日々(ぉぃ
どうも彼女がスザクに向ける感情が家族愛に見えてしょうがないんです(笑)

そしてまたセシル関連ですが、
EDで彼女がラクシャータに見せていた尊敬の眼差しは、医療サイバネティック関係だと予想しています。

ここからはただの妄想になるのですが(笑)、
ラクシャータは何か医療関係で重大なミスを犯してしまったのでは。(17話で医療サイバネティックの話を出されたら「その話は嫌い」と言っていたため)そしてその事件が、3人の亀裂の原因になったのでは、と。
・・・完全に妄想ですね(笑)

現在のロイドとラクシャータの価値観は似てるようで離れている(特に、脱出機能がないランスロット・カレンに渡した生存率を上げるパイロットスーツなどが)と思います。
亀裂が入れば、この2人の関係が崩れるのは早かったのでは。
個人的に、ラクシャータが生存率にこだわるのは昔に犯したミスのせいだと面白そう・・・あ、また妄想ですね(汗)

語りだすと止まらないのでこの辺にて打ち止めにさせて頂きます。長々と失礼いたしましたm(_ _)m


最後になりましたが、私の運営しているブログのほうにリンクを貼らせて頂きました。
お暇なときにでも確認していただければ幸いです。

それでは。
  • posted by ケイツ 
  • URL 
  • 2007.05/29 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、ケイツさん! お久しぶりです。

〉〉EDで彼女がラクシャータに見せていた尊敬の眼差しは、医療サイバネティック関係だと予想しています。
ぬあー、しまった医療サイバネティックのことを忘れてたorz

そうですね。それを考慮すれば、ラクシャータに関しては医療サイバネティックで何かあったと考えるのが自然ですね。

生存率を重視するのは、ケイツさんが考察されているように、ラクシャータとロイドがパイロットを生体部品だと考えている節である意味似てるのかも、とも考えられますけど。要は、ロイドはパイロットは換えのきく他のパーツと同じだと思っている(スザクとランスロットの適合以来、若干考えを改めている節もあるが、それでも脱出装置を設けていないので根底は変わってない)のに対し、ラクシャータはパイロットが決して換えのきくものではないと考えているのだと思います。

EDで見せた三人で映るあの一枚の描写絵。あれを見る限り、三人は同一分野あるいは系統での同僚だったと捉えるのが一番自然。なので、現在のロイドとセシルを観る限り、やはり当初は軍事技術専門だったのかも。ラクシャータの医療サイバネティック技術が高くなったのは、ブリタニア離反後かも。

時系列としては、ケイツさんの考察も踏まえると
三人が共同開発した試作機(脱出装置なし)か何かのパイロットにセシルの弟が選ばれる→セシルの弟の戦死(医療技術の水準の低さで助けられなかったと言う可能性も)→ロイドとラクシャータの間でパイロット生存率に関する考えで亀裂→ラクシャータ離反→セシルの弟のようなことにならないよう、ラクシャータが医療サイバネティック関連技術にも手を出す(意外にも成果が上がり、ナナリーの治療のためと思われるルルーシュの目にも止まっていた)→本編へ
といった感じで考えています。

ただ、これは前提として彼女が開発に関与したナイトメアフレームである紅蓮弐式らにちゃんと脱出装置があることが前提。これまで劇中での描写が一度もないので、あるかどうか不明ですからね。

長文失礼しました。リンクに関しては、承りました。さっそく確認させて頂きました。こちらからも貼らせて頂きました!

ではノシ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.05/30 12:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……