FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

志村魂 2019東京明治座公演

DSC_0700_2019080522430437d.jpg
観てきました。


感想は追記。

DSC_0701_20190805224636f36.jpg
ふとした思いつきだった。今年一月に歌舞伎を観て、四月にミュージカルを観て、そういった「舞台」というものへの偏見というかハードルみたいなものが薄くなっていたこと、たまたま春先に志村けんさんを特集する番組を観たことをきっかけに、「一度でいいから生で志村けんさんを観てみたい」と思ったのがきっかけ。

私は世代としては『だいじょぶだぁ』の世代だが、家にはドリフのDVDがあってそれで笑っている。私にとってお笑いのレジェンドは、萩本さんでも、ダウンタウンさんでも、とんねるずさんでもなく、志村けんさん。そのレジェンドを、(こういっちゃ失礼かもしれないが)舞台を積極的にやられていて第一線で活躍されている間に、この目に焼き付けておきたいな、と。


DSC_0702_2019080522463914d.jpg
さて、感想を。構成は一部と二部という二部構成(中間幕間で30分休憩あり)。

一部に当たる一幕目は、バカ殿コントとだいじょぶだぁ形式コントという志村さんらしい構成。ネタ的には、良く言えば往年のもので誰もが一度は観たことがあるものであり、悪く言えば代わり映えしないネタが揃う。
コントに関して言えば、ネタ的には生で観るということに対して特別感みたいなものはそこまであるわけではない。ミュージカルの場合は、その声量に圧倒されるので生で観る意味みたいなものが強かったが、舞台となるとそうでもない。

ただ、ライヴ感というものが強いなぁ、とひしひしと感じた。幕があく直前のダチョウ倶楽部さんの前説的なノリを含めて、時事ネタ(私が観た時は、吉本問題ネタを取り入れていらっしゃった)を取り込むことでライヴ感を強く出していたし、他のお客さんと一緒に笑い声を上げて観れるというのも舞台という生ならではなのだろう。

またエンターテイメントとしての構成を非常に意識しているな、と思う。セットチェンジで必要な時間を、他の分野のエンターテイナーのパフォーマンスにあて、さらにそれを笑いに返ることで一体感を生み出している。

かつてのドリフが生放送で人気を博した理由みたいなものを、この一幕目では感じることが出来る。


二部に当たる二幕目は、まず志村さんの三味線独奏からスタート。基本的には志村さんの三味線の腕前に感嘆するのだが、そこにも随所に笑いを差し込む辺りが志村さんらしい。

二幕目のメインは、「一姫二太郎三かぼちゃ」。松竹新喜劇を原案とする作品。正直なところを書かせてもらえば、志村さんのお笑いの舞台を観に来ているので、人情モノ・感動モノの要素が強いこの作品は毛色がだいぶ違う。

この作品自体は、
皆が大学を出て嫁を貰い東京で成功する兄妹たちに対して、一人田舎に残り老いた両親の面倒を見る三男。志村さん演じる三男に対して、他の兄妹たちは東京に出ておらずいつまでも田舎にいる・お金を稼いでいない・知力がないということでバカにする。子供たちはわけ隔てなく可愛い両親は、自分たちの面倒を見てくれる三男を贔屓するわけにもいかず、そんな姿に三男の不満はたまる一方で――
というストーリー。

喜劇と呼ぶには、(あくまで個人的感覚ではあるが)話がヘヴィ。私の生い立ちや置かれている立場もあるのかもしれないが、ストーリー自体には笑い切れない部分も率直に多かった。まぁ、そこは感動させたい意図もあったのだろう。

私は別に演劇のスペシャリストではないが、それでもちょっとキャスト数が多いのかな、とは思った。登場人物に対してカタルシスを得られるのは、途中で借金が露呈した二男だけ。他の兄妹たちも見栄を張っているだけだと口頭説明はされているが、掘り下げ不足は否めない。
せめて、とりわけ志村さん演じた三男と張り合った上島さん演じた四男が土下座するくらいの展開があればまだ違ったのかもしれないが……。

しかし、そんな作品をコミカルに変えたのは志村さんの力だ。そこには演出を担当されたラサール石井さんの手腕もあるのだろうが、コミカルにお笑いを交えることでヘヴィなこのストーリーを魅せるモノへと変えた。
それが本当に素晴らしい。

素人の私には分からないが、どこまでが台本でどこまでがアドリブか分からないくらいのお笑いがそこにあった。まぁ、アドリブが決定的なのはたぶん磯山さんが投げた柄杓が志村さんを直撃して、ひたすら謝っていたシーンくらいだろう(笑 なんかガチで謝っていた感じだし。
その後の三男と父親とのやり取りなど各部がアドリブか、あるいは台本かは分からないが笑わせてもらった(アドリブに見えて台本通りというのは、志村さんが御笑いを学んだというドリフに通じている部分なので、そこの判断はし辛い)。

ヘヴィなストーリーを志村流の喜劇に見事に変えた志村さんらキャスト・スタッフの技量は凄かった。一方で、やっぱりもう少し肩ひじ張らずに見えるモノで出来なかったか、とも思ってしまった。

DSC_0703.jpg

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……