FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

狩人の悪夢

狩人の悪夢

火村・狩人の悪夢

著:有栖川 有栖  発行元(出版): KADOKAWA

≪あらすじ≫
人気ホラー小説家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。そこには「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。しかしアリスが部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントがかつて住んでいた家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。「俺が撃つのは、人間だけだ」臨床犯罪学者火村英生と相棒のミステリ作家アリスが、悪夢のような事件の謎を解く傑作長編!!
(裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。

≪感想≫
火村シリーズの文庫化最新刊。地上波ではなくHuluなのが(観れなくて)残念だが、実写ドラマ化の第二シーズンも今秋配信が決まっており、まだまだ根強い人気があるシリーズなのだと再認識する。

さて、本作のあらすじとしては、
作家同士の対談企画で、ハリウッドでの映画化まで決まった大人気ホラー小説を手掛けた作家・白布施と知り合ったミステリ作家・有栖川有栖。彼に気に入られた有栖川は、彼の担当編集者・江沢と共に京都・亀岡にある邸宅「夢守荘」に招かれた。

そこで有栖川は、かつて白布施のアシスタントをしていた青年・渡瀬が心臓発作で二年前に亡くなり、今になって彼と親しくしていた名乗る女性・沖田が渡瀬の済んでいた家を訪問していることを知る。
しかし、その沖田が渡瀬の家で他殺体として――首に矢が刺さり、右手首が切断されるという無残な姿で――発見される。

遺体の第一発見者の一人となった有栖川は、警察への通報と同時に臨床犯罪学者で盟友の火村英生に一報を入れる。京都府警からも彼向けの事件として臨場の許可を得た火村は、再び有栖川を助手にフィールドワークを開始する。

という感じ。まぁ、いつも通りと言えばいつも通りか。

だが、その「いつも通り」を二十五年もの間やってきたのだから本当に素晴らしいことだと思う(あとがきで著者が書いていたが、火村と有栖川のコンビ――作家アリスシリーズ(火村シリーズ)は、2017年3月で二十五年なのだそうだ)。

四半世紀。さすがに描かれている世界観は変わっていると思う。明確なのはスマホだろう。携帯電話が登場し、今では火村も有栖川もみんながスマホを使う。けれど、火村も有栖川も年齢を重ねない(少なくとも五年、十年と時間を重ねない。火村が法律の改正によって「助教授」から「准教授」になったくらいか)。いわゆる「サザエさん」方式が採用されている作品だけど、世界観のアップデートも相まってそこに「古臭さ」みたいなものがないのは、この作品の凄いところだろう。

常に変わっていく世界を、変わらない二人が活躍するというのは、(決してこの作品だけのものではなく世の中にはたくさんあるにせよ)少なくともこの作品はガッチリとハマっているのだろう。

著者は「まだまだこの二人でやりたいことがある」と語っているので(実際、当初は倒叙ミステリでこの作品を作っていたようだし)、しばらくシリーズの完結はないのだろうが、それでも本作では「悪夢」が一つの題材になっていることもあって、火村の悪夢にも踏み込んだシーンも少しばかりみられる。最後に有栖川が火村にかけた言葉も印象的で、変わらない二人はいつまでも変わらず盟友同士なんだなと感じた。


さて、もう少し本作の中身について触れておこう。

ストーリーは前述のあらすじの通り。文庫化前作にあたる『鍵の掛かった男』と比べると、火村はあっさり全体の1/3もしない内に登場してきてくれたのはありがたい(前作のアレはアレで、有栖川の活躍として意味あるものだったと思うが)。

ミステリとしては、正直読者では解けない部分が多そうな内容ではある。動機がやっぱり強く、最期の「鍵」は被害者が遺したメールの中の一文であり、それが意味するところは特定の人間でなければ解からないという代物ではね。

ただし、「切断された手首」と「現場に残されていた手形」にどんでん返しを持たせたところは面白い。少しミステリを読んだ者やミステリ系のドラマを読んだ者ならば、「手首は手形をスタンプのように捺すために切断されたのだろう」と推理する。案外、火村も有栖川もそこに触れないまま終盤に来て、いざそこに触れた時にそこの真実は事実その通りなのか、そうではないのか――。
落雷による倒木というアクシデントもある種の密室を作る要素になって「しまった」ところなのど、個々にミステリのアイディアはさすがに興味深く面白いものが多かったと思う。

キャラとしては火村の推理力はいうに及ばず、今作でも有栖川は最後に犯人と対峙し痛恨の一矢を放つ役目を担うことで活躍。火村の後ろをついてきて、的外れな推理を披露する(火村曰く「神経衰弱と一緒。アリスが外れのカードをめくり尽くしたところで、俺が正解のカードをめくる」とのことなので、あれはあれで火村の推理の一助らしいが)だけではないというのは、前作に続いて名探偵の助手としての有栖川の面目躍如かな、とは思う。


評価は、★★★★☆(4.5点 / 5点)。欲を言えばもう少し~と思う個所もないわけではないし、シリーズを読んでいることが前提な部分も多いが、全体的に良く仕上がっている一冊。前述のように「切断された手首」に関する推理は一読の価値はある。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……