FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第3話

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第3話
『雷鳴と地下迷宮』


≪あらすじ≫
教室で騒がしく繰り広げられるのはいつもの現代魔術科の光景と思いきやロード・エルメロイⅡ世の様子がおかしい。聴講に来たルヴィアがグレイにその理由を尋ねると、お気に入りの喫茶店が休業状態になったためだという。
このままでは仕事が捗らないと喫茶店へ事情を聞きに向かったロード・エルメロイⅡ世だが、調査に入った地下水道で不気味な影に襲われてしまう。調査から一向に戻らない彼を心配したグレイは、フラットとスヴィンに助けを求める。
公式HP STORY 3話より抜粋)


≪感想≫
正直、フラットとスヴィンの紹介以外には中身のない回だった気がしないでもない(笑


一応強引にあれこれ解釈をするのであれば、「ホーム(居場所)」というものが一つのテーマとして描いたのだろう。そもそも、TYPE-MOONに限らず魔術師にとって自らの工房(領地、研究場所)というのは、絶対的なホームだ。例外は幾つもあるだろうが、基本はそこに安らぎがありつつ、自身が魔術師としてさらなる研鑽を積める場所ということになっている。

フラットとスヴィン、そしてグレイはその代表格と言えるだろう。彼らにとってエルメロイ教室、そしてロード・エルメロイII世のいる場所というものが自分たちにとっての「ホーム」なのだ。そのホームを護るためなら多少の――いやそれ以上の無茶もやり通す。

一方でそれぞれの派閥も見え隠れする。現代魔術科はもちろん、他の科にとっても自分たちの専科というのは領域でありホームだ。それを超えてロード・エルメロイII世への依頼があるということが、一つの問題の大きさを示しているのだと思う。
まぁ、その割には単発回として終わっちゃったんだけどね。

さて、そうこう書きながらロード・エルメロイII世のホームは現代魔術科やエルメロイ教室なのだろうか、とも思う。少なくとも今回のロード・エルメロイII世にとっては、馴染の喫茶店というのが「ホーム」だった。それは間違いない。

しかし、真の意味では彼の心には今なお第四次聖杯戦争のライダー(イスカンダル)がいて、その近くこそが彼が自分で考え理想としているホームなのかもしれない。だからこそ、第五次聖杯戦争の話が出てきた時には驚いていたのだろうし(もっとも、原作段階ではすでに協会枠が厳しいことは分かっていた気もするが)。

そもそも聖杯戦争の話にルヴィアが普通に絡んでいるのが違和感もあるけどw エーデルフェルトにとって聖杯戦争はある種の禁句的な感じもしたが、最新設定では緩和されたのかね。あぁ、そもそもエーデルフェルトは第三次の時に負けて聖杯戦争が嫌いになったのではなく、日本(冬木)が嫌いになっただけだったか。まぁ、どうでも良いけど。

念を押すけどどうでも良い。フリじゃなく、どうでも良いことだから!



≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
livedoorなどTBを廃止しているBlog様のURLは参考として載せています。

・https://tiwaha.blog.fc2.com/blog-entry-2815.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

通りすがりの幻想殺し 

付け加えるなら、今までのFateのアニメではあまり触れなかった「一般の魔術師の倫理観」も描いたんじゃないでしょうか

「隠蔽さえ万全なら一般人を犠牲にしても問題ない」
そっちの方が魔術師として正常で凛やウェイバーみたいな心の贅肉を纏ったお人好しの方が例外ってアニメだけだと実はわかりにくいんですよ

あと省いた原作1巻の代わりにエルメロイ二世が生徒たちの才能に嫉妬してるけど、それを普段は抑え込んで指導してる事とか
エルメロイ二世が魔術師としては二流どまりである説明(ちなみに地下道に一人で行ったのは迂闊という見方もあるけど、あの時点では行きつけの喫茶店のためという完全な私情だったのでグレイたちを巻き込んでなくても不自然では無いと思ってます)

それに魔眼列車で出番のあるカウレスの顔出しもしておきたかったのでしょう
  • posted by  
  • URL 
  • 2019.07/25 03:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

>通りすがりの幻想殺しさん 

こんばんは。

>「一般の魔術師の倫理観」
>「隠蔽さえ万全なら一般人を犠牲にしても問題ない」
それには半分同意、半分否定ですかね。「隠蔽さえ万全」と
「一般人を犠牲にしても問題ない」は要素としてはやや異なります。

厳密には、魔術師の多くが属する魔術協会にとっては「神秘の隠匿」を重んじる傾向がある(≒派手に魔術を使うと協会に粛清される)ため、魔術師は「犠牲者」ではなく「魔術」を隠匿しているにすぎません。とはいえ、人体実験や稀有な適性を持つ一般人を人体実験などに使えば、そこから捜査機関などが魔術の存在に行きつく可能性もあるのですけど。

命の重さ含めて一般的な道徳観念・倫理観が魔術師に欠落しているのは事実です。
ただ、それをアレコレというのは難しいんですよね。というのも、そういった魔術師が「魔術師としては一般」とする設定の割には型月の作品でそういった魔術師がどれだけ出ているかというと、たぶん数えるほどかな、とも思うので。

凛やウェイバーはそうですが、蒼崎姉妹など作中に出てくる多くの魔術師は、一般人への被害を避けている印象もありますから。
それは前述のように、倫理観とか道徳観念からではなく、「下手に一般人に被害が出て、事件になり警察ざたになると、隠匿が面倒」という理由からでしょうけど、そういうのを避けている印象ですし。

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2019.07/25 23:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ご指摘どうも

前のコメントで書き忘れた事で、記事内でどうでもいいと書かれてる事で恐縮なのですが、
ルヴィアはFate/hollow ataraxiaで初登場した際、
凛が「遠坂」とわかるまでは友好的に接してたので
家の教えで日本人を嫌うように振る舞ってただけで本心から日本人が嫌いな訳ではないと思います
そもそも日本人の士郎にベタ惚れして「シェロ、シェロ」言いながら迫ってるわけですし

あとルヴィアは格闘ゲームのFate/unlimited codesで普通に聖杯戦争に乱入してるので聖杯戦争に対する忌避感は薄いかもしれないです

それと今回のグルドア老は原作1巻のオルロック老と対象的だと思いました
オルロックは当初はエルメロイ二世を見下してた感じだったものの事件の途中から二世の価値を認め同盟を申し込んでいます
また現代魔術を見下しながらも「下らない事でも学ぶ事は重要だ」と嗜んでます
結果論かもしれませんが、ただ二世を見下し「現代」を理解できずに破滅したグルドアと対比になってると思います

思えば第2話のメアリも母親の成れの果てと共に父親の復讐を目論んでたグラニド・アッシュボーンと対比になってますね
  • posted by 通りすがりの幻想殺し 
  • URL 
  • 2019.07/26 08:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

>通りすがりの幻想殺しさん 

>そもそも日本人の士郎にベタ惚れして「シェロ、シェロ」言いながら迫ってるわけですし
そうでしたっけ。パラレルワールドのプリズマでは割と恋愛感情的なものが強く出ていたらしいですけど。主人と執事のような関係になるという設定は聞いたことがありますが…。

>格闘ゲームのFate/unlimited codesで普通に聖杯戦争に乱入してるので聖杯戦争に対する忌避感は薄いかもしれないです
あっちは余計にパラレル感が強いですから、それを以って一概に忌避感が薄いとは断言し辛いところです。協会枠で第三次は参戦して大敗したのでしょうから、協会枠を第四次・第五次で取れなかっただけなのかもしれませんが、(出られるなら)出てもおかしくないくらいの描写があればまだ忌避感が薄い理由づけにもなりますが。

>それと今回のグルドア老は原作1巻のオルロック老と対象的だと思いました
対称的というか、グルドアを評するには30分の内容では判別が難しいですね。というより、グラニドとメアリの対比もされていますが、グラニドの場合も「復讐」という言葉であっさり片付けられない事情もあるので、その辺りはやっぱり情報量の問題でTV版と小説版を対比するのは難しいです(出来なくはないでしょうけど)。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2019.07/27 16:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace Note- BS11(7/20)#03

第3話 雷鳴と地下迷宮 カラドロン卿が亡くなった。ロッコとチェスをするライネス。兄は冬木の聖杯戦争にご執心です。大聖杯が扱われる筈なのに知られていない。これは誰かが意図的に情報を握りつぶしている?エルメロイの授業ではフラットが適当な魔術で怒られていた。アイアンクローで罰を与えるがルヴィアはレスリングが得意で淑女の嗜み。エルメロイはフラットの能力を知るだけに悔しい。あの時に君ほどの才能があれば...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……