fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

アニメ感想
コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」


<あらすじ>
ユーフェミアによって行政特区ニッポンの設立が宣言されてしまったルルーシュ。街中はもちろんキョウトや黒の騎士団内部でも、行政特区賛成派と反対派で別れ始める。

そして式典当日。
ユーフェミアの隣に1つだけ空いた席。そこはゼロが、ルルーシュが座るはずだった席。ゼロが現れなかったことに落胆の色を示すユフィだったが、その時上空から現れたのは強奪されたガウェインとその頭頂部に姿を現したゼロだった。

自分の想いに賛同してくれたと喜ぶユフィ。対照的にゼロは渋い声色で、ユフィと2人きりで話がしたいと言い出す。行政特区に組み込まれれば存在意義を失い武力解除され、反対すれば自由と平等の敵となってしまう黒の騎士団を生かすべく、ゼロの考え出した策とは......。


感想はOPENからどうぞ。



<感想>
ユフィの虐殺(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

と言いつつ、実は私の中では想定内の出来事でした。あの場面でユフィの信用を失墜させて、且つ黒の騎士団の必要性をアピールするためにはユフィにギアスをかけて日本人に対して武力行使を行うことこそがベストの策。私も、ルルーシュがユフィと2人きりで話したいと言うことになって、てっきりギアスを使うものだと考えていましたけど、考えてみれば身内にギアスを使うことを極力ためらうルルーシュがそう易々とギアスを使うわけがなかった( ̄∇ ̄;) 自らの生死をかけての、救世主(メシア)誕生のシナリオはさすがですね。

ルルーシュの頭の中では、
ユフィに撃たれ重傷→何とか脱出→ユフィがゼロを打ったことで、民衆からの信用が(おそらく)落ちる→そんな中でゼロが復活→民衆はユフィではなくゼロにつく
とまぁ、こういうシナリオだったんだと思います。ギアスのかけ方次第では、本当に命取りになる選択ですが( ̄∇ ̄;)

今回は割と考察すべき部分が多いので、感想はこれくらいにしたいと思います。


<MVC>
ルルーシュ
(絶対に、絶対にユフィを)……見つけ出して、殺せ」

自らの不用意な発言に端を発する一連の事件。無論それは、客観的に見ればルルーシュの言葉を冗談として受け止められなかったユフィに非があるように見えるのだけど、ルルーシュだけは自分の言葉が逆らえない絶対遵守の力であることを知っているがために……って感じですね。
最後に涙が零れる演出が、憂鬱だけどそれ以上に切なく感じさせてくれる演出でした・゚・(ノд`)・゚・

桐原
「オマエの正体はワシが墓の下まで持っていくつもりだったものを」

売国奴と言われる桐原ですが、(私益が絡んでいるとはいえ)ルルーシュに対して擁護的な一面が見れたことが意外でしたね。墓の下まで持っていく~と言うセリフから察すると、桐原は桐原で何か日本人をユフィではなく黒の騎士団に向かせる秘策を(おそらく命がけの)持っていたと思われますが......。


<考察>
1.ルルーシュのギアス
数度に渡る、左目の激痛の末に常時発動となってしまったと思われるルルーシュのギアス。まずは、常時発動だったマオのケースとルルーシュのケースを照らし合わせて、ここに至る経緯を2つ考えてみます。

1)ギアスが使用頻度によって副作用が働いた結果であるケース
ルルーシュ、マオ共に当初はオンオフが出来た。しかし、使用頻度が増すことによって何らかの作用でオンオフ機能が働かなくなる。作用としては、ギアス使用による副作用として、ギアスが視神経を利用した能力であるから、使用者の視神経が一定のダメージを負ったことで、オンオフを切り替える機能を失ったと考えるのが妥当。ルルーシュも左目に激痛を負っていたし、ルルーシュと精神感応でもしているのかC.C.もまた左目の痛みに襲われていたことを考えると、結構考えられる部分ではないかと。C.C.は左目の痛みに対して、「まさか、もう」と言っている。その続きは、この場合「もうオンオフ機能がマヒするほど酷使していたのか」とかそんな感じになるかと。

2)ギアスが使用頻度によってパワーアップした結果であるケース
マオは当初からオンオフ出来たか出来なかったかは、別としてルルーシュよりも持続性・使用回数などで強力なギアスだった。それがもし、マオが常時発動になるほどギアスと言う能力を使い、鍛え上げた結果だとしたら、ルルーシュも度重なるギアスの使用で持っていた絶対遵守の力がパワーアップした可能性が考えられる。常時発動は、それを示すマークであり、そして副作用。強くなる引き換えに、調整機能を失う、と。C.C.の言葉は実はここでも使えるもので、「まさか、もう」の続きには「もう、パワーアップ(オンオフ機能の停止する第二段階へのレベルアップ)するというのか」って具合ですかね。おそらく、マオよりも期間が短かったんだと思います。

仮にパワーアップした結果であるなら、常時発動の代償となるだけの力を得ている可能性が高い。具体的には、一度使用した者への再使用が可能になる、あるいはそのさらに上を行って使用の有無に関わらず使用回数制限の解除など。そうなると、「どうしてユフィに二度目のギアスは通用しなかったのか」と言う疑問がありますが、あの時は一度目のギアスの効力がまだ完遂されていなかったこと(完遂されない=絶対遵守であるギアスの力が実行されないことになるので、能力的に命令が実行されないことはあり得ない)、ユフィとしっかり目を合わせられなかったことが二度目のギアスをかけられなかった理由だと考えられます。

1)2)ともにあり得る話ではないか、と考えています。前者は「痛み」と言う観点から、後者はどちらかと言うと物語的な観点からの推理ですがね。後者の場合、回を重ねるごとに技術が上がりパワーアップしていくスザク(ランスロット)に対抗し得る、ルルーシュ側のパワーアップ要素として描きやすい。

加えてルルーシュの力の場合、常時発動になると自動ですべての心の声を拾い上げるマオのギアスと違い、仮に常時発動でも相手に命令しなかったり、相手の目を直接見なければ効力を発揮しないため、マオに比べればまだ汎用性が高い(それでも、左目の光および紋章の隠ぺいの必要性があるので、サングラスの着用、あるいは使い捨てのカラーコンタクトの利用の必要性があるが)。

C.C.の言った「この力(ギアス)は所有者を孤独にする」と言う発言は、もしかしたらここから来ているのかもしれません。ルルーシュを以てして「ヤバイ力」と言う力ですから、それが常時発動となればマオと同じように人の多い場所に出ていくことは困難になる。結果、人里離れた、人のいない場所でしか過ごすことが出来なくなりますから。


追記:常時発動は、単なると言うと語弊がありそうですが、暴走の可能性も考えられました。つまり制御不能。まぁ、オンオフが出来ない意味では常時発動=暴走ともとれるのですが。


2.スザクとC.C.
スザクは、どうやら間接接触と神根島の一件、そしてルルーシュによってギアスをかけられたことで何らかの資質が目覚めたかあるいは過去の経験により、ギアスに対する感応能力ないしC.C.を感知する力を得てしまったようです。力を得たと言うより、研ぎ澄まされた直感と言うべきですかね。

スザクはC.C.との再度の間接接触(直接触れてるから、直接接触になるのだろうか? ただC.C.の言う直接接触はルルーシュにギアスを与えた時のように精神世界に入ることを指している気もする)によって、観た映像。基本的に同じですが、ゲンブに代わりに出てきたのはマリアンヌ。

ここで推論。なぜ、マリアンヌの姿が出てきたのか?
1)スザクがマリアンヌ暗殺に関わっていたから
2)ルルーシュのギアスによって思考が変えられた時、ルルーシュに内在するデータの一部がコピーされていたから
3)ギアスにマリアンヌも関わっていたから


1)は……どうでしょうかね。ルルーシュとスザクが出逢ったのは、もちろんルルーシュが人身御供として日本に送られてからですから、当然マリアンヌは死亡しています。それ以前となると、かなり幼い年齢でマリアンヌ暗殺に関わることになるので、可能性は低いですね。

2)は結構考えられるのではないかと思います。ギアスがルルーシュの意思によって発動されるわけですから、力を行使した際に少なからずルルーシュのデータが残留思念のような形で残ってしまう可能性も十分考えられる(継続性の高い命令はもしかしたら残された残留思念によって発動し続けるのかもしれませんし)。マリアンヌの映像を見ても、スザクはそれがすぐさまルルーシュの母親だと気付かないでしょうけど、将来的にゼロの正体に気づく伏線になるのかも。

3)は新たな展開。マリアンヌ暗殺に関してはこれまでアシュフォード家のナイトメアフレーム開発における発言権の低下を狙ったものと思ってきましたが、仮にマリアンヌがギアス保有者で、皇帝もギアス保有者だった場合、皇帝がマリアンヌのギアスを危険視して暗殺命令を出したとも考えられます。ただ、そうなってくると最初の間接接触でマリアンヌの姿が出てこないのはおかしいことになってしまうのですが。

この推理は基本的に2)で推したいと思います。1)と3)はちょっと現実味から遠いと言うか、可能性が低い。

C.C.もスザクに対して間接接触以外の要素を感じとったようです。そして気になるのは、C.C.が「あいつが……」と言ったこと。ここでの「あいつ」の意味が重要。「あいつ」が特定の存在を指して言っているのか、あるいはスザクの存在に対して「あいつ」と言っているのか……私は後者ではないかと考えています。

C.C.の反応からしてスザクがもしC.C.の予想通りの何かを持つ者ならば、C.C.の野望達成に必要不可欠な人間なのかもしれません。
そうなった場合、C.C.がルルーシュを裏切る可能性も......。現に、常時発動になったマオとは別れているわけで(もちろんマオと別れた理由はそれだけではないだろうが)、ルルーシュから離反する可能性も考えられる。そうなるとゼロの正体が……、となって物語も面白くなっていくかもしれない( ̄∇ ̄;)


3.中華連邦、EU
彼らは何かしらのデータを手に入れている模様。考えられるのは、
1)ゼロの正体に関するデータ
2)黒の騎士団の設立目的に関するデータ

の2つ。

話の流れとしては1)の可能性も考えられるが、もしそうだとすれば中華連邦やEUが手に入れる情報をブリタニアが手に入れられないとは考えにくい。もしかしたら、すでに皇帝やあるいはシュナイゼルは手に入れているのかもしれないが、だとすれば特にシュナイゼルがエリア11を平定するためにその情報を利用しないのはおかしい(今回桐原がゼロの正体に関する危険性を危惧したように、最後の切り札として考えている可能性もあるけれど)。

そうなると、私はむしろ単純に中華連邦やEUが入手しているのは2)のデータではないかと思う。
彼らのセリフから、その手に入れたデータから考えればゼロが行政特区設立記念式典に姿を現す可能性の低さを示唆したわけだ。つまり、データ→出てこない、と導き出せる内容のデータとなる。
仮に1)でゼロ=ルルーシュと判るデータの場合、彼が式典に姿を現さないと断言するに十分なものだろうか。ゼロの正体が明かされることは、ゼロにとっていつ何時でも危険しているもので、それは式典に限ったことではない。
ならば、データからゼロが参加しないことを導き出すためには、ゼロの参加によってゼロのこれまでの功績が無に帰すデータでないといけない。となると、純粋に黒の騎士団が何のために戦っているのかを示した、ただそれだけのデータである可能性の方が高いと考えられる。


4.ブリタニア皇帝
「あいつ、やりおったわ!」
とは高笑いとともに皇帝の叫んだ言葉。もちろんここでも重要なのは「あいつ」とは誰なのか、と言うこと。
1)ユフィ
2)ルルーシュ


1)は平和主義的で争いを好まない彼女が、力によってすべてを支配しようとする実力主義に転じたことから「あいつ」とユフィを指していた可能性。ただし、これはユフィが皇位継承権を返上しているため、捉え方が難しい。

となると、やはり2)の可能性が高いだろう。この場合、「やりおった」の「やる」とは、日本人虐殺とも考えられるが、私はむしろギアスの常時発動にパワーアップしたことを言っているのではないかと思う。皇帝が何らかの形でギアスを知り、もしくは保有しているのであればその力が王の力であり、皇帝となる者に相応しいと考えていてもおかしくはない。その場合、自らの座を争う者にギアスの能力を持っていて欲しいと考えるのは、ある意味当然。※この推理は、1でギアスの常時発動がパワーアップの結果説の上に成り立ちます。

仮に後者だった場合、「ルルーシュの存在と、ルルーシュのギアスの常時発動を知りえるのか?」と言う問いには、皇帝は思考エレベーターとすでに接続出来ている可能性が高く、その場合C.C.同様に世界と接続し世界中の物事を知れる可能性があると答えられます。

個人的には2)を希望したいですね。そろそろ皇帝にも出てきて欲しい。


5.シャーリー
再びルルーシュがイレブンを助ける場面を偶然目撃してしまったシャーリー(確か、前にルルーシュに好意をもったのもイレブンを助けているシーンを目撃したからだったと記憶してる)。過去のシャーリーと同じような目撃をした際に、感じることが最終的に「深く入り込むと、危ないかも」ですから、以前のシャーリーと対照的に描いたように思える。

けれど、裏を返せば同じ展開を同じ人物が同じように目撃しているのだから、再度シャーリーがルルーシュに対して何かしらの好意を抱くきっかけでもある。問題は今度のシャーリーには事前にゼロ=ルルーシュの情報があること、そしてシャーリーがブリタニア人であること。もし、シャーリーが日本人だったら、カレンみたいな感じになるんだと思いますが……。

仮に1-2)で推理したように、ルルーシュのギアスが使用済み者に対して再使用可能になると、この辺りでヴィレッタを含めまた駆け引きになると思う。


6.次回は?
黒の騎士団およびコーネリアと親衛隊によるユフィ討伐戦になると思います。そして、それを食い止め、誰よりも先にユフィを探し出し確保しようとするスザクとランスロットの戦いになるでしょう。

最終的にはサブタイの「せめて哀しみとともに」と言うようにユフィを討ち取り、ルルーシュの内面部分でのみその意思を継ぐ形でルルーシュが以前言っていた独立国家の設立になると思います(神楽耶始め桐原などキョウト重鎮がゼロの裏で立っているのはそういう意味だと思う)。


次回は、「せめて哀しみとともに」。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-635.html
・http://ameblo.jp/rayran/entry-10028650721.html
・http://angelnotes.blog46.fc2.com/blog-entry-864.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/nanajigo/46217684.html
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/6493a0d885887aabd7546d02467309cd
・http://blog.livedoor.jp/calypso_telltale/archives/50933263.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50748436.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50497688.html
・http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50884297.html
・http://blog.livedoor.jp/x2oa1/archives/51098248.html
・http://codegeass.blog76.fc2.com/blog-entry-28.html
・http://firelife.blog55.fc2.com/blog-entry-519.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-583.html
・http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-581.html
・http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-322.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-112.html
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-1072.html
・http://mekatama.blog21.fc2.com/blog-entry-693.html
・http://nekonii.blog3.fc2.com/blog-entry-877.html
・http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/blog-entry-330.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-580.html
・http://raitoningu.at.webry.info/200703/article_17.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1259.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-597.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/03/post_9d37.html
・http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-580.html
・http://twodimension.blog59.fc2.com/blog-entry-385.html
・http://www.mypress.jp/v2_writers/kasumidoki/story/?story_id=1585373
・http://www.todasoft.net/blog/archives/2007/03/_22_3.html

Comment

いつもトラックバックありがとうございます! 

 いやーすばらしい考察の数々ですね。今回は自分も感じる点が多々あったのでコメントさせていただきました!


>1.ルルーシュのギアス
 やはり自分としては2)のパワーアップ説に一票といったところですかね!特に使用回数が増えたら現時点では迂闊に人と話なんか出来ませんよね。
 残酷な話ですが、ナナリーの眼が見えないことが運命的に感じられます。

>結果、人里離れた、人のいない場所でしか過ごすことが出来なくなりますから。
 大丈夫です!左目だけとっちゃえばいいんですから(笑)

>2.スザクとC.C.
 実は以前から自分は1)の関わり説を提唱していたのですが、今考えればこの考えは若干あさはかでした。
 ちなみに自分の考えでは、首相がマリアンヌ殺害の実行犯で、それを知ったスザクが日本の戦争のこともあり父である首相を暗殺したのだと思っていたのですが・・・。

 しかしこれだけ考察要素があるにもかかわらず、25話までにすべてが明かされるのはありえませんよね!
  • posted by 荒野の旅人 グレード 
  • URL 
  • 2007.03/24 17:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、グレードさん!

>> 残酷な話ですが、ナナリーの眼が見えないことが運命的に感じられます。
そうですね。結果として、もし推理通りルルーシュのギアスが常時発動状態なら、左目は何らかの形で隠す必要性が出てくるので、目に不自由が抱えるナナリーと同じような感じになったのは、運命的ですね。

>>大丈夫です!左目だけとっちゃえばいいんですから(笑)
まぁ、さすがに左目を取ると言うのはないですけどね(爆)。ギアスの能力は常時発動だろうが、オンオフ可能だろうが、ルルーシュにとって生命線ですから。あとは、左目を眼帯やらカラーコンタクトやらで封印して、C.C.に右目に新しいギアスを宿してもらうと言うのも、考えられますね。

>>ちなみに自分の考えでは~
当時から台頭していたブリタニアの皇女を狙うマネはさすがのゲンブでもしないでしょうね。現時点では、アシュフォード家お抱えと思われる有能なナイトメアフレームのパイロットだったマリアンヌを暗殺することでアシュフォード家の権限を失墜させる、反アシュフォード勢力と言うのが私の見解ですが……はたしてどうなのやら。

>>しかしこれだけ考察要素があるにもかかわらず~
だからこその、第二期の噂なんだと思います。実際に、第二期は製作されるような雰囲気が強くなってきている感じがしますし、視聴者としてもこんなところで終わられたら不完全燃焼にも程があります( ̄∇ ̄;)


ではノシ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.03/24 23:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お久しぶりです、毎回の凄い量の考察はお見事としか言いようがありませんヽ(;´д`)ノ
今回はkaryuも思う所があったので参加してみたり…

>ギアスパワーアップ
進化と考えるがベストでしょうけど、再使用可は流石にバランスが崩れるので無さそうです。(アニメ的なオトナの都合)
つまり、karyuとしては単に暴走しだしたと考えています。

>ブリタニア皇帝
何もかも知っているようなキャラであってほしいですね。
ギアスの事や、ゼロ=ルルーシュなど。
ラスボスなのですから、この世界最大の謎であるギアスについて、当然知っていてほしいものです。

駄文失礼しました、来週もお互い頑張りましょう!
  • posted by karyu 
  • URL 
  • 2007.03/26 06:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、karyuさん!

〉〉毎回の凄い量の考察はお見事としか言いようがありませんヽ(;´д`)ノ
お久しぶりですね。考察についてはありがとうございます。まぁ、考察と言うよりは思いついたものをそのまま羅列しているだけに過ぎない気が最近してきましたけど( ̄∇ ̄;)

〉〉再使用可は流石にバランスが崩れるので無さそうです。(アニメ的なオトナの都合)
そうですねぇ……いろいろ時間が経って考えてみたのですが、もしかしたら単なるパワーアップにとどまらないのではないか、と考えています。
もちろん、単純に暴走している可能性もありますが、C.C.は以前ギアスを「強くなっていく力に負ける者は呑み込まれる」みたいなことを言っていたと思うのですが(うろ覚え)、もしルルーシュがマオと違って力に溺れず力を克服したあかつきには、再使用ではなく新しいギアスの力が宿っているのかもしれません。そして、そうやって強くなって、オンオフ機能の喪失だったり、いろいろなものを失いながらそれでも力に負けない者だけが、ギアスを王の力として扱える、みたいな。まぁ、これも推論の1つですけど。

〉〉何もかも知っているようなキャラであってほしいですね
最終的に対峙するのはシュナイゼルではなく、ブリタニア皇帝ですから、その意見は賛同です。いろいろなことを知り、その上で手のひらの上で転がされながらもブリタニア皇帝に向かっていくルルーシュがみたいですね。

では、お互い来週も奮闘しましょう! 噂では、来週で一旦休止で、GWごろに残った2話をやるとかやらないとか……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.03/26 12:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ 22話 「血染め の ユフィ」

「やっべ!ギアス止まんなくなっちゃった!VIPにスレ立てよう!」「スレタイは『ギアスが制御できなくなったやつちょっとこい』で決まりだな」

コードギアス反逆のルルーシュ◆ STAGE22『血染め の ユフィ』

アニメコードギアス反逆のルルーシュ注意☆今週もラクガキを…。今週の予\想図。ユフィは、悪気はなさそうだが、結果的にはやってる事は↑だと思います。(とか描いてたら、信じられな

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」

これは……深夜枠であることを最大限に生かした話ですね。平和大好きなヒロインに銃を持たせて大量虐殺させるとは。今回の話で目立たないが良かったのは全体を通しての展開。視聴者は今までの展開と題名から「式典がある

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

?第22話「血染め の ユフィ」マオと一緒だなんて・・・そ、そんなバナナーッ!ユフィが作る行政特区ニッポン。人々は希望と期待を胸に、挙って特区へと押し寄せた。街でブリタニア貴族に日本人が虐められているのを見つけたルル。「どうした貴族様。借り

コードギアス第22話感想 『見つけ出して殺せ!! 』

 コードギアSTAGE22 『血染め の ユフィ』 の感想です!! 今回の一見強引だがこれもありなのかと思ってしまうような恐ろしい展開に自分は汗を掻きながら震えて見てました!!この内容に、この結末に納得いかない人は

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 stage22 血染めのユフィ

血染めって・・・こっちかよ!!!!!完全に予想不可能な展開。お気楽バカかとおもったユフィもそれなりに考えていての行動で、ゼロともルルーシュとも分かり合えたというのに。全てを制御不能のギアスが奪い去ってしまった。まさか血染めのユフィ、閃光のマリアンヌ....

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染め の ユフィ」

今回はサブタイから判断して、相当ヤバい内容なんじゃないかと想像はしていましたが、実際は予想を遥かに上回るウルトラハイな急展開!!行政特区“ニッポン”開設記念式典会場にて。「ニッポン人を名のる皆さん、お願

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」

タイトルが「血染めのユフィ」。今回でユフィは見納めなのか? なんて思いながら見ていたんですが・・・ まさか、あんな超展開が待っていようとはw[[attached(2)]]行政特区『日本』への申請は既に20万人にもなっていた。で二人はラブラブとw[[attached(3)]]日本人大嫌い

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE22『血染め の ユフィ』

これはスゴい鬱展開だな…(´・ω・`)ますます混沌としてきて先が読めなくなりましたね。  コードギアス 反逆のルルーシュ 3木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/03/23)バンダイビジュアル この商品の詳細を見る

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

「血染めのユフィ」 こ、こんな超展開が待ってたなんてっっ!!行政特区を立ち上げることが決定し、素直にそれを喜べず懸念する者も勿論いましたが、イレブン中心に主に受け入れ姿勢。ニーナは「ユーフェミア様がお

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」

扇とヴィレッタがどう考えても結ばれてしまっている件について。とうとう肉体関係も持っちゃったことだし、彼らは早くイレブンもブリタニアも関係ない特区でイチャイチャしたいんだろうよ!ふがー!ルルーシュ

stage22 『血染め の ユフィ』

ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。驚喜するイレヴンたち。その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。ゼロとして、そして兄としてユフィと対峙するルルーシュ。その時それは起きた!

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

■コードギアス 反逆のルルーシュ■

コードギアス 反逆のルルーシュ

第22話 「血染めのユフィ」、 なにやらすごい展開です!まさにこれがクライマックスって所でしょうか?!このまま行くと第二期は・・・コードギアス ○○○○○○って反逆のルルーシュでない可能性も出てきまし

コードギアス・第22話

「血染めのユフィ」 独立行政特区・日本。ユフィの発表したその構想は、様々な波紋を

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

           stage22「血染めのユフィ」   <(;゚Д゚)ハァハァ>  ぬぁあっはっはっはっ はっはっはっは!!あやつ、やりおったかぁ!    皇帝陛下もお喜びの第22話~。 密かにニーナも大喜びなんじゃないかと思う俺が...

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

『血染めのユフィ』恐らく、ほとんどの人が度肝を抜かれた超展開。メチャクチャ面白かったです。だが、あえて言おう!w 違うな、間違っているぞ!私のギアスが暴走したせいじゃない・・・私のギアスを、意図的に暴走さ

コードギアス 第22話「血染めのユフィ」

「借り物の力を自らの能力と勘違いする」.それってルル,自分のことでしょ.

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」

解っていて俺は契約した。これがヤバい力だということくらい――。 ギアスの力は人を孤独にさせる… 意思と関係なく暴走した力が、悲劇を起こす。 平和を望んだ少女を朱に染めて… やってくれました…。この作品が黒いことを忘れてました。 序盤すぐのクロヴィス暗殺以来の

コードギアス 反逆のルルーシュ22話「血染めのユフィ」

「借り物の力を自らの能力と勘違いする…」

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」 & 皆様にお知らせ

コードギアス 反逆のルルーシュ 3ブリタニア初となる行政特区日本の立ち上げが、ユーフェミアの発表により決定した。そして、その記念式典が行われる。だが、そこにガヴェインに乗り込んだゼロが現われた・・・。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染め の ユフィ」

惨劇 の 会場すごい展開になりましたよ。震えがとまらんっ。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染め の ユフィ」

第22話 血染め の ユフィ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染め の ユフィ」

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染め の ユフィ」血で手を染めていくユフィ…

[アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」

コードギアス第22話。行政特区日本の記念式典にて、悲劇が発生する。それは、ギアスの力で。それは、ルルーシュが望まない結果に…

コードギアス 反逆のルルーシュ #22 「血染めのユフィ」

 純粋な善意のみで計画されたユーフェミアの政策は、 しかし各方面に議論と混乱をもたらしていた。 参加が呼びかけられていた “ゼロ” は、 密かに秘策を抱いて参じていた。 全世界が注目する中、 ある大きな流れが生まれようとしていた――。♯記事内リンク:→粗筋

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE22  「血染め の ユフィ」

出遅れたんで、インパクト勝負に出て「ホントに血染めのユフィ」ヾ(´▽`;)ゝコードギアス 反逆のルルーシュ volume 04谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏 バンダイビジュアル 2007-04-25売り上げランキング : 2おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsさて今回の....

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE22  「血染め の ユフィ」

出遅れたんで、インパクト勝負に出て「ホントに血染めのユフィ」ヾ(´▽`;)ゝコードギアス 反逆のルルーシュ volume 04谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏 バンダイビジュアル 2007-04-25売り上げランキング : 2おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsさて今回の....

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2021/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……