FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

鍵のかかった部屋 5つの密室

鍵のかかった部屋 5つの密室

鍵のかかった部屋

著:アンソロジー(似鳥 鶏 友井 羊 彩瀬 まる 芦沢 央 島田 荘司)

発行元(出版): 新潮社

≪あらすじ≫
これが、トリックです。本来ネタバレ厳禁の作中トリックを先に公開してミステリを書くという難題に、超豪華作家陣が挑戦!鍵と糸―同じトリックから誕生したのは、びっくりするほど多彩多様な作品たち。日常の謎あり、驚愕のどんでん返しあり、あたたかな感涙あり、胸を締め付ける切なさあり…。5人の犯人が鍵をかけて隠した5つの“秘密”を解き明かす、競作アンソロジー。
(裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。


≪感想≫
普段はあまりアンソロジー形式の作品は読まないのだけれど、たまには。

本作は、ミステリの古典的なトリック「糸(のようなもの)を使って鍵を閉める密室トリック」を使うことが前提に五人の著者が、それぞれの作品を描くというもの。先にトリックが決まっているという斬新な作品だが、だからこそそこからどう展開するかに期待した作品。

さすがにアンソロジーで著者が違うの個別に感想・評価を。


【似鳥 鶏】 (評価:★★★☆)
「トリックを使う。それが大前提」。そんな感じで犯人視点から語られる倒叙形式のミステリ仕立て。といっても殺人とかではないのだけれど。

サークル内で起きた盗難事件。それを密室に仕立てたけれど、案外誰も密室だったとは気付いてくれないし、トリックも気付いてくれないしと、ややコミカル調に思い通りに進まない事件を犯人視点で語っていく、というもの。

一番オーソドックスだけど、振り返ってみると案外一番ちゃんとトリックを使っている作品でもあるのが、嬉しいやら哀しいやら…。


【友井 羊】 (評価:★☆)
「トリックなんて所詮トリック。そのトリックを使う以上、それを使わないといけない理由があったのだ」。そう言いたげというか、そう言わないと多分成立しないだろう物語。

ハッキリ言えば、使わないといけないトリックは完全におまけに押しやられてしまっていて本編においてそこまで大きな意味を持っていないのが、このアンソロジーにおける「テーマ」を考えると変則的というか卑怯だなと思ってしまった。物語としてはつまらないとかそういうことはないし、ミステリとしては「少しずつ堅実に情報を集めて真相に迫っていく」という古典的というか王道な展開ではあるのだけどね。

でもまぁ、どんなミステリであってもトリックを使うということには理由がある。トリックとは手段であって目的ではない。友井さんなりにこのテーマを企画した編集者たちへの皮肉だというのなら評価したいが…。


【彩瀬 まる】 (評価:★★★)
「トリックは解かっているのだから、あとはそれを読者が想像するだけ」。ある意味で挑戦的な短編。

こちらも物語にトリックの話は出てこない。普通の、ある種の日常ミステリでしかない。ただ、この作品が友井さんの作品と明確に違うのは、このトリックがそもそも影も形も出てこないということ。もちろん、それを最後に当人が暗示するような空気感はあるのだけど明言はされない。

なるほど、このアンソロジーがそもそもにして使うトリックは「糸と鍵の密室トリック」と決められているのだから、それをわざわざ明言する必要も明示する必要もないというのは盲点というか、面白い切り口。また、読者に考えさせるという部分も出題編と解決編に分かれてその間に「読者への挑戦状」が付きつけられた古典的本格ミステリのようにも読める。

まぁ、解答がないのでそこがそういった古典的ミステリとは違うところだが。


【芦沢 央】 (評価:★★★☆)
「某有名刑事ドラマのパロディにしてオマージュ」。いや、もうそのまんまだけどね。

今さら言葉を濁してもアレなので言ってしまうと完全に『古畑任三郎』のパロディ。古典的な糸と鍵の密室トリックに対して敢えて有名作品のパロディ調とすることでコミカルに仕上げてエンターテインメントとして読める短編にした、と言えるのか。

どこまでもパロディであるので、元ネタをどれだけ知っているか、そしてパロディをどこまで許容出来るかで評価は変わってくるだろうが私は楽しめた。まぁ、トリックとして未知の繊維とか出しちゃうのはどうかと思うが……でも、その存在をちゃんと序盤に明記しているから良いのか。


【島田 荘司】 (評価:☆)
いや、正直この作品には先の四作品のように何か副題をつける気にすらならなかった。

理由は二つ。一つは巻末にこの作品が「書き下ろしで追加」とあるが、実際には同名の単行本として出ている作品の流用でしかないということ。これはひどい。それなら最初からそう書いてくれていた方が良かった。しかも、著者のヒット作「御手洗シリーズ」の一つになっているのだから余計にたちが悪い。

もう一つはそもそもにしてこのアンソロジーのテーマに合っていない。「糸と鍵の密室トリック」の作品なのに、そこにほとんど触れていない。せいぜい鍵が絡む密室トリックではあるけれど、糸とか出てこないし……。「使い古された古典的なトリックを使うことを前提にどんな物語が作れるか」がスタートなのにそのスタートラインにすら立っていない。ちょっと編集者や責任者の能力を疑うとかそう言う以前に編集とかやってちゃいけないレベル。

大御所作家さんの作品ではあるし、本アンソロジーのテーマを気にせず読めばもう少し違った評価も出来るのかもしれないが、あくまでこのアンソロジーの中の一作品としてはハッキリ言ってお題を無視しており評価に値しない作品。



総合的な評価は、★☆(2点 / 5点)。正直、企画倒れだと思う、これ。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……