FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ガンダムビルドダイバーズ 第22話

ガンダムビルドダイバーズ 第22話
『君の想い』


≪あらすじ≫
全ダイバーに向けたGBNの臨時放送で、クジョウ・キョウヤの傍にサラが並んでいたことに驚くビルドダイバーズのメンバー達。今までとは別人のような厳しい表情を見せるキョウヤ、そして自ら仲間の元を去ったサラの真意を確かめるため、リクはキョウヤに連絡を取ろうとする。
公式HP あらすじ 22話より抜粋)


≪感想≫
世代交代
序盤に「オトナvsコドモ」なんて記事を書いたせいで、書くことねぇよ(笑 表向きというか、表面上はたぶん誰が見てもそんな感じだから仕方がないといえばそうなのだが。


なのであれこれ頭を捻って見い出した切り口は「世代交代」だった。リクとチャンピオンのやり取りはまさにソレといったところだろう。チャンピオン自身が、万が一の可能性にかけて飛び込むリクのその姿勢を「かつての自分」と評している。彼自身も赦されるならば、その可能性にかけたいのだろう(それについては後述)。しかし、それが出来ない現状においてチャンピオンはリクの助言を与えたわけだ。それは前任者から新任者への引き継ぎのようなものだったのかもしれない。あるいは、GBNの頂点に立つ者の矜持か、あるいは心意気か。

同じように世代交代を明示したのはタイガーウルフとフォース「トラブリュー」だ。格闘タイプのダイバーの先駆者であるタイガーウルフが設立したトラブリューだが、彼自身は隠居――ではないが、フォースを抜けてまで自分の道を貫くことを選んだ。故に、その運営は彼の手を離れて門下生・弟子たちへと託されたわけだ。同じようにマギーさんもまた「私のフォースは自由だから」というが、おそらく立場的にはタイガーウルフと似たようなもののはずだ。

「託す」という言葉だけを捉えるなら、いろいろなことに当てはめられるだろう。GPDに執心しているツカサの協力とそれを得ての合作を作り上げたコーイチが用意した救済法はGPDからGBNへ別の形でバトンを託しているようにも見えるし、かつてツカサが作ったブレイクデカールで辛酸をなめながらも未来のためだからとそれをベースとしたビルドデカールを認めたアヤメもブレイクデカールからビルドデカールへという託す形に見える。


イメージとしてはとても分かりやすい形だ。保守派として描かれる運営は言ってみれば悪政を敷く君主、チャンピオンはその時代に活躍した旧き英雄で、ロンメルは同じくそうした智将。旧い時代の権威に従う有志連合は君主にひれ伏す諸侯たち、といったところか。

対してリクたちは革命派。勇者であるリクは幽閉されている姫・サラを助けるべく、仲間たちの力を借りて旧き権威に執着する連中、そして旧世代の英雄であるチャンピオンやロンメルをなぎ倒していくことで新時代到来、世代の交代を告げる、と。
前期ではGBNを守るという立場についたリクが改めてこうした立場に立つということは皮肉と言えば皮肉だが、勇者が「世界を守るべきだ!」⇒「世界を敵にしてでも姫を守る!」という変遷はファンタジー的には王道だ。ガンプラを使ったRPG風ストーリー。収まるところはそこか。






ここからは少しだけメタ的というか演出的な感想を。

正直、GBNの世界の存亡をかける割に代償がないんだよなぁ、というのが緊迫感が欠ける最大の要因だと思う。チャンピオン・ロンメルは運営側についたことで、本当にメタな見方で申し訳ないが最終的にリクとビルドダイバーズに負けた敗者側に立つことになる(仮に途中で離反したとしても、あそこまで明確に運営と通じていてサラ消滅を容認した時点でその汚名をそそぐことは適わないだろう)。その時に彼らがGBNに居続けることを許容できる視聴者が果たしてどれくらいいるのか、というのは個人的な疑問なのだ。ぶっちゃけ、大団円(という可能性が高い上で語るが)の中でチャンピオンやロンメル、そのフォースメンバーや有志連合がいることは気持ち悪い、その一言に尽きる。

ならばどうするべきだったか。批判する以上、代替案を提示するべきだと思うので私なりの代替案・改善案を出すとするならば、このフォースバトル、お互いのアカウントを賭けるのも手だったんじゃないか、と思う。サラを救う、GBNを守る。互いの大義に優劣をつけることは主観の上では出来ない。だからこそ、お互いに自分の全てを賭けて戦うという選択肢があっても良かったんじゃないか――これまでGBNで培ってきた富と名声、その根源足るアカウントを負けた方は消し去るという手法を取ることもアリだったのではないかと思ってしまう。

これならばリクの、チャンピオンの覚悟は伝わってくる。同時に、「この戦いに参加し、敗北した側の者はアカウントが全て消去される」という前提ならば参加する有志連合やビルドダイバーズのアライアンスにも相応の覚悟が求められる。
お互いに覚悟の上で、それぞれが望む未来を勝ち取るための戦いとしての覚悟がそこにある。所詮データ上のオンラインゲームでしかないGBN。しかし、その覚悟があるからこそ、データ上でしかないサラという存在もGBNという世界も彼らにとって是が非でも守るべき存在だと視聴者に訴えかけられるのではないだろうか。

これは同時に運営にも言えることだ。メタな見方として、大団円でハッピーエンドを迎えた場合運営は総辞職しないければならないレベルだ。ここでいう「レベル」は現実的な運営者としての手腕ではなく、エンターテインメントとしてここまで悪役として描かれた以上は消えなければらないという存在価値としての意味だ。運営側がもう少し譲歩(例えばサラの電子生命体としての稀少性を加味し、GBNの世界崩壊寸前まで猶予を持たせてギリギリまで修正パッチの行使を遅らせサラを救うためのプログラム構成にも協力していたなど)があればまた違ったのだろうが、そういうのが一切ない以上、チャンピオンらと共に潔くGBNからは足を洗わなければ視聴者はきっと納得しないだろう。

この展開は、メタな見方だがそういう展開なのだ。果たして脚本家や監督はどこまでそれを理解しているのか…正直、期待より不安の方が大きい。


それにしてもチャンピオン弱ぇなぁ……。ブレブレじゃん。あそこまでブレるならあの場でロンメルと運営とは手を切ってタイガーウルフみたいにフォースすら辞めてリクにつくくらいの度胸は見せて欲しかった。確かにチャンピオンはGBNを愛している。ならば、GBNがどんな姿でも構わないのか? そうじゃないだろう。そもそもチャンピオンはバトルの優勝者への称号であってGBNの世界を守る役職じゃない。結局、覚悟だなんだと言いながら覚悟が最も出来ていない中途半端なキャラがチャンピオンというのは、痛すぎる。これならロンメルというキャラは居ない方が良かった。そのロンメルのポジションにチャンピオンが入って、明確にブレることなくGBNの世界を守ることに専心してくれた方がまだ好感持てるよ……。


≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。



もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

本当に終盤になるにつれてがっかり感というか
残念さが酷くなっていくとは思いませんでしたね…。

もうあと3話ですし、なんか次はリクたちほっといて
ウルフVSシャフリとかやってる時間あるの?とまで思ってしまい。

ビルドファイターズの方が何倍も面白かった、な評価をしたくないなあ。
  • posted by  
  • URL 
  • 2018.09/04 23:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんにちは。

>残念さが酷くなっていくとは思いませんでしたね…。
結局のところで、どことなく私の中で先入観みたいなものもあるのだと思います。子供向けの、ガンプラを使ったアニメだからという先入観です。なので、そうした先入観を持って観ているアニメなので、そこで汚い大人たちや無能な運営たちがあまりに描かれ過ぎるとゲンナリしてしまう。なんとなく、私としてはそんな感じなのですよね。

客観的に観たら、それらは最終回で十分なカタルシスを得るために必要なものだとも、リクらが囚われの御姫様(サラ)を助け出すためには困難は大きいほど燃えるのだということも理解はしているのですけどね。

ただ、前提として「そもそもこんなストーリーである必要がない」とも思いますが(苦笑

「GBNの可能性を語っておきながら結局ストーリーはバグ関連に終始したバトル至上主義」では、「最後はガンプラ関係なくぶん殴って片付ける、ガンプラ大会だけのストーリー」なビルドファイターズ系と正直大差ない評価にはなってしまいそうです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2018.09/06 10:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

自由度高いはずのVRが舞台なのに、そのポテンシャルを生かせないのは勿体無い話ですね。
正直ビルドファイターズの方がまた色々工夫している印象が残っています(機体の中に綿を詰める発想の自由さなど)
バグや電子生命がメインテーマしても、寄り道多すぎて中途半端な印象残ります。この手の話なら最初から最後までメインテーマに沿わないと薄っぺらになります。生命がメインテーマはクライマックスでいきなり出しても正直感動しにくいです。
遊びにしてもバグや電子生命の存在で遊びではなくなっています。

個人としては、このシリーズは遊びであって欲しいでした。舞台が違うでも、真剣な遊びは燃え上がるのはビルドファイターズで証明されましたし、機体改善などリアルの遊び要素も入れるこのシリーズは変なシリアス入れて欲しくないです。
  • posted by ZAX 
  • URL 
  • 2018.09/06 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ZAXさん 

こんにちは。

そうですね。おっしゃられるように、結局のところ旧シリーズや劇中のGBNの前の世代がバトルオンリーだったことから大きく発展していろいろなことが出来る世界として構築しているはずなのに、結果的にバトルになってしまうところは正直残念だし、作品として厳しいなとは思ってしまいますね。

シリアスも使い方次第ではありますが、「変なシリアスは入れて欲しくない」とおっしゃられるように、本作ではちょっと使い方が下手だなという感じもしますね。

あと少しですが、果たしてどうなることやら…。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2018.09/08 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

現在、文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行中。さすがに増え過ぎました(笑


今期の週間感想予定
日曜日:ペルソナ5A
月曜日:アニメ短評
火曜日:ガンダムBD
水曜日:ルパン三世PART5
木曜日:書評
金曜日:ドラマ、その他
土曜日:書評
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……