刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ

41sFDgS0kDL.jpg

著:歌野 晶午  発行元(出版): KADOKAWA

≪あらすじ≫
「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です。
(裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。

≪感想≫
単行本としては2003年に、KADOKAWAの文庫本としては2007年に発表されているもので、2016年時点の第45刷を手に取った。表紙の帯に各ミステリー賞で1位を取ったと大々的に銘打たれていたので、そういう部分でも気になって手に取ってみた。

結論から言えば、本だから出来るトリック(作中の殺人事件に対するトリックではなく、一冊の作品としてのトリック)、といったところか。100%映像化は出来ないだろう。この手のトリックでも実は映像化している前例は、他の作品ではあるのだけどこの作品は無理だね、うん。それがいいか悪いか、というと私は良いと思う。逆に映像だから出来るトリックも(パッとは出てこないけど)あるだろうし、本や文章という媒体だから出来るトリックやミステリというものがあることは良いことだし、著者としてもそれを最大限意識してのことなのだろう。しかも、これは小説家として(百冊や二百冊も出版すれば別だろうが)おそらく生涯に一度しか使えない「変化球」であり「奇策」。著者としてはだいぶ本腰を入れた作品なのだろう。


まぁ、そういった作品ではあるのでネタバレを回避しようと思うともうほとんどアレコレと書けないのが実情(苦笑 感想書くと反転した字だらけになってしまいそう。
なので感想としては抽象的な表現に終始してしまう感じになってしまうが、ご容赦を。

まずストーリーに関してだが、前述のように一冊の本を通して最後のどんでん返しのための工夫や布石がなされている。主人公である成瀬という私立探偵の一人称で進むストーリーなので、当然語り部として成瀬の視点で描かれるが文体が幼稚な感じを強く受けるものの、それもどんでん返しへの伏線ともいえる。

ただミステリとして見たときには、やや複雑さもある。この作品、解くべき謎が二つあり、一つは成瀬の過去に遭遇した殺人事件を振り返る形で、もう一つは現在進行形で起きている殺人事件。その二つが密接に絡み合っているのならまだしもそうではなく、またインパクトとしては過去の殺人事件の方が衝撃が強いので、解くべき謎の輪郭がぼやけてしまった印象。正直、これなら過去編要らないかな、というのが本音だ。その方が事件や謎の輪郭というものはもっと良い意味でくっきりハッキリと見えただろう。

作中の殺人へのミステリもトリックとしてはちょっと微妙だなと感じたのも、そういった現代と過去を不必要に読者が行ったり来たりさせられるためそういった概要というか実態、輪郭というものを掴みづらいという部分があったように思う。
あとはそういった輪郭がぼやけて見えたのは、著者がどこまで意図していたかどうかは分からないが、中途半端な側面が強いからだろう。ヤクザについても私立探偵についてもどれも主人公を「半人前のまま辞めてしまった」と理由づけている。それは内容に「至らなさ」に対する予防線のようにも見えて……。


という内容なのでやはり最初に書いたように、一冊の本、一つの作品としてのどんでん返しに注力した作品なのだと思う。それゆえにというべきか、逆にというべきか、本としてミステリの内容は正直薄い。
これで「このミステリーがすごい!」「本格ミステリベスト10」などミステリー関連の賞で1位が取れちゃうのか、というのはこの作品や著者に、というより選んだ選考委員の人たちにがっかりしてしまう。


評価は、★★☆(2.5点 / 5点)。一冊の本として観た時の「仕掛け」は見事なのだが、ミステリとして観た時にはやや厳しい。「ミステリが読みたいから」という理由で読むことはお勧めしない。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

現在、文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行中。さすがに増え過ぎました(笑


今期の週間感想予定
日曜日:ペルソナ5A
月曜日:書評
火曜日:ガンダムBD
水曜日:ルパン三世PART5
木曜日:書評
金曜日:ドラマ、その他
土曜日:ゲーム
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……