FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ラーメン大好き小泉さん 第12話まで

ラーメン大好き小泉さん 第12話まで


今日もどこかで、彼女はラーメンを食べている――


クールで無口、他人と馴れ合わないミステリアスな転校生「小泉さん

彼女は日々おいしいラーメンを追い求めるラーメンプロだった……!?

ガツンと本格派ラーメングラフィティ


いざ着丼!

公式ホームページ ストーリーより)


《記事解説》
本記事は、簡易採点+短評というレビュー形式の連載を試験的に導入してみました。

きっかけは今期の新アニメレビューをいつものように書いていたあと、二話分の追記をしていた時にふと「あれ、このまま一話から最終話までの採点と短評の推移が一度に目に出来たら読む側としても面白いんじゃないか?」と思ったことでした。基本、アニメの感想は各話単位で多くの人が書いているわけですが、その作品の評価が一話の時からどう推移しているのか、その時の各話の簡単な感想や短評からどうしてそのように採点が動いたのか、というのを一つの記事に纏め続ければ読む方も違った感じ方があるのかな、と。

あとは、短評(短文感想)なので書き手としても負担が軽い、というのもあってのメリットも加味しています。シリーズをずっと書き続けず、書きたい時に書きたい作品の感想を書く「今週のピックアップ」というコーナーも自作していますが、それとは違った形・コンテンツの一つになればいいな、と。

この作品を選んだのは、曜日的な都合、時間帯が早くて見やすい、あとは話数ごとの変動が大きそうでレビュー的に動きが大きくて面白そう(笑 / 正直、京アニなどの手堅い作品やきららなどの日常系では起伏があまりなさそうでw)

まぁ、あくまで試験的なもので来期以降、他作品に応用するかは分かりませんがね(苦笑


ということですので、これまでの各話および最新話の採点と短評は追記からどうぞ。

テンプレートはこんな感じ。
『話数』

登場人物:キャラクターのビジュアル、性格、総人数などに受けた印象。
物語構成:ストーリー。面白さ、好感、不快感を感じた程度。
作画美術:キャラクターの作画および動画。背景等の美術面の綺麗さ。
音楽声優:OP・EDなどの楽曲面およびキャストの方々のキャラとの適合度。
個人趣向:ジャンルや展開、キャラなどの総合的な個人的な好みの度合い。

総合評価:上記を踏まえた上での当話の評価。

短評
1話ないし序盤を視聴した印象の短文批評。

上記は十段階評価(5点満点、0.5点刻み)を行っております。
★=1点、☆=0.5点で換算してください。




『ラーメン大好き小泉さん 1話』 批評2018年1月5日

登場人物:★★
物語構成:★☆
作画美術:★★
音楽声優:★
個人趣向:★★

総合評価:★★

短評
漫画原作。

完全に飯テロ作品で日常系に分類されるので普通なら観るのだけど、ぶっちゃけキャラがウザイ(笑 特に悠。CVが佐倉綾音さんというのが、悪い意味でハマり過ぎてて凄くウザイ。原作通りなんだろうけどね。キャストも、変な言い方だが名前の売れた人気声優が揃っているものの、キャスティングとして良い形でハマっているとは言い難い印象を初見では受けてしまった。

視聴は本来なら確定のジャンルなんだけど、これだとしばらく様子見かなぁ…。



『ラーメン大好き小泉さん 2話』 批評2018年1月11日

登場人物:★★★(前話+1点)
物語構成:★★★(前話+1.5点)
作画美術:★★☆(前話+0.5点)
音楽声優:★(前話±0)
個人趣向:★★(前話±0)

総合評価:★★☆(前話+0.5点)

短評
びっくりした。悠の出番がほとんどないだけでこんなに観やすくなるなんて思わなかった(爆 いや、本当にそうだったんだよね。もちろん、彼女が出たら出たで魅力はあるんだろうけれど、個人的には居ない方が作品としての魅力は倍になりそうな気がしてならない(苦笑

というわけで登場人物や物語構成の評価が伸びてます。



『ラーメン大好き小泉さん 3話』 批評2018年1月19日

登場人物:★★★☆(前話+0.5)
物語構成:★★★(前話±0)
作画美術:★★★(前話+0.5)
音楽声優:★☆(前話+0.5)
個人趣向:★★★(前話+1)

総合評価:★★★(前話+1)

短評
まさかの小泉さん、水着姿でのサービスカット。いや、この作品にそんなシーン絶対ないと思ってたから笑ってしまったw ラーメンうんちくも程よいところ。あまり評論家のように語られ過ぎるとアニメとしては逆に萎えてしまいそうだし。ハワイのラーメンの話もそうだが、バーガーの話も(本当だったら、だけど)。っていうか、小泉さんはとりあえず「ラーメン」か「ラーメン屋で出している何か」だったら食べるんだな(笑 じゃあ、回転寿司屋のラーメンとかって食べるのかな? 案外、コスパが良い(値段の割に旨い)という評価があるけど、小泉さんは回転寿司屋にいってラーメンだけ食べるのか、ついでなら寿司も食べるのか。

Bパートでちょっとは報われた? 悠。でも、悠は報われない不憫な方がキャラとしては活きると思っている。小泉さんが悠にデレたりしたらダメだね、きっと(マテコラ
とはいえ、家事が出来てほぼ即席(?)でインスタントラーメンをあそこまで多数アレンジ出来る才能の発揮はようやく彼女がメインキャラとしている意味があったと思うので、そこは評価したい。

3話を終えてとりあえず1クール作品としては序盤が終わったとみて良い頃合いか。評価で分かるように個人的には今のところ右肩上がりの印象。



『ラーメン大好き小泉さん 4話』 批評2018年1月26日

登場人物:★★★(前話-0.5)
物語構成:★★★☆(前話+0.5)
作画美術:★★★☆(前話+0.5)
音楽声優:★☆(前話±0)
個人趣向:★★★(前話±0)

総合評価:★★★(前話±0)

短評
うーん、評価が難しいところ。単純に悠が絡むと単に煩くてウザいだけだな、と思うシーンが多いのだけれど、例えば「小泉さんに彼氏が!?」と誤認するのは小泉さんに対して強い興味・関心がないと成立しない誤解なので悠以外では成り立たないストーリーな点が一概に「やっぱ悠ウザい」と切り捨てきれない良くも悪くも悩ましい点(笑

小泉さん抜きでも成立するかと思った一風堂エピソードはなかなか。あそこで安易に小泉さんと悠・ミサをばったり遭遇させない辺りが良い展開と演出だと思う。また一風堂は名前だけは知っていたけど、あんなオシャレな店だったんだなぁ、と。当たり前だけどラーメンに対する認識は正直悠レベルなので、こういうところの豆知識的なところは純粋に観てて楽しい。

欲を言えばコンビニラーメン編はもう少し凝って欲しかったかなぁ、という印象。前回のインスタント麺がそうだったようにカスタマイズ域が広そうなカップ麺含めてもう少しアレンジがいろいろ出来たのではないかなぁ、と。

あと4話の一風堂シーンはガチでメシテロだと思った。作画良すぎだろw



『ラーメン大好き小泉さん 5話』 批評2018年02月02日

登場人物:★(前話-2)
物語構成:★★★☆(前話-0.5)
作画美術:★★(前話-1.5)
音楽声優:★(前話-0.5)
個人趣向:★★★★(前話+1)

総合評価:★★(前話-1)

短評
この回がやってきてしまったな、と思う。同時にこの企画をやっていて初めて評価の乱高下が激しい感じで面白いかもしれないがw

今回悠のウザさが1話並みにMAXだったのは、やっぱり私としてはこの作品で痛いところ。基本的に3エピソードの短編で30分1話分を構成している本作なので、3つあるエピソードの内の1つ程度で悠がウザさを発揮する分には「あぁ、またやってるよ」と笑いながら観れるのだけれど2つもあると辟易してしまう。もしこれで3つのエピソード全部悠メインだったらどうなってしまうのか(笑 実際、スタッフもそう考えているのか、悠メインのエピソードの間に、潤メインのエピソードを挟み込んだのはその辺りの緩和策と考えて良いのだろうか?

一方でエピソードとしてのバランスは良いと思う。トマト麺、ユーグレナ系ラーメンとラーメンとしては異色・異彩を放つものをメインに据えテーマ性がしっかりしており(あれらが小泉さんの中で「ラーメン」に分類されていて食べていることはちょっと驚きだけど)、さらに最後には「行列店・人気店に対するユーザーとしての最低限のマナーや礼儀とは何か」を原作者・アニメスタッフなりに語り、視聴者に伝えてくれた。

評価を全体的に落としている中で、個人趣向が上向きだったり、物語・総合評価の下落分がそこまで大きくないのはこの辺りのエピソード選出のバランスの良さを買っているからである。



『ラーメン大好き小泉さん 6話』 批評2018年02月09日

登場人物:★★★★(前話+3)
物語構成:★★★☆(前話±0)
作画美術:★★★★(前話+2)
音楽声優:★★☆(前話+1.5)
個人趣向:★★★★(前話±0)

総合評価:★★★☆(前話+1.5)

短評
前回よりはだいぶ良かった。やはり、悠の出番が限定的だったおかげか(ここまでくると、どんだけ私は悠が嫌いなんだよって感じだがw)

朝ラーメンの回には、以前も登場した悠の兄。悠よりよほどまともそうで、CVも中村悠一さん。ちょい役?の割に随分と豪華すぎるキャスティングだが、今後メイン回とかもっとがっつり小泉さんと絡む回があったりするんだろうか?

改めてストーリーは朝ラーメンから、冷やしラーメンと来て、最後は外国ラーメン。外国ラーメンだと以前ハワイのサイミンネタをやっていたけどね。前回のストーリー構成が素晴らしかったから、ネタだけ見るとちょっと雑な感じも否めないが、今回のメインはラーメンそのものというより、Bパート全てを使われた新横浜のラーメン博物館での小泉さんの「意外性」みたいな部分だったのかもしれない。

入場料無料のためとはいえ、休日でも基本制服(東北ラーメン旅の時は私服だったけど)の小泉さんの珍しい衣装チェンジ。それも浴衣。その小泉さんはドイツ人(?)の子供になんとドイツ語でやり取り。ドイツ語喋れるのか。さらに、あのクールな小泉さんでも子供の面倒見は良い(いや、冷徹に接しているのは悠だけかw)。いろいろな「意外性」が凝縮されていた。振り返れば朝ラーメンも「小泉さんらしいけど、あの美貌で朝からラーメン!?」という部分も、「小泉さんなら夏場でも問答無用でアツアツラーメン」かと思いきや季節限定ということもあるのだろうが冷やしラーメンに走る部分も、「意外性」なのかもしれない。

あと、単純に夏場ネタをこの最強寒波襲来中の今の時期にっていうのがタイムリーじゃないな、と(笑 こればっかりはスタッフも予想出来ないことなんだけどね。1クールなんだから仕方ないけれど、でももうちょっと暖かい時期(せめて三月)の放映でも良かったんじゃないかと思う。



『ラーメン大好き小泉さん 7話』 批評2018年02月16日

登場人物:★(前話-3)
物語構成:☆(前話-3)
作画美術:★★(前話-2)
音楽声優:★★(前話-0.5)
個人趣向:★(前話-3)

総合評価:☆(前話-3)

短評
原作ファンの方には申し訳ないが悪い出来だったように思う。

そもそも、浅草で仮に小泉さんが悠を見かけたとして自分から声をかけることがあるのか? ここまでのアニメを観てその可能性は極めて低いように感じる。もし、小泉さんが悠に助けられてインスタントラーメンを振る舞われた直後なら「人情的」な意味合いで小泉さんが声をかけたとかおいうなら、あるかもしれないが…。

何よりも悠が小泉さんの傍にいないと成立しない話だっただろうか? 小泉さんが勝手にラーメン語りをしているだけでも成立したんじゃなかろうか? 悠がいなくちゃいけなかった意味を全くといって良いほど感じなかった。

更に夏休み初日に「全国回る」といっていた小泉さんが実は都内に出店している各地のラーメン屋を巡るだけなんて……。試験前日に東北まで突発的にラーメンを食べに行った小泉さんだぞ? 夏休み初日なんてそれこそよほどの理由やイベントでもない限り、即行でご当地に飛ぶんじゃなかろうか。それがまさかの浅草巡りで終了とか……。

これが原作通りなのかアニメオリジナルなのかは知らないが、とにかく出来としては「ちょっとどうなの?」としか言いようがない。



『ラーメン大好き小泉さん 8話』 批評2018年02月23日

登場人物:★★★★(前話+3)
物語構成:★★☆(前話+2)
作画美術:★★★☆(前話+1.5)
音楽声優:★★★★☆(前話+2.5)
個人趣向:★★★★★(前話+4)

総合評価:★★★★☆(前話+4)

短評
ちょい役(のはず)の大澤兄の友人たちのキャスティング豪華すぎだろ(笑

ただ、その分安定感があるのも事実。しかも安定感の中でしっかりとキャラごとの個性が、キャスト個々の声質(これは声優さんの演技力だけでなくそういった部分を見抜いて採用した監督や音響監督らの功績も大きいが)とよく合ってキャラを引き立たせていた。音楽声優項目の評価がここまでの8話の中で最も高いのはそういった理由がある。

さて、本編であるがAパートは袋麺、インスタントラーメンのご当地商品について。そこに、割とあの悠を中心としたトリオの中では常識人である潤を加えて将来の話を混ぜての話。「適性や好きなものを仕事に」というのは誰もが思うところだが、「好きなものだからこそ仕事にはしない」という意見もある。潤は前者が理想だと考えていた節があり、小泉さんは後者っぽいかな。潤も最後には後者っぽい考えだったけど。

っていうか、ラーメンだけは何としても美味く作りそうな小泉さん、まさかの料理ベタ(苦笑 いや、袋に書いてある通りに作りだけじゃんw

Bパートは前述のように悠の兄とその友人たちが家系ラーメンを食べに行き、そこへ小泉さんがやってきてこなれた感じで手本を見せる、という話。知っているようで知らない、ラーメン+ライスという組み合わせでの適切な食べ方の一つを提示した小泉さん。ラーメンの具のトッピングで上手くミニどんぶりを作るという発想は私にはなかったので、「その手があったか」と目から鱗だった。

ご当地麺含めて今回は新発見が多かった。悠の出番も少なかったこともあって個人的にはとても観やすい一話だったし、たぶんここまでの中では一番良かった話だが、強いて欲深く言わせてもらえばちょっと「パンチ」が足りない30分だったかもしれない。いや、悠の出番が増えると見辛くなるのでやめて欲しいけど。一番良かった話だけど一番面白かった話ではないかな、と。



『ラーメン大好き小泉さん 9話』 批評2018年03月02日

登場人物:★★★★(前話±0)
物語構成:★★★★(前話+1.5)
作画美術:★★★(前話-0.5)
音楽声優:★★★(前話-1.5)
個人趣向:★★★★(前話-1)

総合評価:★★★★(前話-0.5)

短評
全体的に薄い本が増えそうになる内容だった気がするのは気のせい?(笑

アバンからAパート前半は「山」。普通にコッヘルを使った自作ラーメン。あれ『ゆるキャン△』だっけ?(違w でもそれ以上に疑問だったのは、袋麺を作るのにすら苦労したはずの小泉さんが山でラーメンを作っていた事実……え? 前話はなんだったの?(苦笑 まぁ袋麺で散々苦労してきただけに袋麺程度の調理はもうマスターしてるのか。

思えば、コンビニ回ではカップ麺作りまくってるんだよね。カップ麺はお湯を注いで具材とスープの素を入れるだけとはいえ、それ出来るなら袋麺も大差ないし、小泉さんはそこからさらに天かすと温玉追加する工夫まで見せているわけだから、前回の潤の「料理苦手なんだ」というのは現在進行形ではなくて過去形なのかもしれない。そもそも大好きなラーメンのためである。血のにじむような努力を小泉さんがしていたとしても何ら不思議ではない。ただ、それでも前話で買って帰って自分で作るのではなくお店の人に作ってもらう選択をしたのは「よりおいしく食べれる選択肢」だったからなんだろう。加えて、トッピング(半熟たまごなど)も充実してたし、あの店ではそういった袋麺代+調理代+トッピング料=料金っていうシステムなのかも。

さて、考察もほどほどにAパート後半は「豚野郎」。野郎系ラーメンがあるってこと? そうした中でまさかの美沙の弟w さらにそこからBパートでは美沙登場で「背脂」。うん、太りそうw 正直食べたことがないので実感はないのだけれど、あんな麻薬中毒者みたくなるものなのか……薄い本が厚くなりそうな二人の姿だったんだが、これいかに(苦笑

でも、ああいう姿みると食べてみたくなるよね(ぇ

というわけで9話でした。8話は最高点を付けて9話はそれよりは劣る点数になったが、「作品として良かった」と「作品として面白かった」という二つのバランスでは8話より9話の方が良かったかもしれない。8話はどちらかというと「作品として良かった(エピソードの選び方、作画、キャスティング、作品の個性や色など総合的に)」という要素が強くて、「作品として面白かった(単純に観てて面白い、感動した、感心したetc...)」といった要素が低かったから。9話はそういう意味で「良さ」と「面白さ」がしっかりバランス取れている感じがした。

それにしても悠、出番必要だった? 別にいらなくね?(爆

2018.03.02.23:00追記)
前々から書こうと思っていたんだけど、今回が一つチャンスだと思ったので。

小泉さんって「ラーメン」なら自分が失敗した時くらいのよほどのものを作らない限り、「美味しく」食べれることが出来る人種なんだと思う。こういっちゃ難だが、自分で作った即席ラーメンとか、登山観光地のラーメンが、その場所補正があったとしてもわざわざ登山してまで食べに行くほど客観的に美味なのかといえば正直疑問がある。

けど、それも小泉さんが「ラーメンなら基本ちゃんと出来ていれば何でも美味しい」と思っている人なら味の優劣は些細な問題なのだろう。小泉さん自身、味覚が大雑把というわけでもない。それはラーメン通として名店から袋麺、カップ麺まで味を把握して細かく解説出来ていることからも間違いない。しかし、彼女はラーメンに対して他のラーメン評論家やラーメン通みたいに「不味い」とは言わない。私はそこが好きなんだと思う。



『ラーメン大好き小泉さん 10話』 批評2018年03月09日

登場人物:★★★(前話-1)
物語構成:★★★(前話-1)
作画美術:★★★☆(前話+0.5)
音楽声優:★★★(前話±0)
個人趣向:★★★(前話-1)

総合評価:★★★☆(前話-0.5)

短評
そろそろ小泉さんは真面目に悠を訴えて良い(笑

個人的に悠のようなキャラクターは大嫌いである。個人の趣向であるのでそれに関してはあまりとやかく言われたくはない。

とはいえ、一歩引いた観点で観た時に今回「悠の存在価値」というのが確かに実証された回でもあったとも思っている。悠は確かにウザイ。キモいストーカーである。しかし、悠は決して報われることはない。そこが個人的にはポイントかな、とも思っている。

これで悠が仮に報われるような展開になるようなら、私はきっとこの作品に低評価を与えるだろう。けれど悠は報われない。異常な犯罪一歩手前、犯罪予備者の悠が報われないからギリギリの線で妥協し納得し、だからこそ「こういう人間はやっぱり報われない」と思うからそれを赦して笑って観れているのだと思う。

今回悠の存在価値以上に価値があったのは潤あるいは美沙の存在でもある。悠は報われない。けれど、小泉さんと適度な距離を保って常識的な付き合い方をしている潤や美沙に対して小泉さんは決して毛嫌いしていない。むしろ条件が合えば(悠のような強引な付きまといではなく素直に)一緒にラーメンを食べに行くし、LINEやメールでやり取りもする。つまり、潤や美沙は普通の「友人」として付き合えている。悠のような妄想上の「友人」ではない。

こういったキャラは報われなくて当然と思っていて、それがちゃんと実現されているから物語の展開としても悠というキャラクターそのものも赦せる。そんな感じがした。



『ラーメン大好き小泉さん 11話』 批評2018年03月16日

登場人物:★★★(前話±0)
物語構成:★★★★★(前話+2)
作画美術:★★★★(前話+0.5)
音楽声優:★★(前話-1)
個人趣向:★★☆(前話-0.5)

総合評価:★★★(前話+0.5)

短評
世界って狭すぎるなぁ(笑

全体的な物語構成は、上手く大阪ネタへと繋がってからの大阪地元展開になったのでそこは良かったんじゃなかろうか。「世界は狭すぎる」と冗談+皮肉っぽく書いたが、一方で悠や大澤兄が絡んできても自然な形になっていたのは良かった点かもしれない。若干風刺的な部分もあって、小泉さんのラーメン紹介っていう部分でも新キャラの立場や性格が上手く活きていた。

相変わらず飯テロ作品なんだけど、ちょっとだけ言わせてもらうと無味乾燥というか、あまりインパクトがなかった? いや前話のインパクトが良くも悪くも強すぎただけなのか?

それにしても、女性+大阪弁のキャラ=植田さんって方程式はなかなか崩れないのかね? 確かに巧いし違和感ないのかもしれないけど、(たまたま私が視ているアニメで植田さんが大阪弁キャラなことが多いだけなのかもしれないが)ちょっと一辺倒過ぎる印象も。

それにしても小泉さんの行動力が凄すぎるw



『ラーメン大好き小泉さん 12話(最終話)』 批評2018年03月23日

登場人物:★★★☆(前話+0.5)
物語構成:★★★★(前話-1)
作画美術:★★★(前話-1)
音楽声優:★★★★(前話+2)
個人趣向:★★★★(前話+1.5)

総合評価:★★★☆(前話+0.5)

短評
悠が怖すぎるw あと最後のみんなでラーメン的な流れは小泉さんらしくなくて嫌。まぁ、悠と二人きりのラーメンじゃなくて潤や美沙もいたから容認した、と考えれば妥協点なのかもしれないが。

物語としては前話からの続き物としても観れるのでそこは上手く構築したな、と評価。作画はラーメンよりも小泉さんの私服をたくさん見れたのでそこを評価(笑 っていうか、あんな教師のちょい役で豊崎さんって豪華。大澤兄(CV中村悠一さん)の友人グループも他作品なら誰もが主演張れるレベルのキャストで豪華だったわけだけど、あっちみたいに出番ほとんどなかったし。これはあの教師の出番もある第二期も想定内のキャスティングってことなんだろうか?

最後のエピソード「再会」は、小泉さんのミステリアスさとラーメン愛をどこまでも強く感じることが出来たものだったので、選び方も良かった。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラーメン大好き小泉さん TokyMX(3/22)#12終

最終回 第12話 名古屋/再会 従兄弟の絢音の引っ越し手伝いの帰りに新幹線から小泉さんらしき 人物を発見して飛び降りた悠。 潤と美沙に連絡、名古屋で迷子になった、所持金も500円。潤は電話で、美沙はメールで小泉さんに連絡してくれる。悠はどちらも知らなかった。 適当に歩きながら小泉さんを探すと空腹を感じる。すがきやを発見、ここなら500円でも食べられそうと入店。玉...

ラーメン大好き小泉さん 第12話

  ラーメン大好き小泉さん第12話です。 今日もみんなでラーメン! 悠ちゃんから着信です。 悠「助けて~潤~」 もぐもぐ美沙ちゃん。 悠「今名古屋にいるんだけど迷子になっちゃった~」 潤「ハァ?」 名古屋 わけがわからない潤ちゃん。 こんないきさつでした。 新幹線で東京に向かっていたところ… 小泉さんを見つけたので名古屋で降りたw ドン引きw 美沙「悠バカすぎ~。そんなん絶対人違い...

ラーメン大好き小泉さん 第12話(終) 『名古屋/再会』 ラーメン大好き小泉さん大好き大澤悠!

悠が名古屋で迷子。そのままにしておこう、小泉さんの安全の為に。新幹線の中から小泉さんが見えたってどんな動体視力してるんだ。悠、バケモノだ。勢いで降りちゃったけれど小泉さんは見つからず、所持金は500円で電車にも乗れなくて途方に暮れたと。悠、バカモノだ。私小泉さんに電話してみる。私は小泉にメールする。悠、自分だけ小泉の連絡先を知らないことを知る。問題は小泉さんが応じてくれるかどうか。ストーカー...

ラーメン大好き小泉さん 十二杯目 「名古屋」「再会」

 2週間休んだとかどうせラーメン食ってんだろと思ったら、あのまんま風邪だった。2週間ぶりにラーメン食べる小泉さん。結果ガンギマリ。もっとヤバい病気じゃねーのこれwww  最後はみんなでラーメン食べに。グルメ作品らしい終わり方で良かったのでは。最初、悠のアクが強いキャラにちょっと不安だったが、普段はあんなでもラーメン食すシーンではちゃんとラーメンと向き合ってたり、そういう切り替え...

2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(11)

「ラーメン大好き小泉さん(完)」 名古屋「小泉さんを見間違えるはずがない!」言い

アニメ感想 18/03/22(木) #ラーメン大好き小泉さん 第12話(終)、#ゆるキャン△ 第12話(終)

ラーメン大好き小泉さん 第12話『名古屋/再会』(終)前回は大阪でしたが、今回は名古屋です。たまたま小泉さんの姿が見えただけで新幹線を降りるとか、行動力すごいですね。いや、たった500円で降りるとか、ただのバカか。しかし、本当に小泉さんいましたね。動いてる新幹線から小泉さんの姿を見るけるとか、すごいです。後半は、小泉さんが風邪を引きました。珍しいですね。てか、2週間も休むとか、結構重症?2週...

ごちそうさまです!小泉さん。

溜まってまぅ~ 明日こそ色々整理したいと・・ 『ラーメン大好き小泉さん』 第12話 名古屋 最終回 名古屋のナナちゃん人形ww 1回だけ見ました。 いろんなコスチューム装着するみたいですね。 悠は大阪で引っ越しの手伝いをして、どうして名古屋で迷子に? と思ったら、 新幹線の窓から小泉さんを見かけて飛び降りたんですって@@; ぃゃ~ ストーカーの鑑ですねwww...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

現在、文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行中。さすがに増え過ぎました(笑


今期の週間感想予定
日曜日:ペルソナ5A
月曜日:アニメ短評
火曜日:ガンダムBD
水曜日:ルパン三世PART5
木曜日:書評
金曜日:ドラマ、その他
土曜日:書評
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……