FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話
『ガンプラは最高だ!』


≪あらすじ≫
ある日、イオリ・セイの実家であるイオリ模型店にやって来たユウキ・タツヤ。

翌週からメイジン・カワグチとしてヨーロッパを回ることになったタツヤは、ヤサカ・マオから伝え聞いたセイのビルドストライクコスモスの改修機、ビルドストライクギャラクシーコスモスと遠征前にガンプラバトルをするためやって来たのだった。

海外遠征用としてΖガンダムをベースに製作されたタツヤの新型ガンプラ・A-Zガンダムを見てその出来映えに目を見張るセイ。

ガンプラバトル開始直後、タツヤはお互いをイーブンの状況にするためA-Zの性能をセイに披露し、改めて全力での一騎打ちのバトルを開始するのだった。
公式HP STORY より抜粋)



≪感想≫
ネット上で大変お世話になっているtuyukiさんに教えてもらい、第5話も無料配信を始めたと知って。いや、てっきり5話は配信しないのかと(苦笑

物語は非常にシンプルに、セイvsタツヤ。この二人の戦いで始まり、この二人の戦いで『ビルドファイターズ』の歴史は幕を下ろすことになるのだろう(ガンダムエースなど誌上の外伝漫画は続いているが)。そう考えればこれ以上なく相応しい選択だったのだと思う。

イオリ・セイとユウキ・タツヤ。それぞれはおそらく互いに認め合いながら全く違う道を歩むのだろう、ということをこの後のビルドファイターズトライも視聴していると感じる。このバトローグ5話ではそれをより強く感じた。



メイジンとしての立場、スポンサーの要望などもあるのだろうがタツヤは次々に新しいガンプラを生み出していく。彼は生粋のファイターだ。故に、より強い機体を求めることはもちろん、対戦相手やフィールドに応じてより適した機体を求めて行く気がする。外伝漫画含め彼が次から次へと新しい機体へと乗り換えて行くことは、自身のレベルアップの象徴であり、今の自分の技量や相手の技量等をいろいろ考慮した末の戦術のようにも思える。

もちろん変わるのは機体だけではない。誰もが目指す絶対王者としてのメイジン・カワグチの三代目としてのポジションが、彼をファイターとしてより高みへと押し上げる。地位や役職が人を作る、ともいう。元来「ユウキ・タツヤ」としても十分強かった彼が、「メイジン・カワグチ」という立場を与えられたことでさらにファイターとして形作られた。
それが『トライ』で明かされることになる、世界大会三連覇の殿堂入りという絶対王者としての進化に至っているわけで、今回の5話にもその片鱗が確かにある。セイが言うように、「初見での最大火力やマニューバの披露」「大気圏突入の援助」などがあってあの引き分けである以上、タツヤの技量はセイの数段上であることは間違いない。



一方でセイは少し毛色が違う。レイジとの出会いや世界大会を経て彼はファイターとしても覚醒をした。より強い相手と戦いたいというファイターに欠かせない本能も持ち合わせる。だがしかし、彼はタツヤや他のファイターのようにより良い性能や勝利を求めての機体の乗り換えはしない。ビルドストライクから始まった自分の系譜を愚直に守り、自身の生み出したビルドストライクをより高みへと導き続ける。この戦いもまたビルドストライクの進化における現時点の到達点の一つとして生み出されたものだ。

セイは生粋のビルダーなのだ、きっと。自分の作る機体への愛着は、きっと誰よりも強い。強いから自分が愛する機体が壊れ、負けて欲しくないと心の底から願っているし、そのために自分もまたファイターとして強くあらねばならないと考えているのではないだろうか(本編でもそういった言及があったはずだし)。
印象的なのはバルカンの応酬。互いのバルカンの打ち合いに装甲はびくどもしなかった。つまり両者の機体の装甲強度は互角。しかしPPSPの支援も得ているであろうタツヤに対し、セイにはそういった支援や後ろ盾はない。セイは一目でA-Zガンダムに特殊な塗料が用いられていることも見抜いており、その塗料がガンプラの性能に少なからずプラスの影響があるであろうことは明白だ。そういったハンデをものともせず、セイはタツヤと互角のガンプラを作っている。ビルドファイターズ本編の序盤、タツヤがとにかくセイの技量を買っていたわけだが、ここでもそれは変わらない。むしろ個人で言えばセイのビルダーとしての技量や発想はタツヤをわずかであっても超えるものがあるはずだ。



ファイターとして歩むタツヤとビルダーとして歩むセイ。もちろんそれはタツヤがビルダーであること、セイがファイターであることを捨てることではない。ただどちらに軸足があるか、と問えばこうなるのではないかなという私なりの見解である。だからこそ、二人は違う道を歩む。ガンプラをこよなく愛する二人の目指すべき頂上はきっとガンプラがより多くの人に愛されること。二人が目指す頂上が同じだからこそ、二人は互いに違う道で登るのだと思う。

時折こうして互いの近況を知り、互いが歩んできた道の情報を交換しながら。

頂上が同じなんだから一緒に登る、という選択肢もある。けれど二人が選ぶのはそうじゃないってことなんだと思う。言葉選びが難しいけど、セイとタツヤの関係性って友情じゃないんだよね、たぶん。友情なら一緒に登ることを選んだかもしれない。けど、二人はなんかこう好敵手というか「カッコいい自分を見せなきゃいけない相手」同士みたいな感じ? そういった感覚は先輩であり先達であるタツヤの方がセイに強く持っているかもしれないけれど、タツヤを破って一度はレイジと共に世界チャンピオンになったセイにも同じくらいのプライドはきっとあると思うし、だからこそ『トライ』でセイは(彼自身も世界大会などには出続けているようだが)タツヤのように第一線で戦い続けることよりも、チナと共にガンプラ普及のために世界を回っているのだろう(まぁ、タツヤもトライでは似たように各地を回っているから、結局二人は違う道を登るんだけど実は良く似た道を登っているともいえるのかもしれないがw)。



結びとなるが、前述のように『ビルドファイターズ』はセイとタツヤと言う二人で始まり二人で終わるのだと思う。二人の機体が壊れ朽ちて引き分けとなったシーンは、『Vガン』や『X』などのラストのようにボロボロのガンダムがまるで自らの役目は終わったと言わんばかりに静かに眠るようにも見えた。

いまだ外伝作品は漫画で続き、こうして映像化もトライを経て続いてきた本作。個人的にはビルダー<ファイター的な描写が多かったことへの一抹の不安や憤り、無念さみたいなものもないわけではないが、それでもガンプラへの情熱というのは感化されたしそれくらい愛や熱量がある作品だと思う。

春からはバトンを受け継ぐ――設定がガラリと変わるのでそういった表現が正しいかは分からないが――形になる『ガンダムビルドダイバーズ』。『ビルドファイターズ』と比較されることはまず間違いない。だからこそ、決して負けないガンプラ愛や情熱を見せてくれるのだと期待したい。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorはTBが廃止されたので参考程度にして下さい。


参考サイト
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-2749.html
・http://koisananime.com/now/2017/12/gbf-b5.php


もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます

Comment

NoTitle 

こちらこそいつもお世話になっておりますm(_ _)mペコリ

ビルドファイターズも一区切りでしょうか。
春のアニメも楽しみですね。主人公機がダブルオーという事でオーライザーみたいなドッキング要素があったらいいなと。というか絶対あるな(笑

セイのバトルもライフル損傷時に蹴り殴る描写があったのでレイジの影響を受けているなぁとしみじみ思いました(確かGMの逆襲でも抜刀せずにサーベルを展開した描写があったような)うん、こういうの大好きです(*^-^)
  • posted by tuyuki 
  • URL 
  • 2018.03/14 21:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

>tuyukiさん 

こんばんは。

たぶん、これで一区切りなんでしょうね。なんやかんやで思い入れが少なからず強い作品なので、ちょっと寂しい気もしますが…。

>ビルドダイバーズ
ダブルオーの主役機はのちに強化パーツを装着することは明らかになっているみたいです。装着するとダブルオーよりダブルオーライザーや、GNシールド装着したダブルオーにシルエットが近くになるみたいですよ。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2018.03/17 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話(終) 『ガンプラは最高だ!』 メイジンとセイが一騎討ち!

メイジン・カワグチがヨーロッパ遠征。旅立つ前にやることは…ガンプラバトルだ!という訳でイオリ模型店にやってきた。無論セイに断るという選択肢はない。 セイが使うのはビルドストライクギャラクシーコスモスガンダム。どんどん名前が長くなりますね。背中の羽というか刃がプロヴィデンスガンダムみたいです。 海外遠征用に作ったA-Zガンダム。メイジンがガンダム、それもZベース。ビルドファイター...

全てを知った気になるのはまだ早い――「ガンダムビルドファイターズ バトローグ」5話感想

 まだだ!まだ終わらんよ!と言われたような。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……