FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

P5 -ペルソナ5- プレイ日記20

P5 -ペルソナ5- プレイ日記20

ペルソナ5_20171231114231
ペルソナ5_20171231113810


公式ホームページ
※画像はPS4のスクショ機能とデジカメによる直撮りを活用しています。スクショ禁止エリアの直撮りはネタバレになるため、追記以降のみの使用としており、閲覧は自己責任でお願いいたします。
※主人公の名前はアニメ版と同じで「雨宮蓮」にしています。

『P5 -ペルソナ5-』のプレイ日記です。ネタバレ要素を含んでいますので、ご理解した上での閲覧をお願いします。また攻略要素は皆無ですので、その辺は期待せず楽しんでいただければ幸いです。

前回までのあらすじ
奥村春という新しい仲間を加え、オクムラパレスを攻略したはずの怪盗団。しかし、いつも通りにシャドウを改心させたはずだったが結果として奥村は廃人化、直後に死亡した。予想だにしなかった展開に動揺を隠せない怪盗団たち。それが伝わるように世論も一転し、怪盗団は殺人犯だと決めつけ捕まえるべきだと騒ぐ。全ては一部の狡猾な大人たちの思惑。それに乗せられてしまった怪盗団は、打つ手がなくなっていき…

CIMG3944.jpg
当然、怪盗団が下手人だと思われ、ネット上はこれまでの高評価があったが故に一転して人気は地に堕ちて行く。

CIMG3945.jpg
こんな風に言ってくれる奴もいるけれど…

CIMG3946.jpg
CIMG3947.jpg
CIMG3948.jpg
CIMG3949.jpg
真は、双葉が調べた事実からメジエドの一件から全ては真犯人の掌の上で踊らされてきたのではないか、と語る。まぁ、実際その通りなんだけどね。

CIMG3950.jpg
CIMG3951.jpg
一方、検察では真の姉・冴が怪盗団特捜チームの指揮官に任命される。冴は意気込むが、特捜部長にとっては生け贄以外の何者でもない…


CIMG3952.jpg
一方、特捜によるチームは確実に主人公周囲を取り囲んでいく。いよいよ秀尽では全校生徒・全教師を対象とした個別面接まで行われるほど…

CIMG3953.jpg
CIMG3954.jpg
CIMG3955.jpg
明智はテレビでもこんな発言を…。どういうこと?

CIMG3956.jpg
CIMG3957.jpg
そんな中で定期試験も終わり、学園祭へ。そのメインゲストとして、真は(生徒たちの強い要望もあって)敢えて明智を選ぶ。明智も快くそれを受けてくれたのだが…。

CIMG3958.jpg
二日目。いよいよ始まる講演会。

CIMG3960.jpg
テレビと同じように講演でも、改心を行う怪盗団と奥村ら廃人化や死亡事件は別だと主張。さらに、「僕の知る彼ら」と怪盗団の正体を知っているかのような口ぶり。

CIMG3961.jpg
CIMG3963.jpg
正体を掴んでいるという明智。講演会で発表、という段階で突然の着信で中断。だが、当然それは明智の演技。真含めて蓮たちも別室へ呼び出される。

CIMG3964.jpg
バッチリ証拠録られてるし(苦笑 人が消えるような写真や動画取られ「超常的な手法」が明らかに。そりゃああんな往来で無防備にパレス入ればそうなるわ…。

CIMG3965.jpg
CIMG3966.jpg
CIMG3967.jpg
明智は自分も異世界に入れること。オクムラパレスの際に巻き込まれ、蓮たちと蓮たち以外の存在を観たことを告げる。

CIMG3968.jpg
明智が持ちかけた取引は、パレス潜入への協力と事件収束のために怪盗団活動の停止と怪盗団を解散させること。見返りは捜査の手を蓮たちへ向けさせないことだった。

蓮は一度考えさせてほしいと、申し出その場はお開きとなり、明智は講演会で蓮たちの名を告げず「急用が入った」と嘘を吐いて立ち去っていく。

CIMG3969.jpg
一方、双葉の部屋からは双葉に送った際の「予告状」を惣治郎に見つかってしまって…。


と、今回はこれまでの「詰めの甘さ」「不用心さ」をツケを一気に支払われるような展開になった。盛り上がり続けたところで奥村の一件で失脚し、今回は挫折。でも、この一件は悪い大人たちの老獪さのせいでからめとられたというより、決定的な部分では彼ら自身の「詰めの甘さ」とか「不用心さ」が招いた印象が強いから、「サイテーな大人たちめ!」というより「自業自得だよな」という感じだったのだけどね。

明智から提案された怪盗団解散。事件収束のための一手だと彼は言うが、メタな見方をすればゲーム的な収束の一手でもある気がする。というのも、怪盗行為はこのままいけば終わりがない。けれど、ゲーム的にはどこかでラスボスを出して終わらせないといけない。前作P4ではマヨナカテレビと連続殺人の関連性と言う一つの事件を追っていたのでその終わりがゴールだったわけだけど、そのゴールが見えなかった。「解散」「事件の収束」といった終わりを示す単語が明確に出てきたのは、ゲーム的なゴールやラストといったものが少し見え隠れしている気がしているようにも感じた。


といったところで、以下次回。

Comment

NoTitle 

>そりゃああんな往来で無防備にパレス入ればそうなるわ…。

寧ろ何で今まで大丈夫だと思ってたんだ…。
  • posted by  
  • URL 
  • 2018.02/21 18:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>寧ろ何で今まで大丈夫だと思ってたんだ…。
この辺がねぇ……。問題は最初からずっとこんな感じだったのかと言えばそうではなく、例えば学校が舞台だった鴨志田の時は路地裏に隠れてからパレスに入退出していたシーンもあったと記憶していることなんですよね。「自分たちの存在が大きくなるに従って増長してしまった」と肯定的な方は解釈するのかもしれませんが、最初期ならまだしも祐介、真、双葉、春と頭脳派・慎重派が次々と加入した現在を考えると「どうなのよ、それ」と思ってしまいます。

なんというか、個人的に莫迦にされてる気がするんですよね、こういう演出って。「今の高校生なんてこんなもんでしょ」みたいな作り手の上から目線みたいで。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2018.02/21 20:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私はナンバリングタイトルでは3ポータブル、4ゴールデン、5のみ遊んだ身ですが、終盤で「踊らされていた」事実が明かされるのはお約束、という印象ですね。

4でいったら、足立の間抜けっぷりに
「やっぱり警察じゃダメだ」
「俺たちだけがこの町を救えるんだ」
なんて思って頑張ってたら、実はその足立が仕掛けたカラクリの一部にされていた・・・みたいな。

こうなった原因の一つは、
「大人たちによる、理不尽な束縛からの解放」
「正義を為すという使命感」
「刺激的な放課後のお楽しみ」
といった快感に酔って、しっかりしているつもりでも、何かがずっとおかしかったのだと思います。
鬱屈した日々に磨耗して虚ろになった心に、ヒーローという毒が充たされていくのは、彼らにとっては余りに甘美すぎたのでしょう。

陽介(のシャドウ)や竜児の言動はこの辺をわかりやすくする意図がありますが、今回はさらに終盤の展開を先に示すことで、「自業自得」という一面をより強めた印象があります。
個人的にはずっと好きだった部分なので、今回のバランスはけっこう好みですね。
  • posted by 割と肯定派 
  • URL 
  • 2018.02/21 21:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

>割と肯定派さん 

こんばんは。

私自身は、自らの手でプレイするペルソナシリーズと言うのはこれが初めてなので、バランスとか過去作との比較というのは出来ない部分なので、その点では割と肯定派さんのような解釈は出来ないのが難しいです。

ただ、P5においては怪盗団という悪なんだけど正義を成しているという義賊的立場というものが「俺たちが法でさばけない悪をさばいているんだ」という感覚を、若い主人公たちに良くも悪くも与えてしまっていたのだな、とは思いますね。ご指摘のようにそれは自分たち「だけ」がパレスに入れて、ペルソナが使えるという「選民思想」的な部分も相まって甘美に彼らに染み入ってしまったのでしょうね。

こうした「自業自得」といった部分のしっぺ返しがこの時点で良い形で決まっているのですが、それによる主人公たちが受けてるダメージと言うのがこの時点ではちょっと少なくも感じるので、そこはちょっと残念な部分かもしれません。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2018.02/21 21:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……