FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

Re:CREATORS 総評

Re:CREATORS 総評

自室でアニメ “精霊機想曲フォーゲルシュバリエ” を観ていた水篠颯太の目の前に、画面の向こうに映っていたはずのアニメのキャラクター、セレジア・ユピティリアと、軍服を纏った謎の少女が現れる。
両者の戦いに巻き込まれた颯太は、2人を追って代々木公園へと向かう。そこにPCゲーム “追憶のアヴァルケン” のキャラクターであるメテオラ・エスターライヒまで現れて──
公式ホームページstory 第1話より)



そんな『Re:CREATORS』の私の評価ですが...

A-

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。



※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

Re:CREATORS 総評
放映日:2017年04月~2017年09月(全22話 ※別途、放映前特番1回、総集編1回、キャストによる実写特典映像2回を同期間中に放映) 
私が視聴した放映局:TOKYO MX

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:B
物語を生み出す作り手と、生み出された被造物。もしも、両者が会することがあったなら、というところからのスタート。着眼点としては面白い。より面白いもの、楽しいもの、伝えたいものを作りたいと願うがために、被造物には過酷で苛烈で痛切な出来事をさせることも少なくなく、よって被造物に恨まれることもまた考えられることで、そのあたりをうまく絡めたかったのだろう。

ただ、全体的に規模が広がりすぎてしまった印象。こう、言葉にしづらい感覚なのだけど密度が薄いというか…。あとは最終話にも一言二言あるいにはあるが、それは後述。


演出 評価:A
戦闘シーンの良さはもちろんのことだけど、やはり内面描写が際立った印象。特にクリエイターとしての葛藤や嫉妬、羨望といった部分の感情はさすがにスタッフたちがある意味当人だと思うので、その辺はしっかりしているというか。


作画 評価:S
レベルは高い。とりわけ総合性に秀でる。というのも、戦闘でいえば剣などの格闘戦から近代的な銃、ファンタジックな魔法、果てはSFの代名詞的なロボットまで出てくる。普通の作品なら基本的にその世界観に合わせてどれか一つないし二つ程度でいいはずなのだが、それがここまで多い中でも迫力ある戦闘シーンの土台をなした。

欲を言えば、もっとキャラデザは個性が出て違う感じのほうが、「まったく違う作品のクロスオーバー」としてのいい意味での異質さみたいなものを表現できたかもしれない。


CAST 評価:A
苦悩や葛藤が多いキャラばかりだったのだけど、それを熱演して下さったキャストだと思う。


OP/ED/BGM 評価:B
こういう終わり方をしたからなお、後期EDの遊び心はどちらかといえばマイナスになってしまったのではないか、と思ってしまう。


総合 評価:A-
内訳:S評価(5点)×1+A評価(4点)×2+B評価(3点)×2=A-(3.8点)
オリジナルアニメで2クール。今となってはかなり絶滅危惧種的な存在としてスタートした本作。

まったく違う作品の英雄たちが一堂に会して戦う、というとても広義な意味合いでは今なおアニメ化の動きが続く『Fate』シリーズと同じタイプの作品だと個人的には認識している――あちらが史実なり神話なりを題材としているのに対して本作は私たちが慣れ親しんだ近年のサブカルチャーをモチーフにしているという違いはあれど。
もちろん狭義の部分では両者にはそれぞれ全く違う特筆すべき点やオリジナリティがあることは言うまでもない。本作でいえば、まだ被造物を作った作り手(=その作品における「神」)が生きていて、その作品の行く末を左右できるなどという点もその一つだろう。

ただ、率直なところ無意識なところでどうしても初回放送からそういった認識が根底にあってしまったがために比べてしまう部分はどうしても私の中にはあってしまったのだと思う。

シナリオ構成の項目で書いた「世界が広がりすぎて密度が薄く感じた」というのもそういったところなんだと思う。作り手と被造物。ある種の当事者同士の話はあっという間に日本という国や世界存続といったものへと大きく様変わりをし、ただその急速に拡大した世界観のディティールがそれに追いついていたかというと、あまりそうは感じないからこそ「密度が薄い」と感じてしまったのだろうし。

あとは単純にメテオラだけが残り、彼女が記す物語が「Re:CREATORS」というのはどういう意味なんだろうか、とも考えてしまった。これまで放映されていた物語が実はメテオラが記した被造物「Re:CREATORS」という作品だったのか、あるいはそれとはまったく違う作品を描いているのか。

被造物だったメテオラが作り手(神)の立場になる。もっと分かりやすく言えば、彼女は物語の中で語られる側から語る側へと立場を変えた。総集編での展開が伏線だったといえばそうなのかもしれないが(笑)、メテオラというキャラクターが最後にそこに収まることは「キャラ的に」ベストだったのかといえば、「うーん」と思ってしまった。総評において感覚的、主観的な感想で申し訳ないのだが「腑に落ちない」感じが強い。良くも悪くももっと最初はネガティブなキャラの方が、自分ひとり世界に残って、それでも何かを作り語りたいのだという熱意に最終的に至るというプロセスには合う感じがしちゃってね。


まぁ、あれこれと書いてきたわけだけど、それくらいの熱量は感じた作品だし、私たちに届いた作品だったのではないだろうか。まとめが数行で終わることもざらな私の総評で、(若干愚痴気味ではあるにせよ)ここまで語る作品も極めて珍しい。書かずにはいられない。感想を書くという、物語を作り語るということとは少し違うかもしれないけれど、一種の「書き手」として刺激を受けたのだと私は勝手に思っている。






おまけ
ベストキャラTOP3
1位 セレジア・ユピティリア
ビジュアル的にお気に入り、立ち去り方も好き。でもやっぱり生き残った形で還ってほしかった気もするが。


2位 ブリッツ・トーカー
本当に個人的だけど、いいキャラだったと思う。娘さんが出てきたとたんの手のひら返しとかw


3位 水篠颯太
ある種の化け物ぞろいな被造物の中でちゃんと存在感を示す主人公。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語は巡り―【アニメ Re:CREATORS #22(終)】

アニメ Re:CREATORS 第22話(最終回) Re:CREATORS 戦い終わって残ったモノ 繋がりと衝動と… そして、それは次なる創作へと―

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。2月末までは2日に1回のペースで更新が確定しています(笑

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の33歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……