刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

2017年07月期 アニメ新番組序盤短評

2017年07月期 アニメ新番組序盤短評

本記事は1話(ないし2、3話といった序盤)を視聴しての短評です。

ただ全部のアニメを視れているわけではないので当然こちらでも個人的趣向、曜日的な都合等で事前に取捨選択をしており、「この作品が抜けてる」という指摘はご遠慮いただけますようよろしくお願いします。
それでもどうしてもおススメしてもらえるような作品がありましたら、コメントで一報して下さい。一応検討はしてみますが、視聴や感想記事への過度な期待はなさらないようお願いします。

記事公開日とは別に順次更新していく形になります。それらの都合のため、本記事は月日頃までトップ記事となりますが、よろしくお願いします。


では、興味のある方は追記へどうぞ。

テンプレートはこんな感じ。
『作品タイトル』公式HP

登場人物:キャラクターのビジュアル、性格、総人数などに受けた印象。
物語構成:ストーリー。面白さ、好感、不快感を感じた程度。
作画美術:キャラクターの作画および動画。背景等の美術面の綺麗さ。
音楽声優:OP・EDなどの楽曲面およびキャストの方々のキャラとの適合度。
個人趣向:ジャンルや展開、キャラなどの総合的な個人的な好みの度合い。

総合評価:上記を踏まえた上での1話を中心とした序盤の評価。

短評
1話ないし序盤を視聴した印象の短文批評。

上記は十段階評価(5点満点、0.5点刻み)を行っております。
★=1点、☆=0.5点で換算してください。




『縁結びの妖狐ちゃん』公式HP

登場人物:★
物語構成:★☆
作画美術:★
音楽声優:★★☆
個人趣向:★

総合評価:★☆

短評
今期新作一作目。原作は中国の作品? 私も詳しいことは知らないのだけど。

ファンタジー+コメディといった感じ。ヒロインのスースの良く言えば「ドジッ娘」、悪く言えば「ドン臭さ」をどういう風に感じるかで、視聴を続けられるかが分かれる気がする。良くも悪くもヒロインが左右しているかな。



『賭ケグルイ』公式HP) 

登場人物:★★
物語構成:★★★☆
作画美術:★★★★
音楽声優:★★★
個人趣向:★★★★

総合評価:★★★☆

短評
今期新作二作目。原作はコミック。すでにコミックでのスピンオフ作品は多々あって人気が高い作品のようだ。公式ホームページはクリックすると音声付きの映像が流れるので閲覧注意。

ギャンブルをテーマにした作品は多々あって、基本的にはその路線を踏襲している感じか。ただギャンブルに狂っている賭け狂い(賭ケグルイ)の主人公が、ヒロイン兼任の美少女だ、というだけで。

最後は主人公の夢子が勝つという展開で続くのか、はたまた彼女の言葉を借りるなら「絶対に勝てる勝負も負ける勝負も面白くない」わけだから夢子が負けるという展開もあるのか。個人的には前者の方が好みだけど、ギャンブル作品なら後者の方が自然なのだろう。そういった展開がどうなっていくのか、というのも楽しみではある。

少し視続けても良いんだけど、個人的にキャラデザが好みではないのがちょっとネック。CV早見さんは、今期の『地獄少女』のCV能登さんと良い対比になりそうでもある。




『ひなろじ~from Luck & Logic~』公式HP

登場人物:★★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★★☆
音楽声優:★★
個人趣向:★★

総合評価:★★★

短評
今期新作三作目。まさかの『ラクエンロジック』の続編か、あるいはスピオンオフ。

当初の『ラクエンロジック』はシリアスバトル系だったが、今作は世界感を受け継ぎつつもかなり作風が変わっている印象。人気が出やすい百合系で攻めるようだ。個人的な印象では『ラクロジ』+『あんハピ』÷2という具合か。

今期は『アポクリファ』『賭ケグルイ』がある土曜枠の中では、癒され系という方面から攻められる作品だが、それらを押し退けて視聴しようと思えるかは1話の時点では微妙、あるいは力不足といったところ。



『Fate/Apocrypha』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★★★☆
音楽声優:★★★☆
個人趣向:★★★★★

総合評価:★★★★☆

短評
今期新作四作目。Fateシリーズのパラレルスピンオフ。すでに原作完結。

すでにFGOに実装されているキャラもいるらしいので、今更か。Fateシリーズ、どこまでやるんだろうね。ufoの劇場版が終わるころには一区切りなんだろうか?

アニメのみならず多分野においてTYPE-MOON作品の勢力を拡大するキラーコンテンツ(という使い方で正しいかは不明だが)だけあって作品が持つポテンシャルは高そうだ。ネームドバリューとしてそれだけで視聴者を集められそうな作品ではあるが、『終物語』などもある今期はシリアスバトル系としてその辺をどこまでエンターテインメントに描けるかがポイントになるだろう。



『潔癖男子!青山くん』公式HP

登場人物:★★★★★
物語構成:★★★★★
作画美術:★★★☆
音楽声優:★★★★★
個人趣向:★★★★★

総合評価:★★★★★

短評
今期新作五作目。原作未読。

初見の印象は『月刊少女野崎くん』に近い系譜かな、というところ。もちろん良い意味で。私は今でも定期的にその作品を見返しているくらいなので、似たような空気感の本作は一瞬でガッチリ心をわしづかみにされた。ただコメディ作品って毎週感想って書きづらいんだよね(笑

1話の掴みは完璧と言って良い。あとはこれをどこまで続けられるか。




『闇芝居 第5期』公式HP

登場人物:★★★★
物語構成:★★★★
作画美術:★★★★
音楽声優:★★★
個人趣向:★★★★★

総合評価:★★★

短評
闇芝居、気が付けば第五期。

第四期はややテイストが変わってしまったが、今作は再び原点回帰というか元に戻りつつも、全体的なクオリティが上がった印象。因果応報がハッキリしている点はストーリー的に特に改善された点だろう。

ホラーアニメなので人を選ぶがホラー好きならぜひ。



『バトルガール ハイスクール』公式HP

登場人物:★
物語構成:★☆
作画美術:★★★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★

総合評価:★★☆

短評
今期新作七作目。

ぶっちゃけると先出しの『スクスト』の印象が強すぎて二番煎じ感がどうしても否めない1話になってしまった。原作はどちらが先か、企画はどちらが先かと言った部分は分からないけど、どんな分野もやっぱり先に出した方が強いし、どうしても比べてしまう。

1話で感じたのは、キャラ数が多すぎ。原作のままなのかキャストは豪華なのだが、豪華なキャストを活かしきれているとは言い難い。物語も「すでに二度の大きな戦い」を乗り越えてレベルが上がってしまっている状態らしいので、作中の「緩み」が観ているこっちまで悪い意味で伝わってくるよう。



『スカートの中はケダモノでした。』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★
作画美術:★★★
音楽声優:★★
個人趣向:★

総合評価:★☆

短評
今期新作八作目。系統的には『僧侶と交わる色欲の夜に…』に近いんだろうか?(まぁその作品も1話しか観てないが)

正直なところ「え? 1話これでいいの?」と思った。いや、だって合コンにいった気弱な女性を、女装して接近し警戒を解かせお酒を飲ませて自分の部屋に連れ込んでヤっちゃう男だよ? ……改めて文字に起こしてみるとこの1話、ただの犯罪以外の何物でもないのだが(笑



『妖怪アパートの幽雅な日常』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★★☆
音楽声優:★★★★
個人趣向:★★

総合評価:★★★

短評
今期新作十作目。原作はすでに完結している作品なので、そういう意味ではおそらく変な終わり方とかはしないのだろう…たぶん。原作全部今回のアニメ化で映像化し終えるなら、だが。

設定や物語はなかなかに好みの部類。欲を言えば、引き取られた先の従姉妹がツンデレだったらいいなと(笑 まぁ、今のところそういう空気感は本当になさそうだが。

ただ肝心の「妖怪」さがほとんど感じなかったのは作品としてどうなのだろう? 喋る鳥とか正体不明な物体とか、そりゃあ奇怪な現象ではあるんだろうけどそれを「妖怪」と定義出来るかと問われると微妙。ストーカーの悪霊も妖怪かと問われれば、元が人間だしねぇ、と。



『異世界食堂』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★
作画美術:★★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★★★★

総合評価:★★☆

短評
今期新作十一作目。

この手のジャンル、実は私はアニメ化企画進行中とも言われる『のぶ』の方を先に読んでしまっているので、どうにもこうにも二番煎じ感を覚えてしまう。あちらはまだ実際にアニメにはなっていないのでアニメとしてはこちらの方が「先」なんだけどね。人によっては「他作品と比較する必要なんかないでしょ」と言う人もいて、それはそれで一理あるとも思うのだけれど、実際にそういうのってやっぱり難しい。自分の知識や経験の中に在ってしまうものだから。

それはさておき、この作品の良かった点は声優が豪華だったところ。悪かったのはテーマであるだろう「料理(食事)」のシーンがちょっと雑なところ。サブタイトルに料理のメニュー名まで入れているなら、「調理法を細かく描く」とか「食べているシーンをとりわけ尺を割いて綺麗に魅力的に描写する」とかもっと力を入れて欲しかった。



『アホガール』公式HP

登場人物:★★★★
物語構成:★★★★
作画美術:★★★★☆
音楽声優:★★★★★
個人趣向:★★★★

総合評価:★★★★☆

短評
今期新作十二作目。どこかで観たキャラデザだと思ったら、『マンガ家さんとアシスタントさんと』のヒロユキさんが原作だった。

それが分かるともうソレにしか見えない不思議w 全体的に「いつも通りだな」という感じのテイストは、なんか得体のしれない安心感みたいなものがある。そしてその作品に出てくるちょっとエッチで卑猥(に聞こえそう)な単語を人気声優さんにバンバン言わせている感じとか(笑 杉田さん、今作だと真面目なツッコミ役でどことなくキョンっぽい立ち位置か。

短編は短編でも15分。うーん、5分で普通にちょうどよさげだがw エピソード次第では15分でも重く感じてしまいそうだが、どうなるか。



『徒然チルドレン』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★★★☆
作画美術:★★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★★

総合評価:★★★☆

短評
今期新作十三作目。

公式HPを読むと青春群像劇だそうな。個人的には苦手なジャンルだが、1話は実は結構楽しんで観ていた。まぁ、それで青臭い感じもないわけではないが、それ以上にややラブコメテイストなところが強かったのでどちらかといえばコメディとして楽しめた節が強かったからなのだと思う。今後もそうなる…とは、正直思ってない。そうなるならこの作品は「青春ラブコメ」と銘打たれることはあっても「青春群像劇」とは言われないだろう。

一応公式HPを見る限りはメインのカップルが三組あるようで、アバンのカップル、生徒会長と不良のカップルがメインのようだ。学級委員カップルと最後の天文部の先輩後輩カップルは単発かな?

話の作り方からするとおそらく原作も短編系かあるいは四コマなのだろう。尺的にはこちらも15分は長く感じるが、キャラが入れ替わり立ち代わりにさせるのはそういった部分での工夫や配慮でもあるのかもしれない。



『ナナマル サンバツ』公式HP

登場人物:☆
物語構成:★★
作画美術:☆
音楽声優:☆
個人趣向:★

総合評価:☆

短評
今期新作十四作目。

なんでもかんでもテーマにしてしまう、というのはアニメに限らずいろいろなジャンルであるけれど、今回はクイズ。一時期間違いなくあったクイズブームは去ってしまったが、再来する予兆でもあるのだろうか?

それはともかくキャストが絶望的。ヒロイン誰だよと思ったら、まさかの川島海荷さん。日テレ、Zipの総合司会者だから猛プッシュしてくれてるのか? 劇場アニメとかならまだしも、週一のTVアニメのキャストに起用されるって珍しい。今は完全にそれが裏目だが…。



『プリンセス・プリンシパル』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★★★☆
音楽声優:★☆
個人趣向:★★★

総合評価:★★★

短評
今期新作十五作目。

途中の作画が恐ろしく良かったのが印象(笑

まぁ、冗談はさておきスパイというとどうしても私の中では『ジョーカーゲーム』の印象が強すぎて目立って活躍し過ぎる彼女たちはどうにもスパイとして認め辛い。強いて言えばエージェントといったところか。

最後にみんな生き残ってハッピーエンドではなくて死ぬ人は死にながらも、そうした中でわずかながらに希望も残るというビターなテイストの作品になっている。あとはパラレルワールド気味というか、異世界ファンタジーに近いのは吉と出るか凶と出るか、といったところか。

総じて先や空気感を読みづらい作品。序盤は余裕があれば目を通しておきたいところか。



『時間の支配者』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★★
作画美術:★★★
音楽声優:★★
個人趣向:★★

総合評価:★★

短評
※公式ホームページは開くと自動で音声付き動画が流れるので注意

今期新作十六作目。

異能バトル系の作品。そうした中で時間制御系の能力者というのは特別な存在として描かれることが多いが、本作ではその時間および時間操作を主軸のテーマとしているようだ(といってもやはり異能バトルなんだけど)。

全体的には良くも悪くもジャンプ系、といった感じの作品。個人的な印象としてはちょっと初期の『Dグレ』に近いかな、という印象かな?



『魔法陣グルグル』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★★
作画美術:★★★☆
音楽声優:★
個人趣向:★★★★

総合評価:★★☆

短評
今期新作十七作目。

懐かしい、というのが率直な感想。やっぱり私の世代はリアルに連載および初期のアニメ化が行われた時代だから、クリティカルヒット。作画や作風も原作を踏襲している感じで好感度は高い。

ただ全体的にノリはやっぱり古いな、と(笑 当時なら笑ったのかもしれないが、三十代のおっさんにもなるとちょっと見ててキツさも。

それ以上にキャストが…。特にククリの声、低くない? 



『カイトアンサ』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★
作画美術:★★
音楽声優:★★★
個人趣向:★★

総合評価:★★

短評
今期新作十八作目。

まさかの『ナゾトキネ』の世界観や流れをくむ作品。続編、と捉えてもいいのだろうか?

今作はややシリアス気味なのか? それが吉と出るか凶と出るか。




『てーきゅう 9期』公式HP

登場人物:★
物語構成:★
作画美術:★
音楽声優:★☆
個人趣向:★★☆

総合評価:★☆

短評
今期新作十九作目。

『てーきゅう』も九期目(笑 通算だと90話を超えているというとんでもな作品だ。もはや内容はいつも通り。いつも通りに終わればそれで大丈夫だろうw



『ノラと皇女と野良猫ハート』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★
作画美術:★★
音楽声優:★★
個人趣向:★★★

総合評価:★★☆

短評
今期新作二十作目。

原作は18禁ADVゲームで今度コンシューマ版が出るらしい。販促的であり、ファンディスク的な作品なのだろう。正直、たぶん原作知らないと意味が分からないけど、まぁそれでも何かを理解しようとしたりしなければ気楽に観れる短編アニメとしてノリは悪くなかった。



『異世界はスマートフォンとともに。』公式HP

登場人物:★★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★☆
音楽声優:★★
個人趣向:★★★★☆

総合評価:★★★

短評
今期新作二十一作目。

調べてみるとラノベ、おまけに元は某所でWeb公開されていたらしく、言われてみて「なるほど」と妙に納得した。それくらい典型的な異世界転生俺TUEEEE系。ハッキリ言えば好みはバッサリ分かれる作品だろう。私は今のところ大丈夫、かな。

タイミングが悪くニコ動で『らきすた』の無料動画を観ている中だったので、双子のヒロインがつかさとかがみにしか見えなく、公式HP見ると追加キャラもどこかで観たような(苦笑



『 クリオネの灯り』公式HP

登場人物:★
物語構成:☆
作画美術:★
音楽声優:☆
個人趣向:☆

総合評価:☆

短評
今期新作二十二作目。

いじめをテーマにした作品のようだ。全体的に作品が重い。短編なのが不幸中の幸いなのだろうか。

しかしこの1話で果たして視聴者の心は掴めたのかな…?



『SHADOW OF LAFFANDORラファンドール国物語~FANTASY PICTURE STORY~』公式HP

登場人物:☆
物語構成:☆
作画美術:☆
音楽声優:☆
個人趣向:☆

総合評価:☆

短評
今期新作二十三作目。

作画が新しい。新しいってうか、ゲーム画面をただTVにつないだだけ、という印象。もちろんアニメ用に立ち絵を作って背景作ってテキスト載せてとか、いろいろやっているので大変ではあるんだろうけど、いざ出来上がったものを見ると「ゲーム画面じゃん」ってなっちゃいそう。



『作はじめてのギャル』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★☆
作画美術:★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★

総合評価:★★

短評
今期新作二十四作目。

浅沼さん、熱演だな。あとどうやらエロ系のアニメらしい。

まぁ、そういうのが好きな人なら。



『ようこそ実力至上主義の教室へ』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★
作画美術:★★★☆
音楽声優:★★
個人趣向:★

総合評価:★★

短評
今期新作二十五作目。

作品そのものは客観的に観れば面白いのだろう、たぶん。ただ、どうしても個人的な琴線に触れなかった、というのが率直なところ。

ご覧の通り、作品の感想すら真っ当に書けないほどなのだから、こればっかりは仕方ない。




『ゲーマーズ!』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★☆
作画美術:★★★
音楽声優:★★☆
個人趣向:★★★

総合評価:★★★

短評
今期新作二十六作目。

原作は葵せきなさん。『生徒会の一存』から本作を手掛けたようだが、二作連続でアニメ化というのはさすがと呼べるところなのか。

典型的なハーレム、かと思いきや主人公はゲーム部入部を断わるというスタンス。「切磋琢磨し合って腕を磨くのではなく、自分が愉しくプレイしたい」というスタンスは、何となく理解出来たのはこの評価の大きな要因だろう。出来なかったらもっとバッサリと酷評してた気がする。

問題はここからか。どういう風に物語を盛り上げられるのか、序盤は様子をみたいところ。



『地獄少女 宵伽』公式HP

登場人物:★★★
物語構成:★★★
作画美術:★★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★★★

総合評価:★★★☆

短評
今期新作二十七作目。

『地獄少女』も第四期。ただし全12話の中で新作は6話だけらしい。かなり残念。

内容は『地獄少女』らしさがあるのでそこは安心。ただ、作品が作品なだけに人は選ぶと思う。




『セントールの悩み』公式HP

登場人物:★☆
物語構成:★★
作画美術:★★☆
音楽声優:★★
個人趣向:★

総合評価:★★

短評
今期新作二十八作目。

異種族コメディ、といったところだろうか。ただし大きな違いは人間と言う種族が出てこないこと、か。マイナーというと怒られてしまいそうだが、割とマニアっぽいというかピンポイントな萌え要素だけを追求する作品だな、と(笑

内容は日常系だと思うので、これはこれで楽しめる気もするが。



『RWBY Volume 1-3: The Beginning』公式HP

登場人物:★★
物語構成:★
作画美術:★★
音楽声優:★★★★
個人趣向:★★★

総合評価:★★

短評
今期新作二十九作目。

作品自体は初公開作品ではなく、確かOVAか何かで公開されていたものを日本語訳にし、それをTV用に再編したものだったはず。

個人的にはトレーラー版の戦闘シーンにだいぶ惚れた作品なのだが、TVアニメとなるとやはりちょっと見劣りしてしまう部分はあるか。ストーリーでもう少し盛り上がればいいのだが……。




『作品タイトル』公式HP

登場人物:
物語構成:
作画美術:
音楽声優:
個人趣向:

総合評価:

短評

Comment

vikkuru 

夏は今のところ終物語(これも終わる終わるって延々やってますが)秋はヤマノススメova映画を楽しみに生きています。。。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.07/02 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん? 

こんばんは。お名前が空欄だったのですが、タイトル欄にあった「vikkuru」というのがお名前でよろしいのでしょうか?

>終物語
もう長すぎて物語シリーズ追えなくなってます(笑 それでも劇場版だけは気力振り絞って全部観に行きましたけどね。

>ヤマノススメ
出来ればTVシリーズを期待したかったのですが、しょうがないですね。上映されれば私も時間を作って観に行きたいところです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2017.07/02 21:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

失礼しました。

ヤマノススメ三期は2018年放映決定しています。
ova映画はその前ふりですかね。ゆるゆりを思い出します。
  • posted by ヴぃっくる 
  • URL 
  • 2017.07/06 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ヴぃっくるさん 

>ヤマノススメ三期は2018年放映決定しています
あぁ、三期は決まってるのですね。その前のOVA映画と。確かにその辺は最近ありあちな展開ですね。『生徒会役員共』も今度映画やりますし、もしかしたら三期への伏線かもしれませんし。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2017.07/06 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

三期を発表したヤマノススメファンミーティングで飯能市長からのビデオメッセージが流れ、ヤマノススメグッズを返礼品にしたふるさと納税が大成功! ヤマノススメ万歳やってました。
円盤の売上以外の要素もこれから続編出るのには重要になるのかも知れませんね・・・
  • posted by ヴぃっくる 
  • URL 
  • 2017.07/06 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>異世界食堂
 そう言えば、web原作側の感想欄に「異世界居酒屋のぶのパクリ」と言うのが当初出てましたね……
 まぁ、“のぶ”と“ねこや”は「こちらの世界の店にあちらの世界の客が来る」と言う構図は同じですが、他の要素が違いますからね……その後に展開される物語の流れは別の物になって行ってますけどね。

 私は両方好きな作品ですが、こう言う微妙な差異が好き嫌いを分ける場合もありますしね……
  • posted by 夜夢 
  • URL 
  • 2017.07/07 20:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ヴぃっくるさん 

>円盤の売上以外の要素もこれから続編出るのには重要になるのかも知れませんね・・
製作委員会制度が続く限り基本は円盤ベースらしいですけどね。その辺は苦しい業界でもあるだけにシビアだと思います。採算が取れる、利益が得られる確率があるかないか。

飯能市長の登場はどちらかといえば、その聖地巡礼の恩恵を受けられるからであって、作品へ出資をしているのでないなら『ヤマノススメ』という作品そのものには影響はないと思います。

ただ前述のように「採算がとれる」「利益が得られる」といった可能性は、作品の人気の高さも一因になりますから、「聖地巡礼が盛んでふるさと納税でも使われてそれが盛ん」というのは、「この作品なら製作費を回収して利益が出せる」と製作サイドに思わせる大きな要因にはなるかもしれません。

そういった遠因を含めればヴぃっくるさんのおっしゃるように単純な円盤の売り上げがやや不足しても人気があれば今までよりは続編へプッシュしやすい時代なのかもしれません。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2017.07/07 23:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

>夜夢さん 

こんばんは。

>私は両方好きな作品ですが、こう言う微妙な差異が好き嫌いを分ける場合もありますしね……
どの業界でも「先」に出ている方が立場的に有利なケースが多いので、仮に『のぶ』の方が先に出ていてその後この作品が出たのであれば「パクリ」という批判は、言葉が過ぎる部分はあるにせよ実感としてそう感じてしまう心境は理解出来てしまいますね。

そういった批判が出てしまうのがひとえに、先達の作品と大差が感じられないというところがあるのかもしれません。数多くの作品には源流があるというか、カテゴライズ・系統化をしていけば似たような大本となるような作品はあるものです。ただ多くの作品で「パクリ」というような批判が出ない(あるいは少ない)のは、先に出ている作品との明確な違いがやっぱりあるからかな、と。

夜夢さんのような両作品のファンからすれば「微妙な差異」が感覚的に大きな違いなのは私にも理解出来ます(例えば私が好むガンダムシリーズなんかは、興味ない人からすれば作品の違いは微妙な差異でしょうが、私のようなファンからすれば全く違う作品に感じていますし)。
ただそうでない人や原作を知らない人からすると、1話だけあるいは序盤などの一部だけではそういう風にしか見えないのだと思います。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2017.07/07 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:Fate/Apocrypha
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:ガンプラ関連
土曜日:-
不定期:ブラタモリ、ピックアップ感想
毎日:ゲームプレイ日記(DQ11)

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~