FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

地獄少女 二籠 第17話

アニメ感想
地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」

<あらすじ>
千脇寧々(ちわき・ねね)は、女手1つで育ててくれている母・穂波(ほなみ)が嫌いだった。父親がいないのだから、穂波が働かなければならないと理解しつつ、それでも傍にいてくれず、父について何も語らない穂波が嫌いだった。

彼女が父のことを聞けたのは、祖母のおかげ。祖母の、母のせいで父がいなくなった、父は殺されたと聞かされ続けた寧々の感情が母から離れていくのは、もはや必然だった。祖母の恨みをまるで自分の恨みだと感じていた寧々の思いは、あいに届いた。

骨女が藁人形となって寧々に渡された。残されたのは一目蓮と輪入道。だが、一目蓮はターゲットが11年前、夫を地獄流しした穂波だと知り、感傷に心が揺らぎ、脳裏をよぎる過去の記憶。

付喪神となる前、まだ道具だったころの一目蓮は「刀」だった。互いに名乗りあって斬った、金を奪うために斬った、女を奪うために斬った。いろいろな持ち主の手に渡り、いろいろな使われ方をされる中でただ見ていることしか出来なかった一目蓮。でも、今は......。


続きはOPENからどうぞ。



<感想>
一目蓮の過去が解ったと言うだけでも十分収穫のある1話だったと思う。まぁ、一目蓮がもともとは刀に関係した妖怪じゃないか、とは思っていましたが、まさか刀そのものだったとは。確かに「刀」と言う道具である以上一目蓮は自分では動けないわけで、見つめ続けると言うことに関しては最適な存在と思いますね。

まぁ、そうなると別に刀である必要性は無いわけですけど( ̄∇ ̄;) でも、古くから存在して持ち主を転々とする可能性があるものとなると、かなり限られてしまいますから、「刀」と言う武器であり現代では芸術品としても評価を得ているものが妥当だったのだと思います。

ずっと見続けて、でも動けない。
それが一目蓮の立ち位置で、それはきっとこれからも変わらないでしょう。
輪「今回だけアイツを外した方が良くねぇか?」
あ「今回だけ外して、済む問題なの?」
輪「……」
本来、不干渉であるべき三藁。寧々を監視しつつ介入しようとしている一目蓮を監視する輪入道の描写がうまく描かれていたと思います。同時に輪入道の問いかけに対してあいの答えは至極尤もなわけで。

今回外したところでそれは根本的な解決にはならない。あいは、「何かを探してるんじゃないの?」と言って一目蓮を誘っているわけで、あいなりに彼に三藁としての仕事を遂行するようにさせつつ、彼が何かを探すことにも気をかけているようにも見えましたね。


それで、今回のお話へ。
夫を地獄に流した妻が、娘に地獄に流されると言う構図が凄すぎる。暴力を振るう夫と酒を飲むことしかしない姑がいたら、そりゃあどっちか地獄に流したくなる気持ちも解らないでもないです。離婚すれば良いじゃん、と観ていて思ったものの、よくよく考えれば虐待を受けていたのは約11年前。社会的にまだまだ離婚の風当たりは強かっただろうし、「することも守ることの1つであり、権利の1つ」のような考え方も今よりは広まってなかっただろうし、そういったことを諸々考えるとなかなか離婚には踏み出せなかったのかもしれませんね。まして、あの夫と姑相手だと親権を手放しそうにないし。

穂波(母親)は女手1つで寧々を育てようと奮起した。でも逆に、結果として仕事・仕事になってしまって寧々との時間は時を追うごとに希薄になっていく。片親の場合、こう言うところが難しいんだと思います。親子のコミュニケーションも大切だけど、生活していくためにはお金も必要。親なら子に「何不自由なく」と思うのは自然の流れ、でもありますし、ますますお金が欲しくなって働く。それはもちろん彼女にとっては寧々のためだけど、寧々からすると「お金なんてほどほどあれば良いから、一緒にいて欲しい」と思ったんだと思います。そして父のことを話さなかったこと。彼女はもうそれくらいの事情を理解出来る年頃だったと思います。だからこそ、寧々からすれば言ってくれないことが、さらに感情を逆撫でしていたんだと。そしてその結果が、今回の結末かと。

だから寧々(娘)は、必然的に誰かのぬくもりを求めて離婚した父方の祖母に会う機会が増えたのでしょう。祖母からすれば、夫(祖母から見れば、息子)が忽然と姿を消して一番得をしたのが穂波だったわけですから、穂波を疑うのは自然な流れ。そんな人間と一緒にいたら、彼女の人格形成にどういった影響を与えるか、なんて目に見えてますからね。
そして母親は父親について何も語らないから、余計に祖母の言うことだけが真実に見えてくる。まぁ、語る人と語らない人とでは、こういった信頼の差が生まれてしまうことは、ある意味必然ですけどね。

祖母に関しては……う~ん、どうだったんでしょう。息子を失った哀しみか、はたまた居心地の良い空間(自分が穂波よりも優位に立てていた空間)を失った怒りか、それとも孤独に過ごさなければならなくなった悲しみか……もしかしたら、そのすべてだったのかもしれませんが、それが穂波に向いていた。結局、祖母が何を求めて寧々と一緒に暮らしたい、と思ったのかは解らなかったですね。私は話の途中に、祖母は寧々が持つであろう通帳目当て(金目当て)だと考えていただけに。穂波から手切れ金みたいなものを仄めかされた時も、「金なんていらないね!あたしは、寧々と暮らしたいだけなんだ」とは一言も言ってませんから。

最後の終わり方は、私はあれで良かったと思います。
一目蓮は、三藁の立場ギリギリの境界線に立って何かを見ようとしていた。例えば海で、水平線に見える船を見ようと思ったら自分が行けるギリギリの波打ち際まで近づいて、そこから見ようと努力すると思います。たぶん、それと同じです。
だから、歩道橋では穂波を助けるのではなくて寧々に穂波が死ぬ瞬間を見せない方を選んだんだと思います。

寧々は一生モノのトラウマになってしまったかもしれませんけどね。
でも、祖母の家に住む時に「反対されたら、消えれば(地獄に流せば)良い」と安易に相手の命を、自分がここにいたくないからという理由だけで奪おうとする子ですから、私は因果と言うか当然の罰だと思いますね。命を粗末に扱おうとした代償、それが母親を目の前で喪ったことであり、それに自分が関与してしまったこと、なんだと思います。
人を呪わば穴二つ
結局彼女は弦を解かなかったから地獄に流されることはないけど、その分いき続ける中で常に呪った代償を心に感じ続けることを余儀なくされた、と言う結末ですね。

きくりについては、本能的に一目蓮の正体を見抜いているようです。やはり、力関係はいろいろなところで推察されているように、
あい>きくり>三藁
なんだと思います。ただ今回、きくりは一目蓮に不干渉を破って教えちゃいなよ、と囁いていて、それが何を意味するのかがよくわからないんですよね。

ラストの骨女の「一目蓮がいなくなったら~」と言うセリフから察すると、依頼人に干渉し過ぎると、自然消滅orあいによって消される、まぁどの道今のままではいられなくなるっぽい。まぁ、そんなこと言われると「前回の骨女はどうなんだ」と私は思うんですが( ̄∇ ̄;)
それはさて置き、そうなるときくりは意図的に三藁の一角を消そうとしているようにも見えるんですよね……。


ちなみに余談なんですが、ネットが普及するまではあいたちはどうやって依頼を受けていたんですかね? ちょっと疑問に思ったもので。誰か知っているorこう考えられる、という意見のある方は教えてくださるとうれしいです。


次回は「あのひとの記憶」。


<MVC>
一目蓮
「家族……かな」

骨女に「仲間じゃないなら何なのさ」と問われての返し。まさかこういうことを言うとは思ってなかったけど。でも、いろいろと年月と経験を積み重ねてきた一目蓮が言うから重みがある言葉かもしれませんね。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://blogs.yahoo.co.jp/nanajigo/44833351.html
・http://blog.livedoor.jp/kabekabe123/archives/50901189.html
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50720894.html
・http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/50903613.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50483286.html
・http://blog.livedoor.jp/poohreeter55/archives/50863915.html
・http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50842328.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-520.html
・http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/blog-entry-840.html
・http://honwoyominagara.seesaa.net/article/33147159.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-504.html
・http://raitoningu.at.webry.info/200702/article_4.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1157.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-451.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/02/post_a792.html
・http://www.mypress.jp/v2_writers/kasumidoki/story/?story_id=1564361
・http://yuima.blog6.fc2.com/blog-entry-640.html

Comment

 

ネットが普及されるまでの依頼の受け方ですが、
最初のシリーズでの13話目でやってましたよ^^
確かネットじゃなく新聞で「普通は空白だけど怨みがあるとそこに住所が見える」という感じで依頼をするときにはその見えた住所に手紙を出すんだったと思いますー。
  • posted by 香守 
  • URL 
  • 2007.02/04 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、香守さん!

>>最初のシリーズでの13話目でやってましたよ^^
うぉ、マジですか( ̄∇ ̄;) 最初のシリーズは時々観れた程度だったので、良く覚えてなくて……。

>>「普通は空白だけど怨みがあるとそこに住所が見える」という感じで依頼をするときにはその見えた住所に手紙を出す~
なるほど、確かにそういったやり方だったとは。今でこそネットですから、なかなかその前のやり方となると想像が出来なくて。


教えていただき、ありがとうございました♪
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.02/05 19:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第十\七話「沈黙のまなざし」

アニメ地獄少女。見ているだけ、見つめてきた一目連の話。過去話から?いやー。殿が敵の首を投げ出した。女のためにかーーー。斬-らーれーるーーー。もっくん、仕事。ターゲットは母親。もっくん、母親の顔を見て、びっくり。11年前、

地獄少女 二籠17話「沈黙のまなざし」

うお!?アリカだ!アリカが地獄少女に出とる!!

地獄少女 二籠 第17話

「沈黙のまなざし」一目連に家族って呼ばれたい!!今回はついに一目連の過去が明らかになりました。おまけに一目連の裸体(後姿)まで拝めて2度お得。事件の方は、父方の祖母にあることないこと吹き込まれて母

地獄少女 二籠 第十七話 「沈黙のまなざし」

 ただ、見ているだけ。 いつしか人に失望していた。 やがて人の世を離れ、 そのまま、ただ朽ち逝くはずだった。 そんなとき、 “お嬢” と出会った――。

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

[[attached(2)]]今回の依頼人は千脇寧々。流す相手は母親。その母親の穂波は11年前に夫の暴力から娘を守るため地獄少女と契約して夫を地獄に流していた。[[attached(3)]]父方の祖母は穂波が息子を殺したと思っているようで寧々にあることないこといろいろ吹き込んでるようで

地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」:円盤投げ

一目蓮は昔刀だったことが判明。最初は人間だったと思っていたのでこれは意外。祖母「証拠が何だい!動機だけありゃ十分だろ」いや証拠がないと無理だろw確かに激昂したらこんなことを言ってしまうかもしれ

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

第十七話 「沈黙のまなざし」俺は何も言えない。…ただ見てるだけ――。見ること―それが一目連の役割。あいと出会う前も、今もそれには変わりはない。さまざまな理由で人の命が失われるのを見てきた…一目

地獄少女 二籠 第17話

『沈黙のまなざし』私は閻魔あい・・・「どうしてオレを誘う・・・?」後ろのハゲをよく見なさい。あんなのと2人きりで、地獄少女やれって言うの?アナタみたいなイケメンが必要なの。・・・探している物があるんでしょ?

地獄少女のトリビア37

一体どんなコミュニケーションが母子の間にあったのだ?よっぽど父を美化して伝えなきゃ娘がエレクトラコンプレックスになるなんてことはないであろうに。是非悩める孤独なお父さん方に教授して欲しいものです。

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)少女は、地獄少女と契約を結んだ。ターゲットは、自身の母・・・。しかしその母親と言うのは、かつてあいと契約し、復讐を果たした女だったのだ・・・。

地獄少女 二籠 第17話 沈黙のまなざし

壮絶な母娘愛。今後娘は一人で生きていくのでしょうね。地獄少女に依頼して死後地獄行きが確定している人間が出てきたのは弐度目でしょうか。母娘二代にわたって地獄少女に依頼しなければならないとは嫌な家系です。しかも極身内を流すために。結果的には、結果....

地獄少女 二籠 17話

今回の地獄少女 二籠は、一目連の過去が見れました。過去の依頼者がターゲットとなり、依頼者の為か自殺によって依頼無効に。依頼者を間宮くるみさん、ターゲット・を岩男潤子さんが演じました。

地獄少女 二籠 17話

今回の地獄少女 二籠は、一目連の過去が見れました。過去の依頼者がターゲットとなり、依頼者の為か自殺によって依頼無効に。依頼者を間宮くるみさん、ターゲット・を岩男潤子さんが演じました。

地獄少女 二籠 第17話

「沈黙のまなざし」 今回だけ外して、それで済む事なの?

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

ババァがうぜぇ。そして、頭悪すぎのガキにマジでブチっときた。いつ、紐が解かれるのか見ていてひやひやしましたよ…。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……