刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

今週のピックアップ 冴えない彼女の育て方♭ 第1話

今週のピックアップ 冴えない彼女の育て方♭ 第1話

≪感想≫
もう3話目が放映され(0話があるため実質的に4話目)、そうした中で敢えて1話を取り上げるという無謀さ(笑 そこまでして書きたかったというわけでもないのだが、単発で感想を書いている作品でもないので、一つ書き残しておくのも良いかなと思っての今週のピックアップ。

そうした中で注目したのは、詩羽先輩が英梨々にした壁ドンならぬ窓ドン。
 
これ、原作知らないと(むしろ知らない方が原作のしがらみから解き放たれて)結構複雑なシーンに見えて、いろいろな角度から切り取れて面白い。原作が合って、原作ではどういう風に表現されているか知らないし、知りたいとも思わない。知らないからこそ、好き勝手自由に語らせてもらえるし、妄想出来るんじゃないかな。


1)英梨々からの忠告

倫也の幼馴染として彼の過去を知っている。英梨々からの忠告は、受け取りようによっては(っていうか普通に受け取れば)「私がいるのだからアンタ邪魔」という意味だ。それに対する怒り、あるいは嫉妬。それが結果的に窓ドンへと繋がった。英梨々が暗に「アンタより私の方が上」と言おうとしているスタンスへの詩羽なりの威嚇でもあったのだろう。現に詩羽がさりげなくああいった行動に出たのは、最後の方では倫也を「安芸くん」と言い直していた英梨々がそれすらせず「倫也」と呼び捨てにしていた唐のようにも見える。
どうしてもメインは恵、積極性では詩羽や美智留に劣り、「幼馴染は負けフラグ」を地で行っているように見えるのでヒロインとしては散々な感じもする英梨々だが、この時点ではしっかりとある種のヒロインをしていた。

2)宣戦布告
1)から通じ、そこから発展している部分だが、英梨々への窓ドンが彼女への威嚇だとするならばそこからの詩羽として宣戦布告としての意味もあっただろう。
それは、改めて英梨々に詩羽が自己紹介をした際、自らのペンネームを明かしたことからも明らかだ。そして詩羽にはその自らのペンネームを明かすことが、宣戦布告として絶大な効果を持つことを良く理解していた。何せ、表現として適切かはともかく英梨々は幼馴染なのだから「過去の女」なのだ。対して詩羽は、今倫也が大好きな作品の作者であり「現在の女」なのだから。

3)第三者からの評価
英梨々は、詩羽にこういったわけだ。「(倫也が)好きなのは、『恋するメトロノーム』であり、その作者だ」と。自分がその作者であることを知らず、英梨々はそう告げた。それはある種の第三者からの客観的な評価なわけだ。倫也でも詩羽でもない、第三者が二人の関係が「相思相愛」であると認めたため、それを内心酷く喜んだ結果が窓ドンだったとも解釈できる。この「第三者から」というのがポイントだろう。
実際、窓ドンに至るまでの階下から踊り場にいた英梨々まで詰め寄る高速ダッシュな詩羽のモーションを視ると、そういった内面が見え隠れしているようにも思う。

4)二人の駆け引き
1~3までで語った様に、窓ドンの前後は英梨々と詩羽による倫也争奪戦の駆け引きだ。この1話では結局、1年経っても(恵と言うメインヒロインを加えつつも)そのスタンスは変わっていない。互いに相手よりも優位に立とうとしている。
英梨々のアドバンテージは言うまでもなく幼馴染であること。付き合いが長いこと。
詩羽のアドバンテージは今倫也が好きなのは自分の作品であり自分の生み出すキャラクターであること。
そうした二人の駆け引きを際立たせるワンポイントだったのが、あの窓ドンだったとも考えられる。

5)本命の恋のお相手(主人公)は不在
詩羽が英梨々に窓ドンをしたわけだけど、冷静に考えてみるならば本来この「ドン」行為をすべき人間がいない。そう、主人公の倫也だ(いや本当の意味なら、倫也はドンをする側に回って、英梨々たちはされる側にじゃないといけないのだろうけど)。英梨々、詩羽ともどもとそれぞれ過去にある種の悔恨を残している倫也。異性をドギマギさせる行為のはずの「ドン」行為を、同性――しかも結果的に恋のライバル同士がしていたという結果。
それは考えてみれば、この二人の今の恋路には本来いなくてはいけない人間が不在のまま進んでいる、ということの暗示なのかもしれない。彼女たちが本当に向き合わないといけない相手は、目の前の恋のライバルではなく、自分が心から「共にありたい」、もっと欲望的な言い方をするなら「欲しい」と思う当人である倫也でなくてはならなかったのではないか。まぁ、この時点では詩羽は倫也を「ともやくん」と呼んでいるし悔恨もないため、詩羽に関しては現在進行形でもあるので解釈が難しいところでもあるけれど。

6)アニメーション演出としての窓ドン
これは4)にも似通った部分なんだけど、あの窓ドンの瞬間、英梨々と詩羽の攻守は完全に入れ替わる。倫也の幼馴染として彼の過去を知り付き合いが古く長いことから優位に立っていたはずの英梨々が、あの窓ドン一発で攻守は入れ替わり一転して詩羽が優位に立つ。
アニメーションとして見た時、これは分かりやすい演出だと思う。英梨々に言われるがままだった詩羽が、あの「一撃」で攻守を逆転させた。その後の英梨々の「なんでうちの学校に『霞詩子』がいるのよぉ」という台詞含めて、それをより強調している。シナリオ的、あるいは設定的な1~5)までの見方とはやや異なるが、演出的にもあの窓ドンはターニングポイントとして機能したように見えた。演出する側としてもその意図はあったと思われ、だからこそあのカットは違う角度から繰り返されたのだとも思うし。


という感じに見えた。他にも見る人によっては切り口もあるかな? 若干ザンネンなのは、こうした切り口が出来るほど盛り上がっている二人だけど、ある意味で恋の土俵では場外乱闘にしかなっていない点か。これが本筋の恋愛模様に直結するならいざ知らず、結果的に倫也のメインヒロインは恵なんだろうし(笑

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冴えない彼女の育て方♭ #1 『冴えない竜虎の相見えかた』

澤村・スペンサー・英梨々と霞ヶ丘詩羽の女の戦い第二弾勃発。 そんな二人の戦いに加わらず。マイペースな加藤恵は いつの間にやら、ポニーテールになっている! なんでやねん。 霞ヶ丘詩羽はペンネーム霞詩子で出版した『恋するメトロノーム』は 図書室でも大人気! でも、誰が狩り方を確かめてみると安芸倫也と澤村・スペンサー・英梨々。 ああ、昔...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~