FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

アニメ感想
コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」

<あらすじ(公式のものではなく、私独自のもの)>
ナリタ攻防戦で研究員ながら戦闘に巻き込まれ死亡したシャーリーの父親の葬儀が執り行われた。その場には、シャーリーの生徒会の仲間としてルルーシュやカレン、スザクを含む生徒会メンバーの姿も。家族の大切さを知りながら友人の家族を奪ってしまったことで信念の揺らぐカレン、守れなかった自分と何より黒の騎士団を動かすゼロに対する怒りを公言して憚らないスザク、そして悲しみのままキスを迫ったことを謝りながら涙を流すシャーリーに、改めて自分のしていることの結末の一端を知ったルルーシュはかつてない動揺を覚えていた。

しかし、C.C.に「オマエの覚悟はそんなものだったのか」と叱咤され、決意を新たにするルルーシュ。日本解放戦線を囮としたコーネリア捕縛作戦の決行。信念の揺らぐカレンを立ち直らせたルルーシュはゼロとして自ら最前線でコーネリア捕縛を試みる。

一方、その力を認められ始めた特派はついに作戦の当初から部隊に組み込まれ戦うことに。スザクに与えられたのは、ランスロットによる日本解放戦線兵士に対するピンポイント射殺。ナイトメアによるピンポイントの対人攻撃を命じられ、セシルから職業軍人であること言われ、それを理解しながらも敵に対しても不殺を貫こうとするスザクは結局引き金を引けなかった。

悲しみに暮れる中、シャーリーは追い討ちをかけられるように、接触してきたヴィレッタにルルーシュが黒の騎士団の関係者の可能性があることを打ち明けられる。シャーリーのルルーシュへの想いを逆手に利用したヴィレッタの思うまま、ルルーシュを尾行するシャーリーだったが見失ってしまう。必死にルルーシュを探すシャーリーだったが、その場で戦闘が始まってしまい......。


感想はOPENからどうぞ。



<感想>
最近、友人と
「これ、本当に26話で終わんの?」
「もしかして全三部作とか?」
「あぁ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』だから、次は『コードギアス ○○のスザク」みたいな?」
「まっさかー」
と言う会話をしました( ̄∇ ̄;) いや、本当にそうなんじゃないかと思うくらいゆったりと物語が進む(ゆったりと言うのは、事柄的に。まだコーネリアを捕縛してもなくて、さらには第二皇子も出てきてないし)ので、こんな噂が広まっている今日この頃です。

スザクの言葉が、結果としてシャーリーの心に深く突き刺さったシーンがとても印象的でしたね。スザクには当然そのつもりなんか全然無いし、むしろシャーリーとルルーシュの間を応援してたはずなのに、結果としてはシャーリーにはああやって受け止められてしまった。なんか、そこが悲しいと言うか切ない感じでしたね。

さて、第二クールと言うことでOP&ED変更。個人的にはそのままでも良かったのに(´・ω・`)ショボーン
OPに関しては、色々新規カットが追加されていてEDも踏まえるとラクシャータの立ち位置はもしかしたら、思っていた以上に微妙で複雑なのかもしれないと予想。ラスト、ランスロットは飛行用と思われる追加パーツをつけて出撃。なんか、某ガンダムのエー○ス○ライクを見ている感じがします( ̄∇ ̄;)
って言うか、オレンジはΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) OPだとヴィレッタのピンのカットまであったというのに!Σ( ̄□ ̄|||) ガビーン!


<MVC>
C.C.
「私は、もう同じ失敗を繰り返すわけにはいかないのに……」

C.C.の決意。きっと、そこには大きな秘密があるはずです。まぁ、それに関しては考察で書きます。


<考察>
1.スザク
「間違った方法で得た結果に意味はない」
おそらく今のスザクを動かしている原動力の1つ(根底には、法を遵守する姿勢があるのでしょうが)。
まぁ、今さらとやかく書いたり、考察したりしなくたって見ている方は気づいていると思いますが、スザクの世界ってとても狭い気がしています。

ここからは考察ではなく、私の自論ですが、そもそも何を以って正誤を判断するのかが解らない。法ですか? でも、法は確かに判断基準の1つにはなり得るけれど、それは絶対的基準ではないわけで。法そのものは常に時代と環境と場所と共に移り変わるもの。だから国や地域によって法は違うわけで、法は改正され続けていく、いわば生き物みたいなものですから、私はそれを大きな基準にすることはあっても絶対とすることはない。いや、法治国家としては法律は絶対の基準と言えるんでしょうが。

私が言いたいのは、法治国家にとっての法、なんてものじゃなくて、つまりスザクには物事を多面的に見る能力か、あるいは意図的に見ようとする姿勢が欠けている、と言うことです。世界が狭い、と表現したのはこう言う意味で、スザクは一面からしか物事を見ていない……と断言こそしませんが、少なからず見ている面は多くない。自分の世界、自分の正義、自分の信じるものに強く固執している感じがします。

そもそも過程の伴わない結果を認めないスザクですが、なら結果の伴わない過程に意味があるのか、と私は思ってしまうわけです。過程は大切ですが、私はより結果が大切だと思っています。そういう意味だと、思考はルルーシュに近いかもしれません。悲しいかな、世界は過程よりも結果が重視される傾向が強く、幾ら素晴らしい過程を辿ったとしても結果が出なければ意味が無い、とするところは多いはず。前回から今回に繋がるシャーリーの場合はその一例で、変な話ですがキスと言う結果から始まる恋心が無いと断定は出来ない。むしろ、あるかもしれない。事実、ルルーシュの中でシャーリーと言う存在が占めるウェイトは、少し大きくなったようにも思えます。スザクの一言で、まぁ実際にその可能性は摘まれたのかもしれませんが。

それは、今回結局日本解放戦線の敵兵を討てなかったことからも伺える。おそらくスザクからすればナイトメアで生身の人間を撃つことを卑怯と考え、それが「間違ったやり方」だと感じたからでしょう。でも、スザク1人が撃たなくたって横にいる仲間は撃ちまくってるわけで、結果は出てしまった。間違ったやり方は、仲間によって実行されてスザクはそれを止めなかった。見て見ぬフリは、間違ったやり方ではないのか、と問いたいです。

一応、最後に。
別にスザクが嫌いだからこんなことを書いているわけではないし、スザクの法を遵守する姿勢が間違いだと言っているわけではありません。スザクが法を遵守すると言う基本スタンスは、1つの考え方で、その道をスザクが進むと言うのであれば否定もしないです。ただ、もっと多面的に物事を見て欲しいなぁ、って言う願望です。


2.C.C.の言葉の真意
「私は、もう同じ失敗を繰り返すわけにはいかないのに」
これはC.C.が、ルルーシュにナリタで言われたセリフを思い返しながら漏らした言葉である。簡単な帰結で、ルルーシュのセリフ回想の直後にこのセリフが入っていると言うことは、「同じ失敗を繰り返すわけにはいかない」と言うセリフの裏には「ルルーシュ以外にかつてC.C.はギアスの力を与えており、その時は失敗した」と言う事実があると推測出来る。

偶然か必然か(おそらく後者)、次回タイトルは「ギアス対ギアス」。もしかしたら、過去にC.C.が与えたルルーシュ以外のギアス保有者の登場であり、同時にルルーシュ、あるいはC.C.との敵対を意味しているのかもしれない。


3.ヴィレッタがルルーシュに辿りついた理由
おそらく「勘」でしょう。むしろ、そのことはヴィレッタ自身が劇中で「確証がない」と暴露しているので。ただ、たまたま遺体の身元確認で手に入れたルルーシュの面影が、自分がシンジュクゲットーでナイトメアを奪われた際に近くにいた学生に似ていた、と言うただそれだけの理由。

まぁ、好都合なことにその勘は的中しているわけですが( ̄∇ ̄;)


4.ディートハルト
結局彼は何だったのか、と思いますが、丁寧なあらすじと考察を展開しておられるBlog「月の静寂、星の歌」様のあらすじで書かれているように、単にゼロが「空想にいきる理想主義者ではない」と言うことを確かめたかっただけだと思われます。

まぁ、これを期にルルーシュがディートハルトを通じて放送演説なんてのをするかもしれませんし、一応何かの布石にはなっていると思いますが。


5.次回は?
懸念される最重要事項は、シャーリーがゼロの正体に気づいたか否か、と言うこと。少なくとも目の周辺はヘルメットがズレ落ちて見えてしまっている。目と言う部位は、頭部を占める1パーツに過ぎませんが、これが意外と人物を断定させてしまう。よく、漫画やあるいは正体を隠すような写真で両目を隠すように一線引かれている写真を見かけますが、それはこれが理由だと思います。顔による人物特定で何より重要な部位は目、と言うことの現われでしょう。

そうなると、目を見られたため、シャーリーには正体がバレてしまった可能性がある。その場合、ルルーシュに遺された選択肢は少ない。1つはギアスの力でシャーリーから記憶を消すこと。ギアスの能力であれば可能であることは、猫を追いかけた一件で実証済みもう1つは、シャーリーを黒の騎士団として抱え込むことだが、黒の騎士団との攻防で父親を亡くしたシャーリーが入団する可能性はおそらく皆無。

そして、次回予告がシャーリーとルルーシュの写真のみ、だったことも踏まえると最後の手段としてルルーシュがシャーリーを殺して口を封じる可能性も無いわけではない(つまり今回の次回予告は間接的にシャーリーの死亡フラグだったのではないか、と言うこと)。C.C.に指摘されたようにルルーシュは意外と情に厚いので、こうなるとしたらおそらくよほどの展開だろうが……C.C.に指摘されて頑固になっている可能性もあり、自ら情を切り捨てるためクロヴィスの時のようにシャーリーを撃つことも十分に考えられる。

あくまで推論です。私は、アニメ系の雑誌をここ数年全く見ないので、次話の展開を知らないので。まぁ、知っていたらこんな推論は出来ないのですが。


次回は、「ギアス対ギアス」。遂にルルーシュ以外のギアス保有者登場か? まぁ、怪しいのはあのバイザー研究員ですが(ぉ


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-547.html
・http://ameblo.jp/rayran/entry-10023294455.html
・http://angelnotes.blog46.fc2.com/blog-entry-774.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/nanajigo/44173789.html
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/31d28bafd6ddaf54e007c796e961f74e
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50706066.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50475881.html
・http://blog.livedoor.jp/poohreeter55/archives/50837107.html
・http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50821519.html
・http://blog.livedoor.jp/shibachi1/archives/50857228.html
・http://blog.livedoor.jp/x2oa1/archives/51036107.html
・http://blog.nekoyama01.com/?eid=445929
・http://chalcograhie.blog21.fc2.com/blog-entry-2069.html
・http://chamani.blog83.fc2.com/blog-entry-84.html
・http://codegeass.blog76.fc2.com/blog-entry-18.html
・http://ecopen.blog84.fc2.com/blog-entry-105.html
・http://firelife.blog55.fc2.com/blog-entry-447.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-485.html
・http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-483.html
・http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-210.html
・http://hukahireke.seesaa.net/article/31348395.html
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-862.html
・http://mekatama.blog21.fc2.com/blog-entry-604.html
・http://nekonii.blog3.fc2.com/blog-entry-753.html
・http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/blog-entry-290.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-468.html
・http://raitoningu.at.webry.info/200701/article_12.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1117.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-377.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/01/post_3bbf.html
・http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-497.html
・http://twodimension.blog59.fc2.com/blog-entry-313.html
・http://www.todasoft.net/blog/archives/2007/01/_13_8.html

Comment

こんにちは! 

展開内容は誰にもわかりませんが、26話の後に、半年のインターバルを挟んで、また26話が放映される事は確定済みみたいです。

サブタイはどうなるでしょうね~
友人さんと話してたように、本当に~~~のスザクになる可能性も否定できなかったりw
  • posted by karyu 
  • URL 
  • 2007.01/14 21:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ども、karyuさん! いつもお世話になってます。

>>26話の後に、半年のインターバルを挟んで、また26話が放映される事は確定済みみたいです。
マジですか!Σ( ̄□ ̄|||) ガビーン! いや、個人的には就活が忙しい4・6月期は少なくとも外れるっぽいので、嬉しいって言われれば嬉しいのですが。

しかし、そうなると第二部やるわけですね……。いや、ビックリです。第一部で人気の程度を見て、そこから展開を決める、とかなんですかね。


>>友人さんと話してたように、本当に~~~のスザクになる可能性も否定できなかったりw
第一部が「ルルーシュ」ですから、スザクか、あるいは新キャラか。意外と「逆襲のシャーリー」とかあるかも(マテ

ではノシ
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2007.01/14 23:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

stage13 『シャーリー と 銃口』

ナリタでの戦闘によって、起こったとある事実がルルーシュやカレンの心を苦しめる。信念を貫きブリタニアと戦っていく決意をするルルーシュは、黒の騎士団を率いてコーネリア軍へ向け出撃する。スザクの操るランスロ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」

ついにOPが変わってしまった。新OPなのに1期OPの使いまわしが非常に多いのがかなり残念。動画に関しては物凄く期待してたのに~。新キャラが出るたびにマイナーチェンジするのかな?後ろから聞えてくる何言ってるの

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

『シャーリーと銃口』アッー!

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリー と 銃口」

今までは、あまり話の中心核に関わって来なかった女の子・シャーリーが、一気に重要人物となってしまいました。シャーリーパパの葬儀の日。ルルーシュを傍に、「ゼロのやり方は卑怯だ。自分で仕掛けるのでもなく

コードギアス 反逆のルルーシュ #13 「シャーリーと銃口」

 行動の果てには、結果という答えが待っている。 例外はない。そこにルルーシュの力は及ばない。 如何なる相手にも命令を下せる絶対遵守の力を持っていようと、その必然からは逃れられない。 母の仇を討つために、妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るために動....

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 「シャーリーと銃口」感想

ピザ受け取るだけなのに何故そんなに真剣なんだC.C.!!いや、C.C.にとっては命より大事なピザに加えて応募券を集めること数ヶ月やっと懸賞品が届いた訳だしさもありなんか。そういえば、ピザハットがコードギアスとのタイアップ企画を行っているけど、本当に応募券

コードギアス 反逆のルルーシュ stage13 「シャーリー と 銃口」 感想

ついに、恐れていた事態が…色んな意味で、OPが解読不能になりました。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

第13話「シャーリー と 銃口」OPがジンになりましたね~♪オレンジの歌ですね~♪この手に落ちた腐りかけのオレンジ~♪腐りかけのオレンジはどうしてるんでしょうか。。。  ・・・・・・・・オレンジじゃなくてリンゴだぞ (-。-) ボソッさて、パ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

             stage13「シャーリーと銃口」  <このOP凹む>     新OPマジ○| ̄|_ 曲名どおり・・・「解読不能」だよ・・・何言ってるか さっぱりわからん・・・。自分で「解読不能」とか言うなや。 このOP萎えるなぁ(...

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

「シャーリーと銃口」OP&ED変更!!ちびルル萌えなEDは良いんだけど、あの耳障りな解読不明のOPは流石にちょっと……。そのうち慣れるかな。……とまあ、それはともかく、今回はとってもシリアス展開でした

コードギアス・第13話

「シャーリーと銃口」 ゼロによる、ナリタ作戦により死亡したシャーリーの父。その結

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」

今週から新オープニング/エンディングテーマに差し代わり〓。 曲目はジンの「解読不...

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 「シャーリーと銃口」

[[attached(2)]]OPが変更になりましたね・・・何この絵と全く合わない曲調は(^^;なんか以前やってた土曜6時の某ガンダムを思い出したw悪い意味で(ぉ[[attached(3)]]シャーリーパパはかなり優しくて良いパパだったみたいですね。少女シャーリーも「パパと結婚する」な

コードギアス 反逆のルルーシュ 13話 「シャーリーと銃口」

普通OPが変われば映像も一新するのが普通なのに、使いまわしが多いですな。なんか、ようつべにあるMADみたい。妖奇士の第二期ネ申OPに比べるとクオリティ低ス

コードギアス 反逆のルルーシュ【stage13】「シャーリー と 銃口」

シャーリーの父親の死、スザクの言葉で悩むルルとカレン しかし立ち止まることは許されずルルはコーネリアを倒すべく出動する コーネリアが日本解放戦線のカタセを捕獲するとの情報を知りそこに攻め入る コーネリアをまたも追い詰めるゼロだがランスロットにやれてしまう そ

コードギアス 反逆のルルーシュ【stage13】「シャーリー と 銃口」

シャーリーの父親の死、スザクの言葉で悩むルルとカレン しかし立ち止まることは許されずルルはコーネリアを倒すべく出動する コーネリアが日本解放戦線のカタセを捕獲するとの情報を知りそこに攻め入る コーネリアをまたも追い詰めるゼロだがランスロットにやれてしまう そ

コードギアス 反逆のルルーシュ stage13『シャーリー と 銃口』

もっとも似つかわしくない組み合わせであるシャーリーと銃。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリー と 銃口」

超 展 開OPとEDが変わりました・・・

コードギアス第13話の感想-ルルが、ルルが、黒くなっていくよ~

今度こそコーネリアを捕縛できるかと思ったら、 またZEROがボコボコになってましたね。ランスロット対策は一体・・今回は、 ・感想:通常編 ・感想:おにゃのこ編 ・感想:変態編の3編です。(やっと書き終わったorz。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 stage13 シャーリーと銃口

色褪せちまったよ・・・何もかもがよう。こんなはずじゃない、なんて思ってもなかったけれど。大人の事情が解読不能の世界。来週からはもう消音タイムだ。ヌルヲタを削っていくってなんなんだよ。ルルーシュは日本解放戦線の偉いさんをタンカーごと爆殺。やるこ....

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリー と 銃口」

間違ったやり方で得た結果なんて、意味もないのに――。 シャーリーの父の死。 自分の行動が招いた結果を付き付けられたルルーシュ。 試される覚悟、望む目的のために修羅になれるのか…。 試練の時は、スザクとシャーリーにも訪れる。 スザクには、ブリタニアの軍人として

コードギアス 反逆のルルーシュ

「シャーリーと銃口」  いつも感想が遅いので今回はちょっと早めにと云っても遅いけどねっ(笑)。 さて、ついに「シャーリー」が「ゼロ」の正体に気づいたようです、「おぢさん」が見た限りヘルメットが脱げた

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 「シャーリーと銃口」

Asuka (アスカ) 2007年 02月号 [雑誌]亡くなったシャーリーの父。その原因が自分にあることをルルーシュは思い悩んでいた。しかし、それでも修羅の道を突き進むことを選びゼロは動き出す・・・。ディーハルトよりもたらされた情報により、ゼロはコーネリアを叩き日本解放...

[アニメ] コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 「シャーリーと銃口」

コードギアス第13話。自分の信じる道と、それの為に起こる犠牲…

コードギアス 反逆のルルーシュ13話「シャーリーと銃口」

ヴィレッタの中でもジェレミアは死んだことになってました。オレンジ、カワイソ。OPの新作カットにもいないしw

コードギアス・反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」

「私はジェレミアのように地位も名誉も失って死んだりはしない、いや逆に手に入れてみせる」 by ヴィレッタ脚本:吉野弘幸 絵コンテ:新海曜 演出:秋田谷典昭 作画監督:しんぼたくろう・高瀬健一

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリー と 銃口」

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリー と 銃口」シャーリーがゼロの正体を…

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話感想

「今回は、キャラ達のセリフ回しに力を入れちゃったぜい! どうだ、凄いだろう、哲学だろう! カッコイイだろう! てな感じ」「ウーン…… 悪いが、このアニメのセリフ回しって、センス無いと思うんだが

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 『シャーリーと銃口』

はい、新OPです。映像は新規カットが4割:使いまわしが6割といった感じでしょうか。主題歌となっているジンの新曲「解読不能」についてはタイトル通り何を喋っているのかさっぱりわからんわ。解読不能というより

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……