刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

シン・ゴジラ感想

シン・ゴジラ感想

IMG_20160811_0001.jpg


会社がお盆休みに入ったこともあって観てきた、シン・ゴジラ。ちなみに4DやDBOXという選択肢もあったのだけど、普通に観てきた。理由は簡単で、ああいったシートは遊園地のレジャーになってしまって映画そのものに没入して楽しめるとは思えなかったから……。もちろん、ただの先入観でしかないので、体験した方がいて「いやいや、そんなことないよ。映画が二倍、三倍面白くなる」という方がいたら教えていただきたいのだけど。

結果から言えば『怪獣(特撮)映画の流れを汲む日本らしいパニック映画』だと思う。もちろん面白い。分かる人にメタ的な内容を伝えるなら、『ゴジラで大人なヱヴァ・序をやる感じ』かな。


そもそもにして「ゴジラ」とはどうあるべきか、を最初に考えさせられる。ゴジラに限らず平成以降の怪獣映画というのは、「怪獣vs人間」というよりは「主役怪獣vs敵怪獣」という構図が多く、主役の怪獣(ゴジラだったり、ガメラだったり)は穿った見方をするならば人類にとって都合の良い怪獣になっていた。

ただ本来の怪獣映画というのはそういうものではない、というアンチテーゼではないかなと思わされる。怪獣とは、未知であり恐怖であり畏怖であってこそ。その巨大さ、それから来る圧倒的破壊力、相互コミュニケーションが取れないという相手だ。そこに生まれる当然の感情と、倒すべき・駆逐すべき相手。それ故に、今回の『シン・ゴジラ』においてゴジラは終始、日本という国と日本人という民族にとって敵であり続けた。そこがまず良かった点。他の怪獣は出てこない。とにかくゴジラという怪獣に対して、日本人がどう向かい合って戦うかというところに特化している。

内容はゴジラらしく「核」というものが中軸にちゃんとある。ゴジラの活動エネルギーはもちろん、ゴジラを滅するために東京に熱核兵器(核ミサイル)を落とすのかいなか。放射線についても触れている。
当然それは東日本大震災に伴う福島原発のトラブルも大きく影響しているのだと思う。最終的にゴジラを倒す経緯で発見された、従来よりも放射線の半減期が極めて速い元素の発見、という創作物らしいご都合主義的な終わり方というのが監督以下スタッフが現実世界に望んだ一つなのかもしれない。ゴジラからではなくとも、そういったものを人類の手で発見するなり作り出すなり出来るならば、福島の復興もまた違った形に出来るという部分で。

ストーリーとしては、先にも挙げたように「ゴジラでヱヴァ・序をやった」感じ。特にゴジラが破壊光線を使ってからのヤシオリ作戦の流れは、ヱヴァでのvsラミエルの流れをほぼ踏襲している。それに対して「芸がない(引き出しがない)」と見るか、「怪獣映画としての最適解がたまたまこれだった」と納得するかは個々人の評価に委ねられるかな?

演出面でもヱヴァの影響は少なからずみられる。いや、ヱヴァの影響というのが正しいのか、庵野監督の作品としての特徴としてみるのが正しいのかも微妙なところ。例えば文字の多用、とかね。あとは音楽も結構ヱヴァで印象的なもの(作戦時など)もそのまま使っていた感じだし。


さて、今回のシン・ゴジラにおいてもう一つの特徴は破壊美ではないかと思う。私は人間、多かれ少なかれ破壊衝動を有していると思う。特撮映画において、自分が見知った場所を粉々に破壊するというのは恐怖であると同時に爽快感すらあるし、特撮映画の魅力ってそこなんじゃないかな。

そういう意味で今回、歴代最も巨大化したゴジラは圧倒的な破壊力を見せた。しかも場所は首都・東京がメイン。邦画で東京壊滅のような映画って結構珍しい気がする。だからこそ都内がゴジラによって壊されていく「様」というのはある種の「美」にも思えた。特に破壊光線も初めて使ったシーンでの絶望感は凄まじい。
ただ、そこには庵野監督のオマージュ的な部分もあった様には思うから、その作品を知っているとニヤリと出来るのかもしれない。例えばゴジラが破壊光線で東京を火の海にした光景は『ナウシカ』に出てくる巨神兵が火の七日間の、同様にゴジラが破壊光線で空中の米空軍を破壊したシーンを始めとした圧縮した破壊光線の使い方は『ヱヴァ・序』のラミエルを彷彿とさせている。

前述のようにヱヴァ的な使い回しと言われればそれまでだが、映像として見た時にそれは破滅的な美しさというか畏怖みたいなものや圧倒的な強さを視覚的な表現が出来ているからこそ成り立っている。なので、ある意味でこういった作品においてはこういう形というのがエンターテイメントとしての完成形の一つなのかもしれない。


評価は、★★★★★(5点 / 5点)。近年の日本のパニック映画の中では出来はかなり良いと思う。欲を言えばもう少し登場人物に対する掘り下げ(特に長谷川さんの演じた矢口と石原さん演じたカヨコ)は欲しいところか。まぁ、下手な人間ドラマではなくてあくまでゴジラメインだよ、というメッセージなのかもしれないが。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://blog.goo.ne.jp/bs3102_dara2/e/ffb3f370e55fb830092cdf99a1042c39
・http://blog.goo.ne.jp/gokudo0339/e/8d2839caa5d5a31874353d28746c94e6
・http://blog.goo.ne.jp/ituka100mile/e/cf21be011346ac5d7cb3cef92376d4e2
・http://blog.goo.ne.jp/katte_cinema/e/8b1c84587cfd3f6d1b52377d408ba2eb
・http://blog.goo.ne.jp/midnight-run_2007/e/0c0e291fb357734ba799a4a3c3bfa8dd
・http://blog.goo.ne.jp/nexusseed/e/234bf9a4d06cc367ecef89028b2be4ea
・http://blog.goo.ne.jp/onscreen/e/59549168f3eefd96b36af17b2c8b5ca9
・http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/72b8bc8da76a098d8e16c373f3717a18
・http://blog.livedoor.jp/myfoolishdays/archives/52006810.html
・http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/52141269.html
・http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/movie2016032.html
・http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-3113.html
・http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7461.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5988.html
・http://masala0517.at.webry.info/201607/article_3.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2488.html
・http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-6245.html
・http://sephiroth2012.blog.fc2.com/blog-entry-6986.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しんで頂くために、いつもの「ざっくりストーリー」は自粛します。 庵野秀明監督作品を、初めて観ようと思ったきっかけ… 現代の日本に、あのゴジラが出現したら、日本人はどう立...

シン・ゴジラ 感想

映画『シン・ゴジラ』公式サイト 私だ 本日公開見てきたぞ 入場特典は特になし 平日夜なんでお客はまばらでした 白人のおっさんらが見に来てたけど、 この映画観るために来日したのかしら だとしたら気合いの入ったゴジラファンだなあ 今日は3スクリーンでローテーション...

劇場鑑賞「シン・ゴジラ」

スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点) 映画秘宝 2016年 09月号 [雑誌]価格:1080円(税込、送料無料) (2016/...

映画「シン・ゴジラ(IMAX)」感想

ヤマタノオロチが見たくなった・・・ 庵野さんは変わっていない。あの「帰ってきたウルトラマン」からずっと。究極の二次創作、永遠の同人なのだ。 この映画は巨神兵がアップデートされたもの。 邦画としては奇跡的、近年のゴジラやガメラのような、有名人を並べて白けるのがお約束の人間ドラマ部分がすっきりと引き締まっている。作り方が映画ではないのだ、アニメ用の脚本と絵コンテで作った...

シン・ゴジラ

評価:★★★★☆【4.5点】(11) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!

シン・ゴジラ

「いま日本にゴジラが襲来したら」と言う事を描いた作品。 こう言う作品好きです。内閣府(防災担当)が制作協力したこともあり、“防災”と言う視点からの、ある意味シミュレーションになっていると思います。実際、制作に際しては、様々なところの見学や関係者とのインタ...

『シン・ゴジラ』

樋口真嗣監督を筆頭に「進撃の巨人」のスタッフ勢揃い。 キャストも勢揃い。 そりゃ不安にもなりますがな。 でも蓋を開けたら超面白かった。 やっぱり庵野秀明を読んだのが大き ...

「シン・ゴジラ」@TOHOシネマズ六本木

 公開初日昼の回。このシネコン一番大きいスクリーン7には、お子さんから大人まで300名弱位の客入りだ。

映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「使徒」ゴジラ(笑)

映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がどんどん悪化する。 「想定外」という言葉が連発される。 (海水)注入によって事態収拾を図ろうとする。 ニッポン、という国自体の存在が、脅かされる... そう、3.11の悪夢がここで再現され...

「シン・ゴジラ」を見て

映画「シン・ゴジラ」を見ました。  ・・・すげぇ、すげぇよこの映画!映画中に思わず身を乗り出しているわ、お馴染みの音楽が流れた時にはめちゃくちゃテンション上がるわ、最後の最後まで気が全く抜けないわで、とにかく凄い映画でした。これに関しては前もってパンフ...

シン・ゴジラ

色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  

「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さなければ大きな代償を負うという日本防衛の難しさを描いたゴジラからのメッセージ

「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明 ...

シン・ゴジラ

こんなに面白いとは思わなかったなぁ。

[映画『シン・ゴジラ」を観た^^]

☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きました。 そうしたくなるほど、先ずは行政の大事さを知らされます。 未確認生物が認められ、...

シン・ゴジラ 映画 感想

 映画 シン・ゴジラ   感想  次のページへ

シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明

【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物...

シン・ゴジラ観てきました。

シン・ゴジラ音楽集posted with amazlet at 16.09.03鷺巣詩郎 キングレコード (2016-07-30)売り上げランキング: 8Amazon.co.jpで詳細を見る 今日映画館でシン・ゴジラ観てきました。 ネット上では何 ...

映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編

(前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそうな気がする。 少し視点を変えて、『シン・ゴジラ』の、過去のゴジラシリーズ(特に第一作)...

シン・ゴジラ(2016)

音からして思いっきり、エヴァしてましたね。しかも、初代ゴジラの音楽もリスペクト。きくところによると、立ち向かう人間パート編が、時間におさまりきらないので、「あえて早口で」って演出は正解と感じました。緊張感も出ますゴジラの巨大感も、最大だそうで、臨場感ありました。エヴァ風味が活かされ、なかなかに斬新でした。なにげに、キャスティングも豪華でヨカッタです。「リピーターが続出するなど社会現象とも呼べ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~