FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

地獄少女 二籠 第12話

アニメ感想
地獄少女 二籠 第12話「黒い轍」

<あらすじ>

「おい、危ねぇだろ、じいさん!」
「……ヒッチ、ハイクってのをお願いできるかい?」

トラック運転手・伊藤道郎(いとう・どうろう?)は、深夜の崖沿いに面した道路で、一人旅の老人に扮した輪入道と出会う。何かの縁かと思って、トラックに乗せてやる道郎。

車で意気投合した2人。輪入道にとって、この道は思い出深い場所だった。数百年前、まだ輪入道があいと出会わず、妖怪でもなかった頃。彼が馬車の車輪としてとある姫君に仕えていた頃、この道を通った時に何者かの襲撃を受け、馬車は崖下へ転落。そこで、輪入道は主を失っていた。

そんな哀愁が漂う思い出に浸る輪入道をよそに話題は、次第に今走っている道路のことへと移っていく。今の道は、新しく最近出来たこと。しかし、まだ完全に開通したわけではないこと。立ち退きを拒否している老人・亀岡一夫(かめおか・かずお)がいるために、その家を避けるようにして道路が通っているので道が細くなり、ヘアピンになっていること。

そして、ついにその道で高校生の死亡事故が起きたこと

「そういうの、許せると思うかい?」

道郎は、亀岡が立ち退き料を吊り上げたいために立ち退きを拒否していると考えていた。

一方、その頃。

「すみませーん、夜分すみませーん!」
「何じゃ?」

立ち退きを拒否している亀岡の下に、デートの途中で大喧嘩して車から降りてしまった女性に扮して骨女が訊ねていた。30分でいいから休ませてくれ、と言う骨女の言葉に、亀岡は渋々家の中に上げる。

老人の一人暮らしでロクなもてなしは出来ない、と前置いたところで亀岡は胸を抑え、苦しむ。骨女に「何でもない」と言う旨を伝えるが、その様子は明らかに胸―――心臓に疾患を持っている証だった。


続きはOPENからどうぞ。



<あらすじ・ネタバレ>

「じいさん、地獄通信って知ってるかい?」

道郎が持ち出したのは、地獄通信の話だった。すでに昨晩、アクセスし名前も書き込めたのだが、噂では出てくるはずの地獄少女は出てこなかったのだという。

「噂なんて、アテにするもんじゃねぇな」

道郎が纏うオーラが変わった。怒り、悲しみ、憎しみ、負の感情が入り混じった視線の先に映るのは、立ち退きを拒否している亀岡の家。

その頃、亀岡の家では骨女が亀岡の本音を聞きだしていた。数百年と建ち続けた家と一族に、道路を作るから退いてくれ、と一方的に言われたと言う亀岡。だが本音はそんなものじゃなかった。本当に立ち退きを拒否している理由は、お金が欲しいわけではない。むしろ、金など一銭もいらないと断言した亀岡。

「今さら知らない場所で、知らない人間に囲まれて暮せって言うのか」

自分の生まれた場所であり、自分の家はここだけだ、と言う亀岡。骨女は、そんな亀岡をじっと見つめていた。だが、亀岡は急に胸を抑えて苦しみだす。亀岡は、「仏壇の引き出し……」と骨女にそこへ向かうよう指示を出した。そこに薬がある、そう想った骨女だったが、引き出しを引いたそこにあったものは一通の便箋だった。

とうとうトラックは、亀岡の家へと繋がるヘアピンの手前にまで来ていた。道郎は、輪入道に携帯を貸すからタクシーを呼べ、と暗に降りることを要求してきた。事故に遭った高校生は、シュンと言う道郎の弟だった。
立ち退いて、開通した道路でさえあれば……
その想いが、地獄通信へのアクセスを可能にしたのだ。

素直に降りる輪入道。道郎はアクセル全開でトラックを突っ込ませようとするが、降ろしたはずの輪入道が気が付けばまた助手席に座っていた。

「地獄少女は、すぐに現れるとは限らねぇ」

輪入道の姿が消えた。そして、そこに代わりに座っていたのはあいだった。あいから藁人形と化した輪入道を受け取る道郎。全てを受け入れ、紐を解こうとした時、そこに一目連が現れる。

「契約は無効だ」

怨むべき、そして流すべき相手がいなくなった、と言う一目連。それは亀岡の死を意味していた。怨むべき相手を失った道郎。だが、それでも納得のいかない道郎は、トラックを亀岡の家に突っ込ませようとする。しかし、骨女と一緒にいて、「そんなことしてるなら花でも手向けてやりなよ」といわれ、素直に従っていたきくりがたくさんの花を両手に抱えて道路を横断しようとしていた。
咄嗟にハンドルを切る道郎。だが、アクセルを目いっぱい踏んだ状態で加速した大型トラックの急ハンドルは、道郎の予想を超えて制御を困難とした。道郎の視界に映ったのは、白い花束と供えられた缶コーヒー。
シュンが死んだ―――正確には、シュンが転落した場所にまっすぐ突っ込むトラック。一瞬早く、外に出た輪入道がトラックの前に立ちふさがり、その力でトラックを押しとどめた。

自らも事故寸前の目に遭ったことで気を削がれた道郎は、あいたちと一緒に亀岡の遺体と面会する。その時、骨女から亀岡の道郎宛ての手紙を渡された。亀岡の家は、その直後崩壊した。

「主の後を追ったか」
「てっきり、強欲ジジィだとばかり想ってたけど……え?」

崩壊する家を見て、道郎はそう呟く。だが、それに応えてくれる輪入道やあいたちの姿はどこにもなかった。
手紙には、死んだ高校生の遺族―――つまり道郎たちに、土地の権利を譲り、立ち退きを許可することが記されていた。


その様子を遠くから見つめるあいたち。きくりが輪入道の真似をして坂を転がり落ちていく。仕方なく、一目連と骨女がきくりを追いかけていく中、輪入道の視線は、道郎と崩壊した家に向けられていた。まだ、輪入道が姫君に仕えていた頃にもあった家。そして、主の後を追った家。

「……主の後を追いたかった?」

「そんなことしたら、お嬢と出会えなかっただろ」


その想いが無いと言えば、きっとそれは嘘になる。でも、それでも輪入道はあいに笑顔を見せた。今はまた、別の姫に仕えている。それがきっと、輪入道の中では全てなのだろう。その笑顔に、偽りは無かった。


<感想>
怨む相手がいなくなって地獄流しも無くなる、と言う展開ですね。二籠だと初めてだと思います。第一期は観てないでの判りません( ̄∇ ̄;) 変則的なものが続いている感じ。

輪入道の過去とリンクする感じで、演出がとても上手かった。きくりがまともだったり、あいが輪入道を気にかけていたりして、個人的には二籠の中ではかなり好きな話になりそう。って言うか、熱いぜ、輪入道 ちょっと惚れそう( ̄∇ ̄;)
 

亀岡の立ち退き拒否が、全ての原因ではあるのですが、これに関しては賛否と言うか、同情論と反対論が分かれ易いかと思います。ちなみに、私は前者。

現代において、このような状況は決して珍しくありません。官僚のお偉いさんや、役所の人や、あるいは若い人は「ちゃんと別の家(土地)が用意されてるんだから、さっさと移れば良いのに」と思うかもしれません。でも、それじゃダメなのです。
その場所には、家と同時に地域とのコミュニティが存在しているのです。古くからの付き合いの人や顔なじみの人など、コミュニケーションが取り易く生活し易い空間と人間が揃っている。だから、その場所を離れたくないのです。

現実としては、阪神淡路大震災で家を失った人たちがこれに当たる具体例の一つと言えるでしょう。地震と火災で家を失った人は、地方自治体や国などが用意した仮設住宅に入居していたわけですが、そこではその地域の人が一箇所に集められている場合が多いので、コミュニティが維持されており、決して住み易いはずではないはずの仮設住宅でも、変な話辛い生活にも耐えて生活していけた。
そして、一部の人は倒壊した家を建て直すことが出来ず(資金面とか色々)、これまた地方自治体などが用意したマンションへ移り住むわけですが、そこでは完全に今まで住んでいた地域の人たちと切り離される。そうなると、コミュニティは崩壊するので、その人にとっては物凄く住みにくいわけです。

それが嫌で仮設住宅に残っている例もある、と聞いたことがあるくらいですからね。特に若い人ほど活発にコミュニケーションを取れるケースが少ない高齢者になればなるほどキツイわけですよ、住み慣れた土地を引き離されるというのは。


と言うかね、むしろ私は道郎の弟にこそ問題があるのではないか、と思うわけです。確かに見通しの効かないヘアピンカーブでしたが、それだけで果たしてあの転落事故に繋がるのか? 相手のこともあるだけに一概に言えませんが、弟の方もそれなりにスピードを出していたんじゃなかろうか、と思います。と言うか、そうとしか思えない。人気も、車の交通量も少ない道路で法定速度を100%遵守しろ、とは中々言えませんが、常に危険予測をして運転するのはドライバーの義務みたいなものですから、対向車が来る予測をせずに急ハンドルで止まれなくなるスピードを出す弟にも問題があると想う。

だから、道郎の今回の怨みには、今回同情出来ないんですよね。弟を失った悲しみは判らないでもないけど、それを土地や立ち退きを拒否した亀岡のせいにするのはいかがなものか、と。だって、運転していたのは土地でも亀岡でもなく、なんですから。

今週のきくりは……あれ、意外にも骨女の言うことを聞いていた( ̄∇ ̄;) う~ん、ちょっと人間(?)的に成長してる??? まぁ、最初に登場した頃に比べれば、かなりマシな人格をしつつありますからね。しかし、最後の輪入道ごっこは吹いた(^_^;) 確かにあれは輪入道だ。

次回は「Vの惨劇」。


<MVC>
亀岡一夫
「……今さら知らない場所で、知らない人間に囲まれて暮せって言うのか」

これに関しては、感想のところで述べた通りです。お金があれば良いわけじゃない、別の場所があれば良いわけじゃない。でも、自分の都合しか考えない人たちには、きっとそれが判らない……。悲しい社会です。

あい
「……主の後を追いたかった?」

輪入道の気持ちを察するあい。二籠から本格的に視聴している私からすると、あいのこう言う態度はちょっと新鮮かも。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://blog.livedoor.jp/kabekabe123/archives/50852763.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50469712.html
・http://chalcograhie.blog21.fc2.com/blog-entry-2014.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-462.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-440.html
・http://raitoningu.at.webry.info/200612/article_17.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1078.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2006/12/post_d060.html

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 ニ籠・第12話

「黒の轍」 トラックを駈る若者。その前に現れた輪入道は、ヒッチハイクと称してその

地獄少女 二籠 第12話「黒の轍」

「輪っかがついてるものが好き」と語る伊藤道郎と意気投合し、昔の思い出を回想する輪入道。ついに彼の過去が明らかになりましたね。輪入道の正体はどこかのお姫様の馬車の車輪だったのかぁ。輪入道たちが現在走

地獄少女 二籠 第12話 「黒の轍」

ノー地獄送り~♪ やべぇ… 軽く感動しちゃったじゃないか! 『今回はどっちも悪人って感じしないから後味悪くなりそうだなぁ…』と思っていたら! なんと“地獄送り”がなかったんですのよ、奥さん!

地獄少女 二籠 第12話

『黒の轍』おれぁ、輪入道だ・・・ 「へいっ! ベイィベ♪ おしりフゥ~リ、フゥ~リ、ベイィベ♪」「満足するまで~♪ やろうぜぇえっ♪」ああ・・・随分と、ハイカラな歌じゃねぇか。兄さんいい声してんのにな

地獄少女 二籠 第十二話 「黒い轍」

 旧道と並行して走る新道があった。 新道が完成すれば旧道はなくなる予定だった。 しかし新道が通る予定地にある旧家の老人は、 頑なに立ち退きを拒んだ。 だから二本の道が旧家を避けるように交わる、 歪みはいつまでも残っていた。 その歪みが怨み....

地獄少女 二籠 第12話感想

「今回は、輪入道萌えな話だったわ!?」「あれぇ!? 今回、地獄流し無しだー!!」「地獄少女シリーズ通して、初の展開ですね」「また、救いようの無い、後味の悪い話になる……と思わせておいて、

地獄少女 二籠12話「黒の轍」

「いっしょに来る…?」

地獄少女・二籠 第12話「黒の轍」

脚本:西園悟 絵コンテ:名村英敏 演出:神保昌登 作画監督:南伸一郎・金順淵 総作画監督:岡真里子依頼者の伊藤「道」郎とか、ターゲットの亀岡「一人」とか、名前が適当すぎる。w予告で「恨み聞き届けたり」と言わなかったから、今回の地獄送りは無いとは予感してま

地獄少女 二籠 12話

今回の地獄少女 二籠は、輪入道の過去とだぶらせた話。ターゲットは地獄に流される前に死亡の為に契約が無効になるという新しいパターンでした。依頼者を稲田徹さん、ターゲットを西村知道さんが演じました。

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第12話 「黒の轍」

地獄少女 二籠 箱ノ一夜の山道を走り続ける一台のトラック。トラックの運転手・道朗は、途中ヒッチハイクをしていた老人を拾う。老人は、かつてこの地に住んでいたことがあると、道朗に話し始めるのでした・・・。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……