刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話[最終話]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話[最終話]
『鉄華団』


≪あらすじ≫
グレイズアインの暴走によってついにエドモントン市街地でもMS戦を始めなければならなくなった鉄華団。阿頼耶識システムと真の融合を果たしたアインの前に苦戦する三日月は、バルバトスにあるものを要求して――
公式ホームページ更新後に改訂予定
公式HP あらすじ より抜粋)



≪感想≫
◆生きろ
本当にただそれだけだったと思う。「いのちの糧は戦場にある」というのはこの作品のキャッチフレーズでありコンセプトだったわけだけど、その戦場を渡り歩いてきた鉄華団が、そしてオルガが導き出した答えはとてもシンプルに「生きろ」だった。結局は、コレだったんだろうな、ととことん思う。

これがどういうメッセージだったのか。それは受け取った人次第だろう。

私はやはり人が人を殺す戦争と言う存在の愚かさ、そして自分で自分を殺してしまう自死に逃げないでほしいというメッセージだったのではないかと思えるのだ。
オルガが必死に仲間たちに伝えた「生きろ」というメッセージ。今までのオルガにはなかった必死さと泥臭さ。本当はたぶんみんな知っていたオルガの想い。それが具現化されたわけだ。生きることの大切さ、残された者たちの無念さ。その先に希望があると信じて、例えそれが間違った方向だったとしても生きるために突き進む重要性。

逃げることは間違いではない。けれど、自ら死を選んではいけない。どんなに惨めでも、どんなに泥臭くても、前へ進んで生き残る。命は軽くない。これを観た子供たちにはぜひそんなことを感じ取ってほしいと思う。


◆指揮官として、自分の言葉に責任を
最後に名瀬から伝えられた言葉。それに私はとても共感していた。

「自分の発した言葉には責任を持て」
「今生きている奴らのためにも胸を張れ」


それはとてもとても、大切なことだと思うのだ。私自身の実感として、かつて前者の言葉は実際にリアルに言われたことがある。個人的な話だが、当時私は違う会社で正社員としてアルバイトの方々に指示を出す立場だった。仕事を始めたばかりで未熟だった私の指示。それを見かねた当時の上司にこういわれたことがある。「指示が間違ってるかどうかじゃない。お前が出した指示ならお前が責任を持って尻ぬぐいをしろ」と一喝された(誤解があるといけないので言っておくと、これは別に売り上げとかそういうものではなくて、簡単に言えば混雑している店内でいかにお客さんを待たせず効率的に捌くかという部分なので別にそこまで責任があるものではないのであしからず)。

その時のその言葉は今も胸に残っている。自分の発した言葉には自分が責任を持つ。言葉にして文章にすれば当たり前かもしれないが、それが実は現実に生きているととても難しいことを実感する。それだけにオルガの心情というのも、少しだけ察することが出来たし、共感することが出来た。

後者に関しては自論かな。戦う人、英雄と呼ばれる人ほど今生きている人よりも喪った人にばかり目を向けている気がしているのだ。確かに亡くしてしまった人への哀しみは尽きないだろう。それでも、今一緒に生きている人たちがいる。その人たちを蔑ろにする理由に、死んでしまった人たちの名前や存在を使うことは間違っていると断言できる。

ここに至る戦いでビスケットを、名前もない多数の鉄華団の家族が散って行った。彼らを忘れろというのではない。ただ彼らを本当に想うのであれば、彼らの死を背負いながらも今同じ時間を生きている仲間たちにこそ目を向けなければならないのだ。左手に死者への花束を持つならば、右手は生きている者たちへ振るうタクトを握っているべきだ。

そういうキャラクターだったのだろうが、それでも名瀬・タービンズ。素晴らしい兄貴キャラである。



余談。
三日月の代償は右眼と右手、か。正直、この最終回で代償らしい代償を支払ったのは三日月だけだったわけだ。悪魔「バルバトス」との契約。魂を悪魔に売った人の末路、というところか。
第二期だと、さらにいろいろとバルバトスに売り渡してアインの二の舞になりそうな気もするが……。



余談その二。
ご都合主義や萎えるという感想も実況系の掲示板やサイトでは目にした感想だ。それでも私は声を大にして言いたい。シノも、ラフタも、アジーも生きていて良かった、と。

彼らあるいは彼女たちが生きていたことに否定的な意見を述べる人の気持ちが私には分からないし、正直分かろうとも思わない。そういう感想を抱くのは自由なので、それを否定するつもりはないが、オルガの「生きろ」という宣言を思えば、彼女たちが生き残ったことはある意味で必然だったんだと思う。もしも彼女たちが死んでいればオルガの「生きろ」という言葉のあとの、Bパート(エピローグ)の現状はきっと悲惨で救いがなくて、オルガの言葉に意味を持たせることは難しかったようにも思うのだ。そして彼らが生きているからこそ、死んでしまったビスケットの命の価値はさらに上がった気もする。

……うん、小難しいことを言わずに率直に言おう。

たぶん、シノやアジーたちが生きていた。前回では死んだと覚悟した視聴者も私含めて多かったはずだ。だからこそ彼らが生きていたことに素直に喜びがある。たぶん、その「喜び」を感じさせることが監督や脚本家の狙いだったんじゃないかな、と思う。そしてもし本当にそうなら、別にそれがスタッフの掌の上だと言われてもハッキリとこういうだろう。「それがどうした」と。監督だろうが脚本家だろうが誰の掌の上だろうが、やっぱり思い入れのあるキャラクターたちが一人でも多く生き残ってくれたことに、喜びを感じたことに間違いはない。



余談、その三。
マクギリス、さすがだ。てっきり負けそうな気もしたけど、ガンダムフレーム相手に圧勝か。第二期では改めて鉄華団の敵となるか、あるいは鉄華団を上手く利用して立ち回るのか期待したい。

それにしても、ガエリオも、グレイズアインも正直期待外れ。いや、期待外れっていうか中の人やスタッフが「アニメ史に残る」とか「ラスボスの中でも一番残虐」とかいう発言はなんだったのかと問い詰めたいw

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5993.html
・http://blog.livedoor.jp/myfoolishdays/archives/51994304.html
・http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu025.html
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1753.html
・http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31
・http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12904.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2545.html
・http://makoto175878.blog.fc2.com/blog-entry-437.html
・http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912957
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4819.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2477.html
。http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/gtk-25.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-6077.html
・http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-773.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5687.html
・http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-1512.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます

Comment

 

月詠さん、こんにちは。

>期待外れっていうか中の人やスタッフが「アニメ史に残る」とか「ラスボスの中でも一番残虐」とかいう発言はなんだったのかと問い詰めたいw

これには同意見です。
特にGRAZE EIN、アインのセリフが多すぎたのか、先週の「禍々しさ」が「薄れて」しまった様に思いました。
結果、僕には「観ている緊迫感」があまり感じられず、三日月が「さほど苦労せず」に決着してしまった様に思えてしまったのです…。
(右目、右腕という代償は確かにありましたが、それも「今は」あまり三日月本人に影響が強くあるとも思えなかったので)

この最終回、または「第一期」全体をどう捉えていいのか、正直混乱しています。
自分の感想が未だにまとまらないんです(^_^;)
感じたことをどう表現したらいいのかワカラナイんです…。

月詠さんの「総評」や、他の感想ブログさんも見てきて、自分なりにまとめられたらな、と思っています。
それでもしばらくずっと混乱したまま、な可能性もありますが…(>_<)
  • posted by IDE 
  • URL 
  • 2016.03/29 16:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

>IDEさん 

こんばんは。

突き詰めれば、スタッフや中の人の発言に安易に流されてしまった私の方がたぶん悪いのでしょうね。そこは反省している部分です。やっぱり自分の目で見て確かめるまでは、スタッフや関係者の発言というのは信用ならないのだなと改めて勉強しました。
もしも、そういった発言を見聞きしなければまた違った形でIDEさんもこの25話を受け止められたのではないかと思います。そういう意味では、視聴率等々で「煽り」たかったのかもしれませんが、正直リークした関係者や余計なことを口にした声優さんの言動はペナルティものだと思います。

>グレイズアイン
この存在には賛否有りますね。特にアジーたちが生き残ったことで「禍々しさ」「恐怖」というものが薄れたという意見がどうやら多いようです。

ただ先週から今週にかけての一週間、多くの人に「全滅ENDか」「アジーやシノたちの生存は絶望的」と思わせた経緯に「恐怖」があった点を忘れて欲しくはないですね。結果的に生きていたためにグレイズアインの恐怖感というのは薄れたかもしれませんが。

正直、この最終回の「肝」は恐怖とか絶望とかじゃないと思っています。肝だったのは生きるということ。泥臭くても未来を目指すこと。おやっさんが言ったように「言葉にしただけでは薄っぺらいし軽い」かもしれないけれど、グレイズアインという恐怖の壁を乗り越えて生き残ったからこそ生きていることや未来というものに価値が出来たのかな、と思います。



最後になりますが、私は別に無理して急いでIDEさんが感想や総括を纏める必要はないかな、と思います。理由は簡単です。

次まであと半年ありますから。

もちろんIDEさんが第二期も観るなら、という前提になりますが、半年という期間の中で気付くことや時間をかけて咀嚼するからこそ見えてくるものというものもあると思います。余裕があって時間を置いてから見返せば新発見もあるかもしれません。

大切なのはどんな感想であってもご自分が納得出来るものであることだと思います。続きは秋以降ですし、誰も急かしませんからゆっくりと納得のいく総括に辿り着けたら良いと思いますし、辿り着けたらその時は『オルフェンズ仲間』としてどこのコメントでも良いので教えて下されば嬉しいです。


いつもコメントありがとうございました。私は第二期も同じスタイルで観て行くつもりです。またご一緒出来ましたら、その時は一緒に楽しみましょう。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2016.03/29 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

月詠さん、こんにちは。

暖かい返信をいただき、ありがとうございますm(_ _)m

ナンカ「焦って」たみたいです…。
「どうして皆さんの様に僕には理解、消化できないんだろう?」と…。

多少「落ち着いて」はきましたが(^_^;)、まだ消化不良なのは正直なところです。

月詠さんが仰る様に、自分にはまだ「時間」が必要なんだと思います。
おそらくそこで「見えて」くる事があるかもしれないし、結局見えてこないのかもしれません。
でも「そのまま」セカンド・シーズン視聴に入ってしまっても、「いい」と今は思っています。

また色々とお邪魔させていただくと思います。
引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m
  • posted by IDE 
  • URL 
  • 2016.03/31 16:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

>IDEさん 

自分も別に偉そうに言えた立場ではありませんが、比較的素直に、かつ肯定的にこの最終話を受け入れている気はしています。

そしてIDEさんが自らその境地に達したように、第二期がある以上、それを含めての評価でも良いと思います。『00』も第一期だけで評価することは多分難しい作品でしょうし、『オルフェンズ』もそうなるのかもしれません。

またご一緒出来る作品があることを楽しみにしています。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2016.04/01 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25「鉄華団」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第25話を見ました。 #25 鉄華団 議事堂へと急ぐオルガ達の前に現れたクーデリアを狙うアインのもとに三日月が駆けつける。 『俺達は議事堂へ向かう。そっちは任せたぞ』 「あぁ、任され、た!」 その頃、ガエリオの前に立ちはだかったマクギリスは正体と目的を明かす。 「ギャラルホルンが提唱してきた人体改造は悪であるという思想を真っ向...

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第25話『鉄華団』キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話『鉄華団』 感想(画像付) ラジオで最終話は視聴率10%超える祈願をしてたけど、どうなったのか? とりあえず2期が秋からあってめでたしめでたしの最終回。 何よりラフタとアジーが生きてたのでノープロブレムです!w アインとガエリオだけ超不幸だった、何も救いがないね~。 マクギリスの最悪なロリコン野郎には2期では報いが来いと祈ら...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第25話 (最終話)『鉄華団』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 209Amazon.co.jpで詳細を見る  とりあえず、業務報告。  ガエリオのことで泣き過ぎて、泣き疲れました。  加えて、最終回に相応しく、書きたいことがとても多くなりました。 ...

「鉄血のオルフェンズ」は「心が叫びたがってるんだ」であるーオルフェンズの総評

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」25話「鉄華団」を視聴。 ※サブタイトルが出る直前のこの絵が美しい。この絵を見せたいがために、 オルフェンズの物語を帰納法的に作ってきたのではないだろうか。 1話の感想記事で、長井龍雪・岡田麿里コンビの映画になぞらえて 「ガンダムが叫びたがってるんだ」と書いたのだが、 案外、1期最終話はここさけではないかと思った。 その...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第25話

「鉄華団」 間一髪、アインからクーデリアらを救った三日月。オルガは、そんな三日月にアインの相手を任せ、最高議会へと向かう。そんな頃、ガエリオを前に、マクギリスは自らの狙いを語る…… なんか、ガエリオが純粋すぎて辛い…… 「ギャラルホルンを正しい方向に導くため」 ある意味、マクギリスの思いはブレていないのだろうけど、やり方がエグ過ぎる。 本来は、政府とかの外側にいて、...

ここもその1つだ/鉄血のオルフェンズ25話感想

 戦いと共に少しだけ「終わる」約束1つ。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たちは初仕事を見事に成し遂げ鉄華団は1stシーズンの仕事を終え2ndシーズンまでしばしの休息を迎えた

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終話はマカナイ氏を議会に送り届ける鉄華団の前にアインのアラヤシキ使用のガンダムが現れるが、三日月のバルバドスが間一髪防ぐ、交戦 ...

「マクギリス大勝利!希望の未来へレディーゴー!」(鉄血のオルフェンズ25話感想)

&#160;マーッキッキッキッキ! カルタは死に!父は失脚!俺はモンタークをやってこのザマだ!やったぜモンターク!人生楽しいぞガエリオ!!

【2016冬アニメ 総括・感想02.5】「もう、誰も死ぬな!!」オルガの叫び!! 多くの犠牲の果てに成した安息

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 9 (特装限定版) [Blu-ray] HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ グリムゲルデ 1/144スケール 色分け済みプラモデル キャラスタンドプレート 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ クーデリア・藍那・バーンスタイン ↓こちらもよろしくお願いします。 【2016冬アニメ総括・感想0...

アニメ感想 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』#25「鉄華団」

この1週間、本当に長かった… 『鉄血のオルフェンズ』最終話です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話(最終話)「鉄華団」

第25話(最終話)「鉄華団」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25 鉄華団

ガエリオ君・・・・・

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯25「鉄華団」[終]

評価 ★★★☆ いいからよこせ……お前の全部……!              

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話 「鉄華団」

このバルバトスの作画ほんとすこ。 三日月に代価を払わせるかわりに力を与えるバルバトス。 その悪魔の名を冠したとおり怖いものがあるが、 最後は優しい眼で鉄華団を見守ると ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~