FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話
『葬送』


≪あらすじ≫
ブルワーズとの戦闘では敵味方ともに多くの犠牲が出てしまう。残された者は死んだ者たちが生まれ変われることを祈りながら葬儀を執り行う。
公式HP あらすじ より抜粋)



≪感想≫
◆子育てガンダム?
子供が成長する物語か、子供を成長させる大人の物語か。

というわけで、その両方だと思えた。これまでも『オルフェンズ』は三日月やオルガたち子供が中心で描かれている作品で、だからこそ「子供」と「大人」の対比が今までのどのガンダムよりも明確になっている作品の一つだと思っていたが、今回は1クール目の終わり、年内最後の話という区切りもあってそういう部分がより鮮明になっていた気がする。

そうした中で気になったのは「いかにして導くか」だった。子供たちの視点のこの作品だが、ふと視点を子供たちではなく名瀬たち大人に変えてみた時、成長途中の子供たちをいかにして導くかというのは大きなテーマかな、と。見出しで書いたように、簡潔に言えば「子育て」。

そういった要素がとりわけ多かったのが13話じゃないだろうか。
・名瀬やメリビット⇒オルガ(葬送)
・オルガ⇒敵ヒューマンデブリ(兄貴分)
・フタミン⇒少年兵(郷愁)
・クーデリア⇒三日月?(???)

もしかしたらもっとあったかもしれないが、とりあえず大人から子供への「導き」「育成」という意味合いが感じられそうな要素だ。

明確なのは名瀬やメリビットと向き合うオルガだ。兄貴として慕う名瀬の言葉はもちろん、口うるさい母親(あるいは年上女房なのかは今後次第だが)かと言いたいメリビットの言葉にも、オルガはそれを受け入れ自分の中で咀嚼して取り入れている。
余談になるが、オルガはもう少し大人に対して反抗的なキャラになってもおかしくなかったが、そうしなかったのは非常に良かったかもしれない。葬儀に懐疑的だった部分も含めて「厳しい環境の中で生き抜く為」という部分が、そういったリアリストな部分や他人の意見で利用できそうな部分はしっかり取り入れて学ぶという部分が出ていた。

面白いのは、名瀬やメリビットからは「子供」扱いされて育てられ導かれる側のオルガが、一転して敵のヒューマンデブリに対しては「大人」として少年たちを導き育てる立場に立っている点だろう。
これは正しい見方だ。
年齢に幅のある組織に所属していないと分かりづらいところだが、人間って割とこういうもの。分かりやすそうなところだと学生時代の部活動だろうか。三年生が二年生を指導し、それで学んできたことを今度は二年生が一年生を指導する、みたいな。育成とか教え導くって、そういって連綿と続くというか連鎖的というかそういう部分があるんだよ、きっと。

だからいずれそういった結果が視えればいいなと思う。例えば今回オルガに救われた敵だったヒューマンデブリの少年たちが、その教えを受けて施されたことをで何かプラスの結果を生み出して、いずれ彼らも他の虐げられている子供たちを救うような選択を選べるようになれれば良い。


こういう風に考えて行くと、良い年した大人としてこのアニメを観ていて「教え導くことの大切さ」を痛感させられるし、それを痛感しないといけないのかもしれない。自分たちのことばかり考えていてはいけないってことだろう。

子供たちが大人と向き合い、時に反発し、時に利用して成長するストーリーではある。けれど、このガンダムを、十代の子供たちが観るのと二十代、三十代の大人たちが観るのではやっぱり受ける「感覚」は違うな、と。敢えてそれが明確に違うことが分かるように作られているのかもしれないが、このガンダムを観る大人の一人としては名瀬やメリビットたちが今後どう子供たち(オルガたち)を人として正しい方向に導けるのかにも注目したい。


次回14話は1月10日。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-328.html
・http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu013.html
・http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52143023.html
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1641.html
・http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-191.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12570.html
・http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2464.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4501.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2461.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/12/gtk-13.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5821.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5589.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3926.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます

Comment

NoTitle 

オルフェンズ、1クール目終わりましたね。
ただ、どうも視聴率が芳しくないらしく、KIDS層も低いとか。

内容的にはとても好きで丁寧に描いているとおもうのですが
それが逆に「ゆっくりすぎる」とか「戦闘が少ない」という批判も
ある程度出てしまうんでしょうか。

批判にとらわれずしっかり作ってくれればそれでいいですし
視聴率が気になるから、と変な路線変更もしてほしくはないですね。
ガンダムの視聴率はAGEなども低かったはずですし、今の子供は
もう「ガンダム」にあまり興味を抱かないのかもしれません。
  • posted by  
  • URL 
  • 2015.12/27 19:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

まぁ、どの程度の視聴率をスポンサーや製作サイドが想定していたかは分かりませんが、調べてみると噂では全体的に2%前後のようですね。
とはいえ「ビルドファイターズ」シリーズはテレビ局が違うとはいえ視聴率が1%台だったことを考えれば善戦している方かもしれません。

今の子供たちにとって「ガンダム」はそのタイトル・冠だけで興味を惹けるようなものではないことは間違いないと思います。1stはじめ、海外で人気のあるWや近年のヒットと言えるSEEDシリーズをリアルタイムで見ていない世代に「『ガンダム』って言われても」と思われるのは仕方ないことだと思います。

結局のところ、『ガンダム』ってもうブランド化しているんですよね。『マクロス』とかと同じです。
そして視聴者層やターゲット層は必然的に上がって来るものだと思います。

個人的にここまでブランド化したのなら、下手に低年齢層を意識し過ぎる必要もないと思いますね。もちろん、裾野を広げて行くために普及のため新作は必要かもしれませんが、AGE然り、レコンギスタ然り、オルフェンズ然りここまでバリエーションを作って新作を出しても反応が鈍いならそれはそれである種の諦めは必要でしょう。

1stも最初から評価されていたわけではありませんし、特にガンダムシリーズは数年、十数年経ってから評価されるケースも珍しくないだけに、新作が出ても単純に視聴率だけで評価するのは早計な気はします(一方で即物的な収益のため、ガンプラや円盤の売れ行きは確保しないといけないのが難しいところですが)。


まずはおっしゃられているように「しっかりと腰を据えて作る」ことが大切だと私も思います。後年評価されるためにも。またメッセージ性が明確な作品でもあるので、視聴率は低くとも見てくれている子供ないし大人たちにいい影響のある作品になれるなら、それは数字以上の価値があるんじゃないかと希望的な見方もしています。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2015.12/27 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

面白いけどこの進行で2クールでまとまる内容には見えないんですよね分割め4クールやるのかな

キスが唐突過ぎて笑いました
  • posted by あ 
  • URL 
  • 2015.12/30 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

>あさん 

こんにちは。

実際、何をもって「まとまる」にするかは難しいところだと思いますね。1stなど従来のガンダムのように二つ以上の陣営があって戦争状態にあるわけではないじゃないですか。戦争状態ならその「終結」を「纏める(締める)」ポイントに出来るけど、『オルフェンズ』では今のところギャラルホルンと言う存在はあるけれど戦争をしているわけではないのでそれは出来ない。

タービンズ・ブルワーズの存在がそうだったようにMSを使って仕事をすることも別に鉄華団の専売特許でもありません。鉄華団の存在は、人員構成が子供であることを除けばあの世界では割と一般的な仕事と捉えることも出来ます。

そうなると「終わり」ないし「纏める」をどう定義するかは難しいですね。戦争が終わる状態は分かりやすいけれど、日常が終わる状態というのはそもそもありませんから。鉄華団の今ってそれこそ現実の日本でサラリーマンが住み込みの会社で仕事してるようなものですから、そこにそもそも「終わり」がないかな、と。

さてアニメですが、ご指摘のように今の進行ペースは遅いですね(その分、私はしっかりと描けているし、だからこあさんも面白いと感じているのだと思いますが)。それこそ「クーデリアを無事地球の指定された場所に送り届ける」がこの作品の最初にして最終目標になるとは思います。仕事的にもそこで区切りになるし、今回の最後のシーンがそうだったように「地球に送り届ける」といっても今まで以上に一筋縄ではいかないのは明白ですのでそれを乗り越える「苦境」「ハードル」という山場が作られるのも明らかですし。

そこがポイントなら2クールで終わるかな、と。あとは正直、人気次第になるでしょうね、現金な話ですが。『Gレコ』も2クールだったわけでガンダムシリーズも他のアニメと同じように1年4クール作る時代ではなくなったのかもしれません。

ただ先に挙げたように鉄華団が仕事をする組織であり続けるなら人気や売上次第では「分割2クール」ではなく「第二期」という形でスタートは出来る気もします。新しい仕事を彼らが受注すればいいだけですから。
ガンダムフレームも全72種類あるわけで、当然今回の2クールだけで全部出てはこないでしょうし、そういう意味でもマージンがある作品ではないしょうか。


それにしてもキスシーンがコメディテイストになるガンダムシリーズはたぶん後にも先にもこのシーンだけでしょうねw 私も笑いました
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2015.12/30 07:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第13話

「葬送」 昭弘を庇って命を喪った昌弘。ブルワーズの母船に突入し、デブリとして匿われている子供たちを発見する鉄華団。しかし、その少年たちは、鉄華団に牙を剥く。そして、戦いの最中、敵を倒すこと、殺すことを「楽しい」と自覚する三日月…… なんか、戦死者が出る、というパターンの中でも一番、エグい展開になったなぁ。 単純に戦闘で死ぬ、というのならばともかく…… 助けようとした少年兵が、...

思い出と一緒に/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ13話感想

 オルフェンズの感想は湧き上がるもので書けたけど、さすがに今日は燃え尽きてるな(ヽ´ω`)……Working!は明日見て感想を書こう。コンレボの後だけど。 >拍手返信:雪光さん  鉄血のオルフェンズ12話、上手い意味でスッキリしない回でしたねー。鉄華団とブルワーズの相似性をオルガ達にではなく視聴者に見せつけてくる、というのが実に薄ら寒い気持ちにさせてくれます。そして尚の事夢中にな...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #13「葬送」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第13話を見ました。 #13 葬送 ブルワーズとの戦闘で敵味方共に多くの犠牲が出てしまい、オルガは生き残ったブルワーズの子供達を引き取ることを決める。 「どうして?俺達はさっきまでアンタ達とやり合ってた。なのに…」 「それが仕事だったんだろ?なら仕方ねえ。それともお前らはやりたくてやってたのか?」 「違う!…俺は今までなんも考え...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」感想

マサヒロ死亡、 グシオンVSバルバトス決着、 マクギリス暗躍(?)、 葬式、 アトラとフミタンのおっぱい格差、 アキヒログシオン搭乗決意 と、今回も盛りだくさんだなぁと思 ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話「葬送」感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話の感想です ≪あらすじ≫(TVアニメ公式サイトより引用) ブルワーズとの戦闘では敵味方ともに多くの犠牲が出てしまう。残された者は死んだ者たちが生まれ変われることを祈りながら葬儀を執り行う。 残された者は何を思うのか。 ブルワーズ戦決着。敵味方共に多くの犠牲を出した熾烈な戦闘は鉄華団の勝利で終わる。 今回はその戦い...

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たち13仲間たちの死を葬儀で送り出し戦場で生きる現実と不安を感じ受け止めてくれる人の存在の大切さが示された

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第13話はブルワーズとの戦闘で昭弘は昌弘を失った。そして三日月は昌弘を殺したグシオンを葬り去ったが殺しを楽しんでいるのか?という ...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第13話 『葬送』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.12.27バンダイビジュアル (2016-01-29)売り上げランキング: 72Amazon.co.jpで詳細を見る  先週のラストのせいで欝々とした気分で過ごしたこの一週間(;´Д`)  しかしながら、13話を観終わった今ではけじめの儀式・葬送のおかげで、...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話 『葬送』 葬式って何?にビックリ、ラストの三日月に二度ビックリ。

この世界には葬式という習慣があまり無い。多分宗教の影響力が著しく衰退しているんでしょうね。神も仏も居やしないという末期的な状況だから。なので葬式をやると言われてもピンと来ない。金と時間の無駄だろうと。生まれ変わり=輪廻転生の話もオカルトにしか聞こえないんでしょうね。 泥沼の突入戦。海賊船に子供。多分嘗ての自分たちと同じ売られて使い捨てにされている子供。俺たちは敵じゃない。でも向こうは撃ってく...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話「葬送」

宇宙花火。宇宙に比べれば人の一生なんて一瞬で散る花火のようにちっぽけなものだろうなあ。 けど、宇宙で散る事を恐れず、懸命に生きるヒューマンデブリ達の姿はその花咲き輝く一瞬のようにふつくしい…。 …なんてね♪そんな超どうでもいい事をボーッと見ながらボーッと思った前半戦終了回。 さながら嵐の前の静けさ。後半戦に期待かかる。 震える三日月くん。色物キャラの楽しんでるだろとかいう...

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】  第13話『葬送』  キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話『葬送』 ブルワーズ編、衝撃の完結でした。 葬式の後、震える三日月の隣に立っていたのがクーデリア。 まさかキスしちゃって(笑) 隣の子が可愛く見えたんですかね? アトラちゃんは恋愛で負けちゃうのか、それともハーレム計画を発動するのか(笑) 2クール目にも期待できそう♪ 以下は、 ネタバレ含みますのでご注意ください。 ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯13「葬送」

評価 ★★★★☆ 鉄華団……散らない花と名づけられた彼ら……              

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……