FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話
『ヒューマン・デブリ』


≪あらすじ≫
哨戒に出ていた昭弘とタカキは、正体不明の敵と遭遇し戦闘状態に入る。襲撃者の正体は火星から地球にかけて活動する海賊のブルワーズだった。
公式HP あらすじ より抜粋)



≪感想≫
戦争は人が傷つき、死んでいく。その人は敵かもしれないし、仲間かもしれないし、そのどちらでもない全くの無関係の第三者かもしれない。だからこそ、その中で人は命の大切さを学ぶ。いや、学ばされるというべきか。学ぶなんて綺麗ごとじゃないんだろう、きっと。それを嫌でも思い知らされ続ける。それが、きっと戦争。

命は大切だ。生きていることに価値がある。そして味方であっても、敵であっても命の価値はすべからく平等だ。

それが良く分かるのが、鉄華団とブルワーズそれぞれに犠牲者が出て居ること。ただ、鉄華団のタカキは一命をとりとめ、ブルワーズのヒューマン・デブリは命を落としたであろう、ということだ。
共に敵に傷つけられた仲間。それでも、少なくとも今回の鉄華団はタカキが一命をとりとめたことを喜び、そうした中にブルワーズの敵意や憎悪を見せる者は表面上いなかったが、一方でブルワーズの昌弘をはじめとしたヒューマン・デブリたちは仲間が命を落としたことで鉄華団を憎悪している。

鉄華団を憎悪しているのはヒューマン・デブリたちだけではない。尊敬しているクランクを三日月に殺されたアインもまた同じだ。そのためならば自分の主を転々と変える汚名をかぶろうが構わないとすら考えている。
順調に見える鉄華団だが、その足跡には着々と憎まれる構図が出来上がりつつある。すでにそのチョビヒゲとやらの憎悪が今回鉄華団とタービンズを襲ったのだ。


故 に 後 に は 引 け な い


鉄華団はタカキが一命をとりとめたとはいえ重傷を負わされ、タービンズともどもテイワズがバックにいると知りながら売られた喧嘩を軽んじるわけにはいかないだろう。

ブルワーズも同じ、か? ブルワーズそのものは海賊行為の相手でしかないから「後に引けない」という状況とも限らないのだけど、チョビヒゲ(たぶんトドだろう。良くあの状況から、ギャラルホルンから極秘裏の裏の仕事を引き受けられるくらいになったもんだ)からクーデリアについて吹き込まれている分、目の前の「お宝」を逃す真似はしないだろうし、なによりブルワーズのヒューマン・デブリたちは仲間を殺されているため、後には引かないはず。

一方で昭弘も、昌弘もそういった組織の思惑や仲間たちの感情とは裏腹に生き別れの兄弟のことを考えている。前回、私は記事の中で家族に置いて血のつながりが全てではない、と書いた。それは今も変わらない。たぶん親の顔すら覚えていないだろう昭弘たちにとって兄弟はたった二人の家族であり、売られるまでは濃密な時間を過ごしたと思うから。昭弘にとっても昌弘にとっても今の組織や仲間たちとはまたベクトルの違う時間の積み重ねと信頼が出来て居るのだと思うし、だからこそ二人とも今と昔の間で板挟みになっている。

昭弘も、そして昌弘も、たぶん立ち止まりたい。立ち止まって何がベストなのかじっくり考えたいし、叶うならば引き返してしまいたい。

けれど、それは許されない。

それが許されないのが、戦争なのかな、と。互いに互いを殲滅し尽すまで終わらない。全員を殺すか、全員を自分の監視下の牢獄に入れて人知れず拷問や懲罰を与えないと終わらない。そしてまた憎悪が生まれる。
「憎しみの連鎖」、なんて言葉はもしかしたらあまりに在り来たりな言葉なのかもしれないけど、実際にその通りなのだからこの言葉を使うしかないんじゃないかな。今も、昔も、そしてこれからも、どんな大義名分や綺麗ごとを口にしても人を傷つける戦いなんていうのはそういういものでしかない。

それでも戦争を止めるためには立ち止まらないといけない。双方が立ち止まるきっかけを作れるか。立ち止まって考えられるということは、交渉のテーブルにつくということ。互いに妥協点を見い出すこと。
その鍵は、この作品ではクーデリアということなんだろう。

彼女自身が争いの鍵となり、そしてそれを収められるかもしれない鍵である。またしても戦場での自らの無力感を覚えたクーデリアが、また一皮むけられるのかがポイントだ。


余談。
子供とはいえ団長相手に「船医の一人も抱えていないなんて団長失格」と言えるメリビット。彼女の役目はもしかしたらオルガとのラブロマンスというよりは、オルガの母親役なのかもしれない。いや、もちろん展開次第ではラブロマンスもあるのかもしれないが、現段階では背伸びして大人に追いつこうとしているオルガが、子供ゆえに足りない知識や経験というものを彼女が時に背中で、時に口頭で教えているように思える。

それだけなら母親役ではなく教師役なんだろうが、出会いでのハンカチの一件があるから母親役という方がしっくりくる、という感覚が私の中にある。

銀行部門で働くために強い数字面だけでなく、組織運営で必要なことを今後もオルガは学んでいくのだろう。今は無理だが、人員を確保できるなら船医を見つけようともするだろうし。
一方で賢くなっていくことと鉄華団を守るという覚悟が、いずれオルガが大切なものを見落とし零し落としそう。というか、そういうのがテンプレな展開だからね。

まぁ、そこで大切なものを見誤らせないための名瀬なのかもしれないが。


余談その二。
第四形態となったバルバトスの新装備・太刀。現段階だとメイスの方が強いな(苦笑 今後は使い手である三日月自身が剣術を覚えることで使い方を学んで切れ味が本来の物になる、という感じかな。
にしても、グシオンのガス欠、設定通りとはいえ結構早いなw

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5374.html
・http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu011.html
・http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52141623.html
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1615.html
・http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1126.html
・http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-189.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12532.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2442.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4465.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2458.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/12/gtk-11.html
・http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-1123.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5789.html
・http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1052.html
・http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-756.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5575.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます

Comment

積み上がっていく感情 


月詠さん、こんばんは。

僕も「メイスの方がいい!(カッコいい!)」って思いました。
!(b^ー°)
「切れない刀じゃなぁ…」とも思ったのですが、
確かに今後三日月が「剣での戦い方」を習得することで、変わってくるでしょうね。

タカキを連れて帰還した昭宏の
「最近楽しかった」って言葉は、シンプルだけど重く切なく感じました。

僕の先週の鬱予想(・_・;)と違い、昌弘は生き延びていた訳ですが、
「イヤなことが先に延びたな…」と、素直には喜べない自分がいます…。
  • posted by IDE 
  • URL 
  • 2015.12/13 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

>IDEさん 

こんばんは。

現状、斬れない刀だと意味はないですね。峰打ちで打撃武器として使うならメイスの方が良いですしね。

命の大切さを切実と描くなら、そこで「死」というのはきっと避けられないのでしょう。描くならこのタイミングだと思いますし、これだけフラグ立てておいて誰も死なないならそれはそれで凄いところですが(笑
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2015.12/14 20:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供対子供の構図と子供達の限界-「鉄血のオルフェンズ」11話感想

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」11話を視聴。 今回は子供対子供、そして鉄華団の子供達自身の限界と それでも生きていかねばいけない物語を描いた展開だった。 子供対子供という戦いの構図 今回は昭弘が物語の中心だった。 今までの鉄血は子供の鉄血団と大人側のどこかの勢力という戦いの構図だった。 今回は敵側のブルワーズに同じ子供のヒューマンデブリで昭弘の弟であ...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」感想

今回も面白かった。特に、三日月がバルパトスと心を通わせているシーンにグッときました。 タカキはやばそうだったけど、死ななくてよかった。 そして、メリビットさんの ...

お前の兄弟だってんなら/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ11話感想

 今週はポン刀あまり役に立てなかったが、それで初見の敵の装甲の隙間をきっちり突き抜く三日月ってこれもまた大概な。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11

『ヒューマン・デブリ』

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11「ヒューマン・デブリ」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第11話を見ました。 #11 ヒューマン・デブリ 「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中、数は3です」 「所属不明だと!?距離は?」 「約1600.ユージン、援護を!」 「無茶言うなって、昭弘に当たっちまう」 「ハンマーヘッド応援頼め」 哨戒に出ていた昭弘とタカキは正体不明の敵と遭遇し、戦闘状態に入っていたが、そこにバル...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第11話

「ヒューマン・デブリ」 所属不明機に襲われたイサリビ。三日月の応援によって何とか、その場の危機を脱する昭弘とタカキだったが、敵の攻撃は執拗で…… 「ミカ、あれはどうする?」 「あぁ……敵から離れていっているし、回収はあとで良いでしょ」 「……鬼かよ……」 昭弘にすら呆れられる三日月の鬼畜っぷり……おやっさん……(笑) と、いきなりギャグから始まったわけだけど、前回のエ...

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 85Amazon.co.jpで詳細を見る  ヒューマン・デブリである昭弘と仲間たちの絆に胸温められたり、  アルミリアの天真爛漫さに和んでいたり、ブルックやクダルのキャラデザに腹を抱...

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」戦場に生きる少年たち11昭弘は生き別れになった昌弘との再会に複雑な気持ちになるも生きていた事を知った事で前を向いた

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第11話は正体不明のモビルスーツと交戦になった三日月だったが、予想以上の数の多さに苦戦し装甲の堅いMSに苦戦する。しかしタービン ...

「ヒューマン・デブ」(鉄血のしんぼたくろう11話感想)

 死亡フラグを速攻で叩き潰してくれるミカには困るね・・・いやぜんぜん困らないけど ずっと楽しいコトばっかりだったからと言わんばかりの悲劇の序曲ですが今後どうなるか怖いなぁ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』 マサヒロは生きていた。

雪之丞のおっちゃんも大変だ。モビルワーカー専門なのにバルバトスの整備。しかも今回は宇宙船の運転まで。ブーブー言いながらもこなしちゃう…と思ったら運転できてない。しかも三日月からは回収後回しにされるし。  あいつも阿頼耶識使いだ!敵もまた少年。しかも三日月に一人殺されていきり立っている。可哀想だけど三日月とバルバトスの敵じゃない。と思ったらワラワラ出てきた。しかも一機は...

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第11話『ヒューマン・デブリ』 キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話『ヒューマン・デブリ』 感想(画像付) 海賊がマジ残虐非道(笑) ある意味リアルね。 本当の海賊はクズの犯罪者ですから。 マクギリスの婚約者アルミリアちゃん、可愛すぎです(笑) マッキーと呼ばれてるのか(^^;   鉄華団を攻撃したのは海賊ブルワーズ。 その中には、明弘の弟・昌弘の姿があった…。 戦いの中、人質に取られ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」

お~なんかバルバトスがすごい形態になってる

機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ  第11話「ヒューマン・デブリ」感想

「無駄ァ!」 グシオン硬すぎ! まあ武装もまだまだ強いのが出てくるのでしょう。 以下ネタバレあり

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11 「ヒューマン・デブリ」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話の感想です。 海賊襲撃! ガンダムグシオン ガンダム・・・という感じはまったくないですね; 遠距離でも近距離でもかたすぎてどうにもならない感じなので どうやってけりをつけるんでしょうね; クーデリアはまた落ち込んでいる模様。 何もできなかったと・・・ やる気になっての繰り返しなので そろそろ何とかしてもらいたい...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯11「ヒューマン・デブリ」

評価 ★★★★ 見なくてすむならその方がいい              

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……