FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

地獄少女 二籠 第9話

アニメ感想
地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」

<あらすじ>
大好きで大嫌い

優しくて残酷

愛しくて憎い

須崎真帆(すざき・まほ)には、そう思える兄・幹夫(みきお)がいた。すでに両親が他界している須崎家では、真帆にとってたった1人の肉親。それでも抱く憎悪の気持ちは、近親憎悪と呼ぶには生易しいものだった。

その日も真帆は、彼氏に別れ話を切り出されていた。原因はすでに解っている。
他に好きな人が出来たから。
真帆が彼氏や自分に気のある男友達から別れ話をされるのはいつものことだった。そして、理由もいつも同じ......。

彼氏と別れた次の日の朝、いない親に代わって家事全般を担当している幹夫は必死に真帆を励まそうとしながら、味噌汁を真帆に出す。
「あっ」
味噌汁が注がれた御椀を受け取ろうとして指と指が触れ合っただけで声を上げる2人の姿は、端から見れば純朴な恋人同士にも見えなくないほど。

そんな兄と妹の生活が変わり始めたのは、真帆に言い寄る別の木崎(きざき)と言う真帆と同じゼミの男が現れてからであり、そしてあい一目連が真帆の前に現れてからだった。


続きはOPENからどうぞ。



<あらすじ・ネタバレ>
地獄通信にアクセスし、あいと、そして一目連と会う真帆。藁人形を受け取り、あとはいつでも糸を解くだけ。そんな真帆に、一目連は興味を抱く。
一方、女性顔負けの美貌で活躍する大人気のモデルの幹夫は、ちょうどその木崎と言う男が、真帆をマンションまで送ってきたのを目撃した。表面上は、妹想いの物分りの良い兄としての表情を見せながらも、その眼は明らかに敵意が宿っていた。

「毎晩遅くまでカラオケボックスでバイトしてるんだって。偉いよね」

真帆の言葉で何かを決意する幹夫。だが、それを真帆は知っていた。夜の公園で真帆は一目連と会う。観察していると言う一目連に、真帆は今夜兄が動く、とだけ教えた。

真帆の思惑通り、幹夫は動いた。真帆はおろか女性が自信をなくしてしまいそうなほどの絶世の美女に成り代わったミキこと幹夫は、真帆に言い寄る木崎の勤めるバイト先に顔を出す。飲み物をこぼすフリをして、相手にこちらから気があることをアピールしたら、木崎は真帆に告白していたことさえ忘れて男とも知らず、あっさりとミキに心も身体も傾いた。

幹夫が少し度の過ぎた妹思いだと思っていた一目連は、軽くショックを受けていた。「人間の業ってのはキリがねぇ」と呟く輪入道の言葉を一目連が聞いている頃、マンションには朝帰りの幹夫が帰ってきた。朝シャンをしていた真帆は、何をしていたのか想像はついていた。予想通り、その日のキャンパスで木崎からは告白を無かったことにしてくれ、と言われた。

もう、知らぬフリをし続けることは、真帆には出来なかった。

自宅に帰ると、夕飯の支度をしている幹夫の隙をついて兄の部屋に忍び入る。兄が、使っているバッグの中からは、女性用のワンピースとそして付け髪が。

「どう?」

兄が自分の彼氏を奪おうとして使ったワンピースを敢えて着て出て来る真帆。その姿に、幹夫は撮影用で真帆に似合うと思って……と呈の良い嘘を吐くが、真帆は全てを知っていた。

「似合う?」
「に、似合うよ」
「……嘘。お兄ちゃんの方が似合うくせに」

真帆は、全てを暴露した。幹夫が女装していること、そして女装して真帆の彼氏を寝取っていることも全部知っている、と。

「どうして私の彼氏なの! 他の人じゃだめなの!?」

兄が同性愛者だと思っていた真帆。だが、それは違った。いや、もしかしたら真帆は兄の本質を知っていたのに、敢えてそれを知らないフリをしていたのかもしれない。同性愛者などではない。本当の兄の想いを。

「……好きなんだ。……真帆が、好きなんだ」

そう、幹夫は同性愛者などではなかった。幹夫が望んだのは、妹の真帆だったのだ。だから、真帆に言い寄る男が許せなかった。それは純粋な嫉妬だった。
思いの丈を暴露したことで、歯止めが利かなくなって真帆を押し倒してしまう
幹夫は、自分が真帆を傷つけていると知ると、「仕事に行ってくる」と嘘を吐いて家を飛び出した……。

「道に迷ってるんだ……助けて。助けて、地獄少女」

妹を女として愛してしまった兄。人の道に外れていると思ったのだろうか。真帆は、藁人形の糸を解いた。

女装して夜の街に飛び出した幹夫。鏡に写る自分を見て、「女でいなくちゃいけない。真帆を傷つけないために」とミキでいることを決意する幹夫。外見では男とは思えないほどの美貌を夜の街をはびこる男が放って置くはずもなく、そう決意したものの数分でホテルに誘われた。真帆に手を出す男がこの世から一人でも減るならば、とそれを受け入れる幹夫。

そこに現れる一目連と輪入道。輪入道は大きな鏡に変身すると、男としての幹夫を映し出す。ブラックホールのような鏡の奥には、真帆の姿―――いや、そう見せかけて登場したのはあいだった。





「いっぺん、死んでみる?」




地獄へと流れる中、幹夫は平然としたままそれを受け入れていた。

「これで、真帆を傷つけなくてすむ」

どこまでも妹である真帆を妹として女として愛し続けた幹夫の末路だった。


一方、幹夫が地獄に流れた須崎家では、一人ぼっちになった真帆が兄の部屋でこれまで女装に使っていた服を眺めていた。胸に刻まれた地獄印。真帆は、契約を結ぶ時、これがなくても今の自分は天国にはいけないと言っていた。真帆は、最初から知っていたのだろう。兄が自分を女として見ていることも、そして自分が兄を男として見ていることも。

「すぐに行くから……」

失って明確に気づいた兄への男としての気持ち。

「妹であり女、兄であり男。その間で迷っちまったのかねぇ、あの2人は」

藁人形としてずっとこの兄と妹の傍にいた骨女は、ただそう呟き、2人を見続けた一目連はマンションのその部屋をただ見上げていた。


<感想>
お仕置きシーンふっかーつ!!
━━キタヨキタヨヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノキチャッタヨ-!!!!!!━━━!!!
とは言っても、ほんのわずかでしたけどね。おまけに幹夫が地獄に流れることを受け入れてましたし。

推測ですが、あらすじでも補足したように真帆は最初から全部知っていたんだと思います。兄が自分に向ける想いも、自分が兄へ向ける想いも、全て。太陽と月、光と影、そんな相反する気持ちはきっと妹としての感覚と女としての感覚なのでしょう。

なぜなら真帆は全て知っていたのに、それでも敢えて男にマンションの前まで送らせ、男のバイト先を幹夫に教えていたから、です。
これこそが、私の推測の証拠。もし、幹夫のしていることを知って兄を単に憎悪しているのであれば、男の存在を幹夫の前で言う必要性はない。ましてや、男のバイト先を教えるなんて、幹夫に「ここにあなたの真帆を狙う男がいるから、どうぞ寝取ってください」と言っているようなもの。そんなことを敢えてする、と言うことは、真帆は真帆できっと幹夫の行動に怒りを覚える一方で、嬉しいとも感じていたんだと思います。

幹夫が、自分ではない他の誰か別の男と自分(真帆)が一緒にいることに嫉妬している。

たぶん、これは普通に嬉しいのではないでしょうか? 恋人やあるいは気のある人が、そうやって嫉妬してくれることって。だから真帆は、妹として彼氏を寝取る兄に怒りを覚える反面、一人の女の真帆として他の男が近づくことに嫉妬する幹夫に嬉しさを覚えていたはず。だからこそ、幹夫はあんなことをしていたわけで、そして真帆はそうして欲しくてわざわざボーイフレンドのバイト先を教えるわけですから。

骨女が最後に言った通り、この2人は肉親であることと、それ以前に人間として男女であることの間に囚われて身動きが取れなかったんだと思います。もし、2人一緒にどっちかに完全に傾いてさえいれば、今回のようなことにはならなかったかもしれませんね。と言うか、ならなかったでしょう。

ラストは、間違いなく真帆は自殺したでしょうね。兄を失って、真帆は幹夫を改めて兄としてではなく男として実感しているような感じでしたし。

と言うか、幹夫に寝取られた男は、つまり幹夫と寝たのか? わざわざ次の日になって、真帆に別れを持ち出すくらいだからなぁ……。相手が男だと判ったら、踵を返して真帆の下に戻ろうとしないのだろうか??


次回は「曽根アンナの濡れた休日」。えっと、閑話休題? 主役は曽根アンナこと骨女。曽根って骨女の人間界での仮名なんですね。てっきり、前回っきりの使い捨ての名前だとばかり思ってました(前回は、曽根と言う体育教師として中学校に潜り込んでいる)。


<MVC>
骨女
「妹であり女、兄であり男。その間で迷っちまったのかねぇ、あの2人は」

何となく、このセリフが一番印象に残ってました。例え方が、気に入ったんだと思います。あの2人を、劇中では描かれなかったものの藁人形として傍にい続けた骨女だからこそ言えたセリフなのかもしれません。

番外編
一目連
「俺ほどじゃないがいい男」

なんか、一目連がいつもよりはっちゃけてます。まぁ、本質はこう言う男だったんでしょうから、全然違和感が無いわけですが( ̄∇ ̄;)


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50681977.html
・http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/50840664.html
・http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50462502.html
・http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50783667.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/mireiyumoe2/44111938.html
・http://chalcograhie.blog21.fc2.com/blog-entry-1942.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-434.html
・http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/blog-entry-808.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-391.html
・http://penpen-shogi.moe-nifty.com/sasayaki/2006/12/post_698f.html
・http://raitoningu.at.webry.info/200612/article_2.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1030.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-274.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2006/12/post_439f.html
・http://yuima.blog6.fc2.com/blog-entry-619.html

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」

「あにいもうと」っていうタイトルからしてエロい!今回は兄妹の話。真帆は「兄のことが好きだが憎い」という複雑な気持ちを抱いていた。手が触れ合っただけで急によそよそしくなる2人に禁断のオーラを感

地獄少女 第9話 あにいもうと

地獄少女 第9話 あにいもうと エロ漫画とかだったら、そんなネタがあってもおかしくないが、実際にそんな展開になってしまいそうな流れがあるので、夜7時というゴールデンタイムで見ていると、たま~に気まずい感じになってきます。

地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」

第9話 「あにいもうと」兄と妹の愛憎の結末――。んー、正直ニガテな内容です^^;兄・幹夫の名を地獄通信に送った須崎真帆。あいは、すさまじい業を感じる。興味を持った一目連が、担当を願いでる。何か過去に兄妹って

地獄少女 二籠・第9話

「あにいもうと」 実の兄を地獄へと流そうとする少女。彼女は、いつも恋人に振られて

地獄少女 二籠 第9話

『あにいもうと』「私は閻魔あい…」「お兄ちゃんの妹と見せかけて、フェイントをかけたなの」祝コント復活! しかし、まだまだウォーミングアップなので、本番は来週w で、今週のお話。今回は、設定だけでドキト

地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」:眼鏡一目蓮

今回はバレー延長のせいで何と4時から。本当に延長は鬱陶しいな・・・どうせ延長するってわかりきってるんだから最初から9時半まで枠取ればいいのに。今回の依頼人、真帆は前々回の依頼人である恵美と性格が似ている気がする

地獄少女 二籠 第9話感想

「第9話「あにいもうと」よ……」「ウヒョッ!? 今回エロ系??」「エエト…… リアルタイムでTVの前で構えていたんですけど、今夜の東京MXTVはご機嫌が宜しくなくて、音声が聴き取れなかったんです…

地獄少女 二籠 第九話 「あにいもうと」

 少女が告白された。 しかし次の日には、彼は去っていく。 次の彼も、次の彼も、皆、去っていく。 彼らは少女を嫌ったのではなかった。 新たな、より熱く燃え上がる恋を見付けたのだ。 その相手は、 他ならぬ少女の兄だった――。

地獄少女 二籠 第九話 「あにいもうと」

 少女が告白された。 しかし次の日には、彼は去っていく。 次の彼も、次の彼も、皆、去っていく。 彼らは少女を嫌ったのではなかった。 新たな、より熱く燃え上がる恋を見付けたのだ。 その相手は、 他ならぬ少女の兄だった――。

地獄少女 二籠9話「あにいもうと」

BLでも百合でも無く、お兄ちゃんは妹萌えですた。生まれる前から好きって…キモーイ!

地獄少女 二籠 第09話 あにいもうと

兄妹ではなくあにいもうと。そこになんの意味があるというのだろうか。いやいやいや、女にしては声太すぎでしょいくらなんでも。無理がありすぎるとかいうレベルの問題じゃあない。男が男を寝取りデスkアッー!ホテルに消えていくとかヤバイでしょう。業が深すぎ...

地獄少女 二籠 第09話 あにいもうと

兄妹ではなくあにいもうと。そこになんの意味があるというのだろうか。いやいやいや、女にしては声太すぎでしょいくらなんでも。無理がありすぎるとかいうレベルの問題じゃあない。男が男を寝取りデスkアッー!ホテルに消えていくとかヤバイでしょう。業が深すぎ...

地獄少女 二籠 第09話 あにいもうと

兄妹ではなくあにいもうと。そこになんの意味があるというのだろうか。いやいやいや、女にしては声太すぎでしょいくらなんでも。無理がありすぎるとかいうレベルの問題じゃあない。男が男を寝取りデスkアッー!ホテルに消えていくとかヤバイでしょう。業が深すぎ...

地獄少女 二籠 第09話 あにいもうと

兄妹ではなくあにいもうと。そこになんの意味があるというのだろうか。いやいやいや、女にしては声太すぎでしょいくらなんでも。無理がありすぎるとかいうレベルの問題じゃあない。男が男を寝取りデスkアッー!ホテルに消えていくとかヤバイでしょう。業が深すぎ...

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第9話 「あにいもうと」

地獄少女 二籠 箱ノ一彼が出来てもなぜか、すぐにふられてしまう真帆。しかし、家に帰ればそんな真帆を優しく励ましてくれる兄・幹夫がいます。しかし、真帆はそんな兄に対してある複雑な感情を抱いていたのでした・・・。

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第9話 「あにいもうと」

地獄少女 二籠 箱ノ一彼が出来てもなぜか、すぐにふられてしまう真帆。しかし、家に帰ればそんな真帆を優しく励ましてくれる兄・幹夫がいます。しかし、真帆はそんな兄に対してある複雑な感情を抱いていたのでした・・・。

地獄少女 二籠 9話

今回の地獄少女 二籠は、兄妹の禁じられた愛。今回も歪んだ愛ですね。依頼者・須崎真帆を神田朱美さん、ターゲット・須崎幹夫を森久保祥太郎さんが演じました。

地獄少女・二籠 第09話「あにいもうと」

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:中山岳洋 作画監督:野口和夫 総作画監督:岡真里子毎度ナツコさんはやってくれるなぁ。兄はオカマだと予想してたのに、女装で男を魅了するモデルさんだったとは。おまけに近親相姦、予想の斜め上を行ってました。兄が妹を溺愛して体を

地獄少女のトリビア34

神話の時代神代の世界では最初の人類が兄妹の近親相姦になるのは仕方の無いことです。パートナーの選択肢がないのですから。日本でも御他聞に洩れずイザナギイザナミは兄妹婚に間違いありません。アマテラスとスサノオも

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……