刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

地獄少女 二籠 第7話

アニメ感想
地獄少女 二籠 第7話「絆」

<あらすじ>
茂木恵美(もぎ・えみ)は、今家族の中で奮闘していた。2ヶ月ほど前、4人家族の1人である兄・達也(たつや)が雨の中バイクを運転中にスリップして死亡した。その日から、家族は変わってしまった。

達也を溺愛していた母・和子(かずこ)は、HPを立ち上げ市の責任を訴え、告発の運動にのめり込んでいく。そんな母であり、彼にとっては妻であるはずの父・博之(ひろゆき)は、それに何も言うことはない。恵美だけが、何とかしようと頑張り続けていた。夕飯の支度はもちろん告発のための運動しかしない母に代わり家事を行い、母の付き添いのために学校を休む日々。それでも、家族としての絆を取り戻すため、ただ奮闘し続ける。

そんな恵美の机の一番上の引き出し。開けると、そこには兄の遺品から持ち出した赤い糸が巻きつけられた黒い藁人形が入っていた。ふと、気づいた時には恵美の背後には、あいの姿が。あいと、そして藁人形の存在から、恵美はあいが地獄少女であることを察知する。

「それは私があなたのお兄さんに渡したもの」
「これ、私でも使えるの―――」

藁人形が兄のものである以上、兄が誰かを怨み地獄に流そうとしていることは明白。その相手も妹である恵美には少しだけ予想は出来たが、今はそれにふれることはなかった。ただ、それが自分でも使えるのか、それを尋ねようとしてあいは消えた。


続きはOPENからどうぞ。



<あらすじ・ネタバレ>
達也の事故は、和子がメディアに登場していることもあってマスコミの格好の餌になっていた。外に出れば、和子とそして恵美は付き纏われ、動くことすらままならないほどだ。ついに恵美の学校にまでマスコミの姿が。

しかしそれは、「石元 蓮」と名乗る一目連だった。最悪彼女の手によって糸が解かれる可能性を感じているのか、マスコミの取材として彼女に接近し様子を伺っていた。だが、さんざんマスコミに追い掛け回されているのか、恵美の反応はよろしくない。「母にとっては兄が全てでしたから」そう言って、立ち去る恵美。

「取材記者ってのは失敗だったねぇ」
「骨女……」

骨女にそうちゃかされるも、一目連はその言葉が気になっていた。


和子の運動へののめり込みは日々、エスカレートしていく。自分の中に描いた達也像だけを真実とし、他の人―――それは家族であるはずの父や恵美の言葉すら受け付けない。しかし、ようやく市から道路整備へ乗り出すと言う報が入った。これで少しはよくなるかも、と言う恵美の願い。陸上部を辞めてまで母に付き添ったその報いがようやく来るかもしれない。それをお祝いしようと、レストランを予約した恵美。3人になったけどそれでも歩み直せる第一歩、恵美はそう考えていた。だが、それは無残にも切り捨てられた。

市は、道路上の欠陥を認めず、ただ形だけ道路整備を行うというものだった。他にも、マスコミの調査で市長と建設会社の癒着や愛人問題などが浮かび上がったせいもあって、マスコミによる過熱報道は一気に沈静化。もう誰も、彼女たちも、事故にあった兄のことも取り上げるマスコミは無くなっていた。

和子はレストランでの食事のことなどあっさり捨てて自宅へと翻す。和子は、ただ探していたのだ、自分のこの憤りをぶつけられる犯人を。しかし、雨の日のカーブでの事故。スリップした勢いとは言え、近くにあった地蔵の首を刎ね飛ばすほどの衝撃から考えれば、速度もそれなりに出ていたはず。犯人なんているはずなかった。

「そんなこと解ってるんだよ!」

それを相談した父から返ってきた言葉はいつになく語気の強いものだった。

後日、母は数百万の大金を借りてきた。これで本を書いて日本中に達也の素晴らしさを伝えたいらしい。そしてどうやって拾ってきたのか、達也が死んだときに刎ね飛ばした地蔵の頭を大切そうに抱えている。意味も無く大音量でテレビをつけたままの母に怒鳴るも全く聞く耳持たない。帰ってきた父は、だいぶ酒を飲んでいた。母が大金を借りてきたことを告げても、それなら家でも売って、足りなかったらお前が働け、と言う父。今まで味方だと思ってきた父からの言葉に動揺し、作りよそったシチューを床に落としてしまう恵美。割れた皿から漏れるシチューとその具は、まるでもう取り返しがつかなくなってバラバラになっていく家族のようにも思えた。

部屋に駆け込む恵美。

「……頑張って……きたのに」

そして引き出しを引き、中にあった藁人形を掴む。脳裏を、死ぬ直前に話した兄との会話が蘇る。

『ああしろ、こうしろって俺は母さんの人形じゃねぇっての。早くいなくなってくれれば良いんだ。そうすれば、家族は上手く行くんだ』

あの時には解らなかった兄の言葉とその意味、そして気持ち。それが今の恵美には、解ってしまった。兄が地獄に送ろうとしていたのは母だったはずだ。自分を着せ替え人形か何かと勘違いし、思い通りになると思っている母の態度は、兄にとって自分の存在と自我を否定されるのと同義になっていただろう。だからこそ、兄は地獄に流す決意をしたのだ。だが、幸か不幸か紐が解かれる前に、兄は死んでしまった。

「解りたく……なかったよ」

兄の抱いた気持ちは、恵美からすれば一生解りっこない気持ちだった。母から必要とされる兄は、必要とされない自分とは違う。だから、その気持ちは解らないはずだったのに、最後には同じ家族で違う期待をされた2人の兄妹は同じ結論に至ったのだ。
―――母はいらない
涙を流しながら、それでも恵美は糸を解いた。


地獄に流される和子。地獄と聞いて達也に逢えると嬉々する和子だったが、あいにも一目連にも解っていた。きっと、逢えない、と。

茂木家はその日を境にさらに変わった。まるで母が兄に依存していたかのように、母に依存した父は母を捜す旅に出た。1人となった恵美。でも、恵美は4人分の食事を用意するとそこに写真を立てる。

「変なの、全員揃ってるのにね」

楽しかった日々、まだ幸せだった日々。その過去にすがる姿は、形こそ違えど本質的には彼女が否定した母のようにすら見えた。


<今週のきくり>
あれって花の付け根を吸うと甘いってヤツですか? 私も昔、やったことがあります。意外と甘いんですよね、あれ。でも、あんなに大きくなかったような( ̄∇ ̄;)

と言うわけで、今週のきくりはそのお花。捻くれているきくりらしく、わざわざあいの吸っていた花を奪い取って「甘くない」と一言。むむ、さすがのあいも堪忍袋の緒が切れたのか? なんかきくりを無視して帰宅しちゃいましたね。いつも「この我侭娘め!」と思っているのですが、今週はあいの態度が態度だっただけに、「思い知ったか」って感じ(ぇ


<感想>
鬱だ……頑張った子が救われない、って言う展開は個人的に一番憂鬱になりますorz でもそれ以上に今回は不完全燃焼ですよ。だってお仕置きシーンが……。

にしても、最近はお仕置きのシーンが無いんですけど(´・ω・`)ショボーン 今回はかなり期待していたのに……。やっぱ尺が足りないのが問題なんですかね? 原作だとちゃんとしてる?? せめて舟で地獄に流すシーンだけでもお仕置きして欲しかった。だって簡単じゃないですか、お仕置きの方法なんて。達也を擬似的に登場させて、達也が母を知らないor無視するなどなど精神的ショックを与えれば、それでもう廃人と化すだろうに……。 まぁ、これまでの例とは違って一方的な「悪」と言うわけではないのですが、それでも家族がいながらそれを顧みない姿は私には「悪」かな、とも思える。

さて、一応検証してみますと、少なからず家族と言う形態が依存によって成り立っている典型として描かれたと思います。母は兄に依存し、父は母に依存していた(行方不明になった母を捜しに娘を置いてまで旅に出たのが良い証拠。普通、と言うと語弊があるが一般的にはさすがに娘を置いてまで行方不明の人間を捜しには出られないだろう。そのことからも父の母(まぁ父から見れば妻)への依存度の高さが窺える)。兄が何に依存していたかは不明ですが、妹の前では割と腹を割って話していたところを考えると少なからず妹には依存(と言うか信頼)をしていた。そして、妹の恵美は家族そのものに依存していた。だから1つの絆が壊れると、全部壊れるってオチですね。

あの母は普通に精神科にでも連れて行ってしまえばよかった。それは本来、伴侶であり、古い考えだが大黒柱である父の役目だったのだが、父が母に依存していたため、強気に出られず何も出来なかった。まぁ、それが全ての始まりでしょう。

欲を言うならば、兄が糸を解いておけば……とも思いますが、その場合は父が崩壊する可能性があります(おそらく母が兄に依存していたレベルで父も母に依存していた可能性が高い)。でも、可能性としては兄が指摘したとおり、家族は上手く行ったかもしれません。恵美には家事などを強いることになるでしょうが、あの父親が仮に母(妻)からの依存を脱却すれば、父・兄・妹でそれなりに幸せな生活が営めたと思いますから。

一応、和子(母親)の弁明をしておくなら、タチの悪い死に方(つまり交通事故)を兄がしたことが不幸でしたね。おそらく病気ならここまでならなか……いや、病気の場合は医者を告発しそうだ。うん、弁明は不可能です(ぇ

個人的なことですが、あの兄の気持ちは解らないでもないです。親や周囲から過度の期待を寄せられ、ああしろこうしろ(実際はこんな風には言われない。暗に間接的に「してみない?」とか「ちょっと手伝って欲しいんだけど」と言って誘導される。根本的に人が良いと断れないからさらに相手の術中にはまる)と言われると、「俺はあんたたちの操り人形じゃない」と思います。これは、マジで。私の体験談です(ぉ そこから先、あの兄のように「いなくなってしまえば良いのに」と思うかどうかはその度合いや何を期待されているのかにも寄るかと。

最後、恵美も若干壊れ気味だった(ように私には見えた)のは、本当に憂鬱でした。あんな健気で努力した人が報われないなんて……まぁ、報われないからこそ成り立つアニメでもありますが(ぇ


次回は「偽地獄通信」。次回こそ、お仕置きを(つД`)


<MVC>
茂木達也(兄)
「ああしろ、こうしろって俺は母さんの人形じゃねぇっての」

理由は感想で述べた通りです。そして、コイツがヒモを解いてさえいれば……。ただ、思うことは実の母の存在が、自分を人形のように扱っているからといって地獄に流してよいのか、と言うこと。まぁ、あの母親の場合、口で言っても無駄な気はしますが……。


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://blog.livedoor.jp/kabekabe123/archives/50809142.html
・http://blog.livedoor.jp/poohreeter55/archives/50772376.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/mireiyumoe2/43684758.html
・http://chalcograhie.blog21.fc2.com/blog-entry-1876.html
・http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-414.html
・http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/blog-entry-802.html
・http://igneele.blog58.fc2.com/blog-entry-235.html
・http://notokawaiiyonoto.at.webry.info/200611/article_35.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-358.html
・http://penpen-shogi.moe-nifty.com/sasayaki/2006/11/post_906d.html
・http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-997.html
・http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-241.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2006/11/post_a365.html
・http://yuima.blog6.fc2.com/blog-entry-612.html

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 二籠 第7話「絆」

息子の事故死で茂木家の生活は大きく変化してしまった。母親は息子の死後、生気が抜けたようになってしまい毎晩事故現場にフラフラと足を運んでいた。ひぐらしの鬼曝し編も母ちゃんの壊れっぷりが怖かったけどそれに

地獄少女 二籠 第07話 「絆」

幸せだった過去の話混ぜるとか、タチ悪すぎ…

地獄少女 二籠 第07話 「絆」

幸せだった過去の話混ぜるとか、タチ悪すぎ…

地獄少女 二篭 第7話 絆

冒頭からいきなり依頼者に、藁人形を渡すシーンで始まる。なので、藁人形になった輪入道は、今回、ほとんど出番なし。せめて恵美だけは、まともであって欲しかったが…母親を地獄に送り、一人、家のテーブルにみんなの遺影を並べて食事をするのだった。

地獄少女 二籠 第7話感想

「第七話「絆」」「ヒイイイッ!! こいつは酷ェ……」「ある家族の崩壊を垣間見ましたわー」「人を呪わばアナ二つ…… いっぺん、死んでみる……!?」「今回の依頼人は、恵美さんのお兄さん……ですけ

地獄少女 ニ籠・第7話

「絆」 交通事故で少年が死んだ。現場は、以前から危険な場所と呼ばれている場所だっ

地獄少女 二籠 第7話「絆」

第7話 「絆」  あいから藁人形を受け取った達也はバイク事故で死んだ――。契約を完了する前に…。怨んだ相手は誰だったのか?…そのせいで、藁人形役の輪入道出番なしですか。兄・達也の事故死によって茂木恵

地獄少女 二籠 第7話

『絆』これはなんのイヤガラセですか!? コントがないと、地獄へも流されがいがないじゃない!流されがいががいががい!w ならば、こっちにだって考えがあるんだからっ。笑いがなければ作ればいい。。。マジメにな

地獄少女 二籠 第七話 「絆」 感想

最近、依頼人達の人間模様が中心なのであい、きくり、三藁達の影が薄いですね。特に、輪入道なんて…今回は、姿さえ出てきませんでした。前々回、活躍した代償ですかね?(笑)

地獄少女 二籠 第7話「絆」:魔のカーブ

息子の事故死をホームページで取り上げる和子。いかにもフリー素材で作りましたって感じのホムペだな・・・wまあ軽そうだから見る人はありがたいかもしれないが。親父が趣味で作ったものを潰す和子。どう見ても八

地獄少女 二篭 第7話「絆」

 兄を溺愛するあまりその死を認められない母親を兄に代わって藁人形を引き継いだ妹の恵美(声:真堂 圭)が地獄に送るお話。

地獄少女のトリビア33

家庭崩壊。それ以前にどうしてお母ちゃんが妹に一顧だにせずお兄ちゃん一辺倒になったのかの秘密が知りたかったですね。よっぽど親父に失望するような事があって娘を作った以降はセックスレスだったのだろうと想像するしか

地獄少女・二籠 第07話「絆」

脚本:鈴木雅詞・金巻兼一 絵コンテ:小滝礼 演出:山口美浩 作画監督:飯飼一幸ドラマ化しても可笑しくない話でしたね、こんなに地獄少女の色が薄い話は初めてです。最初、お地蔵さんの祟りが始まると思いましたよ、まさかラストの母親の崩壊に使われるとは。2週連続で

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~