fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

結城友奈は勇者である 総評

結城友奈は勇者である 総評

讃州中学2年生の結城友奈は、「勇者部」に所属する13歳の女の子。
公式ホームページ 第1話より抜粋)



そんな『結城友奈は勇者である』の私の評価ですが...

D

です。(SS、S、A~Dの評価)


では、詳細は続きをどうぞ。



※あくまで評価は、私的主観によるものですのでご了承下さい。

結城友奈は勇者である 総評
放映日:2014年10月~2014年12月(全12話) 
私が視聴した放映局:TBS

総評
※評価についてはこちらからどうぞ→評価について。


シナリオ構成 評価:D
序盤の日常っぽいところや友奈のポジティブさがどうなるかと期待していたが、期待外れだった。日常系だと思ったらバトル系だったから、という理由ではなくて、もっとこうシンプルに、「ありふれたネタ」だったから、かな。

おまけに最終回もチグハグな感じ。いや、「名も知らない大多数を守る」ことと「少数だけど名前も顔も知ってる大切な人たちを守る」ことを天秤にかけたのは良い判断だったと思うんだ。その二つは、アニメに限らずフィクションの世界では割と定番な「問いかけ」だと思うし、それに対してどんな「回答」をするかが作品として伝えたいことが出やすいと思うし。

けど、なんかその答えも気合論というか精神論で曖昧にされた終わり方が最悪だった。別に全滅ENDや犠牲ENDを望んでいたわけじゃないけど、でももうちょっと……と。

この終わり方をするなら供物設定別に必要なかったしね。単に「自分たちは死ぬ思いで戦っているのに、それを知らずに日常を過ごす一般人との差」は供物やら犠牲やらは必要なかったじゃん。それは力の代償で何かを失ってなくてもずっとあったことだし。

ネタが満載の割にネタを使い切れてない感じも大きなマイナス。


演出 評価:B
戦闘シーンが良かったのも正直序盤だけかな、というのが率直なところ。中盤以降はちょっとマンネリ化が……。心理描写はまぁまぁだとも思うが、うーん、どうなんだろうね。ちょっとどっちつかずな感じが中途半端感を出していたかもしれない。

友奈の前向きさや勇者部(表向き)の活動とか明るくてポジティブな要素があるけれど、バーテックス関連になると反転したかのようなマイナスな感じで、それを「ギャップ」と呼ぶにはなんか中途半端な感じがして。


作画 評価:B
綺麗な作画だったと思う。ここがダメならたぶん最後まで観れなかっただろうから、その点に関してはこの綺麗さに助けられた部分は大きい。とはいえ、やはり『まどマギ』を意識している感じがちょっと強く出ている感じがして、せめてこの部分と楽曲の部分を『まどマギ』とまるで違うように出来ていれば、また見ていた印象も違ったと思うのだが……。


CAST 評価:C
なんでだか分からないのだけど、なんとなくパッとしないというか……可もなく不可もなくといえばそれまでなんだけど。


OP/ED/BGM 評価:D
決してクオリティが低かったとは思わないが、個人的にはあまり響かなかった。なにより良くなかったのは作画の項目でも触れたが、明らかに戦闘シーンで『まどマギ』を意識したであろうBGMの作りだ。それがいいか悪いかという判断はまた個々人によって違うのだろうが、私としてはネタとしてここまで『まどマギ』らに重ねて来たのなら、こういう楽曲とかキャラデザとか作画とかそういう部分は敢えて違うベクトルであって欲しかった。


総合 評価:D
内訳:B評価(3点)×1+C評価(2点)×2+D評価(1点)×2=(1.8点)
遠回しに言っても仕方ないと思うのでハッキリ言ってしまうと、人気作品を寄せ集めたパッチワークでしかない作品。

いや、パッチワークと呼べるものになっていればまだ良かったと思うんだけどさ。もうそれですらない感じが……。

もちろん、完全なオリジナルなんてものはたぶん今の業界で存在なんてしないだろう、とは思う。どんな作品にも探せばその作品に――その作品を作っているスタッフの方々に影響を与えた作品が一つや二つどころかたくさんあるはずだ。だから、「なんかこのネタ、『~~(別作品)』っぽくね」というのは仕方ない……というとなんかネガティブかもしれないが、あっても自然なことだと思う。

でも、この作品はたぶんそのレベルじゃない。パクリとは言われないだろうけど、あまりに有名な作品の有名な設定をまんま引っ張ってきてる「だけ」な感じが強くて、いったいこの作品のアニメ化に幾ら消費されたのかは分からないが、そんな巨額を投じてまで作る価値があったのかな、と。

私は、以前単発の感想の時にこの作品を『ハッピーエンドへの綱渡り』と評したことがある。今考えるとそれは中らずと雖も遠からず、だったのだと再認識している。それは最終回を観て余計にそう思った。

私はこの作品を、『ハッピーエンドへの綱渡りをしていて、気が付いたら綱を踏み外して落下したと思ったら、そこには落下防止ネットと命綱が用意されてて「なんだそりゃ」と呆れるアニメ』と改めて書いておきたい。いや、最終回の展開とか正しくそんな感じじゃん。全滅ENDとどっちが良かったと問われればたぶんこっちのENDの方が良いはずなのに、「絶対に大団円END」とは即答出来ない感じが強い。

最終回の展開を「ご都合主義」と言う人もいるかもしれないが、私はそこは良いと思うんだ。じゃあ何がダメだったのかというと、作品全体として「1クールやって何がしたかったのか分からない。え? 百合だけ?」みたいな。最初から最後まで悪い意味で戸惑いしか残らないアニメだった気がする。


とはいえBD/DVDの初動はそんなに悪くないっぽい? まぁ作画の綺麗さとかを考えるとスタッフの労力も並々ならぬものだっただろうから、そういう部分ですべてがダメにならなかったのが、本当にギリギリのところでの幸いな部分なのかも。





おまけ
ベストキャラTOP3
どのキャラも大差ない。せめてきゅウベェみたいなキャラがいれば違うが。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……