fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

探偵の探偵 II

探偵の探偵 II

探偵の探偵 II


≪あらすじ≫
妹を殺したストーカーに不法に情報を与えた探偵はどこに潜むのか?「対探偵課探偵」紗崎玲奈は、レイプ犯の部屋に忍び込みその手がかりを見つける。妹の仇は絶対にとる、と誓う玲奈は、憎き探偵を「死神」と名付け、その影を追う。知力と情報力で争う現代の探偵を活写する革命的探偵小説、第2巻。
(単行本裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。



≪感想≫
探偵の探偵、第二巻。

率直に全体的な感想を述べるならば、酷く中途半端。具体的には、作品としてのスタンス、かな。かなりダークに、もっと言えばグロく非道に描いておきながら、それでも一線だけは超えたくないと駄々をこねてて「結局、なんなの?」というのが終始持っていた感想だった。帯の過大な謳い文句は所詮広告のためのもので何の説得力もないなと改めて感じた。

例えば、玲奈が琴葉に謝罪するため姉夫婦のところを訪ねたシーン。前者では琴葉がされたような乱暴をされながらそれでも性行を強要しなかったという展開だったが、それが酷く不自然だった。あそこまで出来てしまう連中で、しかもそれを証拠として残ってしまうようなビデオで録画するような頭の悪い連中がその一線を踏み止まれるとは思えなかったのだ。加えて玲奈の容姿は怪我を追っているとはいえ「探偵としては目立ちすぎる」と言われるくらい良いことは、各部で描かれていたことだったはずだ。それなのになぜなのか。

逆にそこまで至らないなら、そのもっと手前に彼らは一線を引いたようにも思えた。というか一般人なら一線を引く。なぜならそのメリットとデメリットを無意識の内に計算するはずだからだ。デメリットとして「やり過ぎ」て警察を呼ばれたりしたらその時はいかなる理由があろうと自分たちが暴行罪で捕まる。
だから味噌汁ぶつけるとか、生卵ぶつけるとかそういうラインなら理解出来た。だが、殴って蹴って、洋服切りさいて、息が出来ないようにホースで水をかけて、しかもそれを録画している。

そこまでしたけど一線を超えない。一線を超えない割にはやり過ぎている。そんな中途半端さが、ここを含めて半グレ集団「野放図」に拉致されレイプされかけたシーンや玲奈が殺人を犯すかどうかのギリギリのラインなど各所に見えた。
もちろん、メタな発言をするならばこの場合でいえば、ヒロインであり主人公の玲奈がレイプまでされてしまうのは幾らなんでも「読み物」として良くないと著者か、あるいは編集者かが判断した結果なのだとは思う。ただ、それならば引くべき線引きを間違っていると思った。


あと読み終えて思ったことは、読んでも何も胸を打つものがなかったんだよね。玲奈などいわゆる主人公側は失うものばかりだ。玲奈は思い出の動画のデータ、琴葉は家族、そして窪塚という一人の刑事の命。対して敵側は結局誰一人命すら失うことはなかった。

得るものは大してなく、それに対して失ったものはあまりに多すぎて……。この本が「良い人ほど損をして早死にする」ことを証明するための本だというなら私は「なるほど」と頷くが、たぶんそういうことはないだろう。


そういえば、玲奈の弱さが前巻からずっと引っかかってる部分でもある。探偵vs探偵を英名で銘打ったタイトルの割に、玲奈はあまりに無力だ。基本的に一対多の戦いを強いられているので仕方ないともいえる。だが、一対一の局面もあり、そうなることが容易に想像できるシーンも多かった(例えば冒頭の堤との対峙など)。ならば、もっと対策も警戒もしているはずなのに、そう言った部分がまるでない。

ただ取ってつけたようにそうの窮地が起きて最悪の展開になった時の措置だけはある。それが「どうだ、玲奈の探偵としての知力は」と作者は言いたいのだろうが、「いや、そんなところに知力使うならその前の段階で最悪の展開にならない努力をしろよ」としか思わない。


キャラクター的には窪塚の退場は勿体ないな、というところ。仮に彼が生きて今回の一件の責任を取って懲戒免職となり、スマ・リサーチに再就職した場合、窪塚の警察時代の伝手や知識を堂々と玲奈やスマ・リサーチ側の探偵も使うことが出来て良い味を出すキャラになったと思ったのだが……。



評価は、★★(2点 / 5点)。二巻目にもなると粗というか、作風の中途半端さばかりが目立ってしまった感じ。グロや鬱展開好きには最後の一線を超えない中途半端さ、それ以外の人には必要以上のグロさや鬱さにアンバランスさを感じることだろう。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

12 ≪│2023/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……