fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

[再]新機動戦記ガンダムW 第48話

[再]新機動戦記ガンダムW 第48話
『混迷への出撃』


≪あらすじ≫
リーブラのモビルドール制御室で会ったカトルとドロシー。ドロシーとの戦いの中、彼女に真意と深い悲しみを知ったカトルは、あえて彼女の剣を受ける。

デュオは、マグアナック隊や彼らに協力するリーオー部隊とともにモビルドールを倒しながら、リーブラ地球落下を阻止すべく行動を開始。

アルトロンガンダムの五飛は、トールギス2号機を駆るトレーズとの戦いを繰り広げていた。壮絶な一騎打ちが繰り広げられる中、五飛の放った一撃がトレーズを貫く。五飛を理解者と認識するトレーズは、ガンダムパイロットたちにすべてを託し、みずから舞台を降りることを選んだのだった。

トレーズの死を受けて、レディ・アンは世界国家軍の敗北宣言を全宇宙に告げる。ここに、戦争は終結したかに見えたが、ヒイロとゼクスの戦いは、これから始まろうとしていた。

そして、一度は落ち着きを見せたリーブラも再び、地球へと落下しつつあった。
公式HP TVSeries Story 第48話より抜粋)


感想は追記からどうぞ。

≪感想≫
さて、いろいろと見どころの多い48話。

カトルの「優しさの捨てた人類は動物以下」「優しさこそが大切な事」というのは、ガンダムシリーズの中でもなかなか他に例を見ない形かもしれないね。

どちらかというと戦争や争いを軸としているため、「希望」「未来」「可能性」なんてのが前面に出てくることが多いが、その中で「優しさ」「他人への思いやり」を人類にとって必要なものなのだと言うカトル、あるいは最終話のヒイロなどで表現する辺りが『W』なのだ。隣人愛、という意味では近年の富野監督のニュータイプ論に近い部分はもしかしたらあるのかもしれないけど。


以前コメントにいただいたように、ホワイトファングと地球国家軍の戦死者の数があまり大差ないことは一見すると不思議なのだろう。ただ、実際のところどうなのかというとあまりそうでもないのかもしれない。

これほど互角な事に推論を立てると、三つほど推察することが出来る。

一つは地球国家軍の諜報部隊が正確な数字を把握し切れていない可能性。これは単純。当然自軍の方が戦死者の数は正確に把握できるが、敵軍の方は推察になるだろうから大雑把になる。これでホワイトファングの戦死者数が多めに見積もられているのではないか、ということ。

二つ目は、モビルドールの戦闘力が意図的に落とされている可能性。そもそも、使用している素材がチタニュウム合金と量産型とはいえガンダニュウム合金という決定的な違いがある宇宙用リーオーとビルゴIIで果たしてどれだけ互角の戦いが出来るのかというとかなり疑問のはずだ。地上では旧型のビルゴに地上用リーオーは文字通り手も足も出なかったではないか。

しかし、戦線は拮抗していた。リーオーの遊撃部隊はリーブラに取りつけずにはいたがビルゴ部隊も敵本陣であるMO-IIに迫れてはいない。
つまるところ、ビルゴは意図的にプログラムによって性能が落とされており、リーオーでも互角の戦いが出来たのではないか。故に、リーオー=地球国家軍の戦死者数が当初の見立てよりも予想以上に少なくて個の数字になっているのではないか。ちなみに漫画版だとこの設定になっている。

三つ目は、ホワイトファング側の戦死者数は輸送艦を多く落とされたせいではないかという可能性。いくらビルゴがモビルドールで無人機だったとしても、戦場までは輸送しなければならない。母艦であるリーブラから直接出撃させては、会戦の宙域に辿り着くまでに推進剤を消耗してしまって性能が発揮出来なくなる。モビルドールは人的資源は不要だが、それでもエネルギーや推進剤といった動力関係の部分は他のモビルスーツと同じように必要なのだから、当然と言えば当然だ。

それ故にモビルドールも輸送部隊が多数存在していた。これには裏付けもあり、ピースミリオン攻撃隊は実際に輸送部隊が存在し、ヒイロは「第202ピースミリオン攻撃隊」を装ってリーブラに侵入したわけだ。当然、同規模以上の部隊数がこの決戦には動員されているはずだ。

そしてモビルスーツは1人1機だが、輸送艇の場合は最低でも2人以上、あるいはその数倍から数十倍の人数で運用されていると見るのが普通だ。つまり、一隻落ちた際の被害も大きい。

ただ、それは地球国家軍も同じ条件。ただ、戦い方を熟知しているのか地球国家軍の方は輸送艦を下げた可能性が高く、逆にホワイトファング側は前線に残り続けていて落とされたのではないか(MO-IIは負傷したリーオーの収容に留まっている、という報告が劇中であったように損傷した機体は出撃した輸送艦ではなくMO-IIへ向かっている)。

まぁ、とりあえずこんな感じだろうか。



最後は五飛とトレーズ。結局、最後のトレーズの突撃は五飛と自分の命を天秤にかけたのだと思っている。五飛がこの突撃に反応しきれないならたぶんあのままトレーズは五飛のアルトロンにビームサーベルを突き立てただろう。ただ五飛が反応すれば潔くその一撃をその身に受ける覚悟はしていたと思う。

思えばあの瞬間、トレーズはほとんど初めて攻めに転じたといえないだろうか。生身の戦いもそうだったが、彼は常に五飛の先手に対して後の先を取るかのような行動が多かった。モビルスーツ戦でも五飛のアルトロンが繰り出す攻撃を回避し、シールドで受け止めたアクションの後に反撃に転じるシーンが極めて多かった気がする。

そうした中でトレーズ自らの攻め。それは同時に彼の「敗者になりたい」という願望だったのかもしれない。OZの総帥として、国家元首として常に相手の出方を見て、それに見事に対応する高い能力を彼は常に持っていたが、それは地位に縛られたトレーズ・クシュリナーダという存在がしたことであり、「トレーズ」という個人がしたいと願っていたことではなかったのではないか。

ある意味でばくちだったと思うんだよね。トレーズにとっては、五飛に勝つことによって国家元首としての――いや、まぁトレーズはヒイロのようにどことなく死に場所を求めているようでもあったが――責務を果たそうとしただろうし、五飛に負けることで個人として望んだ「敗者」にようやくなれる、と。

それを「勝ち逃げ」と評してしまう五飛は、らしいといえばらしいし、まだまだといえばまだまだなのかもしれない。

Comment

NoTitle 

確か小説版のエンドレス・ワルツで、五飛はトレーズのあの突撃を「自害」と誤解したと記されてましたよ。
仰る通り、トレーズ自身は、もし五飛が自分の突撃に反応できないようなら、そのまま倒すつもりでいました。
しかし、五飛は自分に介錯をさせたと思い込んでしまったんですね。
騎士道のトレーズに対して、五飛は武士道寄りの思想だったこと。
なにより直前に戦争の死者全員を背負うトレーズの器の大きさに圧倒され、正々堂々の勝利だったにもかかわらず、五飛は勝手に負けてしまったのだと。
その事が、後の五飛の行動に影響を与えているんですね。 
五飛の中では、トレーズとの決着はついていなかった。
だからこそ今度は自分がトレーズの代役をすることで「答え」を出そうとしていたようです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.12/16 08:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

小説版は読んでいるので知っています。まぁ、なのでその辺は割愛させていただきますが、どちらかというと書かれていらっしゃるように五飛は直接的な勝負よりも、トレーズやゼクスがしようとしていることを肌で感じ取り、戦争の死者を背負い自らを「悪」としたまま葬られようとしている(実際にその通りになった)トレーズの在り方や器の大きさに「負け」を感じたのかもしれません。


ただ、個人的に五飛にとって「決着」がついていなかったのはたぶんトレーズとは違うベクトルだとは思っています。個人的な解釈ですが。

ゼクスが劇中で指摘していたように、ガンダムのパイロットたちが仮に彼の指摘通り歴史の大義などとは違うベクトルを突き進む戦士としてプロフェッショナルな存在だとするならば、五飛にとってはEWの最期に納得したように「戦争を終結させるのは兵士ではない」ということなのではないかと思っています。

ブリュッセルで戦いながらゼクスが待っていたように、もしかしたらトレーズもeve warsの最中待っていたかもしれない「民意」の立ち上がりこそが、彼らにとって自分たちを敗者たらしめる唯一の剣だったのかもしれません。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/16 21:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

01 ≪│2023/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……