FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

2014年10月アニメ感想(第9話中心)+Web拍手レス

2014年10月アニメ感想(第9話中心)+Web拍手レス

たまには模型の話でも。

今は一目ぼれしたフレームアームズの某機体を作っています。いやー、カッコいいね。12月末にはRGウイングゼロ、来年1月にはREガンダムMk-III、春前後にはHGUCV2アサルトバスター、ウインゼロ炎、Hi-νブレイヴと造ってみたいガンプラが続々と待ってくれているのが嬉しいです。ウイングゼロ、Mk-III、ウイングゼロ炎辺りはオリジナルカラーで、V2はそのままのカラーリングで造りたいですねー、なんてのを今から夢想していますw


・俺、ツインテールになります。 第8話
・デンキ街の本屋さん 第9話
・旦那が何を言っているかわからない件 第9話
・結城友奈は勇者である 第8話
・Fate/stay night[UBW] 第8話
・繰繰れ!コックリさん 第9話
・神撃のバハムート GENESIS 第8話
・異能バトルは日常系のなかで 第9話


詳細は追記からどうぞ。

・俺、ツインテールになります。 第8話
幼馴染は負けフラグなのか! の回。

まぁ、こういう展開になるのは薄々予想出来ていたし、何気に主人公のツインテール愛を受け止めてくれる義母って普通に考えてかなり貴重だし、お似合いっちゃーお似合いなんだけどさ。
というか、テイルイエローよ、ただ露出狂のドMじゃなくてやっぱり好きだったんじゃねーかっ。誰だよ、ドMで露出狂なだけって言ったのorz

それはともかく、もう少し幼馴染に頑張ってほしい。あそこで引っ込むようなキャラだったかよ……。


・デンキ街の本屋さん 第9話
恋か? そうじゃないか? の回。

いや、恋だろ(笑

真面目な話をすると恋の定義っていうのも難しいところではあるけどね。ただ、時々こういうことを瞬間的に真面目に出来るのがこの作品なんだと思う。


・旦那が何を言っているかわからない件 第9話
着飾らない貴方を、の回。

好きになって恋に落ちたってことなのかね。いや、しかしまさか本当に普段着で行くのは勇者だと思うわ(爆 幾ら気の無い相手でも多少は気を使うし、気がある相手ならそれなりに飲食店の位置と定休日くらいは下調べとかしちゃうだろうしね。

でも、そういったところがしょっぱなからなかったのがこの二人には良かったのかもしれない。ぶっちゃけ、そんな気遣いを続けるのは無理もあるしね。近くにいるならやっぱり気を遣う相手より着飾らない相手の方が良いにきまってるし。


・結城友奈は勇者である 第8話
まぁ、こうなるよね、の回。

この作品を「ジェンガ」に例えた人がいたけど、これで積み上げて来たものは崩れ始めて行くのだろう。こうなることは、視聴者なら誰もが予想出来たことだった。その予想を裏切らないという意味では堅実な作りをしてきたといえるし、一方でここまで死亡フラグを意図的に何度も回避してきておきながらここに来て友奈たちに絶望的な未来を見せるという視聴者を裏切れなかった凡策でしかなくなったともいえる。

あくまで個人的に、だけどこの作品は「綱渡り」だったと思うんだよね。それこそ『まどマギ』や『ヱヴァ』などのパクリだと序盤から言われ続けている作品だが、裏を返せばそういった作品の物語がダークで救いの見えない展開をしたからこそ、ゲームでいえば「たった一筋の攻略ルート」のようなハッピーエンドの綱を渡り続けて行く。それを渡っている内は、『まどマギ』らのパクリであっても一線は引けていたような気がする。

なので今回そうではなくなってしまった。この作品がどのようなエンディングの形を迎えるのかは当然まだ分からないけれど、どちらにせよ一度綱から落ちてしまったのだ。展開的にも『まどマギ』っぽいし、結局のところオリジナリティという言葉を使うことも憚られるほどのパクリ作品に堕ちたのかな、という感じ。


・Fate/stay night[UBW] 第8話
遠坂家の「うっかり」発動、の回。

なんというか、今回は結構コミカルにやってきたな、という感じがした。そういうのを意図的に避けていた印象があったufo版だけどセイバーのツンデレっぷりとか、凛のうっかりっぷりとか、思わず本音ぶちまけちゃう辺りとか。こういった日常のコミカルなところを見ると、「あぁ、Fateだな」と変な感覚があるんだよね。

それはたぶんその日常なコミカルな部分と、真逆にある死体が転がるシリアスな部分の両面で「衛宮士郎」というキャラクターが生きるからだろう。ボンクラなところも、死体を見慣れているところも……。一般的に(?)士郎は主人公としては結構ウザがられるタイプみたいなんだけど、私は士郎がこういう時にちゃっかり冷静なところが好きなんだよね。そして冷静に死体とそうでないのとを区別できるのにもちゃんと理由があるところも。

にしても今回「死体は見慣れてる」で区切っちゃったけど大丈夫なのかな? その真相を明かすことになる? 確か原作だと凛には明確に明かさなかった気もしたけど……改変するのか、あるいはスルーしちゃうのか。スルーは結構失策になってしまう気がするのでスルーはして欲しくないけど。

そしてタイガーの出番がなくなった(笑 UBWじゃもともと出番なかったっけ? よく覚えてないけど結界が発動した時に持ち前のバイタリィで即座に倒れず慎二に「助けを呼んで」と言ってたけど慎二が蹴飛ばして楽しんでたっていうシーンがあったような……。いや、そんなシーンだからない方がいいんだけどただでさえ少ない藤ねぇの出番が桜にとって代わられてて(笑 

でも桜はなんで倒れたんだろう? 桜は……いやネタバレだからやめておくか。そして、セイバーと凛、胸に詰め物は止めなさい。明らかに設定よりデカくよせてあげ――ゲフンゲフン(爆


・繰繰れ!コックリさん 第9話
ハァゲェル、マジでハァゲェェル! の回。

というわけで真相は抜け替わり時期ってだけでした、というオチw まぁオチは予想出来たからその分、それにすら気づかずにあたふたしているコックリさんを楽しむことが出来たから良かったかな。

全体的にコックリさんがメインだったので面白かったし、こひなも良い味を出していた。あとは狗神が次回どうなるかってところかな。


・神撃のバハムート GENESIS 第8話
目的地変更、の回。

これは結局ヘルヘイムには向かわないということなのか、それともまた紆余曲折で目指すことになるのか。まぁ、そんな「紆余曲折」をやっているほど残り話数に余裕があるとは思えないけど。

総集編を挟んだからなのか作りが堅実な印象。ジャンヌは自らの褒賞ではなくファバロたちを騎士にすることを選んだわけだが、それが上から見ると「自分の手ごまの増員」に見えるんだろうけどね。その辺はジャンヌ自身に野心なんてないのに上の連中が勝手に誤解して、さらにジャンヌが邪魔になってきて~っていうのがどことなく史実っぽい感じもするが、この世界のジャンヌは最後にはどうなってしまうのかね? さり気なくそこが気になっている。


・異能バトルは日常系のなかで 第9話
宣戦布告、の回。

メインヒロイン四人がそれぞれ寿来への恋心の自覚と、恋人への一歩を踏み出したというのが意外と言えば意外。この手の作品ってその辺は結構濁すっていうか、ハーレムルートをさせるためにそういう「前進」を意図的に避けている印象だったからね。

鳩子は本気。目は今すぐにでもヤンデレになりそうな危うさがあるがw

灯代はツンデレが邪魔して素直になれない感じ。とはいえ、鳩子から正々堂々、正面からメンチ切られて黙っているかな、とも。

彩弓の前にはただのモブだと思っていたキャラが。いや、そこ女子トイレじゃん(笑

千冬ちゃんは恋を自覚。

さて、とりあえず原作はともかくアニメ版はたぶんハーレムルートで落ち着くんだろうけど、残り話数でどれだけ「日常系」で「異能」を交えて「魅せて」くれるのかに期待。
そして、やっぱり舞台の裏側要らないと思った。Fの残党とか、正直水を差す描写でしかなかった。



《Web拍手レス》


>匿名希望さん( 11/27 21:52 2014年10月アニメ... )
>>ヒリング「リボンズ、脱出して」
リボンズ「よし、脱出システムで脱出・・・って、脱出システムが作動しない!!」
リジェネ「ゴメン、整備してたら脱出システム壊しちゃった」
リボンズ「NOOOOOOOOOOーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」
ドオオオオオンその後、リボンズの行方を知るものは誰もいなかった・・・


リジェネ「めでたし、めでたし(ニヤソ」


>匿名希望さん(11/27 21:55 2014年10月アニメ... )
>>ズギューン
リボンズ「ひでぶ!」
リジェネ「これでイオリア計画は僕のものに・・・」
リボンズ「それは傲慢だよ」
リジェネ「そうくると思ったよ、氷漬けにして永久にコールドスリープさせてあげるよ」
リボンズ「やめてー」
その後、リボンズの行方を知る者は誰もいなかった・・・


リジェネ「めでたし、めでたし(ニヤソ」

て、手抜きじゃないからねっ! 本当にめでたいんだよっ!(笑


>匿名希望さん(11/27 21:57 2014年10月アニメ... )
>>リボーンズ「ちょっとタイムマシーンでRC世界に乱入してくる」


リジェネ「世界観が違うからタイムマシンじゃ無理だね」
リボンズ「orz」

お前、あの世界観ならアムロだろうがw


>匿名希望さん(11/27 22:00 2014年10月アニメ... )
>>ここな「アベノミクスの波にのるためにお小遣いはたいてボロ株買ってみた。テンバーガー来ないかな」


ここな「ところで株ってなんですか? 漬物にするとおいしいですよねっ」

うん、そうだね(ホロリ


>匿名希望さん(11/27 22:02 2014年10月アニメ... )
>>Dr.オレンジ「はっはっは、高町なのは、ヴィヴィオはいただいた」
なのは「おのれ~スカリエッティー!!!!!」(ゴゴゴゴ)
フェイト「なのはがマジ切れしてる」
はやて「早く逃げるんや~」


そして世界は滅亡した……ヴィヴィオごと(マテコラw


>匿名希望さん(11/27 22:56 ヤマノススメ セカ... )
>>恋葉「我が名は恋葉!恋愛の天才で巨乳というハヤテラブコメの最終兵器!ハヤテ君の唇を電光石火でゲットしたわ!」(新ラブコメヒロインです)


ハヤテ「誰?」

ガチで誰? 新ヒロイン? アーたんだよ、ヒロインは? え? ナギ? 誰それ?(爆

まぁ、ネタはそれくらいにしてもヒロイン多すぎなんだよw


>匿名希望さん(11/27 23:20 2014年10月アニメ... )
>>ハヤテ「ヤマノススメのここなちゃんが貧乏というけど僕の方が貧乏だ!」


ここな「じゃあわたしのお母さんもわたしを置いて(ジワッ」

ひなた「処刑だ」
あおい「処刑ね」
かえで「任せて(グッ!」

さらば、ハヤテ。


>匿名希望さん(11/28 18:11 掟上今日子の備忘録 )
>>リボンズ「リヴァイヴ、刹那・F・セイエイに喝を入れてこい!」


リヴァイヴ「いやー、清々しい気分だよ。刹那・F・セイエイに言われて目が覚めた!」

逆に喝を入れてもらったようですw


>匿名希望さん(11/28 19:53 掟上今日子の備忘録 )
>>リボンズ「ヒリング、地球にメメントモリとレクイエムとジェネシスをぶっ放せ!」


ヒリング「全部ユニコーンに防がれちゃった(テヘッ」

まぁ、あれはイデオンみたいなもんだから


>匿名希望さん(11/28 20:44 2014年10月アニメ... )
>>リボンズ「ガンダムEXVSで僕のリボーンズガンダムがヅダにボロ負け死にたい」


刹那「……(仕方なくヅタを使っていた)」
リジェネ「さすが純粋種だ」
リボンズ「orz」

まぁ、ちかたないね


>匿名希望さん(12/01 18:41 [再]新機動戦記ガ... )
>>律「ロックは世界を変えられる!」


ロックオン「狙い打つぜぇ」
律「お前じゃねぇ!!!」

いや、俺はこんな世界イヤだね、だよ? まぁ、それはともかく元ネタはTOKYO FMなんとか記念の映画かな?


>匿名希望さん(12/01 18:42 [再]新機動戦記ガ... )
>>律「ナットの締め方がなっとらん」


唯「納豆の締め方? 醤油?」
律「ちげーよっ!」

いや、オヤジギャグだけどちょっと上手いなと本気で思ってしまったw


>匿名希望さん(12/02 20:44 櫻子さんの足下に... )
>>リボンズ「おい、リヴァイヴ、CBにばれないようにMSをトナカイ仕様にしろ」


リヴァイブ「はい?(リボガンが茶色に)」
リボンズ「NOOOOOOO」

でも、トナカイっぽくね?


>匿名希望さん(12/02 20:47 櫻子さんの足下に... )
>>恭介「石原さとみがイーオンのCMにでている。理樹、オレたちを英会話をはじめるぞ!」


理樹「ボク、ニホンジンダカラ」
恭介「片言!?」

日本人は日本語が出来れば……っていうか、日本語難し過ぎてまともに使えてる人がどれだけいるのやらw


>匿名希望さん(12/02 20:48 櫻子さんの足下に... )
>>リボンズ「ブリング、もっと存在感をだせ!」


ブリング「はい?(同型多数)」
リボンズ「すんません」

すんませんw



Comment

NoTitle 

俺ツインテールになります。
会長の総ニへの気持ちは性癖からくるご主人様としての好きですけどね。
この作品の看板ヒロインはテイルレッドですがメインヒロインは愛香ちゃんです。

結城友奈は勇者である
自己犠牲ENDは無いと思います。さすがに話の締めはまどマギと差別化してくるでしょう。

異能バトルは日常系の中で
相模は只の愉悦部です。あと鳩子は愛が重いのは確かですがヤンデレではありません。





  • posted by サク 
  • URL 
  • 2014.12/03 14:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

もう一つだけ追加補足
相模は愉悦部ですが人の不幸にだけこだわっていません。
相模にとって話が面白くなるなら人を幸せに導く事もあります。
(だから基本嫌な奴ですけど、たまにいい奴になる事もあります。)
  • posted by サク 
  • URL 
  • 2014.12/03 15:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

結城友奈

>ゲームでいえば「たった一筋の攻略ルート」のようなハッピーエンドの綱を渡り続けて行く
言いたいことは分からなくもないですが、それじゃ5話みたいに敵全滅!ハッピーエンド!な最終回になって面白くないかと。

>結局のところオリジナリティという言葉を使うことも憚られるほどのパクリ作品に堕ちたのかな、という感じ。
流石に言いすぎでは?w
この作品は「まどマギ」で確立した、「少女達が悲惨な運命に抗う系」の作品(ポストまどマギ?)のフォーマットに従ってると考えます。(例えばロボアニメの中にも展開に類似性がありますよね)
初代ガンダム以降に勧善懲悪でないリアルロボ(ポストガンダム作品)が作られ、エヴァ以降にウジウジ系主人公作品(ポストエヴァ作品)が作られたように。その中からもいい作品が多数生まれました。
この作品はシナリオライターのタカヒロ氏が、「自分だったらまどマギ(っぽいの)をこう作る」というコンセプトで作られたと考えます。
あと、視聴者を裏切り続けるとヴヴヴの悪夢が再来するので、これくらいの方が好きですね自分はw 結局どうオチをつけるのかはまだ不明ですし。
  • posted by sou_mk26 
  • URL 
  • 2014.12/03 18:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>Fate/stay night[UBW]

原作でも、士郎は「死体は見慣れてるから、とっさに区別がついただけ」とか正直に言ってますよ。
相手が魔術師の凜だから(そして、この時点では士郎を生粋の魔術師の家の生まれだと思ってるから)、その場では深く追及してこなかったけど、普通ならドン引きされるセリフですねw

藤ねえが、慎二に助けを求めて蹴られるのはセイバールートの方です。
それによって士郎は、地の文で、頭の中身が完全に入れ替わった、と描写されるくらいにぶち切れてます。
DEEN版でもやってました。
ぶち切れても降伏勧告はする辺りが士郎らしかったです(それを拒絶したら本気で殺しにかかる辺りも士郎らしいw))

このルートの藤ねえには、まだ出番が残ってるので、蹴られて入院するわけにはいかんのですよ。
藤ねえが士郎の家に泊まり続けるのも伏線なのです。

桜が倒れたのはなんででしょうね?
士郎が確かめたのだから演技という事もないでしょうし。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.12/03 18:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

>サクさん 

こんばんは。

>ツインテール
>>会長の総ニへの気持ちは性癖からくるご主人様としての好きですけどね。
たぶん原作ではそうなんでしょうけど、アニメ版ではそんな風に感じなかったんですよね。それがスタッフが意図的に改変してきたところなのか、単純に描写不足なのかは判断し兼ねるところではあるのですが。


>結城友奈は勇者である
>>自己犠牲END
私も回避してくれることを祈ります。というか、基本的にこの作品、ハッピーエンド以外になったら「ヱヴァ」なり「まどマギ」なりのパクリと最後まで言われるのがオチだと思うのでそうして欲しいと思う反面、そうなってしまうんじゃないかという不安もw


>異能バトルは日常系の中で
原作での扱いがどういう感じなのか分からないので難しいですね。まぁ、まだ話半ばだし、アニメ版でどうなるかも分からないので、早々の判断は保留というところですかね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/03 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

>sou_mk26さん 

こんばんは。

ご意見ありがとうございます。ただ私はsou_mk26さんの意見にはやっぱり真っ向から反対ですね。私の意見は記事で書いてあるので今更書いて意見の押し付け合いをしてもしょうがないと思うのでしませんけど。

まぁ、こればっかりは価値観の違いなので仕方がないですかね。「『価値観の違い』なんて漠然過ぎる」とお思いかもしれませんが、これは文字通り価値観の違いなのです。

私は、アニメはフィクションだからこそ基本的には現実ではあり得ないような幸せな結末であるべきだと考えています。なので過程として悲惨な運命にあらがうのは構わないのだけど、結末まで救いがない(薄い)ような結末は趣向として好みません。なので『まどマギ』もYESかNOかでいえばNOの作品なんですよね。

最初に言ったようにあくまで私の趣向であり、価値観での話です。この思考を他人に押し付けるつもりはないし、『まどマギ』は最高だという人の意見を否定するつもりもないです。


でも、一つだけ思うのはこの作品が業界に絶大なインパクトを与えた『まどマギ』をフォーマットとした作品だったとしても、フォーマットのまま作ったらそれはただのパクリでは、ということなんですけどね(苦笑 「自分ならまどマギっぽいものはこう作る」というコンセプトの推察が正しいのなら、それは素直に同人や趣味でやっていて欲しいかな、と。まぁ、そのコンセプトにスポンサーがついて商業として成り立っている以上、そういう部分にとやかく言っても仕方ないのかもしれませんが。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/03 22:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>原作でも、士郎は~
いや、そこは原作もプレイしているので知っているのです。問題は、記事で書いたように彼が死体を見慣れている理由を説明するということは、彼が大火災に巻き込まれて衛宮家に養子で入ったことを話さないといけなくなるのではないか、ということです。

記憶違いだったら申し訳ないのですが、記事で書いたように士郎が養子だっていうことは基本的に視聴者や過去を知る藤ねぇくらいしか知らないことのはずだったし、知らないこと前提の展開やセリフ回しもこの後にあったような気がしたので。


>藤ねえが、慎二に助けを求めて蹴られるのはセイバールートの方です。
あぁ、そうでしたか。補足、ありがとうございます。校舎でのライダー戦はFateとUBWの両方であるので細部がごっちゃになってました(苦笑



>士郎が確かめたのだから演技という事もないでしょうし。
まぁ、狸寝入りだけなら出来たんじゃないですかね? 士郎が確かめても、真偽は見極められなかったんじゃないかな。士郎は死体とそうじゃないのとの区別はついても、体内の生命力(魔力)がどれだけ残っているかというのは分からないわけですし(ライダーに襲われた女子生徒の際に外傷がないのは分かっても、生命力の残存量については分からず凛に指摘されてましたし)。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/03 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

月詠さん、こんばんは。
「結城友奈は勇者である」は、原作者であるタカヒロが書いた前日譚である「鷲尾須美は勇者である」(「ゆゆゆ」の2年前の話)とのリンク回だったそうです。
あの残酷な姿だった乃木園子は、その作品の登場人物だとか。
その子が東郷を「須美ちゃん」と呼んだのは、東郷が記憶を操作された2週目である事を思わせました。
ダルマ状態の乃木と、足に障害があり記憶操作された東郷というのは、かなりショッキングではありました。
しかし、その様子を出したというのは逆にラストはハッピーエンドに向かわせるフリだと、月詠さんと同様に思いたいものです。
ただ原作者のタカヒロは、現状登場キャラをバッタバッタと殺しまくる「アカメが斬る!」の原作者でもあるので、嫌な予感もあります。
  • posted by ふれいく 
  • URL 
  • 2014.12/05 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ふれいくさん 

こんばんは。

まぁ、ここまで散々死亡フラグがありながら生存させているわけですから、ここから遅れを取り戻すようにバッタバッタと固有(名前のある)キャラを殺していく、というのは考えにくいと思いますけどね。一人二人はまぁ、あるかもしれませんが、バッタバッタと死んでいくのだとすればそれは脚本家や原作者の構成力不足だと言われても仕方ない気もします。

実際のところ終わりを観るまでどうなるか分からない、と思わせて最後まで視聴させることが狙いなら、この狙いは正解だったかもしれません。もちろん、最後まで見せた以上、そこには最期で脚本家として視聴者を魅せる義務もあると思うのでハードルが上がっていると思いますけどね。

結末が中途半端だったりすると逆効果な手法だとも思うので……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/05 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

友奈は、なんだかサムライフラメンコのような超展開を
次から次へと叩き込むスタイルの予感がします。

次回、また超展開っぽいし。。。
  • posted by tty 
  • URL 
  • 2014.12/06 08:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ttyさん 

こんにちは。

>結城友奈
いや、超展開という意味では『サムメンコ』は強かったと思いますw まぁ、終盤は「どうせまた新しい敵でしょ」とマンネリしたので2クールは長すぎた感じもありますが。

それはさておき、そういう意味で『友奈』は『まどマギ』や『ヱヴァ』の(言葉は悪いですが)パクリだと考えると、その後の展開っていうのはだいたい予想出来てしまうので超展開というほどのインパクトは実は受けてないんですよね。

これで例えば次回、友奈たちの喪失部分が戻ってまたみんな元気に戦おーってなってたら「おい!」と思える超展開ではありますけど、たぶん最終回前後までは話数少ないですが右肩下がりの鬱展開とかシリアス展開でしょうし。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/06 09:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは

原作があって先が読めるヤマノススメと比べて友奈は先の展開を
予想する楽しみがある点では良いです。
サムライフラメンコのときは予想した展開は全部外れましたが・・・

確かに自己犠牲エンドはつまらないですね。
それなら、勇者部のやったことは全て無意味だった無駄死にエンド
のほうが新鮮味があるかもしれません。
  • posted by tty 
  • URL 
  • 2014.12/06 10:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ttyさん 

こんばんは。

良い意味で先が読めないように裏切ってくれればいいんですけどね。今のところは、私の中では想定通りの進み方なので、予想してても正直「楽しく」はないです。どうしても鬱エンドになりそうな予感がするので。


別の方のコメントに書いたのですが、私は基本的にアニメはフィクションだからこそハッピーエンドを求めています。理想を言えば大団円。昔はそういうアニメも多かったですが、今は必ずしもそうではありませんけどね。

フィクションでハッピーエンドを描けない、夢を見れなかったら現実世界でどうなのか、というのが本心です。まぁ、現実世界が充実している人からすれば仮想世界でくらい絶望を観てみたいとか羨ましいことを思うのかもしれませんがw

全滅エンドは物語として成り立たないと思うのでたぶんないとは思いますが、まぁどうなりますかね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.12/06 21:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……