FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

二重螺旋の誘拐

二重螺旋の誘拐

二重螺旋の誘拐


≪あらすじ≫
大学に助手として勤務する香坂啓介は、学生時代の先輩・佐倉雅幸の一人娘の真奈佳に、亡くなった妹の面影を重ねて可愛がっていた。ある日、真奈佳は一人でプールに出かけ、そのまま行方不明になってしまう。真奈佳の行方を必死に探す雅幸と妻・貴子のもとに誘拐を知らせる脅迫電話が……。啓介の物語と雅幸の物語は二重螺旋のように絡み合いながら、予想だにしない結末へと収束していく――。
(単行本裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。



≪感想≫
『Mr.キュリー』シリーズを読んでいたことをきっかけで手に取った喜多喜久さんの最新作、かな(文庫本としては先月刊行だったはずなので。もしかしたらそれ以前に単行本とかで出ているかもしれないけど)。


内容はミステリー。ただ、『Mr.キュリー』ほど化学としての知識や要素はない。舞台としてはそういった研究(今作では薬学系だが)をしている人たちが主演となってはいるけれど、そこには正直さほど意味は見い出せなかった。

主人公の一人である香坂啓介が、誘拐犯に狙われたきっかけにはなったとは思うけど、それくらいかな。特に佐倉雅幸のエピソードに関しては、一応の納得はしたものの大きな必要性というのは感じなかった。そういう意味では、舞台設定や現在も大手製薬会社で研究員をしている著者の喜多喜久さんの強みを『Mr.キュリー』ほど活かせた作品ではないのは確かだろう。


ミステリーとしても「謎を解く」というよりも「事件の真相で魅せる」という感じになっていて、『Mr.キュリー』とはやはり趣きが異なる(なので先日読んだ綾辻さんの『霧越邸~』っぽい感じ)。これが、出版社が違うことや別作品であることを意識して意図的にやったことやチャレンジしたことなのか、そうでないのかというのは判断が読者によって分かれそうではある。


ただ謎そのものは面白かった。結論をさっさと書くと「十一年前の狂言誘拐と現在の誘拐事件を読者にどちらも同じ時間に起きているものと錯覚させる」(一応伏字。反転すると読めますがネタバレ注意)やり方は読み終えた後に凄いと思った。

最初読んでいると「真奈佳が誘拐され、その犯人は実は香坂だったはずなのに、その香坂の下からさらに真奈佳が誘拐されて多重誘拐状態となった」という感じで漠然と読んでいただけに、そのどんでん返しで「実は別々の事件だった」という衝撃は大きかった。たぶん喜多さんもそういう風に読者が読むだろうなと言うことを想定しての構成だったはずなので、この辺は伊達に二足の草鞋ながら多数の出版社で小説を刊行しているのではないのだと脱帽した。


そして何より読了感が良いのは、喜多さんの大きなアドバンテージだと思う。巻末の批評でもその部分が一つ評価されており、たぶん喜多さんのそのほかの過去作品でもそうなのだろう。
浮気をした妻が浮気相手と一緒になるためにやった狂言誘拐と見せかけて、その裏にはその妻を共犯に巻き込んで罠にハメて責任を押し付けようとした黒幕がいる」というのも良かった。黒幕自身の想いが書かれたところはもちろんそうなのだが、やっぱり「浮気も何も全て妻が黒幕に言われて行ったせい」というのも、その後のエピローグでの幸せそうな感じも良い。

最後の恋愛要素に関しては人によって評価が分かれそうなところだが、個人的には光源氏的な感じでこれはこれでアリかなとは思えた。



評価は、★★★☆(3.5点 / 5点)。終盤における展開やエピローグの幸福感などは多くの人が認められる部分だとも思うので、 序盤から中盤をどう読めるかが評価を分けるだろう。それぞれの性癖だったり重い過去だったりと、とにかくそれぞれのキャラが抱えているものがいちいち重すぎるとは思った。ミステリーの謎として使う部分でもあるので仕方ないといえば仕方ないが……。
あとは批評にも書いたように喜多さんの強みやアドバンテージはそこまで活かしきれなかったかなとも。

とはいえ、評価の通り、佳作と秀作の間くらいの良い出来だとも思う。喜多さんの作品を好んで読んでいたり、あるいはハッピーエンドなミステリーを好んだりする方にはおススメ出来るはず。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……