FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話
『モンテーロの圧力』


≪あらすじ≫
海賊部隊のクリム・ニックが、アイーダ救出作戦を開始、モンテーロがキャピタル・テリトリィを急襲する。アイーダはG-セルフでの帰還を試み、ベルリ達が巻き込まれてしまう。
公式HP World Storyより抜粋)



≪感想≫
◆平和的価値観と私たちの価値観の違い
兎にも角にも、この作品、今のところ自分たちが今抱いている価値観と劇中の世界で生きるキャラの価値観の違いに驚かせられてばかりだと思う。そしてそれに戸惑っている。そこを批判する人ももしかしたらいるかもしれないし、それはそれで正しい評価かもしれないと正直思えてしまっている。

例えば、G-セルフにベルリだけでなくアイーダたちまでもあっさり載せてしまう上層部。そして、それに何の危機感も感じていないベルリ。憲法九条やらなんやらのおかげと幸運によって戦後一度も大きな戦争を経験せずに来て、平和ボケしているとも言われかねない私たちの価値観であってもベルリや上層部の迂闊さ・不用意さには驚かされてばかりだ。あの状態でG-セルフが強奪されてそのまま逆にベルリたちが捕虜になったとしても文句ひとつ言えないほどの落ち度がベルリたちにある。

でも、もしかしたらそれが今のあの世界の価値観なのかもしれない。他人を疑うことを知らない――というのは言い過ぎかもしれないが、どことなくそんな感じすらある。それはもしかしたらこのまま戦争をせず平和憲法とも言われる旧時代の憲法の上に胡坐をかいたままに過ごす私たちへの皮肉と警告めいた部分ももしかしたらあるのか?

そのベルリではあるが、前回でカーヒルを殺してしまったが、今回はその反論としてアイーダたちの戦闘による間接的被害の大きさを指摘していた。実際にそれはこの上ない事実なのでアイーダはその反論に対してさらなる反論を重ねることは出来なかったわけだ。
この辺りに現段階における彼女の限界が見え隠れするのは、今後彼女がそれに対してすら反論出来るほどの経験と知恵を身に付けるフラグなのかとも思える。


さて、今回印象的だったのはベルリが宇宙世紀の話を持ち出したことから始まった一部始終だろう。アイーダはフォトンバッテリーの供給を独占状態で管理していることは間違っていると指摘するが、一方でベルリは道具は正しく使えなければ意味がなく宇宙世紀は正しくその結果として人類は滅亡の一歩手前まで行ったのだと反論していたことだ。

なるほど、これはなかなかに興味深い。ベルリの言う通りの世界なら情報の数々は統制され配給されるものにも制限がかけられている(といっても自国内で制限がかけているのではなく、敵対している勢力に対してのみなのだろうが)。そういう見方をするならば、「独占を禁止を解禁して全ての人に平等に道具を扱うことを認めるべきだ」という意見は社会的自由な観点から富の再分配なども視野に入れることもある今の私たちのリベラルな思想に近い部分があるのだろう。

だがしかし、ベルリの言っていることも正しく聞こえる。Vガンダム以降の宇宙世紀(Gセイバーは良く分からんので何とも言えないのだが)がどうなったか分からないが、少なくともベルリの言葉と知識が正しいなら人類は滅亡の寸前まで言ってしまった、ということだろう。
自分たちが人類が長い年月をかけて開発した技術によって確立されたモノを人類自身に抑止力も倫理観も失った結果として、自分たちの首を絞め自分たちの種の存亡にかかわる事態まで引き起こしたのだ。

どことなく今の日本の状態に引っかけているようにすら思える。例えば3Dプリンター。これは道具として使えば非常に画期的なのだろう。だが、使う側の倫理観が一歩踏み外せばそれで銃(兵器)が作れてしまう。アイーダの立場に立てば道具は正しく使えば有益なのだといって3Dプリンターの使用を全面的に制限をかけるべきではないということだし、ベルリの立場に立てば人間の倫理観がどう道具を扱うか分からない以上そこには規制を設けるべきだということになる。

どちらが正しいのか、というのはそれこそ個々人の判断によって変わって来ることなので何とも言えないが、わずか十数秒のセリフのやり取りの中にももしかしたらそんな意図が込められていたのではないか、とどうしても思ってしまう。



そういえばコックピットにトイレが設置されてるガンダムって初めてかもw 言われてみればスゲー画期的かもね。今までだとたいてい「オムツ」って設定だったし。そしてあのBGMwww

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/622fc33a374e74ca518de2bc60840b84
・http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/52047270.html
・http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52094721.html
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1146.html
・http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-10755.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3817.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1861.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2278.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3005.html
・http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2366.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/10/greco-3.html
・http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-4698.html
・http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-771.html
・http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-2279.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-4267.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3762.html
・http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/gtbs101003-01ea.html
・http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-1664.html
・http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-1457.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

NoTitle 

あの、ベルリの名前がベリルになってますが・・・
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.10/11 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

キャラ名については直しておきました。ご指摘ありがとうございました。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.10/11 21:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

御存知かもしれませんが 

こんばんは
このアニメ、富野監督によると子供向けだそうですよ
  • posted by カルテ 
  • URL 
  • 2014.10/11 23:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

>カルテさん 

こんにちは。ちょっと長文のコメレスになってしまったのですが、まずはご容赦ください。

今回のコメントがどのような意図で「子供向けだそうですよ」とおっしゃられたのかが分かりませんが、もし私の記事の内容が現実的なことや社会的メッセージの存在について言及しているからだとするならば、それは当然のことではないでしょうか。

なぜなら子供向けアニメというのは、この先、十年、二十年後の日本を担う人材が観るものなわけです。例えば、タイムリーなネタならノーベル物理学賞を受賞した方の中にはアニメ『鉄腕アトム』などを観たことが今の研究をするきっかけになったとも言われており、「たかがアニメ、されどアニメ」なわけです。

だから私は子供向けのアニメにこそ一般的な深夜アニメよりも強烈にメッセージが込められていると思っています。だって、それを見た未成熟な子供たちはそのアニメを「栄養」として取り入れて成長してしまうのだから。

カルテさんがどんな作品を「子供向け」だと思って今回のコメントをしてくださったのか分かりませんが、でも子供向けアニメって単純に言えば「愛と勇気」とか「正義は勝つ」とか「友情は大切に」とか「悪いことはしちゃいけない」とかそういう倫理観に触れたり、どういう問題があってそれを解決するにはどうするべきかということについて語ったりとかそういう内容のものじゃないですかね。子供向けアニメにそういう内容が多いのは、つまりそれを見た子供たちの血肉となるかもしれないという意識が多かれ少なかれあるからそこを意識しているんじゃないかと。

業界の方がどう考えているか分かりませんが、子供向けほどしっかりと作らなくちゃ、と思ってるんじゃないですかね(出来ることの規制含めて)。
安易に原作をアニメにして消費していてエンターテイメントとしては面白いけど中身があるかといえば微妙な他の深夜アニメとはやっぱりちょっと毛色が違う。



さて、話をこの作品に戻すわけですが、もし富野監督がそういう部分を考えた上で「子供向け」発言をして作品を作っているなら、『Gレコ』に価値観の相違やエネルギー問題などといった社会的問題を詰め込んでいることは妥当なことではないかと思えるわけです。

なぜなら将来を担う子供たちにこそ今抱えていて将来的に彼らが大人になった時も抱えているかもしれない問題を、アニメによってデフォルメされた形でも知っておいて欲しいと思って作られているのは不思議じゃないんじゃないかな、と思うから。

カルテさんが富野監督の「子供向け」発言を、どのような形で知ったのか、また実際の富野監督の発言がどのようなものなのか私は存じ上げなかったので、あまり良い情報収集の形ではありませんがネットで少し調べてみたところ、確かにそのような発言はありました。

ただ、それはやっぱり上記の通りのような感じだと私は感じ取りました。

例えば日刊SPAでのインタビューに富野監督は「今の二十代、三十代、四十代に期待できない。期待するのは子供たち以外にない」「この作品を観た子供たちが十年後にアクションを起こす。そのための種はまけた作品だと思う」という発言をしており、子供たちに向けているからこそ社会的メッセージを入れているのだと取れる発言も取れるのです。



というのが、カルテさんの「子供向けだそうですよ」に対する回答とさせていただきます。もしカルテさんが「子供受けだそうですよ」というコメントの意図や意味が別にあって、全く的外れなコメレスになってしまっていたらすみません。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.10/12 09:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。
いろいろ盛りだくさんで面白かったのですが,
今回はもうトイレで全部もっていかれた感じです(・∀・;)
  • posted by UO 
  • URL 
  • 2014.10/12 09:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

>UOさん 

こんばんは。

トイレに関しては事前のインタビューでもおっしゃっていたみたいですね。ロボットという非日常でまだ架空のものなのにそこに「トイレ」という非常に日常的なものが備わっているギャップもまた良いのかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.10/12 17:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

失礼しました 

お気にさわったのでしたら、申し訳ありません。
一応、私の意図としては、「子供向けにしては内容(セリフ回しも含め)が複雑であり、何よりも深夜枠てある」という点を指摘したつもりでした。
枠の事に関しては、第一話のときにもコメントさせていただいた事と重複しますし、子供というのが、どの年齢層なのかは、微妙な所なのですがね。
なので、私としては、送り手側と受け手側に壁を感じるということが言いたかったのです。
長文失礼しました
  • posted by カルテ 
  • URL 
  • 2014.10/12 20:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

>カルテさん 

>お気にさわったのでしたら、申し訳ありません。
別にそんなことはないのでお気になさらないで下さい。ただコメントの意図がどこにあるのか、というのが分からないので、どうやってレスポンスしたものかと考えた結果、長文のコメレスになってしまいました。こちらこそ、意図を的確に把握できずすみません。


>「子供向けにしては内容(セリフ回しも含め)が複雑であり、何よりも深夜枠てある」
内容やセリフ回しに関しては、ご指摘のようにどの程度の年齢層を想定しているのかが分からないので微妙なところではあります。ただ富野監督は「子供は大人が思っている以上に子供だましを見抜く。子供向けこそ本気で造るべき」とも言っていたらしいので、下手に安易なセリフ回しや内容では視ている子供たちを萎えさせる、と考えている節はあるんじゃないかと思っています。

枠に関しては作り手としてはどうしようもない部分じゃないですかね。「枠が深夜枠になったので子供向け辞めます」なんてなるわけもなく(制作開始段階でプロット決めを行っているはずなので、たぶん枠が決まる頃にはだいたい流れは決まっている、はず?)、まぁ「子供向けって言ってるけど深夜枠じゃん」というのを監督やスタッフに言うのはちょっと酷かな、と。強いて言えばプロデューサーとかあるいはテレビ局側のせいのはずなので……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.10/12 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話 『モンテーロの圧力』感想

 ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る  今回の第3話まで特別先行版で視聴済みで展開を知っていたとはいえ、  新キャラのクリム・ニックの登場に我慢できずニヤ二ヤ(笑)本当に、いい性格してるわぁ、彼!  ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

ガンダムGのレコンギスタ TBS(10/10)#03

第3話 モンテーロの圧力 調査部の大佐が事態を収拾する。Gセルフとアイーダもラライヤも調査部預かりで移送する。実はキャピタルアーミィの設立に関与していた調査部大佐。 カーヒル大尉が失敗したからと、続けてアイーダ奪還に 単騎で出撃するクリム・ニック。翌朝、調査部に出頭するベルリに同行するノレド。ベルリがアイーダに一目惚れしたと危機感を感じていた。 アイーダに海賊とはアメリアの秘密部隊だとの噂も...

好きになったんだろ!?/Gのレコンギスタ3話他2014/10/11感想

<記事内アンカー> ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」 PSYCHO-PASS サイコパス 2 第1話「正義の天秤〈299/300〉」  10日の艦これアプデ、初春の改二に留まらず大きな連続任務が出てきましたね。特に最後の奴は難易度が高いそうで、連休はこれで終わってしまうのでは……とりあえず、3-5を後回しにしていて良かった。

ガンダム Gのレコンギスタ #03

『モンテーロの圧力』

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話 「モンテーロの圧力」 感想

ヒロイン3人に囲まれた状況で、MSのコクピット内で トイレをする主人公、斬新ですね(笑) 海賊部隊のクリム・ニックが、アイーダ救出作戦を開始、モンテーロが キャピタル・テリトリィを急襲する。 アイーダはG-セルフでの帰還を試み、ベルリ達が巻き込まれてしまう。  ガンダム Gのレコンギスタ 公式サイト HG 1/144 モンテーロ (クリム・ニック専用機) (ガンダムG...

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」

ガンダム Gのレコンギスタの第3話を見ました。 第3話 モンテーロの圧力 アイーダを救出できず、カーヒルが殉職したことでモンテーロを操縦するアメリア大統領の息子であるクリム・ニックがアイーダを救出しようとモンテーロで出撃してくる。 「あなたの出迎えが来たんですよね?」 「仲間は大尉だけではありませんから」 「大佐は3階からならコクピットに行けるって言ってたけど…信じ...

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」 キャプ付感想

まさか1話に2回もトイレシーンが(笑)  どこを目指してるんだろうこの作品?w    海賊部隊のクリム・ニックが、アイーダ救出作戦を開始、 モンテーロがキャピタル・テリトリィを急襲する。 アイーダはG-セルフでの帰還を試み、ベルリ達が巻き込まれてしまう。  

『ガンダム Gのレコンギスタ』第三話

世界設定が多少明らかに。 敵は攻めて来てるけどほのぼのしてるなぁ。 前回からの流れでどんよりムードかと思いきや、サクッと進んでいくのがイイ感じ。 ほのぼのしてるけど台 ...

アニメ感想 ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」

流石力の入れどころが違いますね・・・

ガンダム Gのレコンギスタ #3 「モンテーロの圧力」

ガンダム Gのレコンギスタ 3話の感想です。 アイーダを助けにクリムがやってくる。 で ラライヤ、ベリル、ノレドとともに海賊のもとへ。。 クリム 大統領の息子でモビルスーツ好きだとか。 自称天才でうぬぼれてる? 襲撃時に結構撃破してますし あながちうそという感じでもないです。 なんかいいキャラクターです。 しぶとく生き残りそうな・・・ あいかわらず自...

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話 『モンテーロの圧力』 女の子三人に囲まれて...トイレ(大)ってどんな状況だよ!

まさかの伏線。冒頭クリムニックがトイレ使ったのは驚きましたね。パイロットシートがそのまんまトイレ。ガンダムに限らずロボットアニメでこんなシーン見たことありません。というか描写避けていたんだと思います。 しかしオチは更にぶっ飛んでいた。モビルスーツは一人乗りなのに四人乗っている時点でおかしい。その上おもむろに席に座ってゴミ袋を頭から被り、いきみはじめるベルリに仰天。女の子に脱糞するとこ見せるっ...

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」

今日がよければ明日もいい 明日も良ければ明後日も。 ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る

Gのレコンギスタ 第三話 モンテーロの圧力 感想

なんつーか、Gのレコンギスタは独特の雰囲気がありますね。 今のところGセルフは便座としか機能してないし、もうちょっと活躍して欲しい。 FW GUNDAM CONVERGE(ガンダム コンバージ ...

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話 モンテーロの圧力 感想

ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS3話です ルイン先輩をクンタラとわざと煽って殴りかかるも、 実力を試した上で認める大尉いいキャラしてるな レックスノー渋かっこいい ノレドは幼馴染みヒロインしてるなー、アイーダに嫉妬してる辺り クリムのモンテーロはシートが...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……