fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ 9巻「寂寥の狂詩曲(下)」

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ 9巻「寂寥の狂詩曲(下)」

ガンダムWFT9


≪あらすじ≫
リリーナ・シティに迫るラナグリン共和国の移動要塞「バベル」。単身迎撃に向かった「キュレネの風」ことミリアルドは重傷を負い昏睡状態に陥る。

父から愛機トールギスヘブンを譲り受けたミル・ピースクラフトは、バベル迎撃のため先陣を切って大量のMDが待ち構える陣営に突撃を仕掛ける。それをサポートするように出撃する連邦政府のマーズスーツやプリベンターのガンダムたち。

しかし連邦政府も、そしてプリベンターも信用していないヒイロは「スノーホワイト」と共にミリアルド同様単身でのカウンターストライク(反抗作戦)を開始しようとしていた――



感想は続きからどうぞ。

≪感想≫
二日連続更新。まぁ、週に二冊の文庫本を読んでいる今なら『FT』単行本を読むくらい造作もないことなんだと今更ながら気付いたw もっと早く気付いて更新しろよ、という話である(苦笑


さて、9巻だが正直に言えば一部に限って言えば面白かった。いや、この言い方ではその「一部」というのが本当に限定的なものだと勘違いされてしまいそうだが、実際には八割くらい面白かった。残り二割に面白味を感じなかったのには、それなりの理由がある。

まず、面白かったと言える最大の理由は火星編だったこと。そしてちゃんと物語が進んでいること。ハッキリ言って、『FT』以降に登場したキャラクターたちは十分魅力的に成長した。デュオや名無しといった、TVシリーズのキャラ像を継承しているキャラもいるにはいるが、ナイナやミル、カテリーナという存在はそういったものとは違っている。
だからこそ面白い。

機動兵器の戦闘シーンの描き方も良い。途中で五飛が乱入してくるが、それでも彼はすでに自分が主役の戦いは終わっていると言わんばかりに脇を固めている(まぁ、ゼクスのエピオンとの決戦は十分に中核ではあるが、物語の描写上は脇役である)。

これが隅沢さんの本来の力か、と思うと今後もナイナやミルたちの活躍には大いに期待したくなった。


しかし、同時にこれが隅沢さんの限界か、とも思った。これが残り二割、面白いと思わなかった理由である。

まず一つ目は現時点でなお旧キャラ、TVやOVAの展開に頼っていることだ。展開の随所にTVやOVAに繋がるような要素がちりばめられている。それは著者からすればある種のファンサービスなのかもしれないが、隅沢さんの場合はその頻度があまりに多くて最近はやや露骨過ぎて、その描き方が逆に作品のクオリティを低下させているような気さえする。

XXXGのWDHSRSという単語、指導者ヒイロ・ユイが市議会議員を目指すきっかけになった少女と子犬、ヒイロとウイング系統の機体による高高度狙撃とそこからの墜落、マックスウェル教会の悲劇を模したようなシュバイカー教会の悲劇、ピースミリオンとリーブラのように味方戦艦が敵戦艦に特攻しようとするシーンなど、上げればキリがない。

そのくせFTになって登場した新キャラとは裏腹に旧キャラたちは物語を一切進められておらず、逆に物語を進めることの足を大きく引っ張っている。
かつての主役の五人とリリーナは、EWまでを経て精神的に十分成長しながら、FTの都合でその成長がリセットされたかのような不当な扱いの数々が続き、ついにヒイロとリリーナ、ヒルデにまでその手が伸びた。

いや、そうしないと物語を進められないのだろう。旧キャラを絡めて劇的なことを起こすことで物語を進めたいのだろうが、そのせいでとにかくかつてのキャラクターたちを消耗品のように貶めているだけだ。

そう、貶めているだけなのだ。

読んでいて致命的だと感じたのは、この作品を読んでいて「希望」みたいなものを何一つ感じ取れないことだ。過去編は前日の感想に書いたように「悲劇」に収束してしまうため致し方ないが、それが火星編にも影響していて相互作用でとにかく根暗で悲劇しか生まない作品でしかなくなっているのだ。そんな作品を読んで面白さは感じても楽しさを感じられるはずがない。

もし隅沢さんが「EW」の最後の一文、「二度と地球圏にガンダムを含むMSという兵器は登場しなかった(=それだけ平和が続いた)」を守る気があるとすれば、この『FT』の結末もおそらくそうなるように収束するのだろう。ここまで来て今更、旧キャラも新キャラも平和に暮らしました、なんて終わり方もないだろうし、ヒイロたちの戦いは結局TVやEW以上に歴史の表舞台に出ることなく黙殺される終わりをするのはもはや明らかだ。

続編の展開としては不思議なことではない。例えば宇宙世紀なんかはTVシリーズを軸に、開いた年号に穴埋めするかのような新作の投入が今でも続いている。Wでも同じようなことが起きているといえばそういうことになる。
ただ、それらと比べて旧キャラの比率のあまりの高さと悲惨さ、収束する結末への酷さが……。


残り一割は、キャラ数の多さと再登板の多さ、かな。ヒイロ、リリーナがEW版のままなのは言うまでもなく、そこからホログラムとはいえTVシリーズ時代のゼクスにドロシー、さらにヴァン・クシュリナーダまで出てくる始末。過去編と火星編の両方をやる必要性があることを訴えるための策なのかもしれないが、さすがにその登場は萎えた。またAC暦のMSも割と多く出てくる。ウイングゼロにエピオン、リーオーまで。その辺もキャラと同じだ。

またキャラ描写も詰め切れていない。例えばサンカント・クシュリナーダ。彼は序盤でアンジェリーナの父親として出て来たロームフェラ財団の代表であり重鎮で、溺愛した娘が宇宙で出産しようとしたので強引に連れ戻してアインとの仲を引き裂くなどの行為をしながら、しかしそれよりもさらに前の時代を描いている8巻・9巻においてサンカントはまるでトレーズのような言動を振る舞っている。とても同一人物には視えない。

いや、長い年月の中で同一人物が変質することは珍しくはないが、これはフィクションだ。その作品でそんなことが必要なのかといえば私は疑問である。

長い時間をかけて執筆しているが先を見据えていないのはこうした齟齬は少なくない。それが露呈しているのが九巻でもあるので、その辺りが総合して残り一割の面白さを感じないというか作品として萎える部分。



思えばもうFTも九巻なんだな、と思った。八巻で隅沢さんは「『FT』も折り返し」といっていたが、そうなると全二十巻くらいありそうということになるが、そんなことを露も感じないほど展開は遅く、いつまでもグダグダしているようにしか見えない。やっていることも何となく同じことの繰り返しにも見える。

だからこそ、前を向いて突き進むナイナやミル、新世代のデュオやカトリーヌ、名無しといった存在は読んでいて面白い、というのは計算されたことなのか、あるいは偶然が生んだ皮肉なのか。

どちらにせよ、旧キャラを貶めて話題を作るような展開はもうたくさんだ。旧キャラは五飛のように、すでに主役を演じる時期を終えた脇役として脇を固めてくれていればいい。まぁ、たぶんそんなことはもう無理なんだろうけど。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

01 ≪│2023/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……