刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

るろうに剣心 京都大火編 感想

るろうに剣心 京都大火編 感想

原作既読、キネマ版未読、実写版一回目はTV放映版を視聴済み。


さて、周囲の方の感想を目にすると想像以上に良いみたいだったので観に行ってみた。率直な感想を言うなら、面白かった。最大の改善点は、実写版も二回目となってどうすれば実写版として映えるのかというところを理解している点だと思う。

例えば、前回の実写版の時には双龍閃や牙突を再現しようとしていたものの、それとチャンバラである殺陣に肉弾戦とスピード感をカンフー風味に取り込んだ雑魚戦とのクオリティの差が酷過ぎて(もちろん再現しようとしていた方のクオリティがあまりに低い)、そこがアクション映画としては萎えさせる要素の一つだった。

それが今回はほとんどなかったと言っていい。斎藤は牙突を使わず(まぁ、ファンとしては一度くらい「牙突」とは言わなくても「左片手平突き」くらいはしてほしかったかもしれないが)、剣心も飛天御剣流の技を振るわなかった。
じゃあ、それで戦闘シーンは悪かったかというとそうではない。むしろ、そういった超人的要素を排除して現実的に再現出来るアクションシーンとして昇華しているのでかなり良かったと思う。

個人的にはやはり新月村での雑魚戦が、『るろうに剣心』の実写版としては最も良いと思っている。私的に、あくまで私的にだが、地を這い蹲ったり、その場でカンフーのように回転して足払いするようなのはあんまり「緋村剣心」というキャラ像に余りあってなくて好きではないのだけど、新月村での戦いではそういうところをあまり取り入れず、剣心が逆刃刀による高速剣術で相手を完全に圧倒している。たぶん、一番原作に近い戦闘シーンの実写化じゃないかな。

他の戦闘シーンも良好。終盤では剣心が、彼らしく超人的な跳躍力を発揮するシーンもあるが、前回の斎藤の牙突に比べれば全然自然な形で使われており、アクションシーンは十分に面白い。

アクションシーンでもし課題があるとすると、たぶん一対一の戦い方を今後どれくらい昇華させて続編に繋げられるか、ってことだと思う。集団戦・雑魚戦ではバッタバッタとなぎ倒していく殺陣のクオリティが高いが、それが一対一になるとまた描写の仕方も変わって来るはず。

今回では刀狩りの張との一戦は、建物の構造を利用したアクションを多用することで一対多の戦いとの違いを取り入れていて良かったが、反面刀が折れていたこともあって剣心が(というか剣術メインのキャラが)徒手空拳を多用し投げ技を使うなど違和感も大きいので、続編では志々雄との決着や蒼紫との戦いもたぶんあるんだろうからその辺りの一対一がさらにどこまで昇華するのか、というのが楽しみ。



ストーリー面でいうと、大久保暗殺からの京都編を再構築している(前回の映画化のせいで斎藤との一戦はカット)。

一番の大きな違いは、師匠が出てこないので剣心が精神的に成長しないまま志々雄の大挙を迎えてしまったことだ。その辺も影響しているのか、剣心は原作では「同じ人斬りとしての心理」を読んで志々雄の大阪湾脱出からの東京湾強襲を察知したが、それはギリギリまで引っ張られることとになった。さらに戦艦・煉獄上での剣心も、人斬りに戻りそうなシーンがあるなど精神的にまだ未熟というか傷を負ったままの状態を続編まで引っ張ることになっている。

苦しい点といえば蒼紫か。前回出てこなかったので剣心との私的な因縁がないので登場させる理由としてはかなり厳しい。操を含めてその辺りの御庭番に関する描写は絶対数も少ないこともあって、終盤での蒼紫vs翁の戦いがアクションシーンは良かったのにその中身に全く共感出来ないというか、意味を感じなかった。いっそのこと、蒼紫は存在そのものを削除しても良かったのではないか。

また左之助も厳しい。修行シーンがないので二重の極みを習得してないし、本編の本筋にも絡んでいないし……。

話を戻すが、物語としては薫が連れ去られたうえに、煉獄の甲板上から落とされるという事態もあって、その後の薫の行方が分からないままエンディングクレジットを迎えているのも大きな違い。ただ薫が連れ去られるという部分や、剣心が飛天御剣流を今後使えなくなるかもという暗示が序盤で恵の口から語られるなど原作ではその後の人誅編に近い部分を取り入れている。特に剣心は過去に巴の婚約者・清里を斬り殺したことや斬殺された清里に鳴いて駆け寄る巴を思い出すシーンもあり、原作ファンなら「ここでこのカットを入れてくるか」と感嘆するシーンもある。っていうか、巴役って誰だったんだろ?

再構築で一番良くなっているのは、剣心が旅立った後の薫がウダウダ悩んでいなかったことか。もっと表面上強気に振る舞っている点は、亡き父に代わって神谷活心流の師範代として切り盛りしている「神谷薫」というキャラクターの本質を、ある意味で原作よりも的確に捉えていると言えるのかもしれない。



キャラクター面でいうと、以前からのキャストはまぁまぁ。佐藤さんの剣心もだいぶ慣れて良い感じかも。ただ弥彦と佐之助はダメだがw

蒼紫役の伊勢谷さんはかなり蒼紫の実写化として遜色なかった気がする。キャスティングとしてはベストと言えるかも。宗次朗役の神木さんもそんな感じだったが、もう少し底抜けの明るさを見せても良かったかなとは思った。喜怒哀楽のうち「喜」以外の感情が欠落しているという設定を、実写版でも継承しているかは分からないけど。

志々雄役の藤原さんは、見た目がアレなので誰がやっても大差ないように思うが、台詞を口にしているときのオーラみたいなものを考えるとベターな選択だったかもしれない。というか、最近藤原さん悪役しかやってない気がするのだが、すっかりその手なのか?(笑 まぁ、今期のTVドラマで刑事ものやってたと思うけど)

そして最後の登場、謎の男。福山さんがキャストってことは、まぁ考えられる原作キャラは師匠なんだろうな。師匠だった場合、当然、奥義継承による天翔龍閃伝授になるのだろうが、それを実写で再現できるのか、というところが最大の問題になる気がする。キャストとしては福山さんが「師匠」のキャラ像と比べてだいぶ「(物理的に)小さい」感じがするので(というか師匠がデカ過ぎるのだが)、そこに違和感はありそう。

まぁ、福山さんだから師匠じゃなくて実は生き延びていた坂本龍馬という可能性も(ねーよwww



評価は★★★★☆(4.5点 / 5点)。若干、キャスティングの微妙なキャラや粗はあるものの総じてみれば良質なアクション映画。原作らしい大技や超人技はなりを潜めるが、現実にあり得そうな風味にアレンジされている殺陣シーンや集団戦は十分観ていて面白い。

Comment

 

こんにちは。
剣心の映画は以前のしか見ていませんが、評判良いようなので見に行こうと思います。
私もあの牙突はせめて投げろよと。
原作再現に力を入れているとはいえ、弥彦は原作どうり10歳だとやっぱり幼すぎますね。印象的に言えばいっそ元服前の13歳くらいの設定にしてもよかったのではと思います。
  • posted by ネコ祭り 
  • URL 
  • 2014.08/11 20:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

蒼紫は前作で出すと尺の問題もありますし
刃衛と比較してあまりにも格下な中ボスという扱いになってしまって
じゃあ今回もリストラすると不満を持つファンもいて、と
難しい立ち位置ですね
  • posted by スワル 
  • URL 
  • 2014.08/11 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ネコ祭りさん 

こんばんは。

私の評判がどこまでアテになるかは分かりませんが、アクションシーンは良かったと思いますよ。原作とは違う展開も少なくないので、原作ファンだとすればそこはある程度覚悟は必要かもしれませんが。


>私もあの牙突はせめて投げろよと。
対空の牙突があると知って変な勘違いをしたんでしょうね。使う場面をハッキリ間違えていると思いましたw


>弥彦は原作どうり10歳だとやっぱり幼すぎますね。
年齢的なところもありますが、立ち回りが原作を知っていると厳しいですね。アニメ化しているため、その「声」のイメージもあるのかもしれませんが、ご指摘のように見た目はともかく立ち振る舞いはもう少し上の年齢くらいの立ち回りは欲しいところです(実際、弥彦の身の上を考えればそれくらい「大人びて」いても不思議はないし)。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.08/11 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>スワルさん 

こんばんは。

蒼紫に関しては前作の扱いが全て、でしたね。まぁ作っている当初は続編なんて頭にあるはずもないので、そんなことを言っても仕方ないといえば仕方ありませんけど。

個人的には記事にも書いたようにいっそ今回もばっさりリストラするくらいでも良かった気がしますね。京都御庭番との関係も別に蒼紫抜きでもある程度成立してしまうし。

あるいは別の登場のさせ方もあったかな、と。例えば今回も剣心と蒼紫は絡んでいないので、次で京都編を完結させるなら蒼紫は仲間になってしまうわけだけど、原作と違ってそこに至る「経緯」がまるで違うのでそこはたぶんよほどうまく造らないと腑に落ちないはず。

それならいっそ最初から蒼紫を葵屋の若旦那として登場させて最初から仲間でも良かったのかな、と。師匠が出てこない改変をしているのだから、それくらいどうということはないだろうしw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.08/11 20:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

るろうに剣心  京都大火編

るろうに剣心実写映画の第二弾 京都編の映画化ですね まぁ前作ヒットから絶対作るだろうなと思っていましたが予想通りの前後編でしたね 次は追憶編作るんだろうな~って感じがバリバリしていますが(今回もヒットしていますしね) ちなみに前作の感想はこちら あらすじ かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り...

「るろうに剣心〜京都大火篇〜」プレミア試写会

プレミア試写会のチケットが来た事を知らせた時、次男は狂喜乱舞。劇場予告がかかる度に、「これ絶対行こうね!」と言い合ってた作品。もちろん前作も2人で鑑賞。剣心の世界に浸り切ったものでした。言うまでもなく、私の興味は、これがアクション監督谷垣健治さんの出世作となるかどうか。谷垣アクションを観に行ったと言っても過言ではなかった。で、確か自分の備忘録で2012年の邦画ベストワンに据えた覚えがある。世...

るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編 MOVIXさいたま8/1公開 かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。 刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ 志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。 政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の 矢が立つ。 志々雄の野心を阻止すべ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:Fate/Apocrypha
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:ガンプラ関連
土曜日:-
不定期:ブラタモリ、ピックアップ感想
毎日:ゲームプレイ日記(DQ11)

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~