刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

万能鑑定士Qの謎解き

万能鑑定士Qの謎解き


万能鑑定士Qの謎解き



≪あらすじ≫
卓越した鑑定眼と論理的思考の持ち主、凜田莉子23歳。幾多の“人の死なないミステリ”に挑んてきた彼女が、『週刊角川』記者の小笠原悠斗とともに、最大の謎に直面する。大陸から怒涛のごとく押し寄せる複製品の山。しかもその製造元も、工場の所在も、首謀者もあきらかではなかった。仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を、莉子は解明できるか。Qシリーズ第20巻、Q&αシリーズ第25巻記念、最高傑作登場。
(単行本裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。



≪感想≫
ようやく現在刊行されている最新刊に追いついた。一応、本の方では八月末に新刊の予告もあったが、こちらはすでに作者である松岡さんのホームページなどで延期になる旨が伝えられているので、現時点ではこの『謎解き』が最新刊であると同時に最終巻になっても不思議ではないというわけだ。

実際、それくらい完成度というか読了後の感覚は良い。今回もまたこの作者さんらしくエピローグはほとんど載っていないが、それが逆に良い余韻を残している(余韻が良くなるような終わり方で筆を見事に止めている)。最後のシーンは、それこそ映画やドラマで映えるような終わり方ですらある。おそらくまだ続巻があるだろうから、こういう風に言ってしまうのはどうかとも思うが、『事件簿』シリーズを終えてからの中における集大成と呼んで差し支えはないだろう。それこそ最終巻でも問題ないほど。

莉子が取り扱う鑑定と事件は巻を増すごとに巨大になっていく。私を始め読者の方の中にも下手に規模が膨れ上がることを必ずしも絶対的な善と捉えている人ばかりではないと思うのだが、そうはいっても続編になれば過去作よりも新しいアイディアとトリックで、今まで踏み込まなかったジャンルを鑑定し、そして規模が大きくなっていくことが常なのだろう。フリーランスの鑑定家として、ちょっとした違和感から首を突っ込んでいた莉子がちょっと懐かしい。

だから、私が今後このシリーズで不安を覚えるとすればそこだけかもしれない。すでに国家間の問題を取り扱ってしまった。モナ・リザなどの世界規模のことも裏を返せばモナ・リザは世界と言ってもそれは絵画に興味を持つ業界に限定されていたし、国家間のやり取りもごく一部だった。しかし、それが今回はリアルに描写し、現実の社会的問題とリンクさせながらフィクションとして仕上げたために、大々的な取扱いとなってしまった。現に、現職の総理大臣などの名前が挙がり、さらに劇中で莉子は対面を果たし、賞賛を受けるほどにまで彼女の存在は肥大化してしまった。

そう、肥大化「してしまった」と表現するのが適切だろう。

マスコミにも大きく取り上げられ、それは過去のグラビアやらモナ・リザ事件などの比ではないことは明らかだ。その状態でその「次」となるとどういう規模になってしまうのか。それこそ第三次世界大戦を未遂に防ぐとか、宇宙に進出して宇宙物質を鑑定するとか言い出しそう(苦笑

これが最終巻だったら最後に出せる限界ギリギリの規模かな、とも思わないこともないのだが、たぶんこれが最終巻ではないしね。そこだけが不安要素かな。まぁ、この巻に関して言えばそんな不安要素は関係ないがw


作風としては珍しく、作家が小笠原悠斗の名を借りて読者に挑戦状を叩き付けている。莉子がいつもサクサクと謎を解いてしまうのでただ「読んでいる」だけで良い読者に対するアクセントなのか、嫌味なのか、それともただのアイディアなのかは分からないが。

素直に言うと私はただ読んでいるだけなので犯人はさっぱり分からなかった。まぁ、その挑戦状を読んだ一秒後には次のページをめくって読み始めていたがw
分かったのは最初から鑑定した物が二つあったことと合流ポイントも二か所あったことくらい、か。まぁ、それは最後に至る前にあっさり明らかになる程度のものだったので、たぶん誰もが想像出来てしまうことなんだろうし、そう考えると真面目に考察するチャンスだったのかなと惜しく思うし、たぶん考察しても私程度では全ての情報が本の中にあったとしても真相には辿り着かないだろうけどなとも思ったけどw



さてキャラクター面でいえば、いよいよ悠斗は莉子に告白。莉子もそれを受けた。その後、実際にどうなったのかは先に上げたようにエピローグが書かれていないので不明だが、ようやくここまで来たかという感じだ。

私がこれが最終巻でも良い、と思っているのはこうした事情もある。つまるところ、今まで描き続けながら曖昧に濁し続けた恋愛事情もようやくこれで一区切り、ということ。

恋愛を取り扱うのはとても難しい。それが人気作ならなおのこと。なにせ恋愛は成就してしまえばそれ以上の展開というのは描きづらい。描けても、新たな恋のライバルを出したり、あからさまな障害的展開を出したりと蛇足になりがちで、かといって成就させまいと曖昧に濁し続けるといずれ読者に見離されてしまう。

個人的にはQシリーズで20巻、αシリーズ含めて25巻もかかっているわけで見離した読者も少なからずいたんじゃないかとは思っているが、それでも作者としてちゃんと一つの区切りと結末を描けたのは大きく評価したい。いつも通り曖昧に濁すことも出来たはずだ。それをしなかったのは、作者にとってもこの『謎解き』がいろいろな意味で集大成であり、最悪これが最終巻になっても良いくらいの完成度だからだろう。

そして、これで悠斗と莉子の恋愛劇は終わりである。無論、続きは書けるだろう。先に上げたように新たなライバルや障害をつければいくらでも描けるし、それこそ今度は結婚まで(あるいは破局まで)作品を引っ張るという手もないわけではない。ただ、今まで「口にしなくても想いは通じ合っている」で終わっていた二人はその通じ合っていると信じていた想いを口にし確認したわけで、恋愛劇としてはこれ以上の展開は見込めない。いや、見込めないというか見込めてしまうような恋愛劇だと波乱が多すぎて、なんか不安になる(苦笑

まぁ、続巻が出れば描かないわけにはいかないだろうから、二人の初心な(?)恋人生活を描くこともあるかもしれないが、それは「エピローグ」ではあっても「恋愛劇」と呼べるようなものではないだろう。
続巻がどうして延期になっているかは分からないが、もしかしたらこの辺が作者さんにとってモチベーションを下げていたのかも? 邪推に過ぎないけどね。


とりあえず、最初に述べたようにQシリーズ、刊行している分は全て読破である。これからαシリーズに入りますw


評価は★★★★★(5点 / 5点)。各々のキャラクターの成長が感じ取れ、物語も現実世界の問題を上手く取り込んでいて結末に関しても作者のメッセージ性がしっかりと出ている。ミステリー性も十分で、あらゆる面でQシリーズでもトップ3に入る完成度と言っていい。

Comment

NoTitle 

最新刊までの完走おめでとうございます。
本作は色々とスケールが広がり、ついに安倍総理まで登場(笑)。
莉子と総理の会談まで実現と、おおっと思った巻でした。

次回以降の「特等添乗員α」の感想も期待しています。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.07/27 16:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>最新刊までの完走おめでとうございます。
ありがとうございます。『推理劇』以降は辛口の評価も目立ってるかとは思いますが、それでも投げ出さず最後まで読んだという事実が、この作品がいかに魅力を内包していたか、と私が感じているかいう証だと思っていただければ幸いです。

>ついに安倍総理まで登場(笑)。
そうですね、名前が出てくるだけではありませんからね。スケールが広がり続ける中で、今後どうしていくかは感想にも書きました通り、不安もありますが……次回作は一応予告されているので期待したいですね。

  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2014.07/27 21:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

松岡圭祐 「万能鑑定士Qの謎解き」

JUGEMテーマ:読書感想文    ◆  万能鑑定士Q シリーズ   中華人民共和国で活動する凜田莉子は、なんだか世界に羽ばたいていますね。    偽物製作グループの摘発をするが、本体が見えなかったのは    摘発する側に内通者が...

万能鑑定士Qの謎解き

・万能鑑定士Qの謎解き ・松岡圭祐 ・角川文庫  あらゆるものの真贋を鑑定する、若き美女鑑定士凜田莉子が活躍する「万能鑑定士Q」シリーズの角川版としては最終巻となる本書。こ ...

万能鑑定士Q:全事件簿 (角川文庫)

万能鑑定士Q:全事件簿 (角川文庫) 著者 松岡圭祐 2010年の刊行スタートから瞬く間に累計400万部を突破。数々の電子書籍売上ランキング(ミステリ部門)で1位を獲得。2014年5月には映画『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』が全国超拡大公開されるなど、留まることを知らない勢いの「万能鑑定士Q」シリーズ! ヒロイン・コージ―・ミステリの原点にして最高傑作、「事件簿シリーズ」(全12...

万能鑑定士Qの謎解き 感想 松岡圭祐

万能鑑定士Qの謎解き 著者 松岡圭祐 卓越した鑑定眼と論理的思考の持ち主、凛田莉子23歳。幾多の“人の死なないミステリ”に挑んできた彼女が、『週刊角川』記者の小笠原悠斗とともに、最大の謎に直面する。大陸から怒涛のごとく押し寄せる複製品の山。しかしその製造元も、工場の所在も、首謀者もあきらかではなかった。仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を、莉子は解明できるか。Q...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:ブラタモリ
月曜日:貴族探偵
火曜日:書評
水曜日:ゲームプレイ日記
木曜日:書評 or 雑記
金曜日:ゲームプレイ日記
土曜日:ソード・オラトリア
不定期:ピックアップ感想

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~