fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

万能鑑定士Qの推理劇II

万能鑑定士Qの推理劇II

万能鑑定士Qの推理劇2


≪あらすじ≫
シャーロック・ホームズの未発表原稿が見つかった!? 時を同じくして小さな依頼主が持ちこんだ『不思議の国のアリス』、史上初の和訳本。2つの古書が、凜田莉子に「万能鑑定士Q」閉店を決意させる。なぜ少年は鑑定を依頼したのか? 果たして原稿はコナン・ドイルの真作なのか? オークションハウスのスペシャリストになった莉子が2冊の秘密に出会ったとき、過去最大の衝撃と対峙する。「Qの推理劇シリーズ」第2弾。
(単行本裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。



≪感想≫
推理劇シリーズの第二弾。まずは、シリーズの順番で読んでしまったことを失敗したと後悔。ちゃんと刊行順に読めば良かった。というのも、外伝の「αシリーズ」の主人公・浅倉絢奈が、気が付けば莉子や悠斗と顔見知りどころか友人になっちゃってたんだよね。

一応、前巻にも出てきてはいたんだけど、その時は完全に偶然の出会いでそれ以上には至らなかったから単なるおまけ的なクロスオーバーかと思っていたのだが、ここまで深く関わっているとは思ってなかった……。

これはどう捉えるべきなんだろう。個人的にあまり深く関わり過ぎてしまうのはいかがなものか、と思ってしまうタイプ。莉子と絢奈では高い推理力を発揮するが、タイプがまるで違うので一見すると共存出来そうなのだが、出足では想像力で可能性を探る絢奈の方が早いので、莉子がどうしても後手に回っているし、何より絢奈のポジションが結果として悠斗のポジションを侵食しているので、ただでさえ恋愛がらみ以外は空気の悠斗の存在感がさらに希薄に……。

でもとりあえず、次は「推理劇III」じゃなくて先に刊行されてる「短編集」から読むことにしよう。以前いただいたコメントではあまり短編集の方は本筋には関わっていないっぽいので、推理劇全部読んでからでも良いのかもしれないし、これで莉子たちとの触れ合いが外伝の方に載ってたらダメなんだけどw



さて、本編の内容の大きなところは莉子がお店を閉店させてオークションハウスに就職した点、かな。似たようなことは「事件簿」シリーズの時に、ファッション誌の秘書としてやっていたがあっちは身分を隠していたし、お店を閉めたわけじゃなかったのだけど、ここでは完全に閉めてしまった。

誰かのために全力になれるのは莉子の良いところなんだけどお店を閉めてまでなのかなぁ、というのは終始疑問だった。科学的な鑑定が必要なら氷室を頼るとか、莉子の鑑定仲間の横の繋がりから古書に詳しそうな人に接触するとか、そういうのじゃダメだったんだろうか(先に出てる短編集で氷室を頼れない事情が出来たならともかくだが)。

動機も、依頼人とはいえ小学生の少年ではね。いずれそれは彼が、莉子の高校時代の先輩の息子と分かることで多少動機づけを補強しているように見えなくもないが、恩師ともいうべき瀬戸内陸が借金まみれの中でも金銭面を工面したお店だったはずなのになんか扱いが軽い。誰だって故郷の思い出が強いのは理解はするが、今の莉子を形作った瀬戸内親子を無碍に扱っているようにしか見えなくてやり過ぎな感じの方が強い。

ただ、エピローグは良かった。捻くれた見方かもしれないけどね。この作品、基本的に性善説を信じている莉子の言動に心打たれて、犯罪者も悔い改めることが多い(というかほとんど)なんだけど、そこがどうしてもご都合主義というか、そんな感じはずっとしてたんだよね。でも今回は最後まで悔い改めることはなかった。それも、莉子にとっては関係が深い相手だったはずなのに、だ。

これだけ事件をこなしていればそういった相手もいる。莉子の性善説が通用しない犯人の登場は、この先の何かを意味するものなのか、何かっていうのは気になるところ。

犯人の一味の一つを追い詰めたシーンも、ありきたりだけどミステリの読み物としてはなかなかいいトラップだったと思う。普段からちょいちょい似たようなことはやってきた莉子だが、ここまで大々的にやるとなると初めてなんじゃないかな。そこは面白かった。



キャラクター面でいうと、莉子は前述の通り。あとは莉子が全体的に、年相応の精神状態だったかな、というのが率直なところ。普段はその知識と観察眼とそこから導き出される論理的思考による推理でかなりクールなイメージだけど、この巻の彼女はそういったこれまでのイメージの「東京に上京した凜田莉子」じゃなくて、天然で感受性が強くて年相応にミーハーで流されやすくい「沖縄時代の凜田莉子」、あるいはその延長線上って感じが強かった。それが良いか悪いかは読者次第、というところかな。私はあまり良かったとは思わなかった。というより、莉子がブレまくってるので論理的思考がほとんど見えず、グダグダした感じが終始続いたものをずっと読まされた感じだし。

久々登場の葉山のセリフがなかなか良かった。「あの親のもとで幸せになれるとは思えない。私たちはあの少年の未来も救ったんです」のひと言は的を射ていたと思う。莉子からすれば、子は実の親のところにいることこそが幸せだと考えていたのかもしれないが、実際の親の現状を知ってしまうと葉山の言葉の方が正しいと思える。そういったセリフを葉山が言えるところがミソなんだと思う(華蓮編の時にも思ったけど)。

しかし、さすがに悠斗の最後のシーンの登場はご都合主義すぎるだろう、と思った。言動含めてあまりに出来過ぎ。最初から悠斗が潜んでいるとか、犯人の逃走を莉子が予期していたとか、そういうのがないと正直かなり展開としては褒められるものではなかった。
莉子のパートナーとしても、事件にかかわる部分の相談事は大部分が悠斗から絢奈に移ってしまい、マクロな見方をするとこの巻で「小笠原悠斗」というキャラクターの存在価値は半分以下になった。というか、莉子の恋愛相手以外の要素が完全に消えて居ても居なくても良いキャラになってしまい、事実この巻の出番なんて先に上げた最後のシーンのご都合主義以外はないに等しい。



評価★★☆(2.5点 / 5点)。真犯人のあり方や葉山の言動など随所に光る点は多かったと思うが、読了感というか結末後の余韻は前巻の方が良かったかな。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

01 ≪│2023/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……