fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

万能鑑定士Qの事件簿XI

万能鑑定士Qの事件簿XI


能鑑定士Qの事件簿11


≪あらすじ≫
わずか5年で京都随一の有名スポットになった音隠寺。そこは、あらゆる願いがかなう儀式で知られていた。京都に赴いた凜田莉子は、住職・水無施瞬によるトリックをほぼ見抜くが、決定的証拠を握れずにいた。止められない瞬は、次の話題づくりに安倍晴明の式盤を狙う。所在不明の式盤を密かに探し、盗むつもりだ。「国宝」にたどりつくのは莉子か瞬か? かつてない敵を相手に、究極の頭脳戦が始まる。「Qシリーズ」第11弾!
(単行本裏表紙より抜粋)


感想は追記からどうぞ。



≪感想≫
シリーズ第11巻は、兄弟子との勝負。二人して瀬戸内陸の弟子というのはやや出来過ぎというか、都合よく展開していたが、まぁそんなこともあるのだろう、と納得。どちらかといえば、弟子が打ち勝つべきものは師匠なわけで、そういう意味では莉子が打ち勝つべきは師匠である瀬戸内陸になるわけだが、それを最初のエピソードでやってしまったために出てきた兄弟子、ということなのかな。

もう一つは、恋愛劇を本格化させてきた、というところか。

第9巻で莉子と悠斗の関係は(特に莉子の中で)一歩も二歩も進んだが、10巻が過去編に終始してしまっていたので、どうなったのかと思っていたが、その辺りは順調なようだ。


ストーリーとしては、ラストの展開に疑問。先にあげたようにご都合主義といったが、こちらも似たようなものだった。結局、最後は運任せというか、偶発的な事故のおかげで瞬が倒れて勝利が莉子の方へ転がっただけで、これまでのシリーズを読んでいると勝利の決め手としてはかなり弱い。

莉子からすれば兄弟子との対決のはずだったが、対決として莉子が「勝った」という印象は皆無に等しく、最後の偶発的な事故がなければ瞬の勝ちだっただろう。むしろ、その状態の瞬を足元から掬えるくらいの「何か」があって欲しかったので苦しいところ。



キャラクターは、恋愛要素強め。莉子が重要証拠よりも自分の想いを大切にしたシーンは良かったと思う。あそこで莉子がディナーに行くことを選ばないからこそ意味がある。自分が安易な賭けに乗ったせいで証拠を失うことよりも、その証拠を守るために好きでもない男とデートすることの方が嫌だったし、彼女にとって重かった。

これは結構重要だと思うんだよね。良く、恋愛劇とかだと「相手のために自分が犠牲になる」というのはあるけど、それは何の意味もない。そんなことをされても相手は嬉しくも何ともないだろう。少なくとも私なら嬉しくないし、逆に憤る。悠斗だって、「短冊とディナーを賭けられて、短冊守るために自分を犠牲にしてきた。でも短冊守れたよ」と言われたら嬉しさよりも憤りの方が強かったはずだ。
作者にそういった恋愛のド定番みたいなことに対する否定的なメッセージがあったのかどうかは分からないけどねw

あとはその悠斗がカッコよく最後の方立ち回っているのが印象的かな。ヘタレな印象は序盤から中盤くらいまで、終盤は頼れる感じを発揮して莉子では難しい肉体派な動きもしていた(設定上、フットボールではエースなんだし、その辺りの運動神経を活かせる場面があれば活躍できるようだ)。

ただ、中盤での「どうしたったの、凜田さん」はむしろこっちがどうしちゃったんだよ、って話だったがw

好意を寄せている彼女が、いけ好かない金満イケメンとディナーに誘われた。断るためには決定的な証拠の短冊をイケメンに渡さないといけない。彼女はそこで、イケメンとのディナーじゃなくて短冊を渡すことを選んだ。

莉子視点で書けばさっきみたいに「相手のために自分の想いを犠牲にしない」という良い形で描かれるんだけど、悠斗の視点だとそれはがらりと変わる。うん、どうしてそこで莉子を責めるのかw むしろ好意を寄せているのだから、内心、不謹慎でもそのことを喜んで然るべきだろう。少なくとも相手の女性は、その金持ちイケメンにはなびかなかった、ってことなんだから。

幾らなんでも「鈍感」のひと言では片づけられないほど描写が凄くチグハグ。ストーリー上、「この流れでこのシーンが出てきた」のではなく「このシーンを描きたいからこういう流れになった」という形になっていて、それが悪い方向に働いてしまった。シーンありきだったから展開も内容も強引で粗さだけが目立った。

また最後のシーンも、インチキ祈祷文で婚姻を願われて何が嬉しいのか分からない。どうしてこんなシーンになったのかも、そのシーンありきでどうやって締めるかを考えた結果の苦肉の策にしか見えなくてクオリティが低い。その前の、音隠寺のエピローグも雑。
このシリーズ、犯人には犯人の汲むべき事情や想いがあることも少なくなく、今回の瞬も同様だが、あまりに恩赦というか穏便すぎる結末や数億も寄付していたとかいう裏設定など今回の推理対決の肩すかし具合と同じくらい残念な出来。



評価は★★(2点 / 5点)。前巻以上に、ネタありき、シーンありきな感じが強くて纏まりに欠けている印象。せっかくの兄弟子との対決なのにエピローグ含めて全体的に中盤までの盛り上がりに対して、クライマックスは完全に失速した。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

松岡圭祐 「万能鑑定士Qの事件簿 11」

kJUGEMテーマ:読書感想文      ◆万能鑑定士Qの事件簿シリーズ   音隠寺の謎に迫る凜田莉子と小笠原。しかし、相手は莉子の師匠だった    瀬戸内陸の教えを受け継いだ者。莉子と小笠原の恋の行方も楽しめましたが   ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

01 ≪│2023/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……