FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

キャプテン・アース 第2話

キャプテン・アース 第2話
『銃の名はライブラスター』


≪あらすじ≫
アースエンジン・インパクターへの合体変形を成功させたダイチ。彼は「魔法少女」を名乗る謎の少女とともに、キルトガング・モールキンを撃退する。地上に戻ってきたダイチは、かつて父が所属していたグローブが、異星人の侵攻から地球を守るための組織だということを知る。さらに彼はそこで、幼少の頃に出会った嵐テッペイ、夢塔ハナと再会を果たすのだった。
公式ホームページ STORY 2話より抜粋)



≪感想≫
◆後味の良さ -『スタードライバー』の系譜-
2話はそこに尽きるだろう。モルモット同然で軟禁され、“足枷”として頭痛を与えるヘッドギアまでさせられていたテッペイとハナ。各勢力でそれぞれの大人の思惑が渦巻く、お約束だけどドロドロしていて清々しい島や宇宙空間の綺麗な描写とは裏腹に観ている印象はそんなに良くはなかった。

それが(特にロボット物を始めこの手のアニメでは)普通だと思っていたのだが、最後の最後でダイチが施設をぶっ壊して解放したところは良い意味で予想外だった。ある意味でダイチの行動は、視聴者が願いながらも「まさかこの2話ではないだろう」と諦めていた展開でもあったはずだ。いずれそうした拘束から二人が解き放たれる日が来ることは先読みしていたとしても、である。

だからこそ、最後のシーンからのエンディングへの流れは後味の良さがあった。スッキリとした終わり方。ドロドロとした部分や目に見える嫌な要素をその回でキッチリと解消してくれたのは、思い返せばそういえばこの作品がかつての『スタードライバー 輝きのタクト』を作ったスタッフたちが多く集結していたのだな、と行きついたわけだ。

無論、『スタドラ』だって全部の回がこんな後味の良かった話ばかりではなかったが、その都度、あるいは短いタイミングでこういった結末を用意しているのは、似ているのかな、と。シリアスや鬱な展開が続いていたけで最後の最後は大団円で終わるというのは普通なこと。そうじゃなくて、短いスパンで随所随所にこういった結末を用意出来ることが、この作品が観ていて清々しいというか、良い側面を出した青春劇のような気持ち良い部分がある。そこはきっと『スタドラ』の系譜なのかな、と観ていて思えたのは2話の最大の収穫だった。

もちろん、伏線がゼロではない。いろいろと今後きな臭い動きもあるようだし、そことのバランスが今後は出来を左右してくるかな、という感じ。



◆多くを知っている? -ダイチの言動はご都合主義か、伏線か-
さて、前述のようにダイチの行動がこの2話の後味の良さ、清々しさのようなものを与えてくれた。しかしその反面、ダイチの言動は突発的な物が多い。

例えば、最後にライブラスターを召喚して撃つシーン。これまでダイチはこのような行動を取ったことはない。つまり、ダイチはそれが「出来るか、出来ないか」がそもそも分からなかったはずだ。しかし、ダイチはまるでそれが出来る――ライブラスターを召喚し、さらにそのライブラスターの引き金を引けば物理的な破壊力を有する光弾を撃てることまで――と知っているかのような行動。

また今回のダイチのやや幼さすら感じる言動は、1話とは少し違う人のようにすら見えた。

そういったダイチの「変化」はこの展開をするためにご都合主義でやらされていることなのだろうか。それとも、ダイチのこのような言動がいずれ何かの結末に繋がる伏線なのだろうか? 『スタドラ』の主人公・タクトは、ある意味でそういった「出来てしまうこと」が伏線だった部分もあったので、そういった可能性もあると私は思っているんだけどね。

もちろんご都合主義というか、脚本の都合でこうなったという可能性もある。そもそも、物語の作り方は大きく分けて二種類あって「やりたいストーリーがあるから、それが出来るようにキャラクターを動かす」タイプと、「動かしたいキャラクターがいるからそれを動かしてストーリーを作る」タイプがあって、前者ならそうなのかな。

あとはスタッフがそういった細かいことを無視してやりたいことをやった結果、そう見えているのかもしれない。

どうしてこんなことを書いたかと言うと他の方の1話の感想を観ていて、「ダイチの言動が出来過ぎている(意訳)」というのを少なからず目にしたからだ。1話はそういう感じを私はあまり受けなかったのだけど、確かに言われてみれば2話でもそういう要素に気づけたので、こうして文字に起こして見た。

結論から言えばこの段階で、ダイチの言動が出来過ぎたご都合主義的なものなのか、伏線なのかというのは当然ながら視聴者としては断定できないんだけどね。まぁ、そこは気長に観て行くしかない、ということなのだろう。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/32631584.html
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-963.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-10047.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3651.html
・http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-1377.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5579.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1781.html
・http://nobufu.blog.fc2.com/blog-entry-477.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3157.html
・http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-4041.html
・http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5025.html
・http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/tokyomx41302-83.html
・http://tohazakki.blog.fc2.com/blog-entry-268.html
・http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-608.html
・http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8582.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-2183.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャプテン・アース #02

『銃の名はライブラスター』

キャプテン・アース #2

不思議な銃に導かれて宇宙へ出たダイチは、そこで異星人と戦うことになるのでした。よくわからないまま巨大ロボに乗ってしまったダイチ。彼がアースエンジンと呼ばれるロボ

キャプテン・アース 第2話「銃の名はライブラスター」

キャプテン・アース VOL.1 初回生産限定版[Blu-ray](2014/07/18)入野自由、神谷浩史 他商品詳細を見る 前回、超展開的なノリで ロボット出撃したダイチですが 何やら 乗り込むところまでは ほぼ勢い任せで 操縦技術に関しては サッパリという感じだったらしく 親しみ的に、ちょっと安心(?)した つーことで その不慣れな操作を 謎の自称・...

キャプテン・アース 第02話 感想

 キャプテン・アース  第02話 『銃の名はライブラスター』 感想  次のページへ

キャプテン・アース 第2話 「銃の名はライブラスター」 感想

アースエンジンよりモールキンの方が大きかったのは意外でした。 戦闘シーンはもっと魅せてほしかったですね。 満天の星に埋め尽くされた夏の夜空、宇宙ロケットの発射台がひと際大きく そびえ立つ種子島。 その夜空に浮かぶ「丸い虹」を見たことをきっかけに、ザワつく胸騒ぎに 突き動かされて、17歳の少年・真夏ダイチは、この南の島を訪れた。 そこで彼を待っていたのは、驚くべき出会い。 "...

キャプテン・アース・第2話

「銃の名はライブラスター」 「あいつが地球に来るとまずい」 その思いだけでアースエンジンで出撃したダイチ。紆余曲折はあったものの、その敵を何とか撃退するものの…… 第2話を見ると、キルトガングとの戦い、というよりも組織内とか、地球側でのゴタゴタという部分が強調されている感じ。 アースエンジンを動かす源というのが、人間の生命力。そして、それまで誰も扱うことが出来なかったライブラス...

そういうことじゃない!/キャプテン・アース2話他2014/4/14感想

<記事内アンカー> ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第10話「まるで湯たんぽ」 キャプテン・アース 第2話「銃の名はライブラスター」 一週間フレンズ。 第2話「友達との過ごし方。」 漫画感想(「かぶき伊佐」3巻)  忙しさも一応山は越えたので、今週はあ号作戦をさっさと終わらせたいなあ(そっちかい)

キャプテン・アース 2話 感想

キャプテン・アース 銃の名はライブラスター

キャプテン・アース TokyoMX(4/13)#02

第2話 銃の名はライブラスター 公式サイトからアースエンジン・インパクターへの合体変形を成功させたダイチ。彼は「魔法少女」を名乗る謎の少女とともに、キルトガング・モールキンを撃退する。地上に戻ってきたダイチは、かつて父が所属していたグローブが、異星人の侵攻から地球を守るための組織だということを知る。さらに彼はそこで、幼少の頃に出会った嵐テッペイ、 夢塔ハナと再会を果たすのだった。 アースエン...

キャプテン・アース 第2話「銃の名はライブラスター」 感想

あらすじ アースエンジン・インパクターへの合体変形を成功させたダイチ。彼は「魔法少女」を名乗る謎の少女とともに、キルトガング・モールキンを撃退する。地上に戻ってきたダイチは、かつて父が所属していたグローブが、異星人の侵攻から地球を守るための組織だということを知る。さらに彼はそこで、幼少の頃に出会った嵐テッペイ、夢塔ハナと再会を果たすのだった。 脚本:榎戸 洋司 絵コンテ:五十嵐卓哉...

アニメ キャプテン・アース第1話2話あらすじ感想 ずいぶんとはっちゃけたHAL9000ですねぇ・・

MBS 土曜25:58~ TOKYO MX 日曜23:30~ テレビ愛知 日曜25:35~  BS11 日曜27:00~ 他 ※ネタバレ要素あり

【アニメ】キャプテン・アース 感想 第2話「銃の名はライブラスター」

ようやく感想が放送に追いついた! 専門用語大連発の一話から、いよいよ戦いが始まる第2話になります。 まだまだ謎だらけの世界観ですが、取り残されないように気合を入れて視聴します! ということで、第2話の感想をドゾー。 (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・SF好きですけど、設定等々に対...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……