刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

2013年アニメアウォーズ!

2013年アニメアウォーズ!
2013年12月23日20時投稿

例年のごとく、「おちゃつのちょっとマイルドなBlog」のおちゃつさんからお誘いを受け、同Blogで開催されている「2013年アニメアウォーズ!」に参加させていただきます。

以下、項目です。

~2013年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)


今年も「OVA・劇場部門」、キャラクター部門に関しては「人外部門」を追加、さらに五分や十分の短編アニメの急造に合わせて「短編アニメ部門」も追加設立していますw

また、受賞作のほかに次点作品を1つ~2つ追加でそれぞれ挙げています。 

さてはて、今年の結果は…?

※最終話ラッシュですぐに記事がTOPページから消えるのもアレなので、年内冬コミ記事の下に表記するように調整しています(そのため本来の記事投稿時間と表記される投稿時間が違います)


冬コミに行かれる方は、『アニプレッション vol.6』もよろしくお願い致しますm(_ _)m


最優秀作品
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』

(公式ホームページ)

2013年No.1アニメは何かと考えた時に真っ先に思い浮かんだのが『マジェプリ』だった。それは私がロボット物に対して人一倍強い思い入れがあることもあるだろう。ただ、売り上げの数字だけを観るものと違って個々人の評価と言うのは主観が入り混じるものだと思うし、仮にそういった主観を差し引いたとしても今年一年の中で、2クール半年間にこの作品が与えた良い影響と言うのは大きかったのではないかと思っている。

二十代後半の私がどことなく感じる「懐かしさ」。子供のころに観ていた、あのときのロボットアニメのようなワクワクとした形やヒーロー像。そんなものが凝縮されていた。

もちろん、ただ懐かしいだけじゃない。CGをふんだんに使ったロボットのバトルシーンというのは、どこかセル画(デジタル含むけど)を用いたバトルシーンに思い入れがまだ強い私にとっては違和感でしかなかったのだが、『マジェプリ』のバトルシーンはその違和感を感じなかった。それくらい良かったし、さらにいえばスピード感・疾走感というモノがさらにバトルシーンを盛り上げてくれた。

ちょっとだけ後日譚も欲しいところだし、まだ敵は残っているし決着もついていない。けれど、それでも2クールで「燃えた」感じが強く、ちゃんと物語もひと区切りついた。OP・EDなどの楽曲面も良く、特に後期のEDは女性キャラの声優さんで唄うアニソンのみならず、ちゃんと男性キャラの声優さんのアニソンもあって「萌え」だけをあざとく狙う感じじゃなかったのも好印象。

何より素晴らしかったのは、1話の面白さから失速していく感じが強い昨今のアニメの中で2クールながらほぼ常に右肩上がりで面白くなっていった点だ。無論、それこそ主観での評価でしかないが、これは他のアニメにはなかなかない点。

何か一つが突出して素晴らしいのではなく、シナリオ、絵、音楽、キャスト等すべてが高水準に纏まっていた最高の総合力を持っていた2013年ベストアニメだと思う。



次点は『はたらく魔王さま!』(公式ホームページ)を推したい。正直、『マジェプリ』と『魔王さま!』でどちらを最優秀作品に選ぶかは最後まで悩んだ。ジャンル・方向性がまるで違う作品なのでもしかしたら『魔王さま!』の方を推す人も多いのかな?

放送前はそんなに期待していなかったのだがとても良かった。原作のストックはあるはずだし、来年中に第二期か、第二期決定の一報をぜひ期待したい作品。






特別賞
『有頂天家族』

(公式ホームページ)

今年の特別賞は、『有頂天家族』を推させていただくことにした。京都南座がスポンサーに入っているという異例の作品で、京都各地がロケハンによって忠実に再現されているという「聖地巡礼」を視野に入れた作品の一つ。しかし、それ以上に作品が持っていた独特の雰囲気や空気感が素晴らしく、シナリオも良かった。しっかりと物語内で最大の謎だった「父親の死」についても明かされ、ライバル一家との戦いにも一応の終止符が打たれるなど物語の落とし所も良い。

言葉で言い表すのが難しいが、一言でいえば「お洒落な空気感を持つアニメ」かな。こういうアニメが出てくることは稀だけど、また出てきたら良いなと思う。



次点は『京騒戯画』公式ホームページ)。

こちらも『有頂天家族』同様に独特のオーラや雰囲気、世界観に惹かれた。『有頂天家族』に比べると時系列順ではないストーリー構成や勢いを重視した作画は裏を返せば粗さもあるのでちょっと劣るかな、と言う感じ。それでも作品内で視聴者に伝えたいメッセージというものが、ちゃんと分かりやすくダイレクトに描かれているので中盤までの過去篇を乗り越えられればそのスタッフたちからのメッセージを受け取ることが出来るだろう。






劇場・OVA部門
『劇場版「空の境界」未来福音 / extra chorus』

(公式ホームページ)
今年はあります、劇場・OVA部門w やっぱり私の中で『空の境界』は強かったという印象がある。

『空の境界』としてもある種の集大成となるであろう作品。おそらくこれ以上、この作品で劇場版が作られることはないと思う。それを考えて、ストーリー的にも、描写的にも、作画的にも、これまでの全てが込められながら、それでいて出来得る限りシンプルに、分かりやすく、キャラが活きるように作られた形に監督やスタッフ、原作関係者含めての「愛」を感じることが出来た。

次点はなし。観ている絶対数が少ないっていうのもあるけど、あまり観終えて「良い」と思えたものはなかった。『まどマギ』を挙げても良いのかもしれないが、正直サプライズやインパクトが強いだけであんまり「良い」という印象はないし、かといって『中二病』や『あの花』は総集編っぽいイメージが強過ぎて、あんまり新作の映画って感じがしなかったし。






短編アニメ部門
『あいうら』

(公式ホームページ)
新たに設置させてもらった「短編アニメ部門」。現在、30分という枠(尺)のTVアニメが一般的な中でそれ未満の放送枠で放映しているアニメ(主に五分アニメ、その他十分アニメ、十五分アニメなど)を対象にしています。

というのも、短編アニメはその尺の短さや、そこから来る予算の低さ(があると推察される)のためなかなかこういう企画だと名前が挙がってこない。けれど、短編アニメの尺の短さや予算の低さを巧く利用したアニメもあるし、年々数も増えてきているのでせっかくならそういったアニメもこの機会に知って頂きたいと思って設立。

今年は『あいうら』を選ばせてもらった。理由? 太ももが素晴らしかった(爆 でも、これって大切。限られた時間や予算、労力の中では30分アニメ以上に「描くこと」「描きたいこと」をしっかりと見定めて描く必要があるのではないだろうか。そう考えた時に、『あいうら』は描きたいことがハッキリしていて良かったと思う。

次点は『ヤマノススメ』公式ホームページ)。五分アニメとは思えないほどの高いクオリティは素晴らしかった。来年は第二期を、枠を十五分(それでも短編だけどw)枠に拡大して2クールで放映するので、今後の伸びにも期待したい。






最優秀キャラクター
男性キャラクター部門
『真奥貞夫』

『はたらく魔王さま!』より)

男性キャラは毎年良かったキャラを見つけ出すことに困るのだが、今年は真奥貞夫一択だった。もちろん他にもたくさん魅力的な男性キャラはいたのかもしれないが、言動がしっかりしていたというか、主人公をちゃんとやりつつも中高生がハチャメチャするのではない感じが、私くらいの年齢になってくると主人公としても男性キャラとしても好感を抱くw

バイトをしながらの資金集め、バイト先とはいえ時間帯責任者を任されての責任感や部下の面倒見など、割と社会人として見習いたい部分も。

あっ、思いだしたらカツ・ドゥーン、食べたくなってきたwww



次点は『夏目 望』『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』』より)。

誰!? って言われそうだが『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』のゲストキャラ(主人公の女の子の亡き父親の同級生)。ゲストキャラで登場回数ほぼ1回(1話)ながらその存在感は凄い。彼を含めての親父たちの同窓会的な部分と最後のセリフは哀愁があって良かった。





最優秀キャラクター
女性キャラクター部門
『姫柊雪菜』

『ストライク・ザ・ブラッド』より)

数が多く、他の部門よりもさらに主観が入りやすい女性キャラ部門。今年は十月から放映している『ストブラ』のメインヒロインの雪菜を選出させてもらった。理由はただ一つ、「正妻力」の高さ。何を以って「正妻力」とするかはいろいろとあるだろうが、ちゃんとメインヒロインがメインヒロインとして(色んな意味で)仕事をしている。それがやっぱり大きいかな。

魅力的な女性キャラが多数登場することが当たり前なアニメの作品たちにおいて、メインがメインとして大きな仕事をし続けているというのはキャラクターにとっても作品にとっても大切なことだと思う。1クール目は大丈夫だったのでたぶん来年からの2クール目もメインヒロインとして仕事をしてくれることだろう。

その中でドンドン魅力を発揮してくれると信じている。



次点は、今年はなしで。次点に値するキャラがいないというよりは、他の女性キャラはドングリの背比べというか、あまり差がない感じが強い。例えば『超電磁砲S』の御坂美琴とか、『はたらく魔王さま!』の遊佐やちーちゃん、年末でいえば『アルペジオ』のイオナや『IS2』の各ヒロインたち、31日放映分を含めて良いなら『SAO』特別編がやるのでアスナなんかもランクイン出来るだろう。でも、それらで「じゃあ最優秀は決めたけど、それに比肩しうるほどのキャラは」と言われると、あんまりピンとこないんだよね……。

そういう意味で今年、「姫柊雪菜」というヒロインの突出した形は凄かったとも言える。






最優秀キャラクター
人外キャラクター部門
『チェインバー』

(『翠星のガルガンティア』より)

キャラクターとして今年一番際立っていた人外キャラだろう。作品の内容としてはあまり良かったとは思っていないが、最後の「くたばれ、ブリキ野郎!」のセリフに涙ぐんだ人も少なくないのではないか。CVを務めた杉田さんの声との相性も抜群で、何かとネタにされがちな杉田さんの声だが逆にそれを巧く利用したキャラクターだったようにも思う。

ちなみに厳密にいえば『アルペジオ』の“霧”のキャラは人外になるのかもしれないが、人の形をしているのでこちらにはカウントしていない。私の中で人外キャラというのは「人の形をしていないキャラクター」なので。



次点は『ももねこさま』『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』』より)。マスコットキャラはやっぱり印象に残る。

そういう意味では先の『アルペジオ』でも、キリクマはこっちにカウントしてあげるべきだったかもwww






最優秀オープニング
テーマソング部門
『ZERO!!』

『はたらく魔王さま!』オープニングテーマより)

楽曲の良さはもちろん、その楽曲を活かすような爽快感ある描写、それらと本編との親和性の高さなどが高い水準で纏まっていた。序盤は完成版ではなかったが、それが緊急の処置だったのか、意図的だったのかはともかくとして、変化があるのも面白い試みの一つとなって、OPで飽きさせない工夫をしたのはなかなか。


次点は『ニブンノイチ』『ガンダムビルドファイターズ』オープニングテーマより)。

理由は単純に、世界観の持つ疾走感や爽やかさのようなものが良く合っていたから。OPは(アバンなんて手法もあるが)これから本編に入っていくための加速補助装置。それを聞くことでその作品に対するテンションを高めていくわけだから、やっぱりノリの良い曲というのは王道であり、定石なんだなと思う。





最優秀エンディング
テーマソング部門
『ケセラセラ』

『有頂天家族』エンディングテーマより)

エンディングの楽曲の良さはもちろん、30分の終わりごろからEDに入っていき、そこから約1分30秒のEDという一連の流れが素晴らしかった。あそこでの「余韻」というものが、最終的にはこの『有頂天家族』という作品が持つ独特の雰囲気や空気感を保ち、完結させる一因となった。

いろいろな意見はあるとは思うが、エンディングとは本編の余韻を楽しむものである、という持論がある私からすればその出来は今年随一だった。


次点は『Daisy』『境界の彼方』エンディングテーマより)。一言で言うと「オシャレ」だった。下手にアニソンにせずに、しかも男性シンガーの曲で纏めた辺りはセンスの良さを感じた。EDの絵に関してはもう一つ、というところだったけど。

あとはエンディングでの工夫という意味では『アルペジオ』なんかも面白い試みだったと思う。







総評
昨年を「区切りの一年」と総括したわけだから、今年は「新たな一年」になると思って臨んだ2013年。一般的にはやはり『進撃の巨人』の大きな話題性から始まり、春期には『マジェスティックプリンス』『ガルガンティア』『ヴァルヴレイヴ』と三作同時にスタートし秋には『ガンダムビルドファイターズ』がスタート、来年も新作ロボットアニメが1月、4月でそれぞれ確定しているなどここ数年続くのではないかとさえ思わせるロボットアニメの再燃が私にとって大きなニュースであり、イベントだった。

そうした中でもコアな(と呼んで良いか分からないが)深夜アニメを見るファンにとっては、その手前の22~23時台のアニメの充実も大きな変化だったかもしれない。深夜アニメは、たいていが0時過ぎから始まるからそういう呼び方をしていたのであって、先に挙げた『進撃の巨人』や『ヴァルヴレイヴ』以外のロボットアニメ、さらに従来のファン層にとって絶大な人気を獲得した『はたらく魔王さま!』、『リトルバスターズ』なんかも22~23時台に放映されたアニメだ。

この時間帯のメリットはなんといっても社会人でもリアルタイムで観れる可能性があること、だろう。これより早いと仕事をしたり、学生でも塾やらバイトやら部活やらで観れないかもしれない。一方でこれより遅いと翌日に差し支えるので録画で済ましてしまうケースが増える。
そう考えると、この時間帯はとても観やすいわけで、その時間帯に(主にTOKYO MXだが)放映されるアニメの数が少しずつ増えてきたのはアニメファンとしては大きなところだ。


年間を通して見ると「良い」か「悪い」かの二極化が進んだようにも思えた一年だった。良く言う「普通」なアニメというのはあまりなくて、個人差はあるが「とても良い」か、「凄く悪い」かのどちらか。それだけアニメの作り手たちも、他の有象無象に自分たちの作品が埋もれないようチャレンジした結果なのかもしれない。(無論、そのチャレンジが失敗すれば視聴者から「凄く悪い」と言われてしまうのだけど)。


この2013年を総括して何かを語るとすれば「短編アニメが大きく飛躍した一年だった」と答えたい。

『てーきゅう』は短編ながら、というか短編だからなのか、第三期という長編になりつつあり、短編とは思えないクオリティの高さで視聴者を驚愕させた『ヤマノススメ』、スタッフのフェチのこだわりを存分に感じた『あいうら』、アニメでホラー系に挑んだ『闇芝居』、声優が原案のキャラを使うという冒険をした『ミス・モノクローム』など、それぞれが30分アニメ以上に限られた時間や労力の中でアイディアや特色作りにこだわりをもっているように感じた。

アニメとはOPとEDがあって30分で観るものである、という先入観や固定観念をきっと短編アニメはこの先崩してくれるだろう。ただの低予算アニメではないのだというところ感じることが出来たのは2013年最大の収穫だったかもしれない。

無論、だからといって30分アニメが急減することはない。むしろ、5分とか15分とかそういう短い中でも視聴者の興味と話題をさらっていく短編アニメの存在に、従来の30分アニメは強い刺激を受けてさらに発奮し進化をしてくれることにも期待したい。

その傾向もちゃんとある。『マジェプリ』や『アルペジオ』などCGを多用した作品の進化はその一つだろう。従来だとどうしても背景やキャラ画に対してCGが異質で違和感を生み出していたが、それがだいぶ減ってきたように強く感じたのが今年の作品たちだった。『アルペジオ』はキャラクターまでもCGで製作するほど。

そういった新たな試みから生まれたものが、きっと2014年、さらに2015年になった時に意味が出てくるのだと信じたい。


歴代ページに戻る

Comment

御礼 

月詠さんこんばんは
さっそく記事読ませていただきました。
知らない作品もあったので参考になります。
確かに、今年はロボットアニメが多かったかも...。ガルガンティアは見ましたが最優秀のマジェプリは後回し組でまだ見てません。面白い作品だったようでまた後日見てみます~。
短編部門、あいうらですか。
個人的にはキャラデザの良さや水彩タッチの背景の綺麗さに感心したのと、EDのゆったりした曲が思い浮かびます。あとはやっぱりミニスカ&太ももですねw

早いもので、この企画ももう7回目になりました。
毎年参加していただきどうもありがとうございます。次回もありましたらぜひよろしくです。
ではでは、良いクリスマス&良いお年を~
  • posted by おちゃつ 
  • URL 
  • 2013.12/23 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

>おちゃつさん 

わざわざご挨拶下さり、ありがとうございました。

短編アニメはこれからさらに盛り上がっていく分野だと思っています。現実的な見方をすれば予算だったり労力だったり原作のストックだったりと生々しいところもありますが、一方で全巻揃えるお金が安くて済む、短いので忙しい社会人でも見続けやすいなどのメリットは生々しい理由以上に、大きいんじゃないかな、と。

来年も短編アニメは少しずつ増えそうですし、これからも注目していきたいです。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.12/24 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんはー。
いつもながらしみじみ感じさせられるものをお書きになられて、スゴイなぁとただただ驚嘆するばかりです。
上から下まで読むのに躍起になって、読み終えた満足感からすっかりコメントを残すのを忘れておりました…w

ロボットアニメは苦手で最優秀作品として挙げられていたマジェプリも気にはなったものの結局観なかったのですが、書かれているコメントを読んでるうちに食わず嫌いせずにとりあえず観てみるのも大事なのかなと思えてきました。
自分の全く知らない作品を評価してる方の文章を読んでると、それだけでちょっぴりワクワクしてくるのですよね。
今年は短編アニメがインターネットを通じて多数配信されていましたが、それらも実は何1つとして視聴しませんでしたし…
月詠さんの文章を読んでると、短い=観る価値なしと簡単に決めつけてしまうのではなく「とりあえず観てみよう」という姿勢を持つ事も必要なのかなという気がしてきます。
自分もまだまだですね、あとわずかで今年も終わるという年の瀬にステキなものを読ませていただきました(´ω`)

>夏目 望

あぁ、彼の事すっかり忘れてました……彼を通じて語られていくぽってのお父さんやマエストロとの思い出はどこかくすぐったくて物悲しさもあるいい雰囲気が出てましたよねー。
この作品はどの話もステキなものがありましたけど、あの回は特に熱を入れて観てつらつらと書いてた記憶があります。


それでは、この辺で失礼いたします。
何となく新年早々にまたご挨拶に伺いそうな気がするのでご挨拶云々はその時にでも書こうかなとは思ってるのですが
風邪をひいてしまわないよう寒さに気を付けて残りわずかの2013年をお過ごしください。
それでは、お互いによいお年を…
  • posted by Plutor 
  • URL 
  • 2013.12/30 19:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

>Plutorさん 

こんばんは。

>ロボットアニメは苦手で最優秀作品として挙げられていたマジェプリも気にはなったものの~
好き嫌いや先入観を持たずにアニメを観ることはとても大切なことだと思います。しかし、その一方で人間である以上、そこに得手・不得手や趣向の差は必ずあるものです。ロボットアニメが苦手なら、そこまで自分の不得手を呑みこんでまで観るものでもないかな、とも思いますよ。まして、リアルタイムで今放映しているわけではないので観るためには労力が要りますし。

アニメは楽しんでみるものですから。「苦手」という意識があるなら、そこは好き嫌いをしても良いのかな、と。ロボットアニメが苦手なら次点で挙げた『はたらく魔王さま!』の方が楽しめるかもしれません。


>今年は短編アニメがインターネットを通じて多数配信されていましたが、それらも実は何1つとして視聴しませんでしたし…
アニメをネットで観るかテレビで観るかはそれぞれだと思いますが、短編アニメは5分程度のものなら1話だけでも目を通すのも良いと思います。

先のコメントと矛盾しそうですけど、5分1話限りならある程度どの作品でも我慢して観れますからw そこから面白い、あるいは面白くなりそうな可能性を感じると思ったものを見続ければ良いわけですからね。

正直、短い分だけ(たぶん)製作のコストが低いので総合的に30分アニメと比べてクオリティが高くなるどころか、同等になることすら短編アニメでは稀です。裏を返せば、稀に短編なのに30分アニメに比肩し得るクオリティや面白さを持ったトンデモない作品も現れます。そういう作品と出会えることを楽しみに、とりあえず1話だけ観るのもアリですね。



それでは、今年も残り少ないですが、お互い良いお年を。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.12/30 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

トラバありがとうございます 

ああ、魔王さまよかったですよね~
私も大好きでした!
読ませていただいて、
魔王さまの良さを改めて思い出して楽しかったです!

ありがとうございました。
よいお年を!
  • posted by わに庭 
  • URL 
  • 2013.12/31 10:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

>わに庭さん 

こんばんは。

『魔王さま!』良かったですね。個人的にはかなり予想外だったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれた作品でした。

来年もそんな作品に出会えると良いですね。


よいお年を。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.12/31 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013年アニメアウォーズ!

年末の風物詩、おちゃつ様の企画に今年も参加させていただきました。 おさそいありがとうございます(^^) それでは早速行ってみましょう。 <最優秀作品> のんのんびより ガルパン、きんモザ、ヤマノススメと迷いました。 れんちょんと駄菓子屋エピが今年一番印象に残ったのでのんのんに決定。 【ニコニコ動画】【のんのんびより】れんちょんと駄菓子屋と初日の出 やぶの歌付き <特別...

2013年アニメアウォーズ

2013年ももうすぐ終わり。 ということで私今年ろくに感想記事書かなかったけど、アニメブロガー年に一度の恒例行事ぅ~。 おちゃつさん主催のアニメアウォーズの時期がやって参りましたッ!! ってことでその2013年度版を今ここに載せたいと思います。 ~2013年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞ...

~アニメアウォーズ2013~

http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-3046.html 2007年   2008    2009 2010     2011      2012

2013年アニメアウォーズ!

TVアニメーション きんいろモザイク サウンドブック いつまでも一緒だよ。(2013/10/09)川田瑠夏、大宮忍(西明日香) 他商品詳細を見る  おちゃつのちょっとマイルドなblog様にて、アンケート企画が行われました。深夜アニメの視聴数は落ちましたが、参加してみます。大半を観ようとしても、時間的に限界があるのですね。それでも、印象に残る作品はあります。今年は百合にはまりました。【百合姫...

【企画】2013年アニメアウォーズ!に参加しました【便乗】

2013年放送アニメを振り返ってみた 「おちゃつのちょっとマイルドなblog」さんの年末企画です。 ▼以下の項目を2013年作品から選考します ・最優秀作品 ・特別賞(捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門(男性・女性それぞれ) ・OP部門(映像込みでお願いします。) ・ED部門(同上)

2013年アニメアウォーズ!

2013年アニメアウォーズ! 掲載元:おちゃつのちょっとマイルドなblog 関連記事:2011年アニメアウォーズ! 関連記事:2012年アニメアウォーズ! ・最優秀作品  戦姫絶唱シンフォギアG なんだか時間が経つほど、繰り返し見るほど、ますます面白さが増します。一度見ただけでは何だったのかよく分からなかった点もあるのですが、ゲームの「ワイルドアームズ」シリーズのファンの...

2013年アニメアウォーズ!

おちゃつさんの「おちゃつのちょっとマイルドなblog」で開催されている「2013年アニメアウォーズ!」に参加させていただきました。今年もお誘いいただき、ありがとうございます。 ・最優秀作品 「戦姫絶唱シンフォギアG」 2012年も、2013年も、シンフォギアだ!最早語るま...

2013年アニメアウォーズ

『おちゃつのちょっとマイルドなblog』のおちゃつ様が主催されている、 今年一年の素敵なアニメ作品を選んじゃおう!な企画に参加させていただきました。 評価項目はコチラ↓ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込みの評価でお願いします)  ・ED部門 (同上) ...

2013年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogさんが企画された 「2013年アニメアウォーズ!」に参加させていただきました♪ ブロガーがそれぞれの主観でその年印象に残った作品を選考表彰する企画です。 2013年に放送されたアニメを振り返り、 5部門それぞれを選考してみたいと思います。 とりあえず、私は2013年に終了した作品のみピックアップしました。 興味のある方はおちゃつさんの記...

2013年アニメアウォーズ!

京都議定書! 【 おちゃつのちょっとマイルドなblog 】 のおちゃつさんから 恒例の年末企画に、今年も誘って頂きました (*´ω`*) 覚えていてくれて感謝です^^。 【2013年アニメアウォーズ!】 ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど) ・キ...

2013年アニメアウォーズ!

 どうも、管理人です。諸事情で最近聞けなかった某ラジオを久々に聞いたら、丁度最終回だった時の切なさはどう表現したらいいか分からない…。とりあえず、どうにかしてバックナンバーをどうにかしないとね。  さて、今回の更新ですが、毎年恒例の「アニメアウォーズ!」の2013年版をお届け。今年もおちゃつさん( http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-...

2013年アニメアウォーズ!

~2013年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込みの評価でお願いします)  ・ED部門 (同上)  おちゃつのちょっとマイルドなblogさんところの企画用の記事です

2013年アニメアウォーズ! 自己評価発表

2013年に放送されたアニメを振り返る「おちゃつのちょっとマイルドなblog」さんの 年末恒例企画「2013年アニメアウォーズ!」に例年通りの参加でございます!! おちゃつさん、今年もお誘いありがとうございますm(__)m ちなみに、詳しい選考基準や評価内容は上記のリンクから参照してください。

【企画参加】2013年アニメアウォーズ!

光陰矢の如し あっという間に今年も終了間際 視聴中の今期アニメ最終回ラッシュもひと段落 そんな訳で ありがたい事に今年もお誘いいただけました おちゃつのちょっとマイルドなblogさんの企画 2013年アニメアウォーズ! に参加させていただきつつ 今年のアニメを独断と偏見で振り返りますよ^^ いつもの如くだらだらな文章となっておりますが そこは寛大な心でお見逃しくだ...

「2013年アニメアウォーズ!」に参加させていただきました

というわけで、おそらく年内最後の更新であろう年末企画「2013年アニメアウォーズ!」に今年も参加させていただきました。 この企画は「おちゃつのちょっとマイルドなblog」の管理人・おちゃつさんの考案で始まったものでして、詳しい事はこちらの記事を参照していただけるとありがたいのですが 要は「各部門で取り上げた作品ないしはキャラクターないしはOP・EDを思い思いに語って、そんでも...

2013年アニメアウォーズ!

『おちゃつのちょっとマイルドなBlog』のおちゃつさんからお誘いを受け、 企画、「2013年アニメアウォーズ!」に昨年に続き参加せていただきます! 以下、項目です。 ~2013年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込みの評価でお願いし...

~2013年アニメアウォーズ~に参加しましたよ

ここ数年、ろくすっぽアニメ感想を書けてない、わにです! 細々と続いているこのブログに、 おちゃつのちょっとマイルドなblogさんから ~2013年アニメアウォーズ~ の、お誘いが来ましたよ! ありがとうございます~ 2013年、2013年のアニメと言うと、 この動画に全て…

2013年 アニメアウォーズ

随分久しぶりの更新となってしまいました。年末恒例おちゃつさんの企画に参加させていただきます。 年をまたぐ作品を選考対象にするかどうかは任せていただけるとの事。このブログでは、完結していない作品を評価するのは難しいという考えから、“今年最終回を迎えた作品”を選考対象とさせていただきます。

2013年アニメアウォーズ!

「シャキーン」 毎年恒例、年末のおちゃつさんの企画参加記事です^^ ~2013年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込みの評価でお願いします)  ・ED部門 (同上) 以下対象作品および結果。

2013年アニメアウォーズ!

 今年もお誘いいただきましたので、アニメアウォーズ!に参加いたします。  企画の内容はおちゃつのちょっとマイルドなblog(http://ochatsu.blog36.fc2.com/)様を参照ください。

2013年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblog から おちゃつさんのお誘いで今年も参加することになりました   内容はこちら ~2013年アニメアウォーズ~ ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込みの評価でお願いします)  ・ED部門 (同上)    ↓ではど...

2013年アニメアウォーズ!

2014年になっちゃいましたが、今回もおちゃつさんの企画された、「2013年アニメアウォーズ!」に参加してみたいと思います。ちょうど今日でWA2も最終回を向かえましたしね。・最優秀 ...

2013年アニメアウォーズ!に参加してみる。

 というわけで、おちゃつさんの企画に参加してみることにしたので詳細はリンク先でどうぞ。  〜2013年アニメアウォーズ〜 ・最優秀作品   該当作品無し  ありゃりゃ〜これはどうしたことだろう〜  なんと申しましょうか、こう……心の底からこうだと胸を張って最...

2013年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogさん主催の、 2013年アニメアウォーズ!参加記事です。 その年のアニメ作品の中で特に気に入った作品を選出するこの企画で、 当ブログでの2013年アニメ総決算的っぽいものを やってみようと思います。 ちなみに昨年度の記事はこちらです。

2013年アニメアウォーズ!に参加させていただきました♪

今年も年末恒例の「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさん 主催の企画に参加させていただきます。 「おちゃつのちょっとマイルドなblog」はこちら♪♪ では、さっそくやってみましょう。 ・最優秀作品  ・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) ・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。) ・OP部門 (映像込み...

2013年アニメアウォーズ! 今年も参加ぁ (`・ω・´)シャキーン【2013年アニメ】

2013年アニメアウォーズ!に今年も参加さてもらいます。 まず、2013年ノミネート作品一覧をご覧ください。 2013年アニメノミネート作品 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 閃乱カグラ たまこまーけっと GJ部(グッジョぶ) 僕は友達が少ないNEXT 問題児たちが異世界から来るそうですよ? ドキドキ!プリキュア(12月までの評価で) サイクロプス少女さいぷ~ RD...

2013年アニメアウォーズ!

去年に引き続きおちゃつのちょっとマイルドなblogのおちゃつさんのアンケート第7弾に参加させて頂きました! 2013年アニメアウォーズ! ・最優秀作品 今年もっとも良かった作品 ...

2013年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogさんでやっている企画です 今年もたくさん視たなーって振り返るための恒例行事になってますw 最優秀作品賞 進撃の巨人 ま、「強さ」ちゅうことならこれしかないっしょと旗を揚げるしかないね 原作のお...

2013年アニメアウォーズ!

 2013年アニメアウォーズ!  ・おちゃつさん企画、2013年アニメアウォーズ!  ちょっと遅くなりましたが  参加させてもらいました^^  次のページへ

2013年アニメアウォーズ!参加しました

かなり出遅れた感が漂おう今日この頃ですが… キツネもようやく参戦なのです!!! という訳でおちゃつさまが企画しているアニメ評価企画、2013年アニメアウォーズ!について軽く説明しておきますね。 2013年に放映、上映、発売されたアニメをひっくるめてどれが印象に残...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
ガンダム00関連 まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。


今期の週間感想予定
日曜日:Fate/Apocrypha
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:ガンプラ関連
土曜日:-
不定期:ブラタモリ、ピックアップ感想
毎日:ゲームプレイ日記(DQ11)

場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の31歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中でも、嬉しいことも泣きたいことも、こんなサブカルチャーたちに救われていますwww
詳細な自己紹介はこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約なので大部分の方には無関係だとは思いますが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。何かあった時には利用規約を了承した上とさせていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧


◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)


◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD

ツリー式カテゴリー

openclose

全記事表示リンク

検索フォーム

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。各執筆者がアニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。
まだまだ未熟者ではありますが、私も参加させて頂いております。冬コミでも多くの名立たる方が寄稿し合って本を出す予定です♪

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。一見の価値ありですよ!

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……

  • 24/10次元に在るブログ
  • aniパンダの部屋
  • Black Window in Sky
  • Hes:TEAR
  • Lounge "Himajin" Killer
  • NEO煩悩-アニメ本店-
  • outrageous
  • the albatross of peach pink
  • お絵描き倉庫('A`)(旧ミルクレモンティー)
  • くろ with life~今を楽しめればそれでいい~
  • なななな駄文
  • にき☆ろぐ
  • にじつう!
  • のんびりにリリカルに
  • まるとんとんの部屋
  • みつーの日記
  • アインのSS置き場
  • アニメって本当に面白いですね。
  • チェルキエット⌒ぱすてる
  • ミナモノカガミ
  • サブカルなんて言わせない!
  • 月の静寂、星の歌
  • 紅の終幕劇
  • 根無草の徒然草
  • 知ったかアニメ
  • 全て遠き理想郷?なブログ
  • 中濃甘口 Second Dining
  • 透明色絵本
  • 【非公式】普通の世界日本ハムが【ブログ】やってみた
  • 漫画のおすすめ
  • 無料動画アニメリンク!
  • 妄想詩人の手記
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム
  • 楽しくC言語ゲームプログラム
  • これは僕の進化の過程の・・・3ページ目ぐらい?ww
  • 無常の流れ 新館
  • 夢幻の灰色帝国
  • 外部記憶ver.2
  • アバトーンの理想郷
  • よう来なさった!
  • やまひで日誌
  • まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~
  • しろくろの日常
  • ToLOVEる画像漫画
  • the albatross of peach pink
  • Spare Time
  • Ringoという名の日常
  • Garnet Clover~ガーネット・クローバー~