FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ガンダムビルドファイターズ 第8話

ガンダムビルドファイターズ 第8話
『逢戦士たち』


≪あらすじ≫
イタリア、日本と次々に世界大会出場者が各国で決まっていく。

そんな最中、イタリア代表であるリカルドは盟友である前回大会アメリカ代表・グレコを訪れ、近々迫るアメリカ大会予選決勝に備えて激励をする。グレコは世界大会で前回大会の雪辱を果たすと誓うが、決勝の相手「アーリー・ジーニアス」の異名を誇るニルス・ニールセンに警戒を強めていた。

一方、フィンランドのガンプラチーム「ネメシス」では一つの騒動が起きていた。世界レベルの実力を持つメインファイターだったガウェインが、たった一人の少女に負けたのだ。しかもガウェインは愛用するデビルガンダム、その少女アイラ・ユルキアイネンは、展示室においてあったジェガンで。


そして、始まる世界大会出場権をかけた予選決勝。グレコは今年のために新造したトールギス・ワルキューレで、ニルスの戦国アストレイに挑む。

その頃、同じく決勝が始まったフィンランド大会では、現役最強ファイターとも言われる前回大会覇者カイザーが使うα・アジールが、アイラの駆るキュベレイパピオンに瞬殺されていて――



≪感想≫


君は行方不明だった


Gセイバーじゃないか!?



というわけで、まさかの地上波でのGセイバーが動いている姿は感動すら覚えたw そもそもGセイバーを知っている人がどれだけいるというのかwww ことごとくガンダム系のゲームではAGE並みにスルーされているほどなのに(苦笑

他にもマイナーなMSであるアビゴルが動いたり、トールギス・ワルキューレで劇中では使われなかったメガキャノンの通常モード射撃が行われたりと演出に置いてスタッフはツボを理解している(爆 ジェガンでデビルガンダムを倒したのはさすがに驚いたw そんなことが出来るのはGジェネくらいだと思ってたのに。



さて、本題はここから。


プラフスキー粒子の存在は、


作品を面白くするか否か



結果的に二回連続でこの話題に触れなくてはいけなくなった(前回記事「プラフスキー粒子の可能性の是非」)。

結論からいえば、結局のところこの作品において重要な「ガンプラの強さ」はガンプラの完成度に左右されるのか、それともプラフスキー粒子の特性を理解して作ることに左右されるのかが曖昧になってしまったということだ。加えてプラフスキー粒子を活用すれば、(こういうとアレだが)ガンプラ歴三カ月の素人でも勝ててしまう。もちろんガンプラの出来栄えやファイターとしての資質はガンプラ歴には左右されない。しかしながら、「ガンプラバトルにおける期待性能は出来に左右される」と序盤で言っておきながら、それを自ら覆してしまったことに近い(まぁ、ニルスが三カ月、毎日ガンプラを作り続けたというのならある程度補える部分もあるのかもしれないが)。

ネタバレ要素もやや含むが、おそらくセイとレイジもプラフスキー粒子を活用することになるだろう。それが私としては凄く残念なのだ。

結局、100%の完成度のガンプラを用意してファイターとしての腕があったとしても、プラフスキー粒子を活用した方が強いってことは、観ている側からすれば萎える要素でしかない。リカルドが「ニュージェネレーション」と称したが、セイやレイジ含めて若い世代の台頭とそれを裏付ける技術とアイディアは素晴らしいものなのだろう。だが、プラフスキー粒子の活用が即座に前回大会優勝者や前回代表を歯牙にもかけないような強さになってしまうことは物語として残念な出来にしかなっていない。

特にカイザーが瞬殺されたということは、前回準優勝のセイの父親もアイラと戦えば似たような結果になるということだ(セイの父親が前回大会以後、プラフスキー粒子の扱いをさらに高めたならまた違うかもしれないが)。そもそも、前回の日本代表の一人だったタツもIフィールドを再現してたわけで、当然ながらカイザーもグレコもある程度プラフスキー粒子を理解し扱っていたはずなのに、だ。

もちろん新たな強敵を出すために、新たな技術、新たな要素を取り込んで来るのはバトル要素がある作品のテンプレみたいなものだ。ジャンプとかのバトル漫画を読んでいると良く分かると思うがw
だが、それはテンプレゆえに安易な手法でしかなく、監督・シリーズ構成はここまで作品として盛り上げておきながらつまらない陳腐な方法を選択したものだ、と評せざるを得ない。

一般的なバトル系の作品にありがちなインフレが早くも起こり始めている現状は、ここまで愉しんで観てきたものとしてはこの作品が傑作から駄作になり始めている予兆にすら感じた。



◆本日のガンプラ
トールギス
出典は『ガンダムW』。劇中ではそこからさらに改造を加えた「トールギス・ワルキューレ」として登場。

トールギスは、『W』の世界観において歴史上はじめての戦闘用MSという設定だ。劇中でも語られていたが、このMSは戦車の砲撃すら跳ね返す分厚い装甲を有し、それによって増えた重量を膨大な推進力によって補うことで重装甲と高機動を両立させた、というMSである。

『W』の劇中では、高性能MSである主人公たちのガンダムに対抗するためのライバル機として登場した。ガンダムと比べて15年も前に開発された機体ながら、「乗り手の安全性を無視したハイスペック」という設定によってガンダムと渡り合うことを可能としている。

現在、「トールギス」と呼称出来るMSは4機存在している。一つは最初に登場した白い装甲を持つトールギス(あるいはトールギスI)。今回使われたワルキューレの素体もこのI型である。

二つ目はトレーズというライバルキャラの一人が使ったトールギスII。こちらは頭部のデザインが変更されており、トサカがニワトリのようになり、頭部もガンダムのようなものに変更されている(I型は特に人の「目」にあたるデュアルセンサーの形状が帯状でガンダムのような「目」をしていない)。

三つ目は、『EW』という『W』の続編で登場したトールギスIIIである。こちらはカトキハジメさんがリデザインした部分もあり、ショルダーアーマーの形状が変わったほか、シールドも変更、そして右肩に装備していたドーバーガンがメガキャノンになっている。ちなみにワルキューレが使っていた右肩のビーム砲がそのメガキャノンである。

四つ目は、現在ガンダムエースで連載中の『FT』という続編で登場するトールギス・ヘブンである。残念ながらその詳細は現在も良く分かっていない。もし興味があればこのサイトの左カラムにある「メカニック図鑑」をクリックして「トールギス」の項目を読んで欲しい。

ちなみに余談だが現在私もMGのトールギスを製作中w 後日公開しますw



次回『想像の翼』。 ベアッガイIII(さん)と騎士ガンダムか、異色のバトルになりそうだw

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-832.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3513.html
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-2587.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1307.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-1102.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1853.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2816.html
・http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1983.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3619.html
・http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8298.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

 

前回大会までのプラ粉の活用は粒子圧縮やIフィールドが精々だったのかも?(あと加藤さんがGビット使ってたしサイコミュ兵器もか)
アストレイのわからんゴロしっぷりは完全にそれらとは別物の活用方だった描写か(逆に空間のプラ粉を『断ち切った』り吹き散らして真空?にしたり活用出来なくしたんじゃと感じましたが)
原作再現→オリジナル設定と劇中世代が移行したってことですかね

ぶっちゃけ赤百式も戦国アストレイも出来自体は無茶苦茶良さそうでしたし戦闘技術もトールギスの人<ニルスな感じでプラ粉以前の問題だった気もしますが(最期は技術云々より精神性の現れだし)

というかニルスが初心者は無いでしょうガンプラ自体は3ヶ月でもそれ以前の肩書が明かに空気読まずに本気だしちゃった類の人だし
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/26 13:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>前回大会までのプラ粉の活用は粒子圧縮やIフィールドが精々だったのかも?
どうですかね、ちゃんとした情報が出ないと何とも言えないところですが、どちらにせよ作品の完成度じゃなくて「粒子つえー」になっちゃうところは、00の頃からの黒田さんの悪い癖のような気がします。

>ぶっちゃけ赤百式も戦国アストレイも出来自体は無茶苦茶良さそうでしたし
オリジナルの改造があったり、赤百式のメッキ加工でそう見えたりする部分もありますが、それをすることが作品の完成度を高めることとは思えないので、言うほど差があるようには思えませんね。

操縦技術に関しては、それ云々よりも相手を警戒して相手が武道に精通していることを知りながら射撃装備がメガキャノン一択だった点は、なんだかんだでニルスを甘く見ていた部分かなとは思いますが。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/26 19:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズ #8

世界から続々と強敵が集まってくるお話でした。プラモデルでバトルできるという画期的な粒子、プラフスキー粒子。しかし、その詳細は明らかにされていません。若き天才とし

ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」

ガンダムビルドファイターズの第8話を見ました。 第8話 逢戦士たち ガンプラバトル選手権で世界大会出場を決めたセイやレイジ、やマオだけでなく、日本以外の国でも続々と世界大会への出場者が決まっていく。 イタリア代表のリカルドの良きライバルであり、世界大会常連のグレコ・ローガンは決勝戦の相手がガンプラを始めて三ヶ月という天才少年ニルス・ニールセンに警戒を強めていた。 ...

ガンダムビルドファイターズ 第8話 「逢戦士たち」 感想

大人のガンプラファイターは噛ませ犬扱いになってますね。 あまりプラフスキー粒子を使ったチート技で勝負が決まるのは 見たくないなぁ。 純粋にガンプラの出来と戦術&操縦技術で勝負してほしいですよ。 ガンプラバトル選手権、世界大会出場を決めたセイとレイジ。 時を同じくして、日本以外の国でも、続々と予選大会が行われ、 世界大会への出場者が決まっていく。 また、アメリカでは、フェリー...

ガンダムビルドファイターズ 第8話 「逢戦士たち」

ジェガンvsデビルガンダム これだけでも胸熱なのに、ジェガンが圧勝したからさらに胸熱! 仮にジェガンが全てこれだけ強かったら、シャアもアクシズを地球に落とそうなんて考えなかっただろうなぁw UCでもジェガンの評価は上がったと思うけど、これで更にプラモが売れそうですね(つ∀`)

ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」

強力なビルドファイターが続々登場。 ビームを斬る戦国アストレイがカッコ良すぎますw ラルさんは、フィンランドまで行って、乙女だって(^^; 確かに、アイラは乙女ですよね(笑) ガンプラバトル選手権、世界大会出場を決めたセイとレイジ。 時を同じくして、日本以外の国でも、続々と予選大会が行われ、世界大会への出場者が決まっていく。 また、アメリカでは、フェリーニの良きライバ...

ガンダムビルドファイターズ 第8話 『逢戦士たち』 世界のライバルが登場!アイラとユウ...もといメイジン・カワグチはどっちが強いんだろう。

フラナ機関って。もう完全にララァ。今回はアイラを中心に世界のガンプラファイター紹介の回です。てっきりアイラって、セイに負けて惚れちゃうヒロインその2なのかと思ってた。委員長と恋の火花を散らしちゃったりするキャラかと。これがとんでもない勘違い、実はラスボス級のキャラクターだった様で。 手始めにアイラは所属チームのトップファイターを瞬殺。出来合いのジェガンでデビルガンダムを撃破するという離れ業を...

ガンダムビルドファイターズ 第8話

お・・・乙女だ!ラルさんどこ見て言ったの(笑)。いや・・・元ネタは知ってますけどね。NT美少女と情に厚いおっさん軍人が短命なガンダムワールドにおいて一期を生き抜いたときは...

ガンダムビルドファイターズ 第8話『逢戦士たち』感想

 戦国アストレイ頑駄無がかっこよすぎて惚れてしまった第8話。 ・アーリージーニアスの異名を持つ、天才理学少年、ニルス・ニールセンが初登場。  のっけから、13歳とは思えぬような小難しい話を展開してくれちゃってます。  ―さて、そのニルスは、  どうやらプラフスキー粒子の秘密を解き明かしたいみたいですね。  その為に、技術を独占しているPPSE社が主催する  ガンプラバトル...

ガンダムビルドファイターズ 第8話 「逢(あい)戦士たち」 感想

ニュージェネレーションが開く革新の扉。

解き明かしたいのです/ガンダムビルドファイターズ8話感想

 ガンダムビルドファイターズ感想のトップ画像は2話以降チナがキープしてきましたが、ここでとうとうストップ。出番がないんじゃ仕方ない。いや、そもそもホビーアニメでここまで丁寧に扱ってもらってるだけで幸運なヒロインなんだけど。

アニメ感想 ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」

台頭するニュージェネレーション

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……