FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

ストライク・ザ・ブラッド 第8話

ストライク・ザ・ブラッド 第8話
『戦王の使者篇IV』


≪あらすじ≫
ナラクヴェーラを足止めするため奮戦する古城紗矢華。しかし、一度受けた攻撃を学習し、さらに高速の修復機能を兼ね備えるナラクヴェーラ相手になかなか有効な手を打てずにじり貧に陥る。サブフロートからナラクヴェーラが飛び立とうとしたため、已むなく古城は眷獣を召喚し自分たちごとナラクヴェーラをフロートの地下下層まで引きずりこんで時間を稼ぐ。

一方、浅葱はその力を発揮してナラクヴェーラの制御プログラムの構築に急ぐ。しかし、彼女も万が一に備えてそれと同時に“とあること”を並行させていた……。
同じ頃、雪菜も監禁されていた部屋から脱出すると、そこで多くのナラクヴェーラを発見する。


地下に落ちた古城と紗矢華は地上を目指すことに。少しずつ浸水が始まったサブフロートの地下で、古城は雪菜から紗矢華が男性を苦手としていることを思い出す。しかし、その割には自分が触れても大丈夫。
その事実に紗矢華も気づくと、古城に「自分の血を吸っても良い」と提案する――



≪感想≫


恐ろしいほどのお手軽ヒロインwww


ひでぇwww ちょロインなんてもんじゃねぇw あり得ないフラグの立て方をあり得ないかたちで回収して行ったような感じだ。
ヒロインは全体的に可愛く描かれていたので、本当にそこが救いだった。某作品じゃないけど、戦闘なんてやらずにラブコメやってた方が面白いっていうのはちょっとアレだけどね。まだこちらの作品はストーリーの流れがすっきりしている分、専門用語が多くてもあまり気にはならないけど。


そんなわけで今回だが、前回の『聖者の右腕篇』(だっけ?)と同様に戦闘パートは、正直イマイチな感じが否めない。理由は……なんだろうね、作画?(綺麗さというより動きとかモーションの方で) まぁ今期は『境界の彼方』があるのでそれと対比されると他社は厳しいって感じなんだろうけどさ。

なんやかんやで盛り上がりに欠けるのが原因、なのかなぁ。結局のところ、古城が直接戦うシーンってのはほとんどなくて眷獣呼び出してその眷獣が戦うのがメインになっているので、『ペルソナ』シリーズと同じでその辺は「主人公が戦わない」ことに対しての盛り上げるための工夫に欠いているのかもしれない。

そこを補うための雪菜であり、紗矢華であったとは思うのだが、彼女たちの出番も少なく感じたしね。『聖者の右腕篇』はまだ雪菜のバトルシーンで保ってたのかなぁ……。


ぶっちゃけ難しいと思うけどね、この手の召喚を軸で戦う主人公をカッコ良く描きながらさらに物語に盛り上がりをつけるって。でも、それをやらないといけない作品だと思う。なんというか、サブフロート丸々壊滅したりなんだったりとスケールがデカイことをやっている割に、いざ主人公たちにスポットを当てるとそのスケールに見合う感じがしないから不釣り合いさがあるのかも。


さて、最終的な勝者は浅葱だったわけだがw


いずれ浅葱も血を吸われたりするのかねぇ。っていうか、一人一眷獣みたいな形で血を吸っていって自然とハーレムを拡大するんだろうか?(爆


次回『天使炎上篇I』

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-3625.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51900861.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9391.html
・http://kyotofan.net/books_anime/strike-the-blood/4th-avrora_08/
・http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-3358.html
・http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2013-11-23
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-1099.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1429.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1838.html
・http://nekoko.at.webry.info/201311/article_30.html
・http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html
・http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2810.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2376.html
・http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-4082.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 

Comment

(-o-;) 


OP曲が結構好きだったのに無かったし(?)、これまでのストーリーを踏まえて、
今回を最後に観るのやめます。

…何を見せたいのかわからなくなってしまいました。
特に今回でキャラクターに魅力が感じられなくなりました。

これで視聴を途中離脱したの4本目かな?
  • posted by IDE 
  • URL 
  • 2013.11/24 02:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

>IDEさん 

こんにちは。

通常のアニメは一本観るのに約30分、OPとED飛ばしても21分くらいかかりますから、その貴重な時間をどう使うかはよく吟味して観るか観ないかは決めて良いと思います。

たかが30分という方もいるかもしれませんが、30分って一日の1/48ですからね。睡眠時間や労働時間などを引いていけば実際にその30分は貴重過ぎる時間ですし。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/24 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

紗矢華の男嫌いの理由と獅子王機関が彼女を絃神島に送り込んだ真相という割と大事な要素が二つカットされてるんでアニメだといっそうちょろい感じに…
原作つきアニメに花田十輝脚本は向いていないのではないかという気もします
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/25 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>割と大事な要素が二つカットされてるんでアニメだといっそうちょろい感じに
原作を知りませんが、原作でそこがちゃんと描かれているのであればご指摘の通り、大事な部分をカットしてしまったなという感じです。

正直、脚本家が誰ってのはあまり気にはしていません。要は出来あがってきたものが大切だと思ってますから。しかし、おっしゃっているように、原作にこの二つの大切な要素がありながらカットしたのであれば、この脚本家に原作がある作品は合わないと評せざるをえませんね……。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/25 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

幼少時から霊能力が高かった紗矢華は父親から虐待を受けて育ったので、男性恐怖症なのです
その事情を雪菜から説明された古城が紗矢華に気を遣って、好感度が上がる、という流れが一応あるんですがばっさりカットに。
一言二言拾ってくれるだけでも説得力が増した気はするんですが。
あと、紗矢華が派遣された表向きの理由はヴァトラーの護衛ですが、獅子王機関の真の思惑としては雪菜と同じく古城の覚醒、安定化を促すための餌であり、首輪ですね。
このへんはヴァトラーとペーパーノイズの会話で出るハズだったんですがこれもカットに。
聖者の右腕編が割と丁寧だった分、ちょっと残念です
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/26 10:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

いろいろと補足の情報ありがとうございました。でもやっぱりこれだけ言われてもさっぱりなところもありますね。そういうところを踏まえても、描写しなかったことが今後作品としてどう響いてくるのか、という部分かなと思います。

逆に一切合財、今回描写しなかったところを使わないのであれば、まぁアニメとしてあり……なわけないかw さすがに紗矢華の描写は少ないと思うので、別の機会に突っ込んで来るとかはしてくるのかもしれませんがね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/26 19:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

側室ゲットだぜ!【アニメ ストライク・ザ・ブラッド#8】

ストライク・ザ・ブラッド第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)細谷佳正、種田梨沙 他商品詳細を見る アニメ ストライク・ザ・ブラッド 第8話 戦王の使者篇Ⅳ たとえ火の中、水の中、雷の中 たいして大変でもなく 側室ゲットだぜ!

ストライク・ザ・ブラッド 第8話 「戦王の使者篇IV」

戦王の使者篇、最終話。 ナラクヴェーラを止めるためのウイルスを作る浅葱。 古城に眷獣を使わせるため血を吸わせる紗矢華だったが…。 紗矢華さんの攻略が早すぎでした(笑) 雪菜よりは古城だったのかな(^^;  

ストライク・ザ・ブラッド 第8話 「戦王の使者篇Ⅳ」

「先輩が私の血を吸った時、私のこと可愛いって言った癖に、なんて全然思ってませんから!」 語尾を強めてあからさまに嫉妬する雪菜が良かったw 今週は紗矢華さんに加えて浅葱まであの調子で、古城のハーレム要員は今後もどんどん増えていきそうだしこれからはこの嫉妬雪菜も定番になっていくんだろうなー(ノ∀`)

ストライク・ザ・ブラッド TokyoMX(11/22)#08

第8話 戦王の使者編IV 古城がナラクヴェーラと対戦して時間を稼ぐ。危ないところを紗矢華が守る。神々の兵器ナラクヴェーラは自己学習が可能。飛翔するのでレグルス・アウルムの雷撃で叩き落とす。 男に触れられるのが嫌いな紗矢華、古城は大丈夫だった。元素変換して自己修復できるナラクヴェーラ。 見張りを倒して脱出する雪菜。多数のナラクヴェーラが存在するのを発見。クリストフと対峙する、素手では不利だが基...

『ストライク・ザ・ブラッド』第8話

第8話「戦王の使者篇Ⅳ」あんなに古城を嫌っていた紗矢華が…

ストライク・ザ・ブラッド 第8話 「戦王の使者篇Ⅳ」

「一度だけ お礼に私の血を吸わせてあげる」 新たな眷獣を掌握した古城! 戦王の使者篇クライマックス――!    今回はOP無しで本編突入! 動き出したナラクヴェーラを止める為に向かって行った古城を援護する紗矢華 …と言うか色々助けられる形になりましたね 煌華鱗の能力は物理攻撃の無効化、触れた物の空間連結を切り裂く力を持っている しかし相手の攻撃を学習して進化していくナ...

ストライク・ザ・ブラッド 第8話「戦王の使者篇IV」 感想

黒死皇派のクリストフ・ガルドシュに攫われた雪菜、浅葱、凪沙の救出に向かう古城と紗矢華。 そんな二人の前にナラクヴェーラが出現する。 「あらゆる攻撃を防ぐ障壁は、この世で最も堅牢な刃にもなる!」 →駄目でした。 強さを表現する為にはよくある手法だけど短い時間でやられるとシュールだな。 大きい。勿論身長の事だ。 背が高くてこれまでする側だったからお姫様抱っこするに憧れてる...

ストライク・ザ・ブラッド 第8話 「戦王の使者篇Ⅳ」

「じゃあ、怒ってるわけじゃ・・・」 「はい、もちろん♪ 先輩がわたしの血を吸った時、わたしのことかわいい♥って言ったくせに・・・なんて全然思ってませんから!」 雪菜ちゃん激おこww このジト目が堪りませんわ~(´д`;) ここは、浮気現場に嫁が出くわしたみたいな展開だったなぁw

アニメ感想 13/11/22(金) ストライク・ザ・ブラッド #8、ゴールデンタイム #8

ストライク・ザ・ブラッド 第8話『戦王の使者篇IV』今回は・・・殺意むき出しだった紗矢華が落ちました。あれほど嫌ってたのに、自分から血を差し出すなんて。その上、浅葱はキス ...

ストライク・ザ・ブラッド #08

『戦王の使者篇IV』

ストライク・ザ・ブラッド 第8話「戦王の使者篇IV」

ストライク・ザ・ブラッド(通常盤)(TVアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」OPテーマ)(2013/10/30)岸田教団&THE明星ロケッツ商品詳細を見る  このアニメも視聴続行をしています。中二系の電撃作品ですね。暁古城が四真祖アヴローラから能力を継いだ。毎巻のように、敵キャラが何かを企んで実行しだす。ヒロインとの出会いにより、ハーレムを広げていく? ラッキースケベ・イベントなども有り。ヒ...

境界の彼方 第08話 感想

 境界の彼方  第08話 『凪黄金』 感想  次のページへ

ストライク・ザ・ブラッド 第08話 感想

 ストライク・ザ・ブラッド  第08話 『戦王の使者篇Ⅳ』 感想  次のページへ

ストライク・ザ・ブラッド 第8話「戦王の使者篇 4」・・・能無し花田十輝のせいでクライマックスもご破算(怒

あぁもう、花田十輝に原作2巻を丸投げした責任者はマジで屋上に来い (゚Д゚#)ゴルァ!! ・紗矢華について 彼女の男嫌いの理由と獅子王機関が彼女を絃神島に送り込んだ真相、2つの大事な要素をカットした時点でアウト。紗矢華の男性恐怖症は原作者の三雲さんがツイッターで 三雲岳斗@mikumo 紗矢華は生まれつきの霊能力が原因で、幼少時に両親(特に父親から)虐待を受けていたことがあり、それ以来、軽...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……