fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

その他アニメの感想(各8話中心)+Web拍手レス

その他アニメの感想(各8話中心)+Web拍手レス

個別に記事化しなかったアニメの感想です。

・境界の彼方 第8話
・IS<インフィニット・ストラトス>2 第8話
・ガリレイドンナ 第7話
・サムライフラメンコ 第7話
・キルラキル 第8話
・革命機ヴァルヴレイヴ 第19話
・物語シリーズ セカンドシーズン 恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹
・夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第8話
・メガネブ! 第8話
・機巧少女は傷つかない 第8話
・BLAZBLUE ALTER MEMORY 第8話
・ミス・モノクローム -The Animation- 第9話

追記は各話簡易感想とWeb拍手レスです。




境界の彼方 第8話
姉さんカッコいい、の回。

槍――というかナギナタだけど、それを振り回す攻撃力は、本当に「名瀬家は防御力が高いけど攻撃が」と言われている設定があったのかと疑いたくなるほどw

いやー、ルックスはドストライク、家柄もあって、まぁそこそこの包容力もあると思われて、CV川澄綾子、そのうえ強いとくればこれ以上ないほど惹かれるのだけど、奈何せん腹黒過ぎるw とはいえ、捉えようによってはいろいろと取れる展開なので、今後次第ということか。

つまるところ秋人を眠らせた名瀬家長女の狙いが何かと言うことなんだよね。「凪」で秋人の力が弱まり、そこを協会が確保に動いているのだとすればそれを阻止するために眠らせたとも捉えられるし、当然ながらその逆――つまり半妖ながら暴走すれば兄妹過ぎる力を持つ秋人を抹殺することに対して「凪」の期間は絶好のチャンスとも取れる。

主人公一行が知らぬところで、自分たちを巡る動きが活発化してて外野だけでやいのやいのと騒いでいる展開は、ストーリーとしてはどうなんだろう、とは思う。秋人や未来たちにとって敵は名瀬家なのか、それとも協会、あるいは両方なのか。その見定めを残り3~4話でやるのだろうが、早めに明らかになってくれると地に足に着いた展開になるかな、と期待。あまりふわふわしていると緊張感が消えるので。

一方でストーリーとしてあまりラブコメをやるつもりはないのか、未来に自分の気持ちを気付かせるなど落とし所はちゃんと見定めているところはシリーズ構成が残りの話数を考えて仕事をしたところか。強いて注文をつけるなら、桜を便利に使い過ぎててイマイチ話が盛り上がらないことくらいだけど。



IS<インフィニット・ストラトス>2 第8話
生徒会長はなにがしたいんだか、の回。

結局、妹を持ちあげておいて「実は全部仕組んだことでした、てへ」とかいってどん底にたたき落としたかっただけってことか? なんというか、場面場面でスペックが変わるからイマイチこの生徒会長分からないんだよね。自分の存在を隠したまま妹の手助けをしたいなら絶対に自分の存在は感じさせちゃいけないことはバカでも分かることなのに、迂闊な行動が多過ぎて結局どうしたいのか……。

まぁ、この辺のチグハグなストーリーは『IS』らしいといえばらしいのか。



ガリレイドンナ 第7話
なぜ日本? の回。

いや、ガリレオの遺産が日本とかなんだかなぁ、という感じ。敵がまともじゃないのは別にこの作品だけじゃないけど、主人公の三姉妹までまともじゃないんだから手に負えない。

おまけに展開も何がしたいのか良く分からないし、もう7話だからまだ観るし、最後まで見ると思うけど、こんな展開だと最初から知ってたら観なかったかもな、と思うくらいに酷い。



サムライフラメンコ 第7話
超展開で( ゚д゚)ポカーン の回。

え? 本当に怪人が出てきたんですけどw しかも特撮やドッキリじゃないことを証明するように、普通の人間ならあり得ない位置に大穴が開いていて、しかもギロチン使って警察官をマジ殺しという……。

もちろん、その前から展開はあった。例えば正義の両親は病死ではなく殺害されたこと、それを正義は知らずに育ったこと、それを伝えられず他界した祖父の残した「サムライフラメンコ」の脚本の意図と意味。

そうした中で漠然と正義がこれから真実を明らかにしていくのかと思ったが、そんなことをする暇がないくらいの怪人登場www さすがにこの展開は予想出来なかったわw ヒーローはパチモン(もちろん心は本物以上だが)なのに怪人だけホンモンって卑怯やん(ノ∀`)アイター

さて、この超展開を7話で切ってきたわけだ。2クール……とはいえノイタミナなので24話じゃなくて20話前後かな、たぶん。ほぼ折り返しかその少し手前で、今回のサブタイ通り「世界観を変えた」わけだ。ここからどんな展開を使ってくるのか素直に楽しみだ。



キルラキル 第8話
いやその説明じゃ結局同じじゃね、の回。

まぁ、皐月のセリフについては置いておくとして、決戦前の手の内証というところ。普通、手の内っていうのは隠しておくべきものなんだけど、そこは四天王としての矜持というかプライドというか、奇しくも自らの極制服を明かすことになった形。流子の極制服については情報が知れ渡っているだけに、これでようやくってところもあるいは四天王の中にはあるのかもしれない。

この辺、四天王がかませじゃなくて、ちゃんとその名に相応しいカッコ良さがあるのは良いところ。また一応、マコの家族も前回については反省しているようで(?)、そういった繋がりを持たせているのはなかなか良いフォロー。

嵐の前の静けさというか、脚本が作画の勢いに頼り切ったものじゃなくてちゃんと地に足がついていた印象で、実はここ数回の中では最も出来が良いようにも感じた。もちろん、先にも挙げたようにこれは次から待っている四天王戦の前置きに他ならない。

そこでどれだけものを魅せてくれるかに期待。



革命機ヴァルヴレイヴ 第19話
すべて水の泡、の回。

厳しい言い方だけど、あそこでリーゼロッテを殺しちゃう辺りがこの作品と脚本家の限界なのかもしれない、と感じてしまった。正直、あのまま連れて帰ってしまう方が扱いは難しい。なのでここで殺してしまって悲劇にしてしまう方が脚本としては楽なのだろう。真相を打ち明けて、ネタばらし役として役目を終えると用済みだから殺す。なんか、マリエと同じ展開なんだよな、こう振り返るとさ。

確かにキャラクターと言うのは作り手が伝えたいことを代弁する役目を追っていて、その役目のためのキャラだから役のためなら死ぬこともある。でも、この作品は「役を演じ切るために必要があるから死ぬ」んじゃなくて「役を演じ終えて処理に困ったから殺す」な辺りが、なんだかなぁという感じがする。

あと別行動をして長いサキだけど、全然別行動している意味がない(苦笑 何がしたいんだよ、結局。



物語シリーズ セカンドシーズン 恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹
なんだかんだ理由をつけて助けたい貝木、の回。

全然感想書く気はなかったのだけど、ふと時間が合って観て、書くことを二つほど思いついたので簡潔に。ちなみに、それ以前の話は観てないので、もしかしたら過去の話と矛盾している点もあるかもしれないが、そこはご勘弁を。

まず一つはひたぎの自己犠牲心の愚かさと浅ましさを観ている人に感じて欲しいと思ったこと。「自分の身も心も、命すらも犠牲にしてで大切な人を守りたい」と思う気持ちは素晴らしいものがある。それは良い。けど、実際にそれを実行してしまう――しかもその大切な人に何の相談もなく――ことがどれだけ愚かな行為であるか。

これを実行するということは、最低限ひたぎは逆の立場でもそれを受け入れる覚悟がないといけないということだ。つまり、自分の大切な人がその身も心も命すらも犠牲にして守ってくれたら「ありがとう」と心の底から笑顔で言えなければ、こんなことをする資格はない。果たして今のひたぎにそんなことが出来るのか。

そう問えば間違いなく答えはNOだろう。この答えがYESなら「自分のために他人が犠牲になること」を容認するわけだから、そんな人間はそもそも「自分を犠牲にして他人を助けること」を選べるはずもない(もちろんひたぎは自分と暦の両方が助かることを望んでいるが、そのためなら身を売ることもかまわないと発言している)。故に、ひたぎのこの行動はアニメやラノベと言った架空のお話の中だから許される美談であり、現実的にはただの愚行でしかないわけだ。

「日本人はこの手の美談を好むけど、それはお話の中だけにしておかないといけない」というのがこの話から私たち視聴者が得るべき教訓だろう(これ、貝木のセリフだっけ?w)。

現実でこんなことをしても相手から「私はこんなこと一言も頼んでいない」とキレられるのがオチである。勘違いしている人も多いが、基本的に「相談」というのはその物事が悪ければ悪いほど、大切な人に対してしなくてはいけない。「合意」ってとても大切なことだよ?

もう一つは冒頭で書いたようになんだかんだで助けたい貝木が理由探しに奔走している辺りが面白かった。詐欺師で最悪の悪人で一から十まで「悪」なんだけど、ゼロから一までの間にちょっぴり「善」があるんだよねw そもそもにして、臥煙という旧知の人のために動くことが「善」だからね。

タイトルとは裏腹に今回の主役はひたぎじゃなくて貝木なのかな。



夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第8話
隣の町が100%なら、うちは120%だ、の回。

この辺りが前回の感想で書いた「すっきり終わらない」部分。もちろん今後のことを考えたら伏線としては必要だし、エピローグ的な要素もあるにはあったのだが、後味が良いかと言われると……うーん、ちょっとなーというのが私の感覚。これなら前回のままこの篇は終わってても良かったんじゃないか、と思う。

あとバトル要素がないと、やっぱりこの簡易のキャラデザはあまり良く感じないね。



メガネブ! 第8話
総集編かと思った、の回w

冒頭はそんな感じだったが、気がつくと推理系作品のパクリネタオンパレード。そこまでやるならせめて推理は面白いものをやってくれるんだろうと思ったが、その割に結末やオチが弱く、結局何がしたかったのか分からない。何を以って監督やスタッフはこんな脚本にOKを出したんだろうか……。

結局、生徒会は実は良いヤツの集団かもしれない、ってことくらいしか分からんかったんだが、それで良かったのか?



BLAZBLUE ALTER MEMORY 第8話
ラグナとラムダの邂逅、の回。

こういうのだよ、こういうのを見たかった。作画は安定しないけど、物語としては良かったと思う。ストーリーとしてはまとも。その裏でちゃっかり暗躍している中村さんもいるけど、まぁそれはそれが明るみになるまでは伏線として少しだけ演出されるだけで、基本はラグナメインという描写。

どうしてこれが今まで出来なかったのか……。



ミス・モノクローム -The Animation- 第9話
話が壮大になってきた、の回。

まぁ、他の作品よりも1話分早いので、そろそろこの作品は纏めに入ってきたって感じ。江戸時代みたいな人間がそもそも単三電池もってねーよってツッコみもしておきたいが、あんま意味ないよねw 1話であんなシーンを入れてしまった以上、描かないわけにはいかなかったのだろうが……。

さて、これはもう次回何を描くかで結構作品の評価が変わりそうなところ。いつも通りなのか、壮大なスケールのままで行くのか。






≪Web拍手レス≫

>匿名希望さん(11/20 23:47 その他アニメの感...)
>>千桜「なんか鯖江市の肝いりでご当地アニメでメガネ部というアニメをやってるらしい・・・」
歩「メガネ部ってメガネを作る部活?すごいんじゃないかな、さすがメガネの生産地」
千桜「うーん。。。そうじゃないようなんだな。町おこしでアニメもいいんだろうけど、鴨川よりひどいぞ・・・」
ナギ「好みの美少年が出てないだけだろ、どーせ」


千桜「わ、私は腐っていない!」
歩「え?」
千桜「え?」
歩「いや、ナギちゃんが千桜さんは
  よく熟した腐女子だって」


千桜「ナ~ギ~」

ナギ「じ、事実だろうが!」

腐っても千桜可愛いよw CVが藤村さんなのも良いよね。え? メガネブ? なんでしたっけ、それ?(笑



>匿名希望さん(11/21 20:08 その他アニメの感...)
>>エルエルフ「オレのさらわれてくれ」
リーゼロッテ「いや」
エルエルフ「NOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!」


エルエルフ「どうしてだ!?」
リーゼロッテ「『オレの皿割れ、手くれ』って私の手を
       どうするつもりですか!?」

エルエルフ「噛んだぁぁぁぁぁぁ」

滑舌は良くしたいですね。


>匿名希望さん(11/21 20:09 その他アニメの感...)
>>ハルト「僕はヴァルヴレイヴを破壊する!」
リボンズ「いらないなら僕がもらおう」


ハルト「君はこれが何か知らないからそんなことが言える!」
リボンズ「知っていても、ボクには覚悟がある」
ハルト「!?」
リボンズ「覚悟無き君には分からない話かもしれないがね。
     どうだい? ボクのリボーンズガンダムを
     プレゼントしようじゃないか。ボクが使った
     素晴らしい機体だよ。まぁ、ヴァルヴレイヴに
     比べれば大したことがないから、腰ぬけには
     ちょうど良いだろう?」

ハルト「何を!!」
リボンズ「気に障ったかい? だが臆病者の君にはちょうど
     良いだろう。下等生物らしい弱さだよ」

ハルト「貴様! 何さまのつもりだ!!」
リボンズ「ボクは神さ」
ハルト「か、み?」
リボンズ「そう。ボクこそが人類を導くイノベイターだ!」

うそ、リボンズが……カッコいい(笑 まぁ、相手がハルトだからなwww そして、なんか一大作品になりつつある件についてw


>匿名希望さん(11/21 20:11 その他アニメの感...)
>>セイ「ついにできたぞ、ガンダム00魔王だ」
リボンズ「そのガンプラ僕がもらったー」


セイ「ダメですよ、見ず知らずの人」
リボンズ「な、何故だ!?」
セイ「だってあなた、プラモを雑に扱いそう」
リボンズ「Σ( ̄□ ̄|||) ガビーン!」

ほら、リボンズだとさ、「下等生物のおもちゃ風情が」とかいいそうじゃんw


>匿名希望さん(11/21 20:15 その他アニメの感...)
>>ハヤテ「さあてもう寝るか、ハッ、ベッドの中でなにかがもそもそうごめいている。って、奥さん!!?えっ、一緒に楽しみましょうですって?いやそれは・・・アーッ、奥さんが僕をベッドの中に引きずりこんでいくー、早い、早い、早い、早い、早い、早すぎるー。王王王王王王王王王王王王王王王奥さーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!!!しゅぱにら、はいどら、つんどら、べうもら、ぐはああああああああああーーーーーーーーーー宇!!!!!!!!!!!」


旅に出ます、探さないでください by.ハヤテ

ナギ「ハヤテ!? ハヤテに何があった!?」

不倫旅行かーw


>匿名希望さん(11/21 20:18 その他アニメの感... )
>>律「我々も「桐島、部活やめるってよ」にのせて映画を作るぞ~。それは「井端、ドラゴンズやめるってよ」だ!」


唯「続編は『井端、巨人の中心で愛を叫ぶ』だね!」

何の愛を叫ぶんだろうなぁw 報道だとショートにこだわりを持ってて、セカンドへコンバートした落合GMと確執がある、みたいな嘘か本当か分からない記事もあったけど、そもそも巨人行ったって出れそうなのはセカンドだけなんだから、この報道間違いじゃね? と思った。



>匿名希望さん(11/21 20:41 その他アニメの感...)
>>リヴァイヴ「リボンズ大変です、ヴェーダが故障してしまいました」
リボンズ「オワタあああああああああああああ!!!!!!!!」


リボンズ「ボクは、どうすれば……」
リヴァイヴ「もうヴェーダは諦めては?」
リボンズ「何をバカな!?」
リヴァイヴ「だってヴェーダの中にデータとして
      保存されている我々は、
      ヴェーダの故障と共に消滅しますよ?」


リボンズ「ホントにオワタああああああああああ」

リボンズ、グッバイw

Comment

NoTitle 

なお巨人は片岡も獲得しに行った模様
優勝争いできるチームでセカンドが空いてて在京志望らしい
(えっそれ西武じゃry)

ヴヴヴはとりあえず2期で在庫一掃にかかった
スポットあたるキャラは基本死ぬしいきあたりばったりの威力偵察だった

カイキカッコイイよカイキ
同時期にやってるハンターハンターで剥げたノブさんとは思えないよカイキ
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/27 18:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

井端は決まってさらに片岡まで。まぁ、片岡に幾ら突っ込むかで世間の評価は変わりそうですね。井端は億以下だし、阿部らベテランのサポート役や愚痴聞き役なんかを考えても妥当な買い物のはず。

っていうか、寺内とか山ほど二塁手候補いるじゃんよ(苦笑

>スポットあたるキャラは基本死ぬしいきあたりばったりの威力偵察だった
そうですね。結局「お前ら何のために地球に降りたんだよ」と言いたくなるような地球篇でしたwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/27 19:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。

ヴァルヴレイヴ無理やりキャラが死んでますね。
マリエといいリーゼロッテといいハーノインも犬死だし。
1期のアイナもなんであそこで死ぬ必要があったのか。
リーゼロッテあそこで死ぬ必要あったんでしょうかねえ。
  • posted by 諸葛鳳雛 
  • URL 
  • 2013.11/27 19:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

物語シリーズは観ていてキツイなと思う回があったりしたので、つばさタイガーやまよいキョンシーはいいのですが撫子の回はなんだかそこまでやると気持ちが悪いようで、わからないと感じました。
でもなんだかんだで嫌いにはなれないので、めげずに観ていきたいですね
  • posted by ゼロ 
  • URL 
  • 2013.11/27 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>諸葛鳳雛さん 

こんばんは。

ヴァルヴレイヴは在庫一掃セールが始まりましたね(苦笑 結局、キャラをどう生かすか、あるいはストーリー上に置いてどういう意味をもったキャラだから配置したのかってのが明確じゃないからこうなるんですよね。

第一期から改善されたようにも見えるヴヴヴですけど、根本として「スタッフがやりたいようにやってるだけで計画性がない」点は変わらないんだな、と再認識しました。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/28 00:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ゼロさん 

こんばんは。

物語シリーズは、記事にも書いたのですが実は本当に観てないんですよw で、たまたま今回だけ観たって感じですね。だから次回観るかと言えばたぶん観ないと思います。

まぁ、私のことはさておいて、めげずに見続けていくという根気がある内はぜひ頑張って見続けて完走を目指して下さい。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/28 00:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一歩間違えば“八百長”だが…(ゴールデンタイムとかせかつよとか)

【シリーズ セカンドシーズン 第21話】戦場ヶ原さん、貝木さんにお願いごとをするの巻。何だか久しぶりにお声を聞いたような気がする戦場ヶ原さんですが、話の主役は貝木さんの方 ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2023/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……