FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

その他アニメの感想(各6話中心)+Web拍手レス

その他アニメの感想(各6話中心)+Web拍手レス

個別に記事化しなかったアニメの感想です。

・境界の彼方 第6話
・IS<インフィニット・ストラトス>2 第6話
・ガリレイドンナ 第5話
・サムライフラメンコ 第5話
・キルラキル 第6話
・革命機ヴァルヴレイヴ 第17話
・夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第6話
・メガネブ! 第6話
・機巧少女は傷つかない 第6話
・BLAZBLUE ALTER MEMORY 第6話
・ミス・モノクローム -The Animation- 第7話

追記は各話簡易感想とWeb拍手レスです。


境界の彼方 第6話
結局オチなしかよ、の回。

全体的に締まりがなく、シャワーシーンの連発は視聴者への露骨なサービス的な感じ強かった。

しかし「工夫を凝らさないと倒せない妖夢がいる」というのは良いアイディア。どいつもこいつもゴリ押しでどうにかならないのも、今後の戦闘バリエーションや戦術を増やす意味合いとしても面白い。次はもっとシリアスなところで「工夫しないと倒せない敵」が出てくると、この話をやった意味もあったというものだろう。

ただ前述のように締まりがないので、Bパートも後半になると完全にグダってた感じは否めなかったのは残念かな。あそこで「終劇」にしないでちゃんと倒すところまでは描けたと思うけどね。例えば、美月が臭いカットのためにやったみたいに、名瀬の防壁を使って妖夢を囲って相手の液体攻撃を遮断・身動きを封じる、とかさ。

緩んだまま終わるくらいなら、「私たちのあの苦労はなんだったの」的なあっさり決着がついてしまうくらいのオチでちょうど良かったとも思うが……。

というか、結局前回のCパートって何だったの? まさか免許返しただけ? 早くね?



IS<インフィニット・ストラトス>2 第6話
別にズボンとかISスーツとか履けばいいんじゃね、の回。

結局前回Cパートで思わせぶりな襲撃者を出しておきながら何もなし、という無駄シリアス具合。じゃあ、Cパート要らねえじゃんって話だ。
そこを含めて話はチグハグ。全体的に5人のヒロインの戦闘力が劣化しているというか、上位互換の実力を持つ生徒会長が出てしまっているので、視聴者としては全体的な戦力バランスを掴み辛いところだ。代表ならまだしも候補生に任務を与えるって……失敗前提なのかなぁ。でもIS乗りってエリートのはずだしなぁ、でも生徒会長の方が強いしなぁという堂々巡り。

本筋の物語はほとんど動いておらず、折り返し地点でそんなことをやっているのだからペラペラなストーリーを1クール引き延ばすためにスタッフが四苦八苦しているかがうかがえる。原作者がシリーズ構成に携わってそんな状態なのだから、本当に目もあてられない。

つまるところ、最初からシリアスなんてやる必要なんてなかった、ってことなんだよね。良いじゃん、もう第一期やって登場人物出しつくしているんだから、「今期は徹底してラブコメで行きます!」って宣言すればさ。その方がよほど視聴者受けは良いよ。SF作品やシリアス作品として観ると「ふざけんな」って内容だけど、ラブコメ作品として観ると「バカやってんなぁ(褒め言葉)。良いじゃん良いじゃん」ってなるわけだし。



ガリレイドンナ 第5話
とりあえずスタッフ表出ろ、の回。

正直、どうなんだろうなと思った。大人に裏切らせて、純粋な子供殺して、そこまでしてこの話で何を魅せたかったんだろう? 企業の残酷さ? レジスタンスとして活動することの限界? 別にどっちも子供たちを殺す理由にはなってない気がするんだよね。ただ視聴者に胸糞悪い消化不良だけ残して、次回からどうするつもりなんだろう。最初からハードシリアスでストーリーが動いていたならまだしも、死んでいておかしくない状況で三女も両親も生きてる、ある種のコメディな世界観だっただけにこのシリアスには反動もデカい。

あとは次女が大人しくなったので次は長女をどうにかするのかなーとは思っている。相手に対して「適切な申請をして~」みたいなことを言っているけど、その台詞は自分で鏡を観て言うべきだろ。そんなこと言うなら自分だって「賞金をかけられているのは何かの間違いだ。私はそれに該当するようなことはしていない」と正式な手続きをすれば良いじゃん。それがダメだと思ったからガリレオの謎をヤツらより先に解くって決めたんでしょ。

じゃあ、それはレジスタンスと何が違うの? ってことなんだけど……なんか、この辺描かれそうもないなぁ(苦笑 本当なら次女以上に「町に戻る」と言いだしそうなキャラのはずなんだが……。

正直『ヴヴヴ』の香りがしている、こうスタッフが自分たちのやりたいこと詰め込んだだけで全然纏まってない感じが特にw



サムライフラメンコ 第5話
僕の正義と君の正義は違う、の回。

でも結局何がどう違うのかは語らなかったなぁ。もちろん、祖父の遺した文章から正義に目覚めた感じもないわけじゃないのだけど、それがじゃあ前回までの自分やフラメンコガールとどう違うのかが見えづらかったのは残念。そこを描かないといけなかったんじゃないかと思うサブタイだったと思うんだけどね。

そして、最後に増殖したフラメンコガール。これ、流石に事務所は気付くだろw

フラメンコガールに関しては結構遺恨を遺していそうだけど、サムメンコはそのとばっちりを受けてる感じかね。「因果応報」もある種ヒーローもののお約束な部分もあるけど、果たしてその辺がどうなるかというところか。



キルラキル 第6話
四天王は伊達じゃない、の回。

まぁ、部長がいてその上に四天王がいるのでそれなりの強さだとは思っていたが、キャラの濃さも強さも素晴らしかった。この手の作品というか、「四天王」がいる構図だと四天王(特に最初に出てくる四天王はw)って結構かませ犬というか、名前負けしていることが多いので、そういうことは今後も大丈夫そう。

一方で流子は……ね。それだけ四天王が強かったと褒めるべきなのか、3話のパワーアップイベントはやっぱり早すぎたのだと評するべきなのか。主人公が「戦闘⇒敗北⇒リベンジ⇒大勝利」は確かに流れとしてはオーソドックスなものではあるのだけど、下手にパワーアップイベントを打ってしまった分だけ腑に落ちないところもある。

これで皐月と再戦する時に皐月をボロボロにするくらいのパワーアップが完了していれば納得もするだろうけど、結局皐月と互角で「ほぉ、私の本気に着いてくるとは腕を上げたな」とか言って「結局、3話と構図が変わってねーよ」にならないかが不安。

あと戦闘若干手抜きだったよね。バンクっていうか使い回しが(もちろん変身シーンは別)。



革命機ヴァルヴレイヴ 第17話
同じ光景を二度三度観た記憶があるのは気のせいか、の回。

「この呪いは僕だけのものだー」とかなんとかってそれ、前も言ってたろ、お前w なんかいつまでたってもグダグダしてて、結局物語が進んでないんだよね、これ。ホント、誰でも良いからハルト引きずりおろして1号機のパイロット代われって。この際、サトミでも良いよ(どうせ二百年後、生きてるんだから)。主人公交代するだけでこの作品の評価は変わると思う。

まぁ、その中でもエルエルフが「俺もお前にルーンを喰われている」とは反論しなかったのは良かったかな。安易な同情心と共感でハルトを取り込むのではなく、力を欲する自身の欲と劣等感を提示してきたのは良かった。本当にエルエルフが主人公で良かったのに、と今さらながらに思う。

敵側はもう何やってんのかさっぱりだね、良くも悪くも。未知の展開を進めるのは良いけど、地盤である主人公たちの描写がまともに出来てないのでどことなく作品がふわついているように見える。

というか、二百年後のネタまで所々で出してきてるけど、これ本当にあと6話くらいで纏まるんだろうなw



夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第6話
町長は龍に愛される、の回。

原作未読だと分かり辛いところがあった気がするかなぁ。あの骨董屋の店主が、先代町長から託されていたのは龍脈(地脈)だったんだよね。その龍脈の流れの直上に店を立てることで、ヒメが一人前の町長になれるまではその力を与えないようにしていた。だから店を壊したら、せき止めていた龍脈の流れが桜新町に本格的に流れ込んで、流れ込んで来た力をヒメも感じ取って使えるようになった、と。

まぁ、私もうろ覚えだけど確かこんな感じだったと思う。6話ということもあって一応中盤の山場のはずだったのでAパートの出来はちょっとアレだったが、Bパートの作画は前回の冒頭の槍を振り回すシーン同様、だいぶ良かった。素人目ではあるが、Bパートの秋名の回避動作に結構な枚数使ってるっぽいし、さすがにここで力は抜かないか、という感じ。

ただ、これで物語として終われないのはストーリーとして厳しいかもね。ヒメが力を手にして相手の暴力に対抗出来るようになって、相手を成敗して「一件落着」にはならないで「清濁併せのむ」ような終わり方をするのが、良くも悪くもこの作品の原作だから。その辺は、原作コミックスは別としてアニメとしてどうなのかというのは、個々人で評価が分かれそうなところかな。

あと、主人公弱過ぎでしょう(笑 まぁ、妖怪をチューニング出来るという特殊能力があるだけであとは普通の人間だからね。『とある』シリーズの上条さんみたいなもんだし、他の面々が語ったように「精神的支柱」の役目の方が大きいキャラだから仕方ないんだけどね。

っていうか、チューニングの副作用について全然語られてないよね? あれじゃまるでじゅりさんが治しているみたいに見えるが、実際は違う(はず)……その辺はどうなんだろう?



メガネブ! 第6話
メガネレンズはMRではなくMLです、の回。

生徒会チームが出てきてメガネ部チームとの対立、ということでテコ入れ目当てだったのかな。生徒会側のキャラがあまり出てなかったので、テコ入れとしては弱く「いつも通り」と言う感じだった。

日常系なので似たようなテンションのまま、イベントをこなすことで話数を重ねるのは普通なはずなんだけどどことなくテンポの悪さを感じるのはなぜなんだろう?



機巧少女は傷つかない 第6話
おまえ99位じゃなくね? の回。

あれ、兄の方は優秀でもっと順位上だったよね。結局、妹の代わりに戦うってことか? なんか、その辺の説明ゼロでいきなり戦いが始まってあれ?って感じだった。

あとは前まで良かった雷真のキャラがブレてる感じはする。今の雷真には「復讐」の二文字が完全に欠落しているようにすら感じていて、単にお人好しのワイズマンを目指す人形遣いでしかなくなってる。夜々たちを造った人からも心臓を奪えとか無理難題を軍としての命令だと言われて押しつけられているが、今さら感が強い。

もちろん、もともとの設定としてそういうのがあったのだろうが、ここまでの描写では圧倒的にその手の描写が欠けているので突飛な感じは否めない。
必要な説明が欠けており、シリーズ構成の敗北。



BLAZBLUE ALTER MEMORY 第6話
ジンのストーリーの方がよっぽど主人公だった、の回。

相変わらずそれぞれの勢力や人々で思想が渦巻いている。それを「リアル」と呼ぶのであれば、確かにそれは「リアル」なところがあるのだろう。しかし、アニメにするならもう少し焦点は絞った方がいいと思う。キャラ数も多ければ勢力数も多く、かといって主人公たちがそれを視聴者の代わりに把握・整理してくれるような知的なキャラが皆無なので全く纏まりがない。

あとはラグナもジンも傷ついて手当てされて~って同じ流れを二度やる必要性が分からない。そこを描くならどっちかは二番煎じにならないよう、別のアプローチを探った方が良かったのは無いか。格ゲーアニメなのに戦闘は決着がつかず盛り上がらないシーンばかりだし、もう折り返し地点のはずだがストーリーとしてではなく作品としてこのアニメ化をどうしたいのかがさっぱり観えて来ない。



ミス・モノクローム -The Animation- 第7話
ネギを持ったアイドルって~以下略、の回。

野菜を持つために野菜を作るところから始まるモノクローム。っていうか、コンビニバイトは続いていたのか。モノクロームはマネージャーを確保する代わりにバイトを続ける、店長はバイトの頭数を確保する代わりに招維持面とをする。店長との関係がWin-Winなのかどうかは分からんが、こんな感じか。

そして気がつけば農業。作った野菜をコンビニで自家製野菜として販売するのか。もうこれ、アイドルアニメやるんじゃなくてコンビニアニメやった方が良かったんじゃね?(笑








《Web拍手レス》
>匿名希望さん(11/06 17:45 その他アニメの感... )
>>リジェネ「見ろ、あれがリボンズの孵化だ!なんて感動的なんだ!!」


ヒリング「リジェネ、ワタシこんな時どんな顔したら
     良いか分からない」

リジェネ「笑えば良いと思うよ」




っていうか、リボンズの孵化ってキモすぎでしょうw



>匿名希望さん(11/06 17:46 その他アニメの感...)
>>ナギ「おもしろいマンガを書くためにアラビアに旅立ってくる」


ナギ「だから飛行機とホテルの手配を」
マリア「はぁ(呆れ)」

一人では無理ですw


>匿名希望さん(11/06 17:48 その他アニメの感...)
>>(喫茶どんぐりにてヒナギクと)
ハヤテ「楽しいですねヒナギクさん。え?ガマンできないですって?マスター席を空けてください。さあ、これで・・・って奥さん!!?え?帰ってきたですって?早速いつものプレイに!ヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲヲ、奥さーーーーーーーーーん!!!!!!しゅぱにらかいえろつんどらべるもら・・・ぐはーーーーーーーーーーう!!!!!!!!!!!!!!!!」


ヒナギク「なに? ぴちぴち十代で人気投票一位の
     私よりも、そんな年増が良いわけ?」


いや、それにはそれでそれなりの魅力が……主にヒナギクと比べるとボディラインで(撲殺



>匿名希望さん(11/07 18:06 その他アニメの感...)
>>刹那「オレはガンダムマイスター改めガンプラマイスターになる」


刹那「ベースはエクシアだ。そこにクアンタとダブルオーと
   Oガンダムを組み込む!」


まぁ、刹那はそうなるよね、とw 結構この手のアイディアは出しそうな人多そうです。問題はガンダムBFだと著作権の問題でセカンドシーズン以降のガンプラは出て来ないってことですがw



>匿名希望さん(11/07 18:07 その他アニメの感...)
>>リボンズ「楽天を日本一に導いた星野監督に敬礼!」


モノクマ「リボンズくんのオシオキが決定しましたー。
     オシオキは胴上げ一万回落としでース」


みたいになりそうw


>匿名希望さん(11/08 18:04 その他アニメの感...)
>>エルエルフ「時縞ハルト、おまえはパイロット失格だ」
ハルト「ガビーン」
エルエルフ「だ・か・ら、1号機には彼に乗ってもらう」
グラハム「少年やガンダムを超えた私こそヴァルヴレイヴのパイロットにふさわしい、神憑になってやる」


ピノ「コノヒト、ジバクスルカライヤ」
グラハム「なんと!?」
ピノ「ソノウエヘンタイ」
グラハム「ばかな!?」

変態ならちかたないねw


>匿名希望さん(11/08 18:05 その他アニメの感...)
>>革命期ヴァルヴレイヴそれは世界をダメにするシステム


ハルト「僕はこのシステムを使って世界をニートにする!」

くらい言ってくれれば良いのに(ぇ



Comment

NoTitle 

キルラキルで小清水さん頑張っていますね。小清水さんといえばコードギアスのカレンあたりが有名だと思いますが、キャラの演じ分けがすごいのなんの!
これまで演じてきたどのキャラにも属せず、「纏流子」というキャラクターを完全に確立させていますね!声のトーンはカレンに近いんですけど、これが全然違うというか!

本編はその・・・3話で燃焼し切った感がありますね(苦笑)
纏流子と小清水さんの演技のために見ているんですけど、内容的にはちょっとツライです。今のところ蛇足感が強すぎると思うんですよね、個人的には。

とりあえずここからの巻き返しに期待したいですw
  • posted by tuyuki 
  • URL 
  • 2013.11/13 22:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

>tuyukiさん 

こんばんは。

小清水さんに関しては……まぁ、諸手を上げて賛同はしかねるというところでしょうか……。もちろん演じ分けが出来ないというものではありませんけど、カレンとかと比べると口調の違い以外はあまり演じ分けが出来ている感じは正直していないです。

ただ、例えば『狼と香辛料』のホロ役とかと比べると、「本当に同じ声優さん?」と思うほどの違いが出てて演じ分けが凄いなぁ、と思いますけどね。今でも私の中で小清水さんの演じた役で最高のキャラはホロだと信じて疑わないです(爆 独特のキャラではありますが、それを上手く小清水さんの演技と声質で演出したな、と。こんなの書いてたらまた観たくなったw

>本編はその・・・3話で燃焼し切った感がありますね(苦笑)
それには諸手を上げて賛同しますw おっしゃられるように「蛇足」という表現が適切ですね。もう少し順番を入れ替えるだけでも回避できた気がするので、シリーズ構成がどういう意図をもってあの話を3話に持ってきて、それ以降このような話が続くのか、というのを訪ねてみたいところです。


とはいえ、2クールの作品ですし、6話はまだ1/4しか終わってないとも言えます。おっしゃられるようにこれからの巻き返しに期待ですね。



  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/14 19:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

糸色望「むむむむ・・・」
可符香「先生が難しい顔をしてらっしゃる、どうしたんですか?」
糸色望「今週のガリレイドンナですよ、なんかこう、ギャグアニメだと思っていたらしりあすだったという・・」
可符香「そんなの私たちのアニメもやってたじゃないですか、伏線だらけのオープニングとか、オープニングとか」
望「それはそうなんですけどね、あー死期やらねーかなー」
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/15 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

可符香「でもオープニングだって素晴らしい!」
糸色望「話続いてた!?」
可符香「だって先生、オープニングは伏線・ネタバレだらけのこともある。つまり、本編を楽しむこととは別にそれを推理する楽しみがあるってことですよ!」
糸色望「結局ネタバレしてちゃダメなんじゃ」
可符香「さらに、オープニング詐欺も可能です」
糸色望「詐欺って言っちゃったよ、この娘!」
可符香「思わせぶりなオープニングをしておいて結局肩すかし。これもまたアニメの醍醐味です」

そんなわけがないw さすがにそこまでポジティブじゃないですがねwww せめてOPで出したことはやって欲しい(苦笑
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.11/16 00:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ナギ「そうなのだ!私とハヤテしか出ないオープニングは大好評だったのだ!特に私とハヤテの愛のメタファーであるリンゴの表現はサイコー・・・えっつ?そのリンゴ・・・」
歩「おいしいねー、このリンゴモグモグ、でもあれ大不評で分割二期の後半はヒナさんオープニングになってたんじゃないかな?」
ナギ「そんなことはないのだ・・・・」

望(あれはオープニング詐欺というよりは意味不明オープニングでしたねえ・・・)

オープニングは大事ですねw
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/16 07:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ただの戦闘機体としては…(ヴァルヴレイヴとかキルラキルとか)

【境界の彼方 第6話】全編通して臭っさいお話。まあ臭いは画面を通して出てこないので、見ているこっちとしては、可愛い、笑えるお話でしたね。ラストのアイドルっぽい作戦は、ち ...

一番得をしているのは…(仮面ライダー鎧武とかガンダムビルドファイターズとか)

【シリーズ セカンドシーズン 第19話】謎の暗闇から逃げる阿良々木くん一行と捕まってしまった忍さんの巻。話が急展開した回でしたが、印象に残っているのは阿良々木くんがペド野 ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

05 ≪│2020/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……