fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

[終]銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話

[終]銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話
『宇宙に散る花』


≪あらすじ≫
シモン司令はゲート破壊のため、現有戦力最大の質量を誇る、自らが乗るスター・ローズを特攻させることを決意し、命令を下す。

一方、ジアートとの戦いの中でジュリアシステムを介してアッシュに身体を乗っ取られてしまったイズル
「戦え、戦え、戦え」
そう叫び続けるアッシュに応えてしまうように、彼の両手は操縦桿を握ったままジアートとの戦いを続ける。

繰り返される退避命令。それでも戦い続けるイズルに、ケイとパープル・ツーは回収へ向かうがもともと直接戦闘向きの機体ではないため割って入ったところで逆に損傷を受けてしまう。

ケイタマキアタル、そしてアサギ

みんなの呼び掛けに応えるように、戦いの中でイズルはようやく自分を取り戻す。

「戦いたくて戦うんじゃない。生きたい。自分だけじゃなく大切なみんなと」

アッシュの呪縛を乗り越えるよう、新たな境地に達したイズルにレッド・ファイブは新たな形態へと進化を遂げて応える。

スター・ローズ突撃まで残りわずか。小破したケイのパープル・ツーをみんなに託し、イズルはゲート付近でジアートと最後の戦いに挑むが、白熱する戦いの中ではイズルが離脱するのは難しい。
そして、イズルとジアートはスター・ローズ特攻の余波に巻き込まれるが、それでも二人は戦い続け――



≪感想≫


良いラストバトルだった


うん、そうだよね。ロボット物のラストバトルってこうだよ、うん。観てて、観終えて、とても納得した。これは王道の「ロボットアニメ」だ。最後の最後まで熱くなる展開。前回まで艦隊戦をやってて、それはそれでもちろん良かったんだけど、そうした一方で主人公とライバルの果てしない一騎打ちもまたロボットアニメの王道。 いや、ロボットアニメと言うよりバトルアニメの王道か。

一回の有効打だけであっさり引くわけがない。共に限界を乗り越え、共にどんな環境だろうと相手を見据え、自分が望む掴み取りたい未来のために戦い抜く。そこには主義だったり、信念だったり、あるいは譲れぬ想いだったりがあるわけだ。くどくなると、そこは論理のぶつかり合いになってしまって実際の戦いはどこ吹く風になってしまうこともあるが、この作品はそういう意味では最後は魂のぶつかり合いみたいなところがあったので最後の最後まで“戦い”という感じが色濃く残ってくれた。



しかし、レッド・ファイブの再覚醒は驚いたけど冷静に考えれば王道なんだよね。たぶん、90年代なら黄金に輝いてたwww そういう、ある意味でのお約束的なものだったわけだし。
そこが黄金化じゃなくて光の翼になる辺りは、ロボットのスタンダードも黄金化(ハイパー化など)よりも有翼化に移ってきた証なのかもしれない。

まぁ、さすがに光の翼を触手みたいに使って戦ったり、ジアート機がドラゴンボールの元気玉みたいにエネルギー弾撃った時はちょっと笑ったけどw 前述のように艦隊戦や他のアッシュではリアルロボット風味で描いている分だけ、主人公とライバルだけは色んな意味で別次元の戦いをしていた方が際立つかもねwww

レッド・ファイブの再覚醒がどのような理由付けかは分からないが、私はジュリアシステムの生存本能・防衛本能が極限に達した結果だと考えている。

今までの覚醒はジュリアシステムの闘争本能が極限に達した結果だった。故に、「闘うために作られたアッシュ」の方がイズルよりも権限が強かったし、だからこそアッシュの人格がイズルを乗っ取ることが出来た。
だが「生きたい」という防衛本能を極限に高めた最後の覚醒は、「生きたいと願うイズル」の方がアッシュよりも強かったわけだ。

つまり既存の覚醒をさらに乗り越えたというよりは、覚醒する際において必要なベクトルが真逆だったと言う感じ。たぶんアンジュは今までもこれからも前者だったんだと思う。闘争本能で覚醒するのがアンジュ、そうじゃなく生存本能で覚醒するようになったのがイズル。その境地に最終話で達する辺りはさすが主人公。



そして最後の決着は、外装パージからの貫手。これは上手いと思った。一本取られた。『劇場版ナデシコ』のブラックサレナの時をちょっとだけ思い出した。

レッド・ファイブの特性を最大限に活かせば当然ここに帰結するのが必然なのかもしれないけど、それは光の翼を捨てることだしね。そのいい意味で、演出のためにせっかくの覚醒を切り崩せるのは良い判断。
さっきまでスーパーロボットで戦っていたレッド・ファイブが、爆発後はリアルロボットで壊れながら戦うシーンは、『マジェプリ』だから出来ることかな。あくまでアッシュが兵器だから壊れ行く美学を描ける。例えば『ガルガン』や『ヴヴヴ』でも描けないことはないけど、ここまで兵器としての壊れざまはたぶん描けない。

『ガルガン』も最後は特攻・自爆だったけど、あれは“壊れるさま”じゃなく“死に行くさま”になってたからね。それだけあの作品はロボットに兵器ではなくキャラクターと言うものを求めていたからだと思うんだけど。


話はそれたが、分離しての攻撃っていうのは上手な戦い方。捨て身の戦いにおいて切り札になり得る説得力があるし、アッシュの情報に疎いだろうジアートがそれに驚いて動きが鈍くなったのも理解出来る。っていうかジアート機をぶち抜くし、あの爆発にも耐えるしコアモジュール、意外と頑丈だねw



でも、ずっとシリアスにバトルしていたわけじゃないんだよねw 途中でザンネンな会話が入ってくる辺りがこの作品らしい。ピットクルーも、おやっさんも、もちろんアサギたちも。結局ヒーローに行きつくイズルも。チラッとあのキャラの眼が見えたり、あの幼女は「ブルー・イチ」だと思ってたり、ネタも豊富www

ただ、とても良かった最終回だけど、個人的に満点じゃない。不満も実はそれなりにあった。 

例えばケイとパープル・ツーの扱い。電子戦の機体で回収とか、アサギは気を利かせたつもりなんだろうけど、考えられない。行くならアサギのブルー・ワンか、タマキのローズ・スリーじゃないと(ましてイズルが敵対しているのはジアート。その性能はチームラビッツなら分かっていたはず)。

その後も退避勧告や通信はずっとイズルに入り続けていたけど、あの状況じゃ逃げようがないだろう、とも思うw 援護射撃もなくなり、スター・ローズ衝突に備えて退避していく中で敵だけは執拗に追ってくるわけだから。おまけに実力が拮抗していれば、逃げ出そうとして背中を見せればその瞬間に斬られていてもおかしくない。じゃあ、逃げられるわけがない。逃げたら死ぬかもしれないのだ。

アサギ達はしょうがないにしても、リンがそれを言うならそれが出来るだけの策を提示しないと……。ホント、気がつけば潰れたシュークリームの後釜にすら見えるほど酷い。

そういう部分を含めてイズルたちのいい意味でのザンネンさとは裏腹に、スズカゼ・リンというキャラクターには悪い意味でザンネンさを覚える。いろいろな面があるのが人間らしいと言えば人間らしいけど、軍人としてのリンと人間としてのリンが真逆にいるだけに、見せる顔で取る言動まで真逆なのがちょっと苦しい。

そのつながりじゃないけど、理想をいえばシモン司令はアサギが命令無視をしてでも助け出して欲しかったなぁ、とw 「お父さん」って呟いた時は、行ってくれるかとも思ったが……。



ちょっとケイの恋愛の側面を強く出し過ぎかなぁという感もあるが、それは重箱の隅をつつくようなもので全体的にはとても満足。最終回でここまで満足したロボットアニメ・バトルアニメはかなり久しぶりかも。


それだけにあそこで終わっては


後日談が気になるw



だって最終回っぽくないじゃん、サブタイ(そこか!? ちゃんとした話をすれば、イズルは生きているっぽいけど、下手したらカミーユ状態もありそうだし不安もあるからその辺は払拭しておきたいかな。どちらにせよ、生きててもしばらくは入院・治療の日々かも。まぁ、どの道全戦力を投入した地球側はしばらく体制立て直しと軍事力整理で忙しいし、ウルガル側もそれはそれで幹部クラスが半減、ジアートも地球圏に取り残された(?)ろうし、立て直しかなぁ。

っていうか、ジアートってどうなったん?(笑 まぁ、死んではないだろうけど。

その辺含めて「来週まだですか?」状態だけど、真面目な話をすれば、後日談はパッケージ盤の特典映像かなぁ。結局、犠牲はドーベルマン二人と敵幹部と言う具合で生存率も高いし、このまま二期も出来そうだけどね。ジュリアシステムもジュリアさんが作ったみたいだし、ウルガル皇帝の発言などイズル要素以外にも伏線はたくさん張っていたし。あぁ、でもその前にどうやら進んでいるらしいゲーム企画があるのか。それがひと段落したらかな。


二期は新キャラになるか、あるいはスポットライトが当たる機会の少なかったアタルやタマキベースで薦めるのも面白いかもね。他のアッシュの覚醒も観てみたいし。



後日総評はするが、私は本当に2クール愉しむことが出来た。正直、ここまでのロボットアニメは近年ほとんど目にしなかったし。二期があるかどうかは分かりませんが、とりあえず監督以下スタッフの皆様、お疲れさまでした。

≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67964310.html
・http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3624.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309200001/)
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-766.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-9082.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1788.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3441.html
・http://intermezzo.dip.jp/nicky.cgi?DT=20130925A#20130925A
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5291.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1183.html
・http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-933.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1280.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1594.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2955.html
・http://wankokushushu.blog39.fc2.com/blog-entry-709.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

内容の詰め込まれた最終話でしたね 

どこまでも王道を行き、期待を裏切らず、熱くさせてくれる

そんなアニメに出会えて本当に幸せでした。思えば3月末の先行上映会からはや半年。同時期に始まった2作品と比べられ、地味だ地味だといわれたのが懐かしく感じますね。

イズルの真の覚醒を含め、最終話はこれまで積み上げられてきたものを生かした展開だったと思います。

半年間、面白い感想と考察ありがとうございます。

最後にもう1つ。これだからロボアニメはやめられない!
  • posted by sou-mk26 
  • URL 
  • 2013.09/20 08:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

アニメの底力? 


正直キャラデザが苦手で(最終回ケイの目がちょっと見開いたりしてたのは良かったけど)大して期待していなかった作品でした。

なのに最終回まで毎週「スルスル」観てしまった。
苦手なキャラデザを超える何か、ん~…、それが何だったのかまだ整理ができていません。

「本能より煩悩だ!」はとてもグッと耳に残りました(笑)

  • posted by IDE 
  • URL 
  • 2013.09/20 18:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

正直ブラック6の存在意義は最後まで感じませんでした

敵幹部もグリリバ以外特に印象に残りませんでしたし
あとは最終回ぐらいはシリアス押しで逆には控えてほしかったなーとこの作品らしいっちゃらしいですけど

戦闘は似た時期に3つロボアニメやってたせいか際立って良かったですね
最後のパージは私もブラックサレナを思い出しましたよ
最後のエンドカードに色がついてたってことはイズルが生きて帰って完成させたってことでしょうかね
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.09/20 18:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

>sou-mk26さん 

こんばんは。

>同時期に始まった2作品と比べられ、地味だ地味だといわれたのが懐かしく感じますね。
そうですね。明らかに宣伝費が違ったようにすら見えた『ヴヴヴ』、脚本家のブランド力があった『ガルガン』に比べれば、脚本家の吉田さんも『けいおん!』以降今まで以上に引く手あまたな感じですが、さすがに虚淵さん相手じゃ……という感じでしたし。

序盤は戦闘シーンよりも普通のロボット物では描かれない英雄たちの描かれ方などに寄っていたせいもあるでしょうけどね。でも、ああいうところで“ザンネンさ”を植えつけられることが出来たからこそ、2クール目以降の右肩上がりに繋がった気もします。


>最後にもう1つ。これだからロボアニメはやめられない!
同感です。最近は奇をてらったようなロボットアニメも増えてきましたが、その分だけ王道でしっかりと描いた本作は新鮮に映ったかもしれませんね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.09/20 19:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

>IDEさん 

こんばんは。

>正直キャラデザが苦手
平井さんの絵は一時期ロボットアニメやバトルアニメで多用されていた感がある上に、若干量産型のハンコっぽいところもありますからね。そういう意味合い(食傷気味)で苦手なら少し分かる気がします。

あとは、ちょっと手足の線が細めですからね。サブキャラまで含めるとそうでもないのですが、主要キャラはどうしてもああなってしまうのが平井さんの絵ですし。


ロボット物=シリアスと言う先入観にとらわれている人は観続けることが出来なかったのかもしれませんが、序盤さえ乗り越えらる人なら結構愉しめた人が多かったように感じます。

そこにあるのは「明るいロボットものがあっても良いじゃない」的なコメディがしっかりある本作の作風だったり、中盤以降に3DCG最大限に使ったバトルシーンだったりと、クオリティの高い要素がたくさんあったからだと思っています。


>「本能より煩悩だ!」はとてもグッと耳に残りました(笑)
明言ですねw いや、真面目な話、本能なんかよりやっぱり人間煩悩ですよwww 「好きこそものの上手なれ」とも言いますしね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.09/20 19:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

>正直ブラック6の存在意義は最後まで感じませんでした
ブラック・シックスの存在意義はその機体(アッシュの量産化計画)もそうですが、アンジュが大きいですね。物語スタート時点で「チーム・ラビッツ」はチームとして出来あがった上にある程度、コミュニケーションも取れた状態ですから、そこに新メンバーとなる異物を放り込むことで、マンネリ化をさけるのが目的だったと考えています。

まぁ、新キャラを投入してマンネリ化を割けるのは安直と言えば安直ですがw ただ考察派の人間としてはアンジュの二重人格とその後のイズル、最終回における覚醒の違いなど「推察し考えながら観る」上では、しっかりと存在意義を感じました。


>最終回ぐらいはシリアス押しで逆には控えてほしかったなー
それをやっちゃうとこの作品じゃなくなるので、その点では評価しています。逆にクライマックスだけシリアス押しになるようならもっと酷評してたかな? 普通の日常系・コメディ系のアニメがクライマックスだけ、物語を区切るために無駄シリアスをやって「なんでシリアス?」と思うことがありますけど、そんな感じですw 


>最後のパージは私もブラックサレナを思い出しましたよ
ですよねー。感想を観て回っていても、そういう風に感想書かれている方があんまり観なかったので、なんか不安でしたw


>最後のエンドカードに色がついてたってことはイズルが生きて帰って完成させたってことでしょうかね
私は全然気づかなくて何のことだろう、と思っていたのですが、以前に白黒で同じ絵が出てきて、今回のエンドカードがカラーになってたことなんですね。

いや、私なんかより細かいところまで良く観ていらっしゃる。おっしゃられるように、カラーになっていたと言うのはイズルが生きて帰還して、漫画の色をつけられるくらいには回復したということだと思いますし、そう信じたいですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.09/20 19:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

まさか最後まで笑わせられるとは思いませんでした。本当にブレのない作品だったな。

アサギがケイにイズルを連れ戻してくれ・と頼んだシーンは、私も『?』でした。相手ジェラート(アンジュ、ナイスボケ)だよ?え、ケイに死ね・と?アンタの機体と性能違うぞコラ。
しかもその後

『ちゃんと聞けよ!ケイが一生懸命説得してるんだぞ、喋るの苦手なのに!』

って、アサギ、貴方喋るの苦手な子に説得任せたんかい!?と二重の吃驚。
ケイは好きなキャラなんですが、何か無理やりヒロイン補正したみたいで、こんな形で見せ場作られてもなぁ…とモヤっとしました。

これ二期ある!?と思わせるラストでしたが…本当は4クールでやれたら最高だったんだろうな、と思います。最初はザンネンでしかなかった子達が色んな経験を重ねて成長していく過程と伏線を回収していく作業を両立させるにはやっぱり尺が足りない。その辺は一気に見たかった。
大人の事情とかあるんでしょうが、作監の方もツイッターで呟いてた様に一年クール復活を願わずにはいられません。
色々ありますが、今はこの作品に出会えた事に感謝するだけです。
円盤のマラソンしちゃう位、久しぶりにのめり込みました。

管理人様もお疲れ様でした。
最後まで楽しませて頂きました。
  • posted by ぁう 
  • URL 
  • 2013.09/20 22:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

>ぁうさん 

こんばんは。

>本当にブレのない作品だったな。
そこが一番の勝因ですね。ロボットアニメに限らず、コメディを謳っておきながら、アニメ終わりに物語を区切るために無駄シリアスを投入する作品もありますが、そうならなかったのは良かったと思いました。

>って、アサギ、貴方喋るの苦手な子に説得任せたんかい!?と二重の吃驚。
アサギは気を利かせたつもりで、スタッフ的には三角関係の勝者と身を引いた者を描いておきたかったんだと思いますが、やや不自然さは残りますね。

おっしゃられるように、土壇場でヒロイン押し過ぎになってしまった感じは、これまでパイロットごと、機体ごとの役割がしっかりしていた分だけ、首をひねってしまう部分でした。


>本当は4クールでやれたら最高だったんだろうな、と思います。
4クールこの作風を維持できれば、間違いなく今年一番のアニメにはなったでしょうね。ストーリー的にはアッシュを覚醒させることが出来たのがイズル一人だったのが主人公らしい半面、他のキャラがそれぞれのアッシュを覚醒させることが出来たらどうなったのかも観たかったですね。


まぁ、いろいろありますが、ゲーム企画も進行しているようですし、アニメ含めて長期コンテンツになってくれればいいなと思います。


ぁうさんも半年間、お疲れさまでした。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.09/20 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 24話「宇宙に散る花」感想

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 24話 「宇宙に散る花」

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #024「宇宙に散る花」

銀河機攻隊マジェスティックプリンスの第24話を見ました。 #024 宇宙に散る花 イズルの出撃により事態は好転するが、ウルガル屈指の将ドルガナによりストラグルレーザーが破壊されてしまう。 万策尽きたかと思ったその時、シモンは最大質量となるスターローズをゲートに直接ぶつける決断を下す。 「まさか、スターローズをゲートにぶつける気か!?」 「そんなことすればシモン指令も...

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話 最終回 感想

 銀河機攻隊  マジェスティックプリンス  第24話 最終回 『宇宙に散る花』 感想  次のページへ

「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」第24話(終)

ゲート消滅、そして… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309200001/ 【BEACH QUEENS スズカゼ・リン マジェスティックプリンス フィギュア WAVE 予約】WAVE BEACH Q...価格:3,650円(税込、送料別)

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第24話(最終回) 「宇宙に散る花」 感想

最後まで王道的ロボットアニメとして面白かったです。 2期は検討中とのことですが、これって作る気満々な気が(笑) ゲーム化は発表されましたが、レッド5以外の立体化はどうなのかな。 少なくともラビッツの機体は全部立体化してほしいです。 グレートメカニック DX26にウルガルについての設定が載っていましたね。 ウルガルは神話に縛られていて神話に外れた行動をとると超常的な力を持つ 神...

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話(最終回)「宇宙に散る花」感想

「他に方法は無いんですか?」 「シモン指令は今出来る最善の方法を選択した」 「今出来る・・・最善の・・・」 ドルガナによってストラグルレーザーが破壊された地球艦隊は最後の手段として『宇宙ステーション スターローズ』そのものをゲートにぶつけ破壊する決断を下す。 シモンの命懸けの作戦に戸惑うアサギだが、他に打つ手のない状況の中で最善の策と信じてスターローズを守ろうと精一杯...

アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」 第24(最終)話 宇宙に散る花

銀河機攻隊 マジェスティックプリンスVOL.1(2大イベント抽選応募券封入)Blu-ray 初回生産限定版【ドラマCD付き】(2013/06/21)相葉裕樹、浅沼晋太郎 他商品詳細を見る みんなのところに生きて帰るんだ! 「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」第24話の感想です。 覚醒。 (物語をなぞりつつ、感想など) そして真の覚醒へ。 真の覚醒格好良すぎて鳥肌。それで...

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話「宇宙に散る花」

シモン司令はゲート破壊の最後の手段としてスターローズをぶつけると決断。 イズルはジアートと激しい戦いの中アッシュを完全に乗りこなす力を発揮するが…。 最終決戦の結末は…?

銀の匙 Silver Spoon 第11話(最終回)「走り出せ、八軒」

あらすじ・・・野球部に所属する駒場は1年生ながら、公式戦にピッチャーとして先発出場。八軒たちエゾノー生も応援に駆け付ける中、白熱した試合を見せる。その光景を目 の当たり ...

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 第24話(最終回) 「宇宙に散る花」 感想

nefiru: 誰も死なねえぞおおおおおおおおおおお(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・ g_harute: 全員生還☆       いやイズルくらいは死んでも良かったよ・・・・・・ nefiru: まさか石川ソングが勝利フラグになるとは      前回レッドファイブが完全覚醒した!      今週レッドファイブが真の覚醒をした←ファッ!? ...

結局そこかよ!/マジェスティックプリンス24話感想

 マジェプリ葡萄、販売再開から2時間半で完売。シカーラに乾杯w さあ振り込みに行くか。  正直に言って、放送が終わったことにホッとしている自分もいます。最初は金曜の内に感想を書けたのが深夜になり朝になり、そして最終的に翌日までかけなれば書けない。この作品の感想に必要なエネルギーは、話が進む度にどんどんと増えていきました。あと半年続けられたら感想書くこっちの身がもたないwww でも、...

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第24話

第24話「宇宙に散る花」の感想です。ゲートへの特攻を覚悟したシモン司令。愕然とするアマネ大佐も、彼に促されて艦隊に支援を命じます。スズカゼ艦長も、やはりその命令に...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

12 ≪│2023/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……