FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

その他アニメの感想(各5話中心)+Web拍手レス

その他アニメの感想(各5話中心)+Web拍手レス

個別に記事化しなかったアニメの感想です。

・たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話
・ローゼンメイデン 第5話
・ステラ女学院高等科C3部 第5話
・帰宅部活動記録 第4話
・ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話
・恋愛ラボ 第5話
・物語シリーズ セカンドシーズン 第5話
・犬とハサミは使いよう 第6話
・きんいろモザイク 第5話


追記は各話簡易感想とWeb拍手レスです。

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話
先生、しっかりしろよ、の回w

いや、それは冗談だけど。やはり使い勝手が良いのか、新キャラである三谷さんが話の軸となった。とはいえ、素材としてはこれで使い切ったと言う感じではなく、今回は彼女の人となりを描いた感じで、相変わらず先輩っぽくない。彼女がなぜ先輩キャラなのかは、今後まだまだ彼女を軸にして描くストーリーが用意されているということだろう。

それにしても写真部の腕章は良いものだw 不思議なもので、こんなたった一つの腕章や小さなプレート一つで身が引き締まる想いもあるし、不思議な感覚が宿るもの。

今は自分の感性のままシャッターを切る二人だけど、もしかしたらいずれこの小さいけど決して軽くないこの腕章の重みに潰されて悩んでしまわないことだけを祈るばかり。

……でも、やっぱりコンテストの応募締め切り日くらい確認しとこうぜwww



ローゼンメイデン 第5話
どいつもこいつもウゼぇ、の回。

なんというかこう言うキャラしかいない作品なのかね。斉藤さんの存在が際立つってよほど。真紅と水銀燈は言うに及ばず、メグっていうキャラも情緒不安定だし。まぁ、メグは死の恐怖が実はあって~と考えると十歩譲って許せる部分もないわけではないが。

ジュンもマシに見えて仕事中の勤務態度は必ずしも褒められたものでもないし。

でもまぁ、最後の言葉が物語ってるんだけどね。巻かない世界は、巻いた世界の真紅たちにとっては事態を解決するための使い捨てのツールでしかない。それを突きつけられたジュンがどうするのか、というところか。



ステラ女学院高等科C3部 第5話
水着で、サバゲー? の回。

いやいやいや。十歩譲って砂場だけで砂漠戦みたいなことをするならまだしも、その姿で森林入っていくのかい。あり得ないだろー。怪我するよ。結局、このアニメ、真面目にサバゲーしたいのか、フィクションでサバゲーしたいのか分からないんだよね。各種ガスガンの監修に東京マルイが参加してリアル指向なのかと思いきや、描いている内容はフィクションだからこそ許されるものばかりだから、「ん?」ってなる。

最後はまた目に見えたフラグだったけど、それも良く分からない感じ。ゆらが、周りが見えてないのは分かる。それが必ずしも良いことでないことも分かる。けど、「ゆらにはゆらの、私には私のサバゲーがある」といったのはそのら自身。視野が狭いのは欠点だけど、それ以上に今ゆらはゆらのサバゲーを探してそれをしようとしている中で、最後の記念撮影であの表情はどうなのさ? それともゆらの突貫指向はそのらの楽しむ「私のサバゲー」に反するってことか。

離島でサバゲーで水着で対外試合って言うこれ以上ない素材がありながら、そのどれもこれも中途半端にしてダメにした感じ。



帰宅部活動記録 第4話
アレコレとやり始めたよ、の回。

EDを変えたり、サービスカット入れたり、本編後に別会社が作ったぷちキャラコーナーを作ったりと4話目にしてテコ入れが激しい。まぁ、ぶっちゃけ4話を作っている時点では実際の評判なんてのは分かるはずがないので、たぶん作っている側もこのアニメが本気で人気を獲得するなんて思ってないのだろう。自虐ネタ、メタネタの多さはその証拠。

ただ、それはアクセントとしてやるから良いのであっていつまでも引っ張っていても面白くもなんともない。実際、4話は全体的に面白くなかった。やはりネタの当たり外れが大きく出来に左右してしまう不安定な作品。




ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第5話
どうでも良い理由で殺されたのか、の回。

全体的に詰めが甘いというか、設定と話の練り込みが足りないと言うか、もしかしたら原作ではもっとマトモな仕上がりなのにアニメ化したらいろいろカットされてこんな形になってしまったパターンなのか。

結局、白夜は何がしたかったのか良く分からん。お前たちの力を試したかったとかいうが、それで全員ダメだったらお前も死ぬと言うのに。確かにモノクマがいうようにモブキャラにしておくには勿体ないが主人公にするには力不足。

というか、学級裁判っていう多数決の場で自白で決着とか……。犯人がボロを出させるのは確かに推理モノでは常套手段ではあるが出来が良くない。

演出面も二回目になるとゲームっぽい演出もくどく感じた。



恋愛ラボ 第5話
やっぱり前回からネタを引っ張る必要なくね? の回。

AパートとBパートでの温度差が酷い。これならAパートはもう少し尺を計算し直して前回に入れた方が良かったのではないだろうか。Aパートって言っても前回のネタをやってたのは最初の方だけだし。

後は何でもかんでも自己犠牲でひとくくりに扱うのは納得がいかない。リコの場合は、あの場で足止めをする役目を負っただけで、あそこでその役目を負う人がいなかったら放送は中止されていた。でも、マキの場合はその役目を負う人が別にいる(いた)のに、それを勝手に抱え込んで自滅しただけだ。

なんか、その辺のところを履き違えてトンチンカンなやり取りを見せられるとなんだかなぁ、と思う。



物語シリーズ セカンドシーズン 第5話
おかえり“羽川翼”、の回。

自分の負の感情を切り離すことで怪異を生み出せる存在というのは、いかにもな設定だと思った。ありがちと言えばありがち。本来ならメインヒロインが背負っていそうな設定だけど、それを「羽川翼」というキャラクターに背負わせたことが、西尾維新さんの凄さというところか。それは特別なように見えて実はとても当たり前のことで、もしかしたら私たちが知らないだけで、私たちの喜怒哀楽の感情の一部も翼のように切り離されて自立してその辺を怪異となってさまよっているのかもしれない。

なんて、メルヘンな感想はともかく(笑

暦はずいぶんと良いタイミングでの登場。ボロボロな上に、なんか茎(なかご)剥き出しの太刀も持ってたけど……。まぁ、ヒーローは遅れてやってくるってことだ。翼に対してひたぎ以上の恩義と想いがありながら、それでも翼からの告白に「今、好きな人がいるから」と即答出来るのは暦らしさかな。曲がりくねっているように見えて実は真っ直ぐで、表面は淡白なようで内側は酷く熱くて……。そんな彼の“熱量”みたいなものが、今回の苛虎の怪異ともリンクしていて良かった。

まぁ、話の中身はひたぎの時とあんま大差ないというのが何とも言えないがwww これは意図的に同じ展開にし違う結果(互いに自分と向き合うことで怪異から切り離したものを取り戻すが、暦に対しては友人になれたひたぎと、恋人にはなれなかった翼)なのか、それとも単にネタがないのか。




犬とハサミは使いよう 第6話
結局、何がしたかったん? の回。

本田書店一家にスポットライトを当てての過去回想系のストーリーではあるが、なかなか魅力が引き出て来ないなぁ、という印象。それでもここまでの話の中で一番マシに見えるのだから、ホントにまぁ……w

その最大の要因は主人公が6話なのにまだ掴み切れないせいか。本を溺愛し活字に恋しているという割にはそういったところが見えてこない。犬になったというのは良いにしても、そのメリット・デメリットが活きていない。
結局、主人公にその設定必要だったの? と毎話感じてしまうこと自体が……。



きんいろモザイク 第5話
陽子は姉御肌、の回。

というわけで陽子回。中盤以降は終始陽子を軸に物語が語られると言う徹底っぷり。その随所で勇が出てきてアクセントをつける感じ。お話の終わり方も良くて、陽子の想いはちゃんと勇にも伝わっていて報われている終わり方っていうのが良かった。

陽子が出ると綾も絡む結果となるのでその辺も綾が出過ぎず、引っ込み過ぎずで良いバランス。

ただまだ5話だからか、若干キャラがブレている感じも無きにしも非ずだがw もともとここまで台詞数が多いキャラではなかった+ツッコみキャラなので勢いで何とかなった分だけ、いざスポットライトが当たるとまだキャラを掴み切れてはいないとも感じる。

とはいえ、そんな若手主体の主演陣と異なり、勇役は田村ゆかりさん、その友人役が川澄綾子さん、初回のアリスの母役の大原さやかさんとベテラン勢が固めているおかげで崩れる不安はない。








《Web拍手レス》

>匿名希望さん(08/01 21:23 Web拍手レス ネタ集26)
>>律「人生はロックだ」


澪「なんだ? 久々にFF6でもやったのか?」
律「ちげーよ!」

FF6はバニッシュ⇒デスでお世話になりましたw


>匿名希望さん(08/01 21:23 Web拍手レス ネタ集26)
>>リボンズ「リジェネ、バハムートを召喚しろ」


リジェネ「リボンズ、キミ、バハムートが何か知っているのかい?」
リボンズ「決まっているだろう。竜の王、あるいは竜の神と」
リジェネ「違う」
リボンズ「……」
リジェネ「……
     リボンズ、バハムートってベヒモスをアラビア語読みしたもの
     でバハムート=べヒモスなんだ」

リボンズ「( ゚д゚)ポカーン」

FF知識って怖いよね(笑


>匿名希望さん(08/01 21:28 Web拍手レス ネタ集26)
>>ハヤテ「へい、タクシーここへ行ってください」
カッチ、カッチ、ブルー、キキー
ハヤテ「ここは・・・?ラ○ホテル!?って奥さん!!?さあ入りましょうか、奥さん激しい、激しすぎるっ!!OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHO、尾ーーーーーーー9-------佐ーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!」


ナギ「クビな」
ハヤテ「即答!?」

でも、会話の意味を分かるナギ、マジマセガキ(笑



>匿名希望さん(08/01 21:29 Web拍手レス ネタ集26)
>>Dr.オレンジ「ゆりかごを地上に落下させてやる」


オレンジ「なんだと!? 落下させているというのに
     押し戻される!?」


なのは「白い悪魔は伊達じゃないんだよ! 石ころ一つ、
    押し出して見せる!!」

ディエチ「へへ、やってみる価値はありますぜ?」
ノーヴェ「私たちの星がダメになるかどうかだもんね!」

オレンジ「なんだこれは!?」
クアットロ「おそらく、姉妹たちの教育に使った
      このDVDのせいかと」

オレンジ「しまった!? 地球製のものなんぞ
     使うんじゃなかった!」


何を見せたかは察するべきそうすべきw


>piadaiさん(08/01 23:12 [新]Fate/kaleid l...)
>>プリヤの視聴は中止?4話は、ニコ生アンケートで「とてもよかった」が90%を超えました。


当初の予定通り視聴はしてません。実際一話だけ見て二話からもうすでに観てませんし。まぁ、『Fate』シリーズのファンとしては、パラレルワールドのスピンオフとはいえ『Fate』の名を冠した作品が多くの人の間で好評を博していることは嬉しく思います。


>匿名希望さん(08/03 15:57 とある科学の超電...)
>>布束は新キャラと絡む形でOPに一瞬登場シーンがあったので、後半も出番あるかも?


そうみたいですね。第一期の時も木山へのフォローがあったので、そういうのが布束にもあると良いなとは思います。



>匿名希望さん(08/04 13:33 実写版るろうに剣...)
>>ハヤテ「お嬢様、僕はお嬢様だけの執事です、DA・KA・RA、これから厳しくいきます」


ナギ「はいはい、ワロスワロス」
ハヤテ「お嬢様!」
ナギ「っていうかお前さ、ムラサキノヤカタで
   みんなに似たようなことしてたじゃん」

ハヤテ「うっ」

誰にでも優しい、それが長所であり短所w

Comment

NoTitle 

こんばんは。
ダンガンロンパはカット多すぎてアニメ組にはわけがわからないですよね…
白夜君が偽装工作するほど余裕だったのは、犯人が犯行を行って更衣室から出て行くところを目撃しており、始まる前から犯人をしっていたからです。その後、自分がクロになる時に誰に注意しないといけないかを探るために工作したってとこだったと思います。まぁ部屋の入れ替えに気づいてなかったりと、どうやって○○がクロだと証明する気だったんだろうという疑問は原作でも感じますが…

自白に関してはゲームでも同じだったと思いますが、ボロの出し方がアニメの演出(わざわざ画面にでる文字)のせいもあってわかりやすすぎると思いました。一応原作だと、今回のクロが「犯行後と犯行前で被害者に対しての呼び方が変わっている」(男にたいしてはあの野郎orアイツ、女にはあの女)という、ほぼ気づけないレベルのヒントから霧切さんが決め撃ちでボロださせようと狙い撃つって感じなんですが、アニメだと完全にカットでしたね…
  • posted by hack 
  • URL 
  • 2013.08/07 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

補足すると原作での決めては

桑田の生徒手帳を犯人が持っていたってとこですね
サウナで電子生徒手帳が壊れてそれを交換したのを利用したトリックなんで

まあ尺の問題でしょうラジオでゲームの裁判のテキスト量を10分の1にしないと無理って言ってましたし
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.08/08 01:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>物語シリーズ セカンドシーズン 第5話
>なんか茎(なかご)剥き出しの太刀も持ってたけど……
心渡という銘の、忍からたまに借りてるなんか凄い刀です
怪異だけを斬る妖刀であり、忍ことキスショット以下略の持つ怪異殺しという二つ名の由来だとか何とか
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.08/08 07:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ダンガンロンパは犯人の動機も改変されてましたからね…
被害者が自身の弱さに向き合って強くなろうとしていた事に、嫉妬を覚えたくだりは確かにあったのですが
一番の原因は「君は強いから秘密なんかバレても平気だよね!」と無神経に地雷踏まれた事で
他でもない兄との男の約束と自身とグループの面子を潰しかねない状況と元来のキレやすい性格が祟った結果なんです

些細な原因に突発的な犯行という点ではそう違いはないですけどね…
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.08/08 18:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

>hackさん 

こんばんは。

全体的に、悪い意味で原作がゲームのアニメ化された話、という感じですね、お話をうかがうと。
コメントされたことはコメントをいただいて初めて気づいた部分が多く、全然アニメ観ている分では分かりませんしwww

ゲームに比べてアニメでは情報量が不足するのはもう致し方ないことではありますが、逆に言うとそこをどうこう出来るかどうかが監督以下スタッフの腕の見せ所だとも思うので、もう少し頑張って欲しい感じですね。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.08/08 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

そこは決め手であったのなら、個人的にはカットして欲しくなかったですね。生徒手帳の入れ替えは今回において大きなポイントで、事前に霧切さんのカットがあったわけだし。

>ラジオでゲームの裁判のテキスト量を10分の1にしないと無理って言ってましたし
そして、こういうことをやっているから、人気原作を食いつぶすだけで何の価値もない駄作アニメが次々と出来て行くわけですね……。

誰が悪いってことはないけど、強いていえば満足の放映枠を確保出来るだけの資金源がなく、1クールの使い捨てアニメばかりが多発した業界と、それを受け入れてしまった私たち視聴者のせいなんでしょうけど。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.08/08 19:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

原作読んでいなくてアニメだけなので完全にその辺はうろ覚えです(アニメでやったのか、そうでないのかすら覚えてない)。

っていうか、刀もそうだけど阿良々木クン、ボロボロじゃないですかーwww
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.08/08 20:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

>匿名希望さん 

こんばんは。

そこは描き方次第、というところでもありますね。「些細な原因に突発的な犯行という点ではそう違いはない」とおっしゃられているように、確かにそこまで大きな違いはないと思います。

しかし、正直なところその大きく見えない違いが心証の決定的な違いなのかもしれないなーとも思いますけどね。

原作通りの展開だったら、ある意味で自業自得というと言い過ぎかもしれないけど、要らぬ発言で逆鱗に触れてしまっていてある種の加害者的要素があるのだけど、アニメの展開だともう完全に被害者ですからね(苦笑

まぁ、そこを含めて今回いろいろな方からコメントも頂きましたが、この作品のアニメ化という作業はまだまだ“練れる”部分があったのにアニメ化してしまったんだなーと思いますね。原作ファンの方には同情します。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.08/08 20:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ローゼンメイデン 第5話 「天使の黒い羽根」

ローゼンメイデン 1 [2013年7月番組]初回特典:PEACH-PIT描き下ろし全巻収納BOX,グラフィグ「雪華綺晶」 [Blu-ray](2013/08/30)逢坂良太、沢城みゆき 他商品詳細を見る 上品そうな名前だからと...

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第5話 「明日のためにレッツフォトなので」

【Amazon.co.jp限定】 たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第2巻 (「たまゆら」公式アートブック Part2(A4サイズ、16ページ予定) 付き)(「ファン感謝祭イベント(仮)」応募券付き) [Blu-ray](2013/11/27)竹達彩奈

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……