FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

翠星のガルガンティア 第13話[終]

翠星のガルガンティア 第13話[終]
『翠の星の伝説』


≪あらすじ≫
かつての上官の命令より、ガルガンティアの仲間を守ることを選んだレド。ストライカーとの戦いの中で、すでにクーゲルは亡くなっており、ストライカーが無人で活動していることを知る。

ストライカーを破壊すべき最優先対象として認識したチェインバーに同意するレドは、クーゲルの操縦技術を解析・分析して自分のものにしているストライカーを倒すべく、生命活動と引き換えに自らの肉体とマシンキャリバーを同化させることでリミッターを解除する危険な賭けに出る。


一方、宝の島とその周囲による戦いも佳境を迎えていた。レーザー砲もエネルギーチャージに時間がかかるようになり、敵はもう目の前にまで迫っている。

限界を悟ったピニオンは自分一人残り、レーザー砲に用いていたエネルギーを蓄積して自爆させる決断をするのだが――



≪感想≫

まぁ、1クールだとこんなもんだよね


と言うのが本音。おまけに元人類のヒディアーズ、人類が自ら統治し統治されるべき方法論を終盤2~3話だけでやろうとしたって出来るわけがない。それこそヒディアーズと人類との付き合い方も、統治論もそれだけで1クールどころか2クールかけたって良いくらいの深いテーマなんだから、それを抱き合わせでどうこうなんて無理だってわけだ。

その辺は、総括の方に回すとして13話を観て行こう。



まずは、チェインバーvsストライカー。戦闘のカット割りやモーションはとても良かった。ミサイル発射のシーンの遠近法とカットの切り替えの使い方、ワイヤーを絡ませてからの互いに距離を保った状態での空中戦はどちらも単純な迫力・創作物としての演出の両面で素晴らしかったと思っているし、共に無人機になってからのビーム乱射も良かった。


でもぶっちゃけあの零距離射撃が切り札ならレド乗ったままでもあんまり問題なくね?(笑 というか、レドがいても出来そうな感じだったし、あの程度の零距離射撃による爆風ならチェインバー耐えそうなんだけどwww もう少しレドやクーゲルがいないことを演出としてマシンキャリバーの戦闘シーンには入れた方が良かった。


チェインバー絡みで無念なのはチェインバーが自爆まがいの特攻で朽ちた点かな。好意的に解釈をするのであれば、チェインバーを破壊することはスタッフからすると「レドの独り立ち」という意味があったのだと思う。パイロット支援啓発インターフェイス、つまりそれって“育ての親”ってことだからね。


その一方で、視聴者としてはチェインバーを“殺す”意味を見いだせなかった(壊すではなく、殺す、ね)。別にレドの独り立ちはチェインバーが残ったままでもあのエンディングを観る限りは描くことが可能で、これでは「人は独り立ちをするときに親を切り捨てるものだ」と言う風にも見える(まぁ、レドがお約束のように通信機をお守り代わりにしているのが救いと言えば救いだが)。


何より、結局最後は無人機同士の戦いで決着がついた点に納得がいかない。これでは結局のところ、発達した機械にとって人間は存在するだけ無駄な生体パーツに過ぎないことになってしまう。人間は機械よりも劣っていることになってしまう。それはつまりクーゲルが提示し、ストライカーが実行し続けた機械の方が優秀なわけだから、それなら機械が統治した方が良くね?ということになる。



正直、クーゲルが死んでいたのは上手いと思っていた。なぜならこれによってレド達は有人機、ストライカーは無人機となる。これでレドが人間だから思いつけた作戦や戦法で勝てれば、「機械は機械。人を助けるためのものであっても、人を支配するものではない」という暗示を込めた結果になったはず。


にも拘らず、実際はチェインバーの特攻と零距離射撃による自爆で終わったわけだ。レドたちがせっかく「思考を放棄した人間は人間じゃない。そんなことを言うお前(ストライカー)には負けない(意訳)」と意気込んだのに、最後に勝負を決したのは人間じゃなくて機械だったことはあのエンディングやレドの想いを否定しているのではないだろうか。


あと、結局レド、自滅覚悟のシステム起動以外何も選択してなくね?(笑 最終話、全部チェインバーが決めてたように見えたけど……。だからこそ、ストライカーとの戦いではヒトとしての“智慧”を見せてストライカーとの差別化を魅せるべきだったように思うが。




次はガルガンティア、か。船団名のネーミングの由縁が分かり、あの黒い塔の散水機能も伏線として繋がっていたわけだから、この辺りの構成は上手いと思った。

エンディングのシーンで、クーゲル船団の難民たちを受け入れ、幹部クラスには相応の待遇(リジットたちと何やら話し合っていた)こともあって、そこのフォローが本当に救い。これがなかったら「え? 海賊の時に人を殺すことをとやかく言っていたのに、お前らその比じゃない虐殺してるんですけど」ってことになりかねない(いや、実際あんな殺戮兵器何発も直接ぶち込んでるのだから、批難する人は批難するだろうけど)。



エイミーが空飛んでる時は「うわー、戦いのさなかに割って入る邪魔ヒロインだ」と思ったけど、その後は戦闘の邪魔はしてなかったので一安心。クーゲルが生きていたら、ガルガンティアの砲身破壊よりも砲撃のレーダー役になっているエイミーの抹殺を優先したかもしれないけどw



ピニオンはありきたりな「わざと嫌われて、あとは自己犠牲」という典型的な自爆パターンだけど生き残ったか。エンディング含めてラケージとの関係を“魅せる”のであれば、もう少し伏線が欲しかったところではある(実はピニオンとラケージは昔仲間or恋人だったけど別れた、とか)。ベローズとの関係性も曖昧で、エンディングのあのシーンの突発感は否めない。



前述のように総括はまた別の記事でやるが、結局最後は尺不足。結局、ヒディアーズ問題は希望的可能性にかけての先送りだからね(クジライカが生存領域を拡大した場合にどうするのかというレドの最初の提言の答えは、「もしかしたらコミュニケーションが取れるかも」という程度だし)。序盤から中盤にかけて面白かっただけに、終盤はありきたりな展開に終始したのは勿体なかった。


≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-1005.html
・http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2013/06/post-3ecb.html
・http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/7cdde34016051f9ae9081d6a434
21cdf
(http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201307010000/)
・http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/9ae59bc90bd16a4dd078e25a
5019d515
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52341007.html
・http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67906160.html
・http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/32233462.html
・http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3399.html
(http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307010000/)
・http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-687.html
・http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8749.html
・http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html
・http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3347.html
・http://houjichadelicious.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
・http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3457.html
・http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-1256.html
・http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3752.html
・http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1957.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5183.html
・http://kurosuke0413.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
・http://kyotofan.net/books_anime/gargantia/verdurous-planet_13/
・http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-2217.html
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1060.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1299.html
・http://neobonno.biz/animekansou/5218/
・http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201307020000/
・http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-835.html
・http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/
06/gargantia-13.html
・http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2858.html
・http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-871.html
・http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1356.html
・http://teppan1900.blog.fc2.com/blog-entry-632.html
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3523.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-2135.html
・http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2282.html
・http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-8022.html
・http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-2044.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

最終話 

ロボアニメ的に熱くなれた最終バトルだったと思います。

自分は、倒すべき黒幕はAIのストライカーではなく、その背後に居たクーゲル(の亡霊のようなもの)だった、という風に感じたので、
ストライカーとチェインバーの戦いは、機械VSヒトとしてではなく、クーゲルの遺志を継いだ存在VSレドと共に学習し影響を受けた存在の戦いとして観ていました。

なので、正直クーゲル生きてても死んでても結果は概ね同じじゃね?なんて思ってしまったんですが。

しかし殺人や自決以外の形での決着と、レドを兵士から引退させる儀式は、あのエンディングに繋げる為に必要だったのかも、とも思っています。


残念に感じたのはレドにはもっと主人公らしい活躍をして欲しかった事、
統治の問題をメインにするならクーゲル船団と対照的な統治を行なうリジットにも一つくらい見せ場は欲しかった事ですね。
ピニオンにあんなに良い格好させたんだし。

しかし概ね楽しめた1クールだったと思います。
  • posted by 白米 
  • URL 
  • 2013.07/01 11:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

>白米さん 

こんにちは。

>正直クーゲル生きてても死んでても結果は概ね同じじゃね?
いろいろな考え方があると思うので、白米さんの考え方はアリだと思いますし、安易に曲げて欲しいとも思いませんが、私の意見を書かせてもらうと私は同じだとは思ってないんですよね。結局、機械同士の戦いで終わったことは、人が人であることの必要性がないように見えますから。

ガルガンティアについてもそうですが、最後にモノを言ったのはヒトとしての意思でも誇りでも文明を作った智恵でもなく、ただの戦闘力(武力)で終わったわけです。勝った方、強い方の意見や価値観が正しい終わり方はクーゲルやストライカーの支配方法と何も変わらないように見えます。
クーゲルとの決別を同盟との決別として描くなら、別にクーゲルは死んでいる必要はなかったとも思いますし、死んでいたならどうして、と思います。


>殺人や自決以外の形での決着と、レドを兵士から引退させる儀式は、あのエンディングに繋げる為に必要だったのかも
でも、決着をつけたのも引退をさせたのも結局は全部機械が決めてやってしまったことですからね。レドが自分で選んで兵士を引退したわけでも決着がついたわけでもない事を考えると、別段エンディングに繋げるために必要だったとは思えません。


>残念に感じたのは~
これに関しては同じ意見です。先にも挙げましたが、「思考を放棄することをヒトではない」とストライカーにチェインバーと共に告げた以上、レドはもっと「自分で考え、自分で決める」主人公であってほしかったですね。ガルガンティアとの離別まではそれが出来ていた印象もありますが、最後の最後でヘタれてしまった感じでしたし。

あとはリジット含め、離別後のガルガンティアに見せ場らしい見せ場がなかったのは勿体なかったですね。


>概ね楽しめた1クールだったと思います
作品の評価を別にするなら、私も楽しめた13話でした。批判めいた最終話の感想になっていますが、作品に対する批判と視聴者として面白かったかどうかはまた違った感覚もあるので、13話トータルでは私も面白かったと断言出来ます。ネット上の感想のように「最高の最終回」だとは思ってませんがw
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.07/01 11:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

間延びしかけてたし1クールでよかったなーと思った
ロボのサポートAIはフルメタを思い出すなーすごいよかった
  • posted by チーハン 
  • URL 
  • 2013.07/02 00:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

>チーハンさん 

こんにちは。

>間延びしかけてたし1クールでよかったなーと思った
そういう見解もあるんですね。自分の意見が大勢の方と同じ意見だとは思っていませんが、それでもいろいろな方の感想を見て回るとほとんど観ない見解なので驚きました。

ロボットのAIに関しては人によって思い出す部分がいろいろと違うようですね。私は『Z.O.E』シリーズのADAだったり、ドロレスだったりしました。
  • posted by 月詠 
  • URL 
  • 2013.07/02 07:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」です。 さて、『翠星のガルガンティ

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

翠星のガルガンティアの第13話を見ました。 第13話 翠の星の伝説 はストライカーを鉄柱に押し付けることができたレドはチェインバーを降りてストライカーのコックピットを開

翠星のガルガンティア #13(終)「翠の星の伝説」

くたばれ!ブリキ野郎!!。・゚・(ノД`)・゚・。 最後まで『機械』だったよ!最後までチェインバーは『ロボット』だったよ! それでもなんか感情があるように思える。 でも人間を

殉じるべき信念の下【アニメ 翠星のガルガンティア#13(終)】

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/07/26)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る アニメ 翠星のガルガンティア 第13話(最終回) 翠の星の伝説 過去の妄執は捨て未来にのみ生きよ

翠星のガルガンティア 13話「翠の星の伝説」

真の主人公はチェインバーだった件。。。 クーゲル中佐の生前の方針を実行し続けていたストライカー。 しかし、有機的な思考を持たないプログラムであるストライカーは、やがて自己

翠星のガルガンティア~第13話「翠の星の...

 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。第13話、最終回-場面1-チェインバーvsストライカーチェインバー「X3...

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

くたばれ ブリキ野郎――!  クーゲルはすで死んでいたが、その最後の意思をついで動いていたストライカー。 自らを人を導く神とまで言う狂った機械に、レドとチェインバーは最後

翠星のガルガンティア 第13話(最終回)「翠の星の伝説」あらすじ感想

ガルガンティアの危機に立ち向かうレド達。レド・チェインバーはストライカーをやっつけることはできるのでしょうか。今回はレドとチェインバーのやり取りに注目です。チェインバー...

翠星のガルガンティア 第13話 最終回 感想

 翠星のガルガンティア  第13話 最終回 『翠の星の伝説』 感想  次のページへ

「翠星のガルガンティア」第13話(終)

ストライカーを、撃破… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307010000/ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1バンダイビジュアル 2013-08-27売り上げランキング : 1...

翠星のガルガンティア 第13話(最終回) 「翠の星の伝説」 感想

レドとエイミーが主人公でありヒロインだったけど、チェインバーが もう一人の主人公でありヒロインでしたね。 チェインバー、格好良すぎですよ!  翠星のガルガンティア 公式

翠星のガルガンティア 第13話(最終回) あらすじ感想「翠の星の伝説」

未来へ--------!! 今期1クールという規制の中、一番構成がうまく、毎回気になる所で終わって、続きが気になっていた作品。 特に後半のもっていき方は秀逸だったなぁ。 素晴らし...

翠星のガルガンティア 第13話(最終回)...

未来へ--------!!今期1クールという規制の中、一番構成がうまく、毎回気になる所で終わって、続きが気になっていた作品。特に後半のもっていき方は秀逸だったなぁ。素晴らしい作品...

『翠星のガルガンティア』#13「翠の星の伝説」(最終回)

「この空と海のすべてが、あなたに可能性をもたらすだろう。 生存せよ、探求せよ、その命に最大の成果を期待する」 未来へ─── いい最終回だった!! ということで『翠星のガ

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」 感想

「翠星のガルガンティア」第13話の感想です。 くたばれ、ブリキ野郎 アニメ公式ホームページはこちら↑

アニメ「翠星のガルガンティア」 第13(最終)話 翠の星の伝説

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る 生存せよ、探求せよ。 「翠星のガルガンティア」第13話のあらすじと感想です。 その命に最大の成果を

翠星のガルガンティア 最終回13話「翠の星の伝説」

ストライカーとの決着・・・ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

「この空と海の全てが 貴方に可能性を齎すだろう  生存せよ、探究せよ、その命に最大の成果を期待する」 ついに最終回――! チェインバーvsストライカー! ストライカーに

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

ただ一言、素晴らしい最終回でした!!! チェインバーの男気、人間らしさ、格好良過ぎます。 レドも本当の意味で自立しましたし、エイミーちゃんは可愛いし、 リジットやベロー

翠星のガルガンティア13話感想。

んー……(汗) やっぱよう、2クール以上必要な作品だったべこれ。 以下、ネタバレします。ご注意を。

くたばれ、ブリキ野郎/翠星のガルガンティア13話他2013/7/1感想

<記事内アンカー> 翠星のガルガンティア 13(最終回)「翠の星の伝説」 這いよれ!ニャル子さんW 第12話(最終回)「さようならニャル子さんW」  春アニメ終了。次回の更新は木...

翠星のガルガンティア 第13話 翠の星の伝説

クーゲルの任務を継承し、代行していると語るストライカー。 クーゲルの策定要綱を順守した上での行動であると言い、クーゲル船団の社会形態は、ストライカーを偶像とする事で ...

翠星のガルガンティア #13 最終回

『翠の星の伝説』

翠星のガルガンティア  #13(最終話)「...

私達はどこから来て、どこへ向かうのだろう。学ぼう、翠の星の考古学を。「翠の星の伝説」クーゲルはすでに亡くなっていたが、彼の思考を引き継いだのがストライカーだった。人間た...

彗星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」(完)

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/08/28)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る 最終回 死した主・クーゲルの目的を 独自に解明・実行し、民衆を統括していく内に 自らが神となっ...

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

あらすじ・・・パイロットを失った状態でクーゲルの意思を継いで任務を続けるストライカー。この星の人類で言うところの神になると言うストライカーに対して異議を唱えるレドとチ ...

翠星のガルガンティア 第13話(終)「翠の星の伝説」 &総評

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3(2013/10/25)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る チェインバーさんまじかっけーんすわ。 こんなイケメンロボめったにいないでしょうよw レドを機

翠星のガルガンティア:13話感想&総括

翠星のガルガンティアの感想です。 レドが帰る場所。

翠星のガルガンティア 第13話(最終回) 感想 & 全体の印象

それなりに面白かったけど,「落としどころ」に無理やり持ってきた感も… 視聴中が一番面白くて時間がたつほど下がってきた,という感じです。 記事の後半は厳しい事を書いて

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

最終話、チェインバーの漢っぷりに全米が泣いた・・・かどうかは知りませんが(をい)、自身を神と宣うほどの暴走をクーゲルの遺志と強弁するストライカーに対して真っ向から正論で...

翠星のガルガンティア #13

「翠星のガルガンティア」もいよいよ最終回です。クーゲル中佐と戦っていると思っていたレドでしたが、中佐はコクピットで死亡しており、勝手にその意志を引き継いだ支援コ

翠星のガルガンティア 第13話(終) 『翠の星の伝説』 主人公はチェインバーだったのか。

機械と機械によるイデオロギーの激突。空っぽのコクピットを晒しながらストライカーは悪びれる様子もなく告げる。私は人類支援啓蒙レギュレーションシステム=即ち神である、と。こ...

翠星のガルガンティア第12話、13話感想&総括

なぜこのアニメを2クールでやらなかった!! ということで遅れに遅れましたが、翠星のガルガンティア12、13話感想と総括です。 レドと彼を取り巻く人々の物語もついにクライ...

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……