FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

はたらく魔王さま! 第5話

はたらく魔王さま! 第5話
『魔王と勇者、笹塚を救う』


≪あらすじ≫
再び起きた大きな地震。崩落現場に漆黒の翼を広げて出現したのは、かつて腹心・アルシエル(地球偽名・芦屋四郎)と同じ魔王サタン(地球偽名・真奥貞夫)の部下だった魔王大元帥ルシフェル

しかもルシフェルと結託していたのは、あろうことか勇者エミリア(地球偽名・遊佐恵美)の仲間だったはずのオルバという神官だった。

オルバが魔王討伐後の世界を牛耳るために邪魔になるエミリアを異世界(地球・日本)へ追放した、とその目論見をあっさりと看破する魔王サタンと、その事実に動揺するエミリア。


だが、それで状況が好転するわけではない。


人間の負の感情から魔力を得られることを知っていたルシフェルはそれを利用して雨のような魔力撃を降り注ぐ。彼の手には、バイト先の後輩・佐々木千穂(ささき・ちほ)それによってアルシエルは胸を貫かれ、魔王もまた倒れた。

なんとか魔王の力で笹塚駅前に逃げてきたが、すぐにルシフェルに追いつかれてしまう。トドメと言わんばかりにルシフェルは、自分たちの攻撃を目撃した地球人もろとも魔王たちを葬るため辺り一帯に及ぶ広範囲攻撃を仕掛けるのだが――



≪感想≫
シリアスとコメディによる奇跡のハーモニー(笑


面白い。基本的にはシリアス路線+バトルというクライマックスらしい展開なのだが、随所にコミカルな言動が混じっており、観ていて重すぎないのが素晴らしい。
どうしてもバトル展開になると、その場の流れと言うか演出の都合で既出の設定が蔑ろにされることも少なくないが、魔王が「バイトに遅刻したらどうしてくれるんだ」とか随所に「魔王は日本でバイト暮らしをして魔力回復の方法を模索している」という設定がちゃんと見えてくるのは本当に丁寧に作られていると感じることが出来る。

「B級映画」というフレーズも出てきた時は、どうして魔王が映画を知ってるんだよ、と思ったらその後それをフォローしつつコミカルに繋げられるのだから凄い。

原作からこういう描写の方法なのだろうが、さらにアニメ化に際してもそうした部分を削らずに残っているところからも原作・アニメスタッフの両面でとても安心出来る。


そういえば、OPはこれで正式なものになったってことで良いのかな。一部では「未完成」と言う言われ方をされてきたが、私はたぶん最初から完成してたのではないかと思っている。では、なぜここまでMAD風のOPでお茶を濁していたのかと言えば、本来のOPにはネタバレ要素が多過ぎたからではないだろうか。

エミリアの仲間たちもそうだが、何よりエミリアの幼少期というのはネタバレだったと思っている。原作未読から言わせてもらうとエミリアの回想が入るとは思わなかったし、その回想は予想以上に彼女の行動原理を支えている大きなモノだった。でも、あのOPが最初から流れていたらエミリアの幼少期の姿から「あぁ、いつか回想シーンが入るんだろうな」と解かってしまうので、エミリアの過去回想に対するインパクトやその印象は半減していただろう。




さて、個別にお話を見て行くとまずは魔王の頭の回転の速さが好印象。オルバの目論見やルシフェルの魔力回復法を看破してきたのは、前々回の地震の原因を予測した時もあって流石と言うところ。この辺は私としては彼が魔力を使っての攻撃や再生をしたシーンよりも、彼が「魔王」と呼ばれるだけの能力を持つのだ、ということを感じることが出来た。要はただ腕っ節が強いだけのバカじゃないということ。それでこそ、魔の存在を統べる魔“王”と呼ばれるに相応しいと思える。

もちろん腕っ節だって凄い。ルシフェルの灸を据えたシーンの魔方陣の多重練成は「おいおい、幾つ重ねるんだよw」と思うくらいの桁違いさ。こうして見るとルシフェルは天界復帰を取りつけていたとしても、良く反抗しようと思ったものだw

そんな彼は「魔王」の異名とは裏腹に正々堂々としている。威風堂々、と言った方がいいのか。「自分の目的のためにエンテ・イスラに帰ってエンテ・イスラを支配するのだから、地球の人たちに迷惑をかけるつもりはない(意訳)」というのは、彼の魔王としてのプライドが見え隠れするようにも感じた。その後の「下の者の責任は上の者が取るのは、エンテ・イスラもマクドも変わらない」と言ったところからもね。

地球の人を助け、壊れたモノを復元し、記憶まで操作した魔王。一見すれば「むしろ勇者じゃね?」というくらいだが、彼の魔王らしい一面もちゃんとあった。
それは笹塚駅前にテレポートしたこと。
その意図や解釈というのはいろいろと出来そうだが、私は彼がアルシエルを助けるために最善の方法を取った、と考えている。それはアルシエルを背負って逃げていた魔王が自分で口にしたことだ。

そしてその方法は魔力の補給による肉体の一時的な活性化。復活したアルシエルが「魔王様が復活できるだけの魔力を与えて下さった」ということからそれは間違いない。そしてエミリアが推察したように、魔王は最初からルシフェルがトドメは周囲を巻き込むような手段を使うことを予想した上で、人の多い笹塚駅前を選び、自身の魔力補給およびそれによるアルシエルの復活を達しようとしたわけだ。

最初から魔力による復元や再生が前提だったかどうかは微妙なところだが、「まずはなにがなんでも部下を救う」という選択肢は一見すると良い行動に見えるものの、見方を変えれば一般人を糧にしてでも救うということ。そう見れば何とも魔王らしいと言えば魔王らしいのかもしれない。



それにしても、ルシフェルは魔王とは裏腹に腕っ節が強いだけで頭の方は残念に見える。というのも、劇中でも指摘されたように人の負の感情によって魔力を回復可能なら、それは魔王も同じことが出来るということだからね。魔王がそういう行動をとらなくても結果的に一定の範囲が負の感情で満たされれば自分と同時に魔王も魔力を回復してしまうのは、もう先の地震で経験していたはずなのに(笑

オルバはそういう意味では(入手した経路は不明だが)拳銃を使う、といった堅実な方法を取っていたと思う。もしルシフェルが拳銃や現代社会の銃火器を使っていたら、たぶん魔王の魔力回復はもっと程度が低かったんじゃないかな? 現代日本人からすれば「銃」というのもあまり身近なモノではないが、それでも空を飛んで光る謎の攻撃をしてくる相手と、拳銃を使って攻撃してくる相手だったら後者は前者よりも負の感情の程度は低そうだし。



しかしエミリアは本当に報われない。最後に彼女を想ってくれた仲間が出てきたことと、地球でも友人と呼べる同僚がいたことがせめてもの救いか。

魔王討伐後の勇者パーティの処遇、というのは実は割と昔から一部作品では取り上げられていた内容である。私が知っている中だと有名なのは『ダイの大冒険』とかかな。他にもいろいろあるとは思うけど。

人間っていうのは都合が良い生き物で、自分たちが窮地に陥るとその原因と戦うことが出来る英雄を求めるくせに、その窮地を乗り越えて平和が訪れると力を持ち過ぎる英雄を危険視する。そうしたあり方を「人間は魔の存在に脅かされ、魔の存在は英雄に討たれ、英雄は人間に抹殺される」と三すくみで表現する人もいるほど。

なんかそんな一端をこの作品で観たことは嬉しくもあり、やっぱりどこか切ない感じもする。それはやっぱりエミリアが、いろいろなものを犠牲にして勇者の道を進んで来たという過去を視聴者として知っているからなんだろうなぁ……。最後の方は人の味方である「勇者」として地球人を救うと言う名分を得られたおかげか、これまでよりは若干ふっ切れた感じもあったけど。

まだまだエミリアの中では「魔王」の存在を割りきったり、振りきったりは出来ていないようだが、今後そういうことが出来てもう少し肩の力が抜けて彼女なりの新しい生きがいや生き方が見つけられれば良いね。



余談
・魔王が背中から肩を撃たれたけど、あの位置だとアルシエルもwww
・勇者の変身シーンが髪の色と剣と手甲・脚甲だけって(´・ω・`)ショボーン
・でもそれはそれで(ぇ
・バイト皆勤賞が大事な魔王w 庶民的www
・今日の「お前が言うなスレ」はここでしたwww
・魔力が負の感情で復活するなら聖法気は……信仰心?(ぇ
・最後のちーちゃんの赤面顔も可愛かった




次回『魔王、学校の階段を昇る』




≪TB先 参照リンク(URLアルファベット順)≫
赤字はTBが現在弾かれてしまっているBlog様です。
現在、nifty系、so-net系はほぼ全滅。livedoorは調子がいいと送れます。

・http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2868.html
・http://akikakeru.blog117.fc2.com/blog-entry-1694.html
・http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-3456.html
・http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51873739.html
・http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52332813.html
・http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51721078.html
・http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2256.html
・http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/3230/0
・http://haruhiism.blogism.jp/archives/52336534.html
・http://kazekura.seesaa.net/article/358568992.html
・http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-2271.html
・http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5089.html
・http://kyotofan.net/books_anime/maousama/freeter_05/
・http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-970.html
・http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-965.html
・http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-997.html
・http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1103.html
・http://neobonno.biz/animekansou/3194/
・http://noppblog.blog49.fc2.com/blog-entry-2508.html
・http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-1648.html
・http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-772.html
・http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-750.html
・http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2674.html
・http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4220.html
・http://subcul.jugem.jp/?eid=2838
・http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3481.html
・http://uitosou.blog136.fc2.com/blog-entry-480.html
・http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-2084.html

もしよろしければ、拍手ボタンをポチッと押して下さいm(_ _)m 管理人のモチベーションが上がります(ぉ 
Web拍手に頂いたコメントは後日『Web拍手レス』にてお返事させていただきます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はたらく魔王さま! 第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」

ちーちゃんの怒り顔! 本格的なバトル展開にもなった今回だけどあまり引きずりすぎず手短にまとめたし持ち前のギャグは随所で発揮していたし最後はいい感じのラブコメオチになって

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

今日からOPに映像がつきましたね!これが正規になるのかな? アルシエルさんの主夫っぷりの場面笑ってしまったww 異変を察知し急いでエミリアの下へ向かうエメラダとアルバート

所変われど心は【アニメ はたらく魔王さま! #5】

はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray](2013/07/03)逢坂良太、日笠陽子 他商品詳細を見る アニメ はたらく魔王さま! 第5話 魔王と勇者

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」 今回から正式OPになったんですね。ちーちゃんが主役みたいなOPだなw 弓道してるちーちゃんいいですね~ ルシフェルはエミリアの仲間だった大...

はたらく魔王さま! 5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

ほら~wwwCV下野紘wwwww 絶対こうなるよなwww ファッ~~~!!しかしなんという素晴らしい最終回wwwのような盛り上がり! もう、その辺の駄作よりもいい最終回でした

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

真奥たちを狙っていたのはサタンのかつての部下ルシフェルだった。 力の戻ってない真奥たちは逃げ出すしかない。 人間の絶望と恐怖を吸収し力にするルシフェルは、失恋したと誤解

はたらく魔王さま! 第05話 感想

 はたらく魔王さま!  第05話 『魔王と勇者、笹塚を救う』 感想  次のページへ

[アニメ]はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

迫力あるシーンが満載で、なおかつ人の心理に踏み込んで探っていく過程を描ききったことに素直に賛辞の言葉を送ると共に、来週から第2期が始まりそうな予感のラストでしたw。

魔王と勇者、笹塚を救う

さすがB級☆ “映画”のフレーズに敏感に反応するアルシエル'`,、('∀`) '`,、 私だって観に行きたいだとか、 自分の小遣いで観てるだとか。 無駄な会話が多すぎるwww  観る...

はたらく魔王さま! #5「魔王と勇者、笹塚を救う」感想

シリアス濃厚なストーリーこういうのが見たいんじゃない! まぁ見ますけど・・・異世界から悪魔大元帥と勇者サイドの裏切り者が現れてさぁ大変これだけ多くの人に見られたら結界と...

はたらく魔王さま! #5

【魔王と勇者、笹塚を救う】 はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray]出演:逢坂良太ポニーキャニオン(2013-07-03)販売元:Amazon.co.jp ...

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

はたらく魔王さま!の第5話を見ました。 第5話 魔王と勇者、笹塚を救う 「これはこれは魔王サタン様、いや今は真奥貞夫と呼ぶべきなのかな?勇者エミリアも久しぶり」 貞夫

はたらく魔王さま! 第5話

魔王サタンで今は真奥貞夫(CV:逢坂良太)の前に、悪魔大元帥の一人でかつての部下だったルシフェル(CV:下野紘)が姿を現します。 彼の力は、人間の負の感情をエネルギーにしてい...

はたらく魔王さま! 5話「魔王と勇者、笹塚を救う」感想

はたらく魔王さま! 5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

勇者の仲間たち、日本へ向かう! 一人酔ったww まさかのリバース^^; もっとかっこいいキャラだと思ってたのに(ぇー 水戸黄門でよくあった、藩主の知らぬ間に悪代官と悪徳商人

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

緊急事態・・・ってお前のほうがかよ! この状況でなんとも緊張感がないな。 しっかりゲロ袋持参だし。 間違いなく乗り物酔いしやすいタイプと見た。 はたらく魔王さま! (1) ...

はたらく魔王さま! 5話「魔王と勇者、笹塚を救う」の感想

生まれた世界に迷惑かけてる魔王のセリフなんだろうか。 人々の絶望や恐怖が魔力になるということで、背景で起こってた強盗で力を取り戻し、 魔王打倒後の世界に勇者が邪魔になっ...

はたらく魔王さま! #5

真奥たちの前に姿を現したルシフェル。その背後には、なんと教会の人間が絡んでいたのでした。真奥たちの前に現れたルシフェルは、なぜか魔力を取り戻していました。その背

はたらく魔王さま! 第5話

「魔王と勇者、笹塚を救う」 B級映画だってもっとマシな脚本書くぞ、このハゲ!! ハゲ!? B級!? B級??

はたらく魔王さま! 第5話『魔王と勇者、笹塚を救う』

 緊急事態www  ○○袋常備とは恐れ入る(笑)  完成版OPの芦屋さん、ステキっしたわ☆

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

はたらく魔王さま! (1) [Blu-ray]『みなさん、何なんですか?』 原作:和ヶ原聡司 監督:細田直人 シリーズ構成:横谷昌宏 アニメーション制作:WHITE FOX 真奥貞夫(サタン):逢坂良太...

はたらく魔王さま! 第5話 【魔王と勇者、笹塚を救う】 感想

オープニングやっとキタ━(゚∀゚)━! 走ったりアクションしたりやたらと動くよ!(それはそう) それにしても、こうやって5話までまってようやく見たOPは味があるように感じました

アニメ感想 13/05/02(木) はたらく魔王さま! #5

はたらく魔王さま! 第5話『魔王と勇者、笹塚を救う』今回は・・・始まって早々にゲロ吐くなよ(笑)かなりアホな始まり方でしたが・・・中身はシリアスです。てか、アルシエルも ...

はたらく魔王さま! 第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」

今回から完成版OPに画像変更。 前回からまでのものに慣れ切っていたので少々ライトな感じかなと思いますが、歌詞と作品のイメージにマッチしていますね。 てか、マッチしすぎて

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

おぉ〜、ようやくOP絵の完全なものが見られましたね。いつまで未完成のままなのか心配してたんですが(苦笑)。 「筋書きがありきたりなんだよ。 今時‘冥土の土産’って、B級映画だ

はたらく魔王さま! 第5話 魔王と勇者、笹塚を救う

エミリアの聖剣は確かにルシフェルの胸を貫いたようで、生きているはずのない相手。 しかし、そこには理由があり、ルシフェルと組む勇者側の裏切り者がいるよう。 サタンに出て来 ...

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

「はたらく魔王さま!」第5話を視聴しました。 今回で原作1巻が終わり……と思っていたんですけど、あれ、おかしいな。 エピローグが全然語られていない。 よくよく考えてみれば、

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……