fc2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

アニメ雑記「『革命機ヴァルヴレイヴ』のOP決定など」

ネタに困ったのでいろいろと探してみました(笑

・T.M.R西川×水樹奈々 レーベルの枠を超え、アニメOPで革命的タッグ

・アニメ放送後も続く原作マンガの“その後”が気になる!


今回のネタはこんなところです。

◆T.M.R西川×水樹奈々 レーベルの枠を超え、アニメOPで革命的タッグ
Billboard Japan

4月よりMBS・TBS・CBC・BS-TBSで放送されるアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』のオープニングテーマを、T.M.Revolutionと水樹奈々がタッグを組んで担当することが明らかになった。

西川貴教、水樹奈々の写真など

 所属レーベルの異なる両者のコラボレーションという意味でも注目の組み合わせとなるが、西川貴教は「(アニメのタイトルに)“革命機”と付いている以上「何か革命的なことをするのがこの作品に相応しい」と、こういった形でのコラボレーションとなりました」とコメント。続けて、「水樹さんとこのような機会をいただけたことを大変光栄に思っておりますし、作品に映える楽曲に仕上がりました」と、楽曲についても手応えを感じているようだ。

 パートナーとなる水樹奈々も、「かなりハイパーでかっこいい曲に仕上がっておりますので、早く皆さんにお届けしたい気持ちでいっぱいです」と語っており、アニメともども楽しみなところ。

 また、既報の1stエンディングテーマを担当するangelaに続き、第7話からの2ndエンディングテーマをELISA(エリサ)が務めることも明らかになっている。

(以下略)


サンライズの新作ロボットアニメなので、期待してました。いや、過去形であることに大した意味はないですが(笑 でも、やっぱり蓋を開けてみないと分からない部分ってあるのでね。それは面白いか面白くないかって要素もそうだし、それ以前に自分の肌に合うか合わないかっていう意味でも。

ちょっと調べたのですが、キャスティングがかなり本気で驚きました。まぁ、「本気」っていうのがどのベクトルを向いて「本気」かは、いろいろあるでしょうがw

でも、その中に水樹さんの名前はないんですよね。重要キャラ・途中参戦キャラだからまだ伏せられているだけか、それとも楽曲提供だけなのか。でも、サンライズのロボットアニメで出演者がOPやEDを唄うってケースはあまり印象にないですね(挿入歌はともかく)。逆輸入(OP唄う西川さんが本編登場)はあったけど、そうやって考えるとほとんど楽曲提供だけなのかもしれません。


余談ですが、ロボットアニメは好きなのですが、あんまりCGっぽい感じのは好きではありません(笑 好きではないっていうのは語弊があるのかもしれないけれど、要は「慣れ」ってのがまだまだ無い感じ。不自然にテカテカしたりキラキラしている感じが何ともw 昔ながらのセル画の感じが重厚感があって好きなんですけどね。 

まぁ、私の趣味はともかく、この作品はどうですかね。PVを観た時は、戦艦の描き方に重厚感があって良かったです。主役機はなんかこう、良く動いていたのだけど、ねwww



◆アニメ放送後も続く原作マンガの“その後”が気になる!
ダ・ヴィンチ 電子ナビ

 『らき☆すた』(美水かがみ/角川書店)、『ながされて藍蘭島』(藤代 健/スクウェア・エニックス)、『それでも町は廻っている』(石黒正数/少年画報社)、少女マンガでは『君に届け』(椎名軽穂/集英社)や『会長はメイド様!』(藤原ヒロ/白泉社)等々……。人気漫画の中には、すでにアニメ化されて話題になり、今となっては「そんなのもあったなぁ~」と思われつつ、今も元気に続編が続いている作品が結構ある。

 これらの作品、初期の頃からアニメ化されたエピソード以降の“その後”が気になるところ。大まかに分類すると、時とともにキャラや環境が大きく変わっていく「変化型」と、多少の動きはあるものの基本的な状況は相変わらずの「不変型」に分かれているようだ。

(中略)

 ここで挙げたものは一例に過ぎず、アニメ化後も物語が続いているマンガ作品を並べだしたらきりがない。人気作品というのは一時の盛り上がりで終わることのない魅力があり、だからこそ根っからのファンはブームに関係なく支持を続けるのだろう。思い入れのある作品の“その後”について、気になるものがあるならぜひチェックしてみては?


言われてみれば確かに「そんな作品もあったなー」と思う。細かく分類すればもっとあるにせよ、大別すれば作品内で時間が進む作品と、いわゆる「サザエさん時空」と呼ばれるタイプの作品があるのも事実。

ただ、なんというか、アニメ化された作品に対して原作への回帰をファンに求める内容には賛成出来るのだけど、ちょっと引っかかる。

この記事を読んでいると、「アニメ化した作品=成功作品」のように感じられるのだ。
アニメ化は確かに一種のステータスにはなるかもしれないけれど、私はアニメ化した作品が成功した作品だとはあまり思っていない。そもそもアニメ化するような作品は、よほどの“発掘”で無い限りはすでにある程度人気・売り上げがあるものが多い。また、アニメが終了したあとも原作が続いているというのは「アニメ側」から見ればそうだろうが、「原作側」から見れば原作が終了しない内に中途半端にアニメ化しただけに過ぎずあくまで本命は原作にある。

もちろんアニメ化によって認知度が広まって、人気・売り上げ共にさらに伸びた作品だってたくさんあるのだが、そのアニメ化だって元をたどればその原作あってこその人気であり売り上げであり認知度のはず。

でも、一般的にはアニメ化された作品が勝ち組なのかな、とこういう記事を読んでいると時々思ってしまう。この筆者さんはまだ良心的だろう、最後の締めの文章はちゃんとアニメ化だけでなく原作やその原作ファンをリスペクトしている内容だと思うしね。

原作がある作品のアニメ化は、いろいろ複雑な想いを抱く人が多い。私もその一人だけど、大好きな作品であればあるほど実は「アニメ化して欲しくない」という想いが強いことも少なくない。特に、紙媒体の原作物(漫画、小説など)ならなおのこと。

これは「アニメ化して良かった」と思える作品になるかどうかに、かなり“賭け”の要素があるからなのだと思う。アニメ化に際して尺不足のためのカット、原作未完の場合には最期をどうやって締めるのかというストーリー上の問題(そのためのオリジナル展開など)から始まり、キャラクター画やキャラクター声の印象、音響と世界観の合致などとにかく媒体移植の際には不安要素が多い。ファンの間では、出来あがったもののあまりの原作とのかけ離れに、いわゆる「黒歴史」扱いをされる可能性だってある。

フルボイスゲームのアニメ化の場合はキャラの声の印象や音響に関しての問題は低いだろうが、逆に尺不足は紙媒体よりも深刻な場合も少なくない。


どちらにせよ原作のアニメ化って本当に難しいなってアニメを観れば観るほど思ってしまう。見始めた頃、Blogを書き始めた頃にはこんなこと全く思わなかったのにね(笑
それでも、全てオリジナルアニメなんて到底不可能。だからこそそれに果敢に挑んでいって成功させて見せるだけの監督やスタッフがたくさんこの業界に現れてくれることを祈るばかりです、はい。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……