FC2ブログ

刹那的虹色世界

アニメ・ゲームのあらすじを主体とした感想や批評のブログ。時折、日記・声優・コミック・スポーツなど幅広くレビューしています。リンクフリー、相互リンク大歓迎♪

Entries

うたわれるもの #23

アニメ感想
うたわれるもの 第23話 「心の在り処」


<あらすじ>

「自らの意思で目覚めたか」

ハウエンクアの報告に、ただディーはそう告げた。その視線の先に、ハウエンクアは映っていない。彼に映っている人物は、ただ1人……ハクオロのみ。

その頃のクンネカムン宮殿。アブ・カムゥを用いた戦いでの、撤退。指揮官の戦術も兵士の練度もある意味二の次で、その全てをアブ・カムゥの戦闘能力に頼っていたクンネカムンとしては予想外の出来事。現状を戒めるゲンジマルと、さらなる助力を求めるヒエン。

「もう後には引けぬ」

時には引くこと重要である、と言うことを知らないクーヤ。さらには、孤高に見えて高い信頼を置いてくれるディーの知ってしまった正体。ゲンジマルは、1つの決断を下す。


一方、トゥスクルでは今後について話し合っていた。突如としてアブ・カムゥが撤退してくれたものの、次があるとは限らない。しかし、アブ・カムゥが撤退した理由をおぼろげながら理解するハクオロとエルルゥは別のことをそれぞれ想う。ハクオロの正体を知ったは、エルルゥの態度はどこかよそよそしい。それを疑問に思いながらも、ハクオロは自分自身と対峙する。化け物のような変わり果てた姿。その先に見たのは、どこかの研究所。

エルルゥに似た3510号と呼ばれた少女、少女に介抱される仮面をつけ「アイスマン」と呼ばれる青年、ミズシマと言う研究員。ミズシマに言われ、アイスマンは3510号を文字って彼女に「ミコト」と名前をつけるところだった。ミコトの声と重なる「ハクオロ」の言葉。

気が付けば、ハクオロは倒れていたところを戻ってきていたエルルゥに介抱されていた。

日が経ってもエルルゥのハクオロへの態度は変わらない。ある夜、傷の手当てが終えたところでハクオロは「これからも傍にいて欲しい」と言う言葉に、エルルゥは形だけの「はい」と言う言葉しか返せなかった。


続きはOPENからどうぞ。



<あらすじ・ネタバレ>
後日、ゲンジマルは途中、アブ・カムゥに対しその身と刀だけで倒す尋常ではない戦闘力を見せ付けながら、サクヤを連れてクンネカムンを離反。トゥスクルへとやってきた。

「クンネカムンは滅びの道を歩みつつあります」

他民族を拒み、力だけの支配の行く末にあるものが滅びだと言うゲンジマル。ハクオロは、彼が兵を引き連れてクンネカムンに攻め込め、と言っているのだと理解する。

そして、ゲンジマルを交えた作戦会議。反クンネカムン勢力は、小規模なものが複数存在。それらを纏めるには、大国であるトゥスクルと言えど難しい。そこで出た提案は、オンカミヤムカイでも高い位を持つウルトリィ・カミュの父でもあるオルヤンクルを救出し、その言葉による協同戦線を狙うもの。その作戦に同意し、ハクオロはゲンジマルを含めベナウィたちをオルヤンクル救出へと向かわせる。

出兵後、思い悩むエルルゥの下をウルトリィが訊ねる。

「あれは本来、人が関わってはならないもの」

「私はウィツァルネミティアを崇め、見守りし者」


その言葉でウルトリィが、自分の見た化け物の正体と、そしてさらにそれの今の姿がハクオロであると言うことを始めから知っていたのだと気づく。しかし、ウルトリィは1人の女として言葉を続ける。

「心だけはあなたのものです」

それがたとえ神の契約によって、全てを捧げたとしても自分の心は自分だけのものだ、と。ウルトリィの言葉にエルルゥは、その事実に気づく。全てを知ってしまったからこそ、判らなくなってしまっていた。自分は契約したからハクオロの傍にいるのではないか、契約したからハクオロに想いを寄せるのではないか……。その不安は全て無用のものだったのだ。全てはエルルゥ自身の想いのものなのだから。

その晩、エルルゥは昨日の言葉をハクオロに求める。少し驚いたハクオロだったが、すぐに同じ言葉をエルルゥに問う。

「これからも傍にいてくれないか?」
「はい!」


それは、昨日とは違う、明確なエルルゥの心からの返事。


ベナウィたちは無事、オルヤンクルを救出。しかし、オルヤンクルはその地位をウルトリィに譲ると言う。どちらにしろ、反クンネカムン勢力を纏める切り札を手に入れたハクオロたち。残すは、協同戦線でのクンネカムン戦......。


<感想>
もう23話でコレかぁ……そうなると、最後はクンネカムンがトゥスクルに……かな、と思わせる展開。でも、ハクオロの過去もあるし、それだけでは終わらないのだろうか? あとディーもいることだし。

心の在り処と言うことで、ハクオロの心の在り処とクーヤの心の在り処と言う両皇王の心の在る処について。まぁ、ハクオロが8割がただけど。ハクオロはエルルゥの存在を心の在り処とし、クーヤは民の想い。今回はエルルゥの想いの描き方が特に上手かった。

ゲンジマルとディーの関係が判らないです。感じとしてはディーが主で、ゲンジマルが従者と言った感じですよね。しかも、ゲンジマルの全盛期の強さを知っているらしい……と言うか、ディーよ、あんた一体全体幾つなんだΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) いや、確かに飛天御剣流の13代目継承者はあれでもう40過ぎてたわけだし、ディーもああ見えてゲンジマルと同い年くらいなんだろうか(ネタが判らなかったら、ゴメンなさい。その某剣客浪漫譚に出て来る師匠さんも池田さん(ディーのCV。シャアで有名)だったので)。

ウルトリィは全て知っていたみたいですね(父も何となくハクオロを見た瞬間の反応からして、気づいているみたい)。何か普通の人には見えないものが見えるらしい。ウルトリィ曰「ウィツァルネミティアを崇め、見守りし者」らしい。と言うことはハクオロ=ウィツァルネミティア?? エルルゥとの契約も「神との契約」って言ってるし……。


<MVC>
ゲンジマル
強っ! あのー、素手でアブ・カムゥを倒すと言うのはどうなんでしょーかねぇ。いや、ゲンジマルの攻撃は的確に硬度を求める装甲ではなく、柔軟性を求め比較的装甲の薄い関節部を狙っていますから、理には適ってるんですけどね。でも、そうは言ってもアブ・カムゥの一撃を受け止めることは出来ないでしょうよ。ディーのこともあって、例の師匠を思い出しちまったぜ( ̄∇ ̄;)


次回は「滅びゆくもの」。ゲンジマルの言葉が正しければ、このサブタイはクンネカムン、しいてはクーヤに向けられたものなのだろうかΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


<TB先 参照リンク(URLアルファベット順)>
・http://ameblo.jp/rayran/entry-10016625934.html
・http://anime2.blog53.fc2.com/blog-entry-27.html
・http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/93257678a53d8dd028cdb6a559fd220e
・http://blog.livedoor.jp/xenon44/archives/50549708.html
・http://firelife.blog55.fc2.com/blog-entry-277.html
・http://flain.blog53.fc2.com/blog-entry-26.html
・http://hukahireke.seesaa.net/article/23526845.html#trackback
・http://koali.blog43.fc2.com/blog-entry-679.html
・http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-527.html
・http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/blog-entry-221.html
・http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-190.html
・http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2006/09/post_0093.html
・http://twodimension.blog59.fc2.com/blog-entry-119.html
・http://zdryeo.blog43.fc2.com/blog-entry-215.html

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[アニメ] うたわれるもの 第23話 「心の在り処」

うたわれるもの第23話。ハクオロとエルルゥが気持ちを再確認する話。見ていてかなり楽しい話だった。ここ最近の急展開は…、このアニメが終わってみないとなんとも言えないかwでは、本編へ。

うたわれるもの 第23話 心の在り処

エルルゥがかわいかったです。原作ではハクオロ達が向かったワーベの救出を端折ったのはグッドな気がしました。前回、前々回に続き以下はアイヌ語の文法に関する記事です。名詞の所有表現上の記事によると、ア

うたわれるもの・第23話

「心の在り処」 自らの覚醒によって、クンネカムンの侵攻を食いとめたハクオロ。だが

うたわれるもの 第23話

第23話「心の在り処」果たしてバケオロの正体は・・・!?「自らの意志で覚醒したか・・・」ディーーーーーーーーッ!!!意味もなく叫んでみました o(*^▽^*)oアハッ♪「私に何か用か?・・・・・・・・・私は私だ。それ以上のものでない」ディーが瞬間移動

うたわれるもの 第23話「心の在り処」

今回も過去(?)のお話が、ちょっとだけ登場しました。現在の格好のまま、例の科学研究施設にいるハクオロ。世界観があまりにも違いすぎて、何だか不思議な感じですが・・・。そこに現れたのはエルルゥによく似た女

うたわれるもの 第23話「心の在り処」

ディーは一体何者なんでしょうね。ニウェやハウエンクアに取り入るあたり悪人なのかと思ったけどゲンジマルの反応を見てる限りそうでもなさげ。うーん、そのゲンジマルとも知り合いのようですが。というか今まで全

うたわれるもの 第23話 「心の在り処」

第23話 心の在り処

うたわれるもの 第23話 『心の在り処』

覚醒に伴いハクオロも着実に過去の記憶が戻りつつある感じ。回想に出てくる現代技術が栄えた世界に存在する仮面を被った“アイスマン”と呼ばれる人物は間違いなくハクオロですよね。銃殺された後なのか、それ以前の記憶

うたわれるもの 第23話「心の在り処」

うたわれるもの 第23話「心の在り処」 詰め込みすぎじゃない?

うたわれるもの

「心の在り処」 う~ん、、、どうも僕には「エルルゥ」が悩んでいる理由がよくわからないのですが?怪物の正体がハクオロだと分かっているのに、なぜに悩むの?それに悩んだあげくに「心まではしばられない」みたいな

(アニメ感想) うたわれるもの 第23話 「心の在り処」

TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCD引くことの許されぬ戦い・・・ハウエンクア達のアブ・カムゥが撃退されたことを知ってもなお、トゥスクル侵攻をあきらめようとしないクーヤ。思いとどまるよう進言するゲンジマルの言葉のもはや、彼女の耳には届かなくなっ....

うたわれるもの 23話 「心の在り処」

なかなか中身の詰まった30分間でした。とりあえず、先週の予告の時点でちょっとヤバめなフラグが立ったような感じのユズハに特に何も起こらなかったので安心しました(笑)残り話数から考えてもこのままユズハは無事のままでしょうか?というか、原作ではどうでしたっけ・....

左サイドMenu

カウンター

祝2,000,000Hit達成♪ とうとう大台突破。これも皆様のおかげでございます(o ̄∀ ̄)ノ

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ガンダムシリーズ

◆新機動戦記ガンダムW◆

新機動戦記ガンダムW BD-BOX1

OVA・続編含め『新機動戦記ガンダムW』全般を応援してます♪
ガンダムW関連 まとめページ
感想、用語、企画など全ページへのリンクがあります。ご利用ください

2016/05/04 12巻分の用語一部更新しました

《用語》
用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行
英字行
登録キャラクター名一覧
キャラクター詳細
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行、ヤ行
ラ行、ワ行、英字行

メカニック図鑑
メカニック用語詳細
年表

《企画》
年代考察
勢力図まとめ
AC暦におけるMS史(コラム)

◆Gジェネクロスレイズ◆

GCR119.jpg

まとめページ

◆ガンダムモビルスーツバイブル◆

GMB001_20190322210057cc3.jpg

まとめページ

◆機動戦士ガンダム00◆

GUNDAM OOQ
用語集などは特にありませんが、劇場版の感想は全十回というボリュームでコラム風に書かせていただきました。よろしければどうぞ。
ガンダム00関連 まとめページ

◆鉄血のオルフェンズ◆

81TuctHvlZL__CR88,0,1536,1536_
各回の感想のまとめだけ。
鉄血のオルフェンズ まとめページ

米山シヲ 応援エリア

◆梅衣堂ひよと旦那様の野望◆

1-2-2

『梅衣堂ひよと旦那様の野望』待望第1巻発売中

月刊少年ガンガンで現在連載中『梅衣堂ひよと旦那様の野望』を応援中。『ブラクロ』と同じように独自用語集も製作中!

公式特設ページ

独自用語集
第1巻

◆ブラッディ・クロス◆

ブラクロサムネ

月刊少年ガンガンで完結した『ブラッディ・クロス』をプッシュしています♪ 独自用語集あります! 

公式特設ページ

独自用語集
キャラ紹介-混血勢力-
キャラ紹介-天使勢力-
キャラ紹介-堕天使勢力-
キャラ紹介-アルカナ-
キャラ紹介-神葬-
キャラ紹介-その他-


最近の記事

最近のコメント

<>+-

最近のトラックバック

メールフォーム

管理人に何か言いたいことがあれば、ここからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

友達申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2のブログランキングに参加中♪ 気に入っていただけたなら、一押しして下さい。

FC2ブログランキング

右サイドメニュー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

検索フォーム

管理人から一言

お知らせ

管理人からのお知らせです。

PS4ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』プレイ中。

『ガンダムW FT』コンテンツは不定期更新です。現在は11巻分までの感想と用語の更新を完了しました。

『ブラッディクロス』全12巻発売中! 用語集更新は全て無事終了致しました。

文庫・単行本(キャラクターノベル含む、ライトノベル含まず)の著者名別リストに移行しました。さすがに増え過ぎた(笑


今期の週間感想予定
日曜日:-
月曜日:-
火曜日:-
水曜日:-
木曜日:-
金曜日:-
土曜日:-
不定期:ピックアップ感想、ゲーム感想、模型関連など


場合によっては急遽順序等の変更もありますが、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

管理人プロフィール

月詠

Author:月詠
埼玉県某所在住の34歳社会人。性別♂。名前は「つくよみ」と読む。

世知辛い世の中で嬉しいことも泣きたいこともサブカルチャーたちに救われています
詳細な自己紹介はこちら(2019版)。それ以前のものはこちら

コメント・TB、相互リンク受付中。下記の運営方針に詳細を記載しております。無条件に大歓迎と言うわけではありませんが、大部分の方は歓迎出来るかと思いますw

以下、ショートカット。
◇閲覧上の注意や規約など
Blogの運営方針・利用規約
他のBlog様と大差ない運営・利用規約ですが、初閲覧の方は簡単でも良いので読んで頂けるとありがたいです。閲覧、コメント等される方は利用規約を了承していると判断させていただきますので、「知りませんでした」は通用致しません。


◇アニメについて
アニメの評価について
歴代アニメ評価一覧
アニメアウォーズ! 受賞一覧


◇ゲームについて
ゲームの評価について
歴代ゲーム評価一覧


◇ブックス(本)について
小説の評価について
ブックレビュー一覧
   あ行の著者
   か行の著者
   さ行の著者
   た行の著者
   な行の著者
   は行の著者
   ま行の著者
   や行の著者
   ら行の著者
   わ行の著者
   複数の著者・その他
 文庫・単行本(キャラノベ含む、ラノベ含まず)は上気の著者名別になっています。

◇プラモデルについて
完成品一覧(グレード別)
完成品一覧(シリーズ別)
完成品一覧(トイ、フィギュア等)

◇その他リスト一覧はこちら
テレビ&シネマ
CD&DVD&BD
TYPE-MOON関連

ツリー式カテゴリー

openclose

アニプレッション!!

アニプレッション!!
アニプレッション!!とは

アニプレッション!!は、アニメブロガー達の合同ブログです。アニメについての問題意識・感想・考察・批評等の諸言説を発表し、アニメを語る事の面白さを伝える事が目標です。自分も末席に加えさせていただいております。
現在活動停止です

以下、アニプレッション!!メンバーのBlogです。

相互リンク(更新停止)

残念ながら一年以上の更新がない相互リンク先の方々です。サイト消滅の場合は消させていただきます。いずれまた復活し、交流が持てることを期待しています……